安倍総理「サンゴ移設発言は嘘だった」!普天間移設交渉から学ぶこと!20190111NHKニュースウォッチ9
 

決して報道では、「嘘発言」とは言っていないが、
安倍総理「あそこのサンゴは移している」
事実↓

防衛省「サンゴが生息する区画に土砂を投入する前に移植するため、今後、県との調整を急ぐことにしています。」
 

玉城知事「現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです」
 

地元紙「発言は事実と異なる」とする専門家の指摘を紹介
 

つまり、事実上「安倍総理発言は嘘」でも、何かうそでないような取り上げ方・・・

辺野古埋め立て 土砂投入前にサンゴ移植急ぐ 防衛省
2019年1月11日 20時44分

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設をめぐって防衛省は名護市辺野古の埋め立てを進めたいとしていますが、現地に生息しているサンゴの移植が進んでいないことから沖縄県との調整を急ぐことにしています。

普天間基地の移設をめぐって安倍総理大臣はNHKの番組「日曜討論」で、移設先の名護市辺野古の海に生息しているサンゴについて「土砂を投入していくにあたって、あそこのサンゴは移している」と述べました。

これについて、沖縄県の玉城知事がツイッターに「現実はそうなっておりません。だから私たちは問題を提起しているのです」と投稿して批判したほか、地元紙が「発言は事実と異なる」とする専門家の指摘を紹介するなど反発も出ています。

これに関連して、菅官房長官は10日の記者会見で、現在、埋め立てを進めている南側区域の周辺で、必要なサンゴの移植は終えているとしたうえで「防衛省で環境監視委員会の指導、助言を受けながら、環境保全にも、最大、配慮しながら工事を進めており、安倍総理大臣もそういう趣旨で申し上げたということだろう」と述べました。

サンゴの移植をめぐって、防衛省は去年8月までに絶滅のおそれのある希少な「オキナワハマサンゴ」9群体を沖縄県の許可を得て移植しました。

しかし、残りのおよそ7万4000群体の移植は県の許可が得られていないことなどから進んでいません。

このため防衛省はサンゴが生息する区画に土砂を投入する前に移植するため、今後、県との調整を急ぐことにしています。

閉じる

安倍総理誤り発言訂正しないNHK、辺野古県民投票奪われる投票権 

20190113サンデーモーニング