放射能測定室、あの「小出裕章」さんの講演会に行ってきました。

小出さんの素晴らしさは、その知識などではなく(もちろん、素晴らしすぎるのだが)

その心からの「子供達(未来)への思い、自分への責任感」だと思います。

<
実は、生「小出」は、初めてでした。



前半の講演も、当たり前みたいな話しも、小出さんを通すとこんなに聴衆を引き付けるものか!を感じさせます・


後半は、質疑ですから、ホッとな話題に小出さんがストレートに回答しています。

大飯原発再稼動には、一喝!

ガレキ問題も小出節で、明快でした。

※私は、岩手瓦礫と福島瓦礫との混同は感じましたが

福島第一原発の4号炉の怖さについてなど


わかり易い話しでした。


2時間は長いので、前半、後半を聞き分けて、聞けるように

カット無しの、全編と

前半、後半の3種類をアップしました。


ぜひ、御視聴ください。後悔はしません。


3.11以後の世界~市民に出来ること(小出裕章さん講演会) 2時間7分55秒



1-2_3.11以後の世界~市民に出来ること(小出裕章さん講演会)講演 1時間8分16秒
<
2-2_3.11以後の世界~市民に出来ること(小出裕章さん講演会)質疑 57分59秒


6月9日(土) 『静岡放射能汚染測定室』測定再開1周年記念 及び、




『健やかな命のための生活講座』の第40回講演会として、




『3.11以後の世界~市民に出来ること~』と題して、

小出裕章さん(京都大学原子炉実験室・当測定室アドバイザー)の

お話を伺います。

事前に寄せられた多くの質問のインタビュアーは、

Wong WingTsanさん( ピアニスト・作曲家)

Wong WingTsanさんの演奏もお願いしています。