「左の壁ってどこ?ゴルフエッグ理論総合論」の記事で左の壁は・・・

  1. 左足の内側を意識しよう
  2. 左のひざをアドレスの位置に固定できるようにしよう
  3. 左足全体で踏めるようにしよう

など、様々な言い方をしました。
しかし「『左の壁』を意識しようとして左足を気にしすぎると、体が左にスエーしやすいんだよね~_| ̄|○ガックリ・・」

という悩みが出るのも理解できます(;^ω^)

 

さあ、そこで今回のゴルフ上達体感レッスンでは
「スエーしないでゴルフの左の壁つくり」をお届けします。

 

これをマスターすると・・・

  • スイング軸の安定化が図れる
  • ビハインド・ザ・ボールで打てる
  • スライス防止にもなる
  • スイングスピードもアップ
  • ヘッドアップも防げる
  • 正確なインパクトが作れる

などなど、ゴルフ上達満載です(*^▽^*) 

 

さあ、その方法は・・・こちらをご覧ください\(^^)/

「左の壁とローラーゲームの関係」について前回はお話ししました^^ ゴルフの左の壁の効果

要は「すべてをフル回転させるより、効率よく加速させる方法」をお話ししたのですがいかがでしたか?

 

「でも、左の壁って、体のどこをどう意識すればいいんだろう?」

はい、そんな質問メールをYさんから頂きましたので、

今回のゴルフ上達体感レッスンでは「ゴルフの左の壁の場所」についてお答えしていきます\(^^)/

壁というよりは「力を受け止める」

===Yさんメール===

今までは、私のゴルフの先生はゴルフ雑誌でした。

雑誌では宮本プロの言葉で「左の壁」を意識するようになりました。

今はリズムシンクロ打法の森本先生で勉強しているのですが、勘違いをしていたみたいです。

「壁は常に意識しなくていい。体重を受け止める感じ」と書いてありました。

 

しかし、ラウンド中に急に思い出し意識すると、今度は腰が切れなくてスライス。

自分で動画も撮って何回も見直ししてみると、スイングの直すところがいっぱいあるのに気づいてしまいますね。

明日ゴルフなので、修正しにこれから練習場に行ってきます。

明日はパッティングルーティンをエッグ先生のようにしてみます。

==メールはここまで==

 

これについてゴルフエッグはこんなお返事メールをしました^^/ ↓

左と言ってもいろいろな左がある

Yさん、こんにちは、ゴルフエッグです。

 

「左の壁」という言葉は、誤解を招く恐れのある言葉です。

リズムシンクロ打法の森本先生はお嫌いのようです。

 

でも、ゴルフエッグは「左の壁」を意識します^^;

ただ考え方としては「ダウンスイングからのスイングの力を受け止める」ということが「左の壁」と思っています。

  • 体のどこで受け止める感覚があるといいか?
  • 受け止めるという感覚をどう表現するのか?

というのが、指導者によって違うのですね。

 

いろいろな表現を総合して考えてみるといいのではないでしょうか。

その考え方とは・・・・こちらをご覧ください^^/

ゴルフ左の壁その1

「ゴルフの左の壁ってなあに?この写真とどんな関係があるの?」

左の壁の説明を始める前に、このYoutube動画をまずはご覧ください^^

(再生が始まってすぐのところの3人組に注目!!)

あなたは「ローラーゲーム」って知っていますか?

日本では、1970年台前半にテレビ東京で放映されて全国的に人気が出たローラースケートをはいて、取っ組み合いをするゲームです(^_^;)

 

「うん、知っているよ。東京ボンバーズなんてチームがあったね。懐かしいね」

「こんな↓遊びが子供の中で流行ったよね^^」 ゴルフは勢いをつけなくっちゃ

と、この話題についてこられるあなたはゴルフエッグと同年代ですね^^/

 

さて、ゴルフの左の壁の話に戻しましょう。 見ていただきたいのは、先の動画(再生時間1:45のところ)に出てくる赤いウエアーの手つなぎ三人組です。 ゴルフ左の壁その1

 
さて、なんでローラーゲームとゴルフが関係するのか、ゴルフに置き換えてこちらで説明しますね\(^^)/

 

ゴルフのバックスイング開始

「ゴルフスイングの始動がうまくいきませ――ン」

 

スイングをこうしよう、あーしよう、とゴルファーの悩みは尽きません。

とくに真面目な性格のゴルファーさんほど、アドレスの後でもいろいろ考えてしまうものです(-_-;)

 

「そうなんですよ~。私まじめだから考えすぎちゃうんですよ~」 ゴルフのバックスイング前は

というそこのあなた!!

危険です。病気の兆候が出ています。

 

その病名は・・・イップス(≧∇≦)

 

今回のゴルフ上達体感レッスンはスムーズスイング開始につながるイップス対処法をお送りします(^o^)

悩めるあなたはこれで救われる・・・かも^^/

スイングの始動に悩んだら・・・

イップスにはならないまでも「どうしてもクラブを上げるタイミングが合わない」というのは、あなたも経験したことがあるでしょう。

そんなときにお勧めな方法をあなたにも伝授します(^o^)

 

松山プロ式ワッグルでスムーズなバックスイング ゴルフのスムーズなバックスイングのために

写真にするとこんな感じ^^

 

そのやり方については・・・こちらに書いています\(^^)/

ゴルフに影響を与えるものと言ったらあなたは何を挙げますか?

  • 気持ち(メンタル)
  • スイング
  • クラブ
  • 天候
  • 奥様・旦那様の顔(^_^;)

人によっていろいろでしょうが、天候で言ったらやっぱり「風」はゴルフにとって強敵ですね。

さて、今回のゴルフ上達体感レッスンは「風対策」をテーマにしてみます。

ゴルフと風

多くのゴルファーはショットを打つ前に、芝を少しちぎって空に投げ上げ、風の向きと強さを見極めようとします。 コースわきの木々や、ピンフラッグのなびき具合も参考にするべきですね。

このようにゴルフは「風をよむ」ことはとっても重要です。

気温や湿度によってもボールの飛び具合は変わりますが、風ほどボールに影響を与えるものはありません。

「風を制する者はゴルフを制する」

ということわざはあるような無いような話ですが(;^ω^) ゴルフで「風」は重要な要素であることにはかわりません。

台風のときにゴルフをするのは無謀ですが(≧∇≦)

ゴルフができる程度の強風時に一度、ラウンドしてみるのも実は面白いですよ。

ゴルフエッグも、立っていると帽子が飛ばされそうな強風時にゴルフをした時があります。

 

「ナイスショーット」と思った瞬間・・・

風に乗ってボールが90度曲がって林の方に飛んでいくような日でした_| ̄|○ガックリ・・

ラウンドする日がそんな強風の日だったらあなたはどう考えますか?

  • 「これじゃあゴルフにならんぞ」
  • 「ゴルフなんてやってらんない」
  • 「ゴルフ場に文句言って、料金返してもらおう」

などなど、不満たらたら、

言いたい気持ちもわかりますが、そんな強風の日にゴルフをやっているなんてめったにないこと!

 

ならば、その強風を楽しんでゴルフ上達の機会にするのが得策です。

それによってあなたのゴルフ技術の幅は確実に広がりますから^^

風に負けない球を打つには・・・

風にも向かい風(アゲンスト)と追い風(フォロー)がありますね。

 

ドライバーでフォローなら「ラッキー」と考えますが、 第二打がアイアンで打つとなると「アンラッキー」とも言えます(^_^;)

 

アイアンは距離感が命!

飛びすぎちゃったらグリーン奥のOBまで行っちゃいます(;^ω^)

「飛ばすもゴルフ、飛ばさぬもゴルフ」

ここがゴルフの面白いところで、技の見せどころでもあります。

とはいえ、アマチュアで困るのは、フォローよりも、やっぱりアゲンストではないでしょうか。

なにが困るかというと、まず「心が負ける」ことです。

「こんな強い風だと、全然飛ばないかも?」

「さらに力を入れなくっちゃーー えーーい ザクッ」

と考えてしまい、余分な力を入れるため、どうしてもスイングが乱れてしまいます。

 

自然の風に、人間の力で対抗しようと思ってもしょせん無理な話(^_^;)

そんなときは、逆に「ゆっくりスイング」することを心がけましょう。

「ゆっくりスイング」というと誤解されやすいかもしれませんので

「いつもより早く振ろうとしないスイング」のこと、とお考えください。

さあ、この「ゆっくりスイング」の中でさらに行ってほしいことがあります。

続きはこちらです^^

 

あなたは、アプローチをするときに何を意識して打っていますか?

「そりゃーピンに寄るように、自分の距離感を大事にして打っているよ」

そうですね。寄るためには距離を合わせることが重要です。

でもアプローチでは、距離感だけでなくボールのスピンについても考えないとうまくピンに寄っていかないものです(^_^;)

 

そんな悩みを抱えるYさんからこんな質問メールが来ました\(^^)/

ウェッジ買おうかな? ボールも変えよっかな?

==Yさん質問メール==

ゴルフエッグさん、こんにちは。Yです。

ゴルフエッグさんのレッスンを受けてだいぶ腕を上げてきていて感謝しています。

ところで、アプローチのボールのスピン量について質問ですが

  • ボールの種類ってかなり影響ありますか?
  • ウェッジの種類でも影響ありますか?

いままでクラブにあまりこだわっていなかったのですが、 ウェッジでも最近は角度で呼んだり、アプローチウェッジだけ別に売っていたりするので、そういうのも必要かなと思うようになりました。

アプローチウェッジ

ゴルフエッグさんの主観でけっこうですので教えてください。

 

==質問メールここまで==

このアプローチの質問に対してゴルフエッグは???

違いが分かるようになるには?

ゴルフエッグレッスンで腕を上げきているとのこと。

うれしい限りです\(^^)/ ぜひ、上達具合も具体的に教えてくださいね。

 

さて、質問の 「スピンとボールの種類またはウェッジの種類の関係」についてですが、 結論から言えば腕が上がった(上級者になった)のなら影響があります^^

というか、違いが分かるようになります^^/

 

つまり、レッスンでお伝えしているようにアプローチ時に

  • ボールの回転
  • インパクト時の打感
  • ボールの転がり具合

などを意識して打っている人でなければ、細かな変化は分からない!

という意味です。

 

それを踏まえていくつかお話しします・・・→続きはこちら

理想のスイングを目に焼き付けて、それをイメージしながら素振りをすることで、安定したスイングを身につけゴルフ上達を目指そう\(^^)/

ということを、読者のOさんメールをもとに前回の 「ゴルフ上達望むなら打球を追うよりフォームを安定させよう。その1」 でお伝えしました。

 

さて、今回のゴルフ上達体感レッスンでは、そのOさんにもう一つお伝えした
「力んで振らずにビシッと振ろう」をご紹介します。

「ビシッとスイング」があなたのスイングを変える

読者のOさんは、何年かぶりにゴルフを再開し、今後の会社関係のコンペに備えてゴルフ教材で一から勉強し直している45歳のサラリーマンゴルファーさんです。
そんなOさんの悩みは「スイングが安定しない」ことでした。

 

ちなみに「スイングを安定させる」ということを違う言葉で表現すると「しっかりしたスイングの形を作る」と言えます。

 

そんなOさんにゴルフエッグは、アドバイスメールを送りました^^/

そのアドバイス内容とは???→続きはこちら^^/

人はつい、目の前の出来事に一喜一憂します(^_^;)

「あちゃー右にボールが飛んで行っちゃった~」

「あららーまたスライスだ」

もちろんボールがまっすぐ飛んでいくに越したことはありませんが、一発屋で終わらないためには・・・

  • フォームの安定
  • フォームの固定

が必要です。

そこで、今回のゴルフ上達体感レッスンでは、読者のOさんからの質問をもとに、フォーム安定への道案内をいたしましょう。

 

ブレークスルーはあなたのイメージの中にある・・・続きはこちらです^^/

  

今回は、待望の「インパクトについて」です。

Flow of a lesson もついにインパクトまで来ました~

ゴルフスイングの究極、インパクトをものにしてゴルフ上達してみましょう\(^^)/

インパクト

なんとすてきな響きでしょう^^

この一瞬のためにゴルファーはスイングしているのです!

でも「一瞬で終わるインパクトをコントロールするのは難しい」です(^_^;)

そこで、よいインパクトを得るために必要なのは・・・

  • よいグリップ
  • よいバックスイング
  • よいトップオブスイング
  • よいダウンスイング

が求められます。

つまり、インパクトはそれまでの動きを「よい」ものにすることで、「必然的に」よいインパクトが得られるというのがグッドですね^^

ちなみに、ここで「よい」と言っているのは、あくまであなたにとって「よい」ものでなくてはいけません。

万人が「よい」というものの中に、あなたにとっての「よい」ものも多くの場合はあるでしょう。

しかし、万人が「よい」からといって、必ずしもあなたに合うかどうかは、研究の余地があります。

 

そこで、すべてのプロが行っているインパクトの瞬間の秘密をあなたも会得しましょう\(^^)/

 

「えっ?すべてのプロがやっていることってなあに?」

「そんないいことあるの??」

 

はい、あります^^ その秘密はこちらをご覧ください\(^^)/

ゴルフ上達レッスンのFlow of a lesson シリーズはいかがですか?

シリーズ11回目はいよいよ「ダウンスイングについて」入っていきましょう\(^^)/

ダウンスイング

  1. トップ(トップオブスイング)が決まると
  2. 切り返しがうまくいき
  3. ダウンスイングもうまくいく

「トップではクラブを握るではなく、支えるという感覚がいい」でお話をしてきました。

 

ということは、「とにかくトップを決めてください!」 ということで今回の記事は終わり^^

なんていったら怒っちゃいますよね(^_^;)

 

そこで、今回はトップからダウンスイングを始めるときの注意点を

ゴルフエッグに質問してくれたMさんからのメールを元に語ってみますのでよろしくどうぞm(_ _)m

 

ダウンスイング グリップエンドの向き

質問者Mさんのメールには・・・

=======

メルマガレッスン生のMです^^/

ダウンスイング時グリップエンドの向きについて質問させてください。

 

レッスン書などを読むとダウンスイングではグリップエンドは

  • ボールを指す! とか
  • 地面を指す! とか色々聞きます。

どれが正しいのでしょうか?

=======

さて、あなたならこの質問にどうお応えしますか?

 

ゴルフエッグの答えは・・・続きはこちらです\(^^)/