中小企業庁が、

緊急事態宣言の影響緩和に係る 

一時支援金について概要を発表しました。

https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/summary.pdf

 

この間、飲食店に対する

緊急事態宣言下における

支援金(1日6万円)については、

多くの方がご存知かと思いますが、

実際にどのように申請して、

いつ支援金をもらえるかもわからない中、

多くの事業所が協力をしていただいています。

 

しかし、苦しんでいるのは、飲食店だけでなく

それを支える関連事業者も同様に苦しんでいます

そこへやっと若干ですが、支援金が出ることになりました。

どこまで関連として支援が出るのかわかりませんでしたが、

今回の概要発表でおおよそは検討が付きましたが、

まだまだ、はっきりとわからない事業者の方も

いらっしゃると思います。

出来るだけ早く、

もっとはっきりと対象事業者を示してもらいたいです。

 

更に、売上が半減しないと

支援金が出ないでは、

新型コロナウイルス感染症の影響で、

すでにかなりのダメージを受けている中で

売上げが減少している事業者にとっては、

半減ではすでに耐えられずに廃業や倒産などを選択して

いるところもあり、現状では、2割、3割減でも雇用を維持して頑張っている所へはまったく

手が差し延べられていないことになります。

 

そして、事前に登録、事業確認、

申請、審査などシステムとしては

分かりますが、とても面倒な感じです。

事業者の立場に立ってこの支援金事業を

もっとスムーズに支給できるように

さらなる努力をしてもらいたい。

 

国の支援も都の支援も市の支援も

出来るだけ簡素化して、

特定の方だけでなく、

出来るだけ広く支援できるように

今後も設計してもらいたい。

一部の方だけとなると

それだけで不公平感が出てしまいます。

特に現金給付ですから。

 

武蔵野市では、市民への経済支援と

地域事業者への支援策として、

12月議会で提案され承認した

武蔵野市のくらし地域応援券(割引券)事業

(事業費約6億円)があります。

2月20日からスタートします。

1000件を超える事業者が参加をして頂きましたので

多くのお店で利用できるようになります。

今後も少しずつですが、利用可能店舗は

増えていきますので、

詳しくは、下記でご確認下さい。

 

市民の方へ、

500円の割引券を10枚セット(5000円分)として

お配りして、市内のお店で利用していただき

小規模事業者支援にもなるものと思っています。

 できれば、500円ではなく、

100円の割引券を50枚としてもらいたかった。

 割引券なので、500円ではなく

1000円分の商品を買って

はじめて利用できるので、

客単価が、少額のご商売を

されている事業所では

利用がほぼできません。

なので、事業所への支援に繋がらないことがあります。

このような指摘は議会でさせていただきましたが、

結果としては、そのままで事業がスタートします。

より利用しやすい形に出来なかったことは、残念です。

 

武蔵野市くらし地域応援券(割引券)は、

今週から始まりました

武蔵野市中央地区商店連合会主催の

むチューdeデリバリー!でも

利用可能ですので、ご活用ください。

お弁当や商品の配達をしています。

 

 

武蔵野市くらし地域応援券(割引券)が

郵送で、届き始めました!

取扱加盟店にも資料が届いています!

武蔵野市くらし地域応援券(割引券)

利用開始は、

2月20日(土)からです。

まだ、利用開始になっていませんので

皆さん、ご注意ください。

 

加盟店に届いたポスターにも

市民に送られてきた、くらし応援券(割引券)自体にも

利用開始日が書かれていません。

使用期限は書かれています。(令和3年3月31日まで)

これでは、届いた応援券(割引券)

すぐに利用しようとしても

間違いの指摘が出来ません。

 

昨日から始まった、

武蔵野市中央地区商店連合会が行う

むチューdeデリバリー

https://mu-chu.delivery/

おかげさまで、順調な滑り出しで

昨日、今日と30数件、40数件

明日は祝日ですが、20数件の配達があります。

(前日の4時までに電話で、ご注文をお願いします)

 ここでも2月20日以降は応援券(割引券)が

利用できますが、

すでに利用できるかと思って

支払いに利用しようとした方が

いらっしゃいました。

まだ、このくらし地域応援券は使えません。

2月20日以降にご使用ください。

 

そしてもう一つ、

武蔵野市くらし地域応援券(割引券)自体の

表面に割引券と書かれていません。

これでは、商品券(金券)と間違う方が出てしまいます。

もっとわかりやすいように大きく書くべきだと思います。

小さく

税込み1000円ごとに1枚使用可」と書かれても

理解できない方が出るのではと心配です。

割引券とうたいたくないのではと

思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

2月15日には武蔵野市報に

くらし地域応援券(割引券)のチラシも挟まれて

配布されると思います。

利用開始日期限

書かれていることを願います。

また、割引券であることが大きく書かれていることを願います。

手探りで始めた事業ではないと思いますので

混乱の無いようにしてもらいたい!

 

そして、市民生活の支援だけでなく、

中小事業者への支援

事業目的になっている

くらし地域応援券(割引券)ですが、

小売りや飲食で客単価が

1000円に行かないお店は、

参加する意味がないと言われ、

この事業に参加しないところもあります。

実際に地域を回って、

お声がけをしてみてわかったことです。

懸念はしていましたが、

実際にそういう声をお聞きすると

本当は、このようなお店も含めて支援を

したいと思ってもうまく出来ていないと

言わざるを得ません。

やはり、応援券(割引券)の1枚当たりの金額を

100円などもっと少額にして、

多くのお店が参加する意欲が

わくものにしてもらいたかった。

議会でも提案はしたが、

結果として聞き入れられず

今回のようになった。

だとすれば、波及効果が生まれるよう、

市民の皆さんに最大限、

このくらし地域応援券(割引券)を

利用していただき多くのお金が

地域に回ることを期待したい。

 

そのためにもしっかりとしたPRが必要です。

今まで通りのPRだけではなく、

活用でいるものは全て活用して

分かりやすく伝えてほしい!

2月9日から

武蔵野市中央地区商店連合会主催の

むチューdeデリバリー!

配達がスタートしました!

 

初日は、30数件の配達が出来ました!

多少のトラブルがあったようですが、

全てのランチ便、お使い便をお届け出来ました。

自転車の配達部隊ご苦労様です。

明日(10日)は、今日よりも多く約45件の

配達がありますので頑張ってください。

 

武蔵野市の中央地区エリアに

約20000部のパンフレットをポスティングを

しましたが、私の住んでいる八幡町では、

思いのほかポスティングされていないお宅があるようで

仲間のお家へ直接パンフレットを

ポスティングにも行っています。

明日も4丁目に少しポスティングします。

武蔵野市中町、西久保、緑町、八幡町、関前(5丁目を除く)

吉祥寺北町3、4丁目で

パンフレットが無い方は申し訳ありませんが、

ネットからご確認頂き、ご注文を頂ければと思います。

https://mu-chu.delivery/

 

パンフレットがどうしても欲しい方は、

中央地区商店連合会の事務局ないしは、

八幡町コミセン、西久保コミセンでもらえます。

その他、一部の商店でもお配りしています。

さて、明日からも

頑張っていきましょう!

ご注文頂きました皆様、

アンケートのご協力もお願い致します。

 

少しでも、地域の商店の方の助けになればと思います。

毎日の注文数はまだ、少ないですが、

少しでも多くの方に

地域のお店を知っていただき

利用していただく機会になればと思います。

その先に、それぞれの方が直接、地域のお店を訪れて

対面での商売に繋がればと思います。

そのお手伝いと地域の買い物が難しい方のためにも

地域の商店のためにもこの実証実験が

成功することを願ってちょっとばかりですが、

協力をさせてもらってます。

皆で、地域を盛り上げていきましょう!

自分の出来ることから始めましょう!