武蔵境駅北口市有地有効活用事業の

クオラ屋上については、

何度も書いてきましたが、

一体いつになったら、

屋上として違反の無い

活用になるのだろうか?

事業者はどのように考えているのだろうか?

市の指導はどうなっているのだろうか?

 

何度も指導を受けているのに、

業者は、2年半前(オープンしてすぐ)に屋上のテントの使用について、違反行為を指摘され是正指導を受け、是正計画書を提出して毎日テントの屋根と横幕を外すとしていたのに全く守られていません。

 

屋上に常設のテントなどを立てれば階に数えられ違反建築物になります。市は、テントなどの一時的使用の定義を毎日屋根、横幕を外すこととしています。

屋上では、テントなどを居住、倉庫、作業、娯楽など屋内的用途として使用している(屋上の1/8以上を屋根などおおってしまっても)と屋上ではなく、階として扱われます。

クオラの場合、立地として都市計画法上、3階以上は立てられないので違反建築物になります。

(クオラの屋上は2階の上にあります)

 

6月の屋上テナントの営業再開後、

7月に市には、違反行為がある旨を伝え

9月には、一般質問で写真での確認ができる状況での

違反行為を伝え、市はテナントへのヒヤリングと現地確認では、

違反行為は確認できていないと答弁。

改めてしっかりとした確認を要望。(結局、7月8月の違反行為について、その後の確認はできず、うやむやになっている)

9月の決算委員会では、市の答弁で

事業者から写真を送ってもらって確認して、

違反行為がないようにチェックを始め、

現状は違反行為は無いと言われていたが、

10月には、違反行為があり、

改めて指摘をし改善をさせるとしていた。

何故、市は指摘があるまで

違反行為を指導できなかったのだろうか?

この時、業者が提出した写真は

どのように映っているのだろうか?

市が、見逃しているという事は無いと思うが・・・。

 

そして、改めて、

テントの上部だけでなく、横幕も外すことを求めました。

そうしないとまたその内、

同じことを繰り返すと指摘をしておきました。

屋根がこのようになっていれば本来は違反のはずです。

ここからエスカレートして下のようになっていきます。

朝の状況です。横幕をつけたままだと屋根が見えない

横幕があると屋根をかぶせても分かりずらい。

中は、屋根のある空間になっています。

写真は全て朝の状況です。

 

結局、今日も違反行為があったと考える。

この写真も見て、一体、市はなんと言うのだろうか?

市が提出させている写真には

どの様に映っているのだろうか?

 

9月の段階で、

今後、違反行為があるようであれば

更に指導を強化するとしていたが、

違反行為をしないと誓約書を書かせ

違反行為をしたらテントなどを撤去させればよいだけではないか?

業者が違反行為をしなければ、

誓約書を書いても全く問題の無い物なのに・・・。

何故、市は誓約書を取らないのだろうか?

 

約束を反故にしている業者をテナントとして

市の事業である、武蔵境駅北口市有地有効活用事業で建てられた建物に入れておいてよいのか?

そもそも、市との契約をした運営会社は、

このようなテナントを何故、管理、指導できないのか?

違法行為を繰り返しているのに?

契約解除するべきではないのか?

 

 

本日11月8日に武蔵野市の環境啓発施設

むさしのエコreゾート」がオープンしました。

すでに開館式典は午前中に行われ、

午後2時からは、

私たち市議会議員などに対しての

内覧会、3時からは、市民関係者に対しての内覧会が

開催されました。

 

旧クリーンセンターの施設の一部を

改修し再利用した施設です。

多くの市民の方が環境に関する事業や

取組みなどに関心を持っていただける

きっかけになる場となってもらえればと思っています。

 

以前から指摘していますが、

まだまだ市民の多くの方が

この施設の事をご存知ではありません。

もっともっと、PRをして、

市民にその存在を知っていただき

活用してもらえるようになってもらいたい。

オープンしましたので、

ここから改めてのスタートです。

開館時間は、

午前9時半から午後5時まで

休館日は、

火曜日と祝日、年末年始

場所は、

市役所の北側

緑町3-1-5(クリーンセンターの西側)

エコリゾート外環           プラットホーム(14x52m)

カフェスペース            プラットホーム内ものづくり工房

エコリゾートからのクリーンセンター

 

そして、PR不足とともに気になることがあります。

市民のための環境啓発施設のキャラクターを

デザイナーが作り、市民に名前の募集をして

決まったのが「エコリス」。

キャラクターとして

しっかりと活用をしてもらいたい。

その前に、

以前も書きましたが、

このキャラクターの色について

しっかりと決めごとをしておかないといけないと思っています。

お金をかけて、デザイナーに頼んで作ってもらったデザインなのだからしっかりとした運用をお願いしたい。

基準の色は決まっている、

それに合わせてしっかりと建物に描かれるエコリスの色

印刷物のエコリスの色を合わせてもらいたい。

すでに印刷物と建物のエコリスには、いろんな色のエコリスが登場しています。

 

できる限り統一した色にするためには、

他のキャラクターのように

しっかりとした指定を決めておく必要があります。

くまモンや小金井市のこきんちゃんなどのように・・・。

そうでないと知らないうちに全く違った色の

エコリスが登場しかねないと思う!

印刷関係の仕事をしている身としては、

色の指定(扱い)については、

しっかりと伝えていきたい!

 

 

武蔵野市の

感染拡大防止中小企業等緊急支援金

感染拡大防止インフラ中小企業等支援金

申請が、

令和2年10月30日で終了しました。

(予算規模は約11億5千万円)

売上げの増減には関係なく、感染拡大防止に

ご協力頂ける中小企業者等(個人事業主も)に

支援金が支給されるもので、

多くの中小企業者への支援となるものと期待していました。

実際に、支援金を受けた方からは、

大変喜ばれました。

 

感染拡大防止に

ご協力いただいている皆さん

今後もご協力をお願い致します。

 

しかし、実際の申請者率は、60%程度で

予算としても6割程度の実施率になると見込まれています。

以前から、書いていますが、

この数字はすでに予想されていたことなので、

今年度の中小企業者等への

新たな支援の原資として活用することを

期待しています。

その金額は約5億円!

例えば、飲食店への更なる支援や、

市内中小企業者等を対象とした

プレミアム商品券の発行など。

課題もあることは承知していますが、

せっかくの予算を使わなかったという事で、

塩漬けにするのは、あまりにももったいないですし、

新型コロナウイルス感染症対策の一環として

有効に活用するべきだと思っています。