先ほど、ニュースを見て呆れ。

 

もちろん呆れたのは対応をした途中の人間に対してですが、どうしてこうも非道な行為をするかねと憤りを感じますね。

 

 

コロナウイルスに対して関係者の方は忙しいし、先が見えない対応にヤキモキしていることとは思います。

しかし、何をやってもいいとは限らない。

 

 

今、食品廃棄の問題が結構取りだたされていますが、それに関して考えてもいけないだろうし、また寄付された弁当にも何も罪はない。

また寄付してくれた行為に対しても、そういう態度をとるのかというのも当方にはあります。

 

 

数も半端ではない。だから尚更「呆れる」わけです。

 

 

ただ、1つ言えることといえば寄付する側が前以って関係者に

 

「シウマイ弁当を寄付したいのですが、いかがでしょうか?」

 

と聞いてあったかかどうか。

 

 

 

もしも、聞かずにいきなり「寄付」されたのであれば、廃棄されても仕方ない面はある。

そこがニュースで聞こえてこないので何とも言い難いが、仮に前以ってお伺いし、許可を取ったうえでこの仕打ちを受けたのであれば絶対的に「対応をした関係者が悪い」

 

 

何故なら寄付をする前に

 

「お気持ちはありがたいのですが、今こういう状況ですのでご遠慮を申し上げます」

 

といえば済んだことです。

そうすれば廃棄、もしくはどこかの誰かが食べた(推測)なんてことを避けれたはずです。

 

 

数も数ですし、行為自体を無碍にされたわけですから、本当に許しがたい行為です。

ぜひ、後発ながらもどういう経緯でどうなったか、はっきり報道してほしいし、実際誰が処理をしたのかも教えてほしいですね。

 

 

物を粗末にし、気持ちを無碍にする行為に呆れかえった自分でした。

 

 

PS

 

船で大変な思いをしている方々に対して、砂浜に字を書いて・・・というのをTVで見ましたが、あの行為微笑ましいですよね。

 

仮にあの書いた文字や内容が船の人たちに伝わりにくかったとしても、誰も傷つかない。

 

しかし、今回のことは寄付をした側にもされた側にもいい感情は生まれなかったでしょう。

外野の自分に対してだって、気分的にすごく不快感を感じましたし。

 

 

こういうどこから見てもロス的なことは、今後無しにしてほしいですね。

先日、歌の〇ールデンヒット 100万枚以上売れた曲全部聴かせますSP なる番組を途中からですが見ました。

 

最近、懐かしの歌とか色んな歌番組が放送され、年より・・・もとい年配のエリアに入った自分なんかも

 

「あー、あの頃の歌か」

 

なんて感傷に浸ったりもしていました。

 

 

ですが、そういう番組も各局で何度か行えば「あ、またか」とか思うものです。

ですから、今回もそういう気持ちで見ないでいたんです。

 

しかし、段々見るものが無くなってチャンネルを変えていたら、その番組が目に入った。

 

どれどれどういう感じかな。

そういう気持ちでちらっと見たら、これが珍しく引き込まれた。

 

 

それこそTV局のスタッフの腕とでも言いましょうか、ただの「懐かし音楽番組」ではなかったんですね。

当時の音楽(画像など)を流して、という端的なものではなく、初出に近いようなレアな画像なども出ていて、すっかり驚きました。

 

 

半分以上過ぎた頃からでしたが、すかさず録画しましたよw

ちなみに妻も似たような行動を取っていましたがwww

 

 

録画を後で見たのですが、やはり良いですね。

CMがうざいのでそこはスキップしましたが、回数が多くてうんざり。

それさえなければ結構な面白さを感じましたね。

 

 

ただ、その面白さを感じながらもある種の違和感も感じた。

始めは「何だろう?」と思っていたが、深く考えたらわかった。

 

 

それは「CDの売れ行きランキング」なのでした。

 

 

確かに何も考えず見てる分には何も差支えはないです。

ただ、ランキング順に下から追っていますから、当然「何かな?」と考えたり期待する・予想するわけです。

それも楽しめた要因でしたが。

 

 

しかし、一定の流れというか「時期」というのを感じたんです。

それが違和感の始まりだったわけで。

 

 

で、よく考えたらある時期から以降のアーティストやら枚数の計上がないことに気づきました。

 

 

違和感の最大の理由はそこでした。

つまり

 

 

「PCやらネット環境が整って充実してきた時期からの売り上げがほぼない」のです。

 

 

 

どういうことかというと、昔はレコードやCDを買わなければその該当の曲を聴けなかったわけです。

買う、の次は誰かから借りるという時代もありました。いわゆるレンタルの時代にはそれが流行りました。

 

その後はしばらくしてから「CDの複製」の時代になります。

PCにてCD-RなどにCDを複製して所持する、または保存媒体に音楽を保存して聴く、などが行われました。

 

つまりこの辺りから特に「CDの売り上げが下がった」わけですね。

 

 

厳密にいえばレンタル時代から下がったといえば下がってはいました。

ですが、それに輪をかけたのが先ほど言った「音楽複製の時代」です。

 

そしてとどめを刺すわけではありませんが、この複製に「もっと輪をかけた」のが「ネットの普及」

つまり音楽を自由にDLしたりできるようになったのが、最たるものです。

 

 

こういう風な時代になれば、わざわざ大枚はたいてCDを買う必要はありませんからね。

だから、そういう時代に近い時代から売り上げが上がらない=ランキングに上らない、というのが発生するわけです。

 

 

ですから、どうしても今回見た番組の「ランキングに偏りがある」

つまり、違和感を覚えるのは「売り上げがまだ計上できた時代を追うと、自分の予想から外れる」というものです。

 

 

だから一位は堂々の「およげたいやきくん」でしたし納得しましたが、それ以降のランキングを見るとAKBとかも圧巻だし、ビーズやら有名なアーティストらの売り上げの凄さは大したものです。

 

 

しかし、そういう凄さの時期も「ある時期から出ていない」のが現状で、それは先ほど言った現代の歴史の流れによるものです。

ですから、今回の番組を制作する上である種の「面白味」はありましたが、違和感もつれてきた結果が伴った、と私は見ています。

 

 

ま、そういう違和感も考えないもしくはコミコミで見るしかないんでしょうけどね。

 

 

でも、レアな動画とかは良かったのではなかったでしょうか。

堺正章さんも番組中に言ってましたが、見たことがない画像が結構多かった、と。

それが面白味を増長させたのではなかったのではないでしょうか。

 

 

ただランキングを出すだけならよそ様もやっていますからね。

 

 

 

そういうわけで、なにげなく感じた違和感から追って行ったら理由が分かって

「これも時代なのか」と少し遠い目になった自分でした~。

 

 

 

PS

 

しかし、レアとはいえメイド姿のピンクレディって・・・汗

 

昔の番組は何でもやらせたんだなあ・・・

最近、いや結構な長い期間という方が正解かもしれませんね。

子供のころ結構得れた「多幸感」が薄れて来ているなあというのをここんところずっと感じております。

 

それこそ「大人になったから幸福感を感じるのも鈍くなったのだろう」そう思っていましたが、そうでもないみたい。

なぜなら今回以外にも感じるときは感じていますからね。

ただ、回数が少ないのと縁が減っているのはあるかもしれませんね。

 

で、久々に感じたのはなんと「たいやき」です。

 

自分の住んでいる地域だけのネタなので全国の方には申し訳ないのですが、久々にヒットした。

 

 

あるブログなんですがこの方も自分の地域在住の方でいわゆるローカルブログです。

しかし、結構人気がありアクセス数もローカルながら結構あります。

 

その方のブログを見たら、結構有意義な情報が載っていたので昨日(2月10日)行って見たんです。

 

閉店一時間前というのもあり、あんことクリームの二種類があるんですが、クリームが売り切れていて残念。

なので、家族用も含めて5枚購入。

 

540円かなあ~と思って用意していたら「525円です」と主人。

 

ん?安くないか?それとも私の聴き間違い?

 

 

表記を見たら一枚税込みで105円とある。

 

 

これめっちゃ安いですよ。108円でも安いのに105円とは(汗

 

 

 

恐縮しながら店を出て家に持って帰りましたが、家でネットをよく見るとやはりちゃんと書かれている。

 

 

どうもざーっと早く見ていたのが勘違いを生んだようで(反省

 

 

 

で、お店にあった表記で知ったのですが(ブログにはその点のことが書かれていない)

なんと、普通のセオリーの逆の店なんですね、ここは。

 

 

 

どういうことかというと、普通たい焼きやおやきは「焼きたて、熱々」がうまい、のが常。

ところが、このお店の製品は「冷めてからオーブントースターなどで温めて食べるとおいしい」というのです。

(お店でそのように書いてあった)

 

尚且つ、焼きたてはふにゃふにゃのぐにゃぐにゃなんですよね。

 

 

皮が薄くあんこはちゃんと入っています。しかし、皮薄のためでしょうか。

本当に家に持って帰ってまだ少し暖かい状態で一枚食べたのですが、やはりしっとりぐにゃ状態。

 

まあ私はあまり堅いものが嫌いなので大丈夫ですが、普段食べなれている「さくっとパターン」を記憶している&愛好している方には

 

「何ですかこれ」

 

と感じることでしょうね。

 

 

ちなみに妻は数時間経ってから覚めた状態のをオーブントースターで焼いて食べていました。

 

 

味は本当においしく、粒あんは自分嫌いなんですが、食べれましたね。

甘さも丁度良く、味の加減がジャストミート。

皮は普通でしたが、あずきの味を邪魔しない感じでとても好感が持てました。

 

値段もこのレベルで105円とは恐れ入ります。

むしろ「やってゆけるのマジで?」と思うほどですが。

 

 

唯一欠点は先ほど言った「焼きたてがふにゃぐにゃ」なこと。

手に持ってもピンと立ちませんからね、たい焼きがw

 

 

だから片手で食べるのはちょっと無理ですね。

運転しながら食わなくてよかった(爆

 

 

 

ある店で「200円超えのたいやき」を食べたことがあるんですよ。

行列ができている店で、物凄い評判だと。

 

実際、行列も見たことがあるんで死ぬ前に「冥途の土産」のごとく、高いけど買ってみたんです。

 

ところが、全然おいしくなくてがっくりしました。

なので、その店には二度といっていません、はい。

 

 

ところが今回のお店では激安なのに感動があった。

これは素晴らしいことです。

 

 

むしろこの店が200円、いや150円払っても納得がいく感じなのに、105円ですからね。

衝撃と感動をしないはずがない。

 

 

こういう店もあるんだなあ。人知れず頑張っているお店があるんだなあと久々に感動した自分でした~。

 

 

PS

 

今日も買いに行くぞ。マジに感動しましたからね。

今日はクリーム5枚、あんこ5枚の計10個買うぞ~。