ジーンズリペアGOEMONの【穴があったら塞ぎたい】
Jeans Repair GOEMON

ジーンズリペアしかできないヘッポコGOEMON-タローがリペアの事や息子の事、日々感じた事や独り言などを気の向いた時に気の向くまま書いてます(笑)


少しでも私の人となりが伝われば幸いです。


【お店情報】

OPEN 9:00~19:00 日曜祝日は10:00~18:00

定休日 木曜日

住所 〒277-0025 千葉県柏市千代田1-1-34 小溝第一ビル2F

TEL 04-7167-9125
(電話での見積もりは御遠慮願います。)

特にアポイントを取る必要もありませんので、お気軽に御来店ください。店頭で見積もり料金出せます。

           
遠方の方はメールにて見積もり料金を出せますので、詳しくはホームページをご覧になってください。

goemongoegoe.com




ジーンズリペア‐穴があったら塞ぎたい・・・-facebook

facebookも良ければ「いいね!」よろしくお願いします!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-24 16:16:16

『暮らすトコロマーケット』

テーマ:ブログ

GOEMON-タローです。

 

ブログをさぼることが日課となっております。

 

大分涼しくなってきましたね~~~!! デニムリペアのご依頼もまぁ多い多い。ありがたい事ですね。

 

さてさて、今日は11月に開催されるイベント『暮らすトコロマーケット』に参加するのでその告知です。

毎年100軒のSHOPさんが集まり、1万が来場する大きなイベントです。

 

チョット長いんですが、イベントに興味があってもなくても下記の開催に当たっての趣旨とテーマがとても素晴らしいので、そこだけでも読んでみてください。

 

以下『暮らすトコロマーケット』webpageより


日々、私たちは選択をしながら生活しています。
食べるもの、着るもの、生活の道具や細々としたモノなど…。

それがどこの誰が作ったものなのか、どこで作られたのか、どんな想いを込めて作られたものなのか、どのような目を通して選ばれたものなのか-。
それらを選択するということは大袈裟に云えば、その人のライフスタイルを選択していること、とも云えるかもしれません。
安くてお手軽なモノが溢れる昨今、海外の工場で大量生産によって作られた商品たちは、モノの価格を下げ、それ自体は私たち消費者の生活を潤してくれているかのようにも思われます。しかし、それは大量生産・大量消費というサイクルを生み出し、様々な問題も突きつけています。


・モノの命を大事に使いきること。
・「安いのでとりあえず」ではなく、使い込むうちに愛着や味わいや風合いが増す、そんなものを長く大切に愛用すること。
・出来る限り生産者の分かるものを選ぶこと。
・地元で採れた産品を商品化している地産地消団体や商店を利用する。
・環境に配慮した商品や企業の姿勢、ポリシーにも気を配る。


それらのことは、日々の生活と自分、そして生産者と地域、人とモノとの関係を慈しむということに他ならないと思います。
今、本当に見つめ直すべきことは、グローバリゼーションからローカリゼーションへ、つまり、地元・地域へ目線を転じること、そして作り手が思いを込めて作ったモノが直接、生産者から消費者の手に渡る‐ そんな笑顔の連鎖が生まれることなのではないでしょうか。
かつては「三八の市」(※注釈)という市が定期的に開かれ、県南部や多摩地区の物産、農商の集散地として賑わった私たちの街、所沢。

地元で採れた産品や職人たちが製作したものを持ち寄り売り買いした、かつての市の賑わいを若手個人店主やクラフトマンが集い、「現代版のマーケット・マルシェ」として再興できたら・・・というこの街が歩んできた歴史へのリスペクトもこのマーケットには込められています。
日々の暮らしと私たちの「暮らすトコロ」を見つめ直す、そんな、ささやかなきっかけとなれば幸いです。

【注釈】三八の市
古くは徳川時代の昔から、現在の金山町、銀座通りにかけて毎月、三の付く日と八の付く日に定期的に市が開かれた。

市には農産物や絹織物、陶器の他、茶や日用品、古道具などが並べられ、縁日や見世物小屋も立ち、別名「所沢のボロ市」などとも呼ばれ、近隣のまちから多くの人が訪れ賑わった。戦後は実蔵院の参道で植木市が開かれるのみで、時代と共に次第に廃れていった。
暮らすトコロマーケット実行委員会

 

 

ジーンズをリペアしてまで穿きたいと思う方であればきっと伝わりますよね。

 

今回Jeans Repair GOEMONとしてではなく、Re-labo goemon(11月にブランド名変わります)として参加させて頂きます。

 

GOEMONのリメイクブランド『Re-labo goemon』も古着を洗濯し乾燥させ、解体して生地に近い状態にしてからパターンを当て、縫製までの全ての工程を自社工房でおこなっているので趣旨にピッタリです!!

 

では日時と場所を

 

■開催日時
2018年11月10日(土) ・11日(日)  10:00~16:00
※小雨決行 荒天時中止
※当日、AM5:00に本ホームページ、Facebook,Insatagram,Twitterにて開催可否を告知します。

ホームページはこちら→https://kuratoko.com/

■開催会場

埼玉県所沢市並木1-13
県営所沢航空記念公園内 所沢航空発祥記念館前 広場

 

 

■主催
暮らすトコロマーケット実行委員会

Access
■電車でのご来場
会場:西武新宿線 航空公園駅東口下車 徒歩3分
・西武新宿駅より西武新宿線にて約45分
・池袋駅→西武池袋線にて所沢駅 →西武新宿線に乗り換え 航空公園駅下車 約40分

■自動車でのご来場
関越自動車道  所沢ICより国道463バイパスを所沢市内方面へ車で約20分
駐車場:航空公園 東・北・南駐車場をご利用下さい。

 

 

11月10日と11日です。

 

という事で、大変ご迷惑をお掛け致しますが、11月10日(土)と11日(日)はお休みさせて頂きますm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出展者情報等も掲載されているので、是非『暮らすトコロマーケット』のwebpageも見てみてくださいね!!

 

『暮らトコ』webpage→https://kuratoko.com/

 

 

SNS等でシェアしてくれるとありがたいです!!

その際ハッシュタグは#暮らトコ で。クラトコだと他のイベントになってしまうのでね!!

 

 

では、また。

 

 

 

2018-10-06 10:01:39

バックポケットの上隅とか

テーマ:ジーンズリペア

GOEMON-タローです。

 

1か月ぶりくらいの更新でしょうか?

 

色々と、忙しいわけですが、皆さん忙しい訳ですからね。言い訳ですね・・・。

 

本日もまたリペア三昧なので、ササッとUPしてさよならしますね~

 

 

まずはバックポケットくち上の穴

 

リペア前

 

 

リペア途中1

ポケットのステッチを少し解いて、Lee特有の×の閂(カンヌキ)も外して穴を出現させます。

 

 

穴を簡単に塞ぎます。

 

 

ステッチを戻して、×の閂(カンヌキ)も新たに入れ直して終わり

 

どうしてもこの場所は引っ張られて負荷が強く掛かってしまいますからね。弱りがち部分。

裏リベットが打ち込まれていなければ1500円程で直せます。(ダメージの大きさや仕様によりますが)

 

 

お次はバックポケットくち

 

リペア前

良く見る現象ですね。

 

こちらもポケットのステッチを外してポケットくちのステッチも外して穴を出現させて、穴を塞いで元に戻すという単純作業です。

 

リペア後

 

ダメージの大きさにもよりますが、大抵このくらいには仕上げられるかと思います。

 

解れが無くなるだけで、なんていうんでしょうかね~、みすぼらしさが無くなりますね。

 

大体3000円前後ですかね。

 

 

では、また。

 

 

 

リペアのお見積り、お問い合わせは↓からどうぞ!!

 goemongoegoe.com 
(ゴエモンゴエゴエドットコム)

 

Jeans Repair GOEMON
 
http://goemongoegoe.com/ 
 
〒277-0025 千葉県柏市千代田1-1-34 小溝第一ビル2F
Tel 04-7167-9125
 
 定休日 木曜日
 
 営業時間 
月・火・水・金・土は9:00~19:00 
日・祝祭日は10:00~18:00

 
          

 

2018-09-08 09:42:08

自分で勝手に決めた合格ラインが本当に合格だとは限らないかもね。

テーマ:ジーンズリペア

GOEMON-タローです。

 

9月15日(土)は09:00~12:00

9月16日(日)は10:00~12:00

までの営業になりますのでお気をつけくださいませ。

 

今日は裾のレギュラーリペアのご紹介。

 

このブログでもう何度紹介してきたであろう、裾のリペア。

 

はるか古(いにしえ)の時代(たかだが13年ほど前ですよ~)、初めて裾のリペアを施した時の仕上がりの悪さと言ったら・・・・・

 

裾上げ時のステッチを解くことも無くただただガチャガチャと縫って終わり。

縫ったところだけ平べったくなり、ヨレも生じてなんとも情けない仕上がり。

 

ジーンズリペアの情報なんて全く無かったので調べようもない。

今となっては情報が無くて良かったと思っておりますけどね。

 

先入観もなにもなく考え付いた事を試して行けば良いだけだったので、自分の中だけでリペアの方法を構築していける醍醐味。

ネットでチャチャっと検索して、方法を見つけて真似してやってみる。それも悪くないけれどね、時間の節約になるし。

 

そう言えば、先日4種類のスパイスから作るチキンカレーのレシピをネットで見つけて試してみたら、まぁ~~~美味しい。

いやぁ~~~便利です。

 

それが正しい味だったのかを調べる手立てはありませんがね。美味しかったから合格。

本当は不合格だったかも知れないのにね(笑) 

 

 

さて裾ですな。

 

リペア前

 

 

リペア後

 

 

リペア後の裏側

 

レギュラーリペアなんだけど、方法はほぼほぼオリジナルリペアかな。

違いは糸を入れる量を変えているのと、色付けをしていない所くらいでしょうかね。

 

裾や股などの、少し込み入った部分のリペアは得意な方かもしれないですね~。

 

膝や太腿やお尻、ジージャンの肘とかも苦手ではないけれど。

 

と、得意顔で書いておりますが、「この程度かよ・・・」と不合格の烙印を押されている事もあるのかな・・・・・

まぁ~、それならそれで他で頼んでくださ~い(笑)

 

 

それでは、また。

 

 

 

リペアのお見積り、お問い合わせは↓からどうぞ!!

 goemongoegoe.com 
(ゴエモンゴエゴエドットコム)

 

Jeans Repair GOEMON
 
http://goemongoegoe.com/ 
 
〒277-0025 千葉県柏市千代田1-1-34 小溝第一ビル2F
Tel 04-7167-9125
 
 定休日 木曜日
 
 営業時間 
月・火・水・金・土は9:00~19:00 
日・祝祭日は10:00~18:00
 
          

 

 

Re-labo goemon

 

 

 

   

   

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス