お久しぶりです!


こちらでずっと婚活ブログを書いていたのですが



前回の記事から2年近く経ってしまいました(^_^;)



その間にあったことはこれから順を追って



書いていきたいと思うのですが


今回はずっと心につかえてモヤモヤしていたことが



すーっとなくなりそうな



気づきがあったので



それについて書きたいと思います。




婚活がうまくいかない時、



自分の周りで素敵な男性と結婚して



幸せな生活を送っている女性を目のあたりにすると



正直、嫌な気持ちが湧いてきてしまいました。



私はこんなにもがいて苦しんでいるのに・・・


と恨み節になってしまいます。


しかもそういう素敵な男性と結婚している女性って


意外とぼーっとしていて気が利かなかったり、


過去に何か頑張ってきたものがあるわけでもなく


相手に尽くしているわけでもなく


この女性の一体どこがよかったの?


と疑問に思ってしまうことが多かったりします。


そうなってくると余計にむしゃくしゃしてきてしまいます。


ずる~い(>_<)!


私はこれまで色々と学んで成長してきたと思うし、


人に対して気遣いもそれなりにできるし、


それなのになんで私は幸せになれなくて


あの女だけ幸せなの?!


こんなの不公平すぎる!!


と、イライライライラ


どんどん暗い闇に沈んでいってしまうという時期が結構ありました。


そんなネガティブな状態を早く抜け出したくて


何か理由が欲しかった。


素敵な男性と結婚して幸せそうにしている女性がもっていた


私にはないものがなんなのか。


それがわかれば納得できる。


だけどなかなかその理由が見つかりませんでした。


結局は顔?生まれ持った運?


そんなのどうにもできないじゃん!


ああ私はもう幸せになれないんだ(`ε´)


といじけてしまうこともありました。


ですが最近なんとなくその理由がわかってきました。


実はかなり身近にズルい女がいたことに気づき


彼女たちの習性に気づいたからです。


その女とは私のおばあちゃんです。


おばあちゃんは私から見て母方の祖母であり


おばあちゃんと母と私は現在一緒に暮らしています。


おばあちゃんはマイペースでいつもお母さんをイライラさせています。


おばあちゃんはなまぐさであまり掃除をしません。


料理はするのですが、その日の気分で冷蔵庫のものを使ってしまうので


賞味期限が切れてしまって使えない食材がでてきます。


何かを聞いてもずれた答えが返ってくることが多く


会話が成立しません。


そのため仕事ができて何事もテキパキこなす母は


おばあちゃんにイライラしていることが多いです。


そんなおばあちゃんは実は


ゲスくてズルい女だったということに


最近気づいたのです。


おばあちゃんは戦争の時代に生きていたのですが


特に悲惨な戦争の経験というのはせず


田舎で女学生としてのんびり過ごしていたと聞きました。


おばあちゃんの旦那さん(私のおじいちゃん)とは


お見合いだったそうですが


おじいちゃんの若い頃の社員を見る限り


彫が深く、長身でがっしりとしたナイスガイです。


そんなおじいちゃんと結婚し,


私のお母さんを生んでずっと専業主婦として暮らしてきました。


姑との同居もなく


自分の親とも離れているので


老人介護を経験したことがありません。


おじいちゃんはもう死んでしまいましたが


私の母と同居しているので


一人ぼっちの老後ではなく


私の母がおばあちゃんの世話をしています。


私の母はおばあちゃんに対してイライラしてしまうものの


おばあちゃんを大事にしているのです。


こうやってみてみると


おばあちゃんは私から見て


とっても幸せな人生を送っていることに最近気づいたのでした。


その日からおばあちゃんの生態をリサーチすることのしました。


そして早速おばあちゃんにはあるけど


私にないものがわかりました。


それは、


何も考えずゆっくりと生きている


ということでした。


先日、我が家で嫌な出来事があったのですが


私と母は食卓でその話を持ち出してはイライラしていました。


私はその嫌なことがもう起きてほしくないので


どうしたら今後そのようなことが起こらなくなるか


解決策を考えていました。


ふとおばあちゃんを見ると


私と母の話をうんうんと頷きながら聞いていたと思ったら


テレビの方に顔を向け


「この人は面白いね~」


などとテレビに集中しだしたのでした。


私はおばあちゃんがその嫌な出来事について


どう思っているのか知りたくなり


「おばあちゃんは、〇〇のことイヤじゃないの?」


と聞きました。するとおばあちゃんはこっちをみて


「嫌だねぇ」と一言答えました。


そこで私は


「じゃあなんで平気にしてられるの?」


と聞きました。するとおばあちゃんは


「考えたところで解決しないことは考えない」


と答えました。


確かにそうだなと思い、


おばあちゃんの思考回路をもっと知りたくてさらにこう聞きました。


「だってまた同じことが起こってしまったら嫌じゃない?」


するとおばあちゃんは


「嫌だねぇ」と答えてからテレビの方を向いてしまい


テレビを見て笑っていました。


なるほど~


私はゲスくてズルい女の本質を見た気がしました。


彼女たちは


何か嫌なことがあっても


解決できないことについては


そこに思考を向けずに


すぐに気持ちを切り替えることができる


だから未来に対して無駄に不安になったりせず


不安からくる無駄な努力もせず


いつもほんわか生きているのだなぁ


と腑に落ちました。


もし未来で嫌なことが起こっても


起こってしまったことで


解決できないのだから


もうそのことは気にしない、


そしてテレビでもみて


すっかりそのことを忘れてしまうのでしょう。


そんな女性だからこそ


仕事をバリバリする男性からすると


一緒にいて落ち着くのだろうなとなんとなくわかりました。


さらにおばあちゃんはあまり欲がなく


与えられたものについて特になんも考えることなく


ただ淡々と受け取っています。


その様子は贈り物をあげた方から見ると


「こっちは色々考えて贈り物したんだから


らもう少し喜んでよ~


と思う人もいるかもしれません。


ですが本人からすると特に欲しいものというのがないので


もらったものがいい物なのかどうかも判断しないため


必要以上に喜ぶということはせず


さらにもらいものをした相手に


もらったものに相応しいお返しをするという発想も生まれません。


なので相手からすると


「なんて気遣いのない人だ


となってしまうこともあると思います。


だけど旦那さんからしてみれば


贅沢を言わず淡々と一緒に暮らしてくれる女性


という風にうつるのでしょう。


さらにそういう女性はそうやって生きているので


自然と急いで何かをしないといけないという環境に


身を置くようなことはなく


いつものんびり穏やかにしています。


というかいつものんびりしているので


周りも呆れ半分でそういう人にはスピードを求めなかったりします。


そういう生き様が


毎日緊張感のある職場で働いて帰ってくる男性にとっては


ほっとするのかもしれません。


のんびり生きるということは


医学的にもよいことなのだそうです。
こちらに書いてありました↓↓




だからおばあちゃんを含め


ゲスでズルい彼女たちは長生きすると思います。


ということで


素敵な男性と結婚できる女性にあって


私になかったものがわかってきたので


これを自分に合うようカスタマイズして


自分の生活に取り組んでみたいと思います。


まずはゆっくり呼吸をすることから始めてみたいと思います。


そういや深い呼吸をしながら行うヨガ、おばあちゃんずっとやってます 
読者登録してね
みなさん、(まだ読んでくれている人いるのかな?)お久しぶりです。


20代の後半から自分の婚活の様子を赤裸々に書いてまいりましたが


約一年前の記事以来、更新が止まってしまっていました。


といいますのも




実は…




私・・・










転職しました!


結婚したと思いましたか?
 ふふふ…
騙されましたね?
え?そんなドッキリいらないって?
はい、私も書いててむなしくなりました(笑)
そりゃあ私だってこのブログを久々に更新するのだから
結婚報告をしたかったですよ(>_<)
この一年、まったく婚活してなかった訳ではないですよ?
以前と変わらないペースで婚活サイトを利用していました。(私が利用している婚活サイトについてはこちらをご覧ください)
そして
この一年間の婚活を通して

これまで以上に


自分の価値観を変える男性との出会い

があったりしました。

出会う男性のステータスもなぜかさらにあがっていたりして。(自分のステータスは年齢的にも下がっているはずなんですが…。)

ですので
決して婚活をおろそかにしていたわけではありません。

ま、結論をいってしまうと現在の状況は、33歳、独身、彼氏なしです。(^_^;)
結婚という結果には結びついていませんが
この一年でさらに色々な経験をして
大人としては成長できたと思います。
成長スピードってひとそれぞれですよね?
私はきっと他の人よりもきちんと自立した大人になるまでの過程が遅いのかもしれません。
それは結婚においても人間関係においてもいえることでした。
で、それが自分の中ではすごく劣等感だったんです。
でもね、そんな自分が嫌で成長したいと思って、いろんな男性と出会ったり、本を読んだり、コラムを読んだりして必死でもがいてきました。
多分10年間くらい。
そしてやっと成長している自分を感じられるようになりました。
他の人に比べたらまだまだかもしれませんが
人と比べずに
自分は自分のペースで成長していけばいいと思えるようにもなれました。
今回は、自分の近況を簡単にご報告させていただきました。
これからまた少しずつ
この一年間で経験したことを書きながら
自分の中でどういう気づきがあったのかなど
書いていけたらいいなと思っておりますので
よかったらまた見に来てください!
【無料お試し検索】から運命のお相手みつけよう!★エキサイト恋愛結婚★


読者登録してね
ブライダルネットのプロフィール写真では


とっても好印象だった年下イケメン君=モデルくんですが、


実際にお会いしてみると


なぜかキュンとしない…。


その理由は


モデル君の体型がレスラー体型だったから(T_T)






もちろん世の中にはマッチョが好き!


って女性も多くいると思うのですが


私はあんまりタイプではなかったのです。



レスラー体型の人って胸板厚いですよね?


で、モデル君も胸板が厚いんですけど


横から見ると鳩胸が目立つんですよね。


並んで歩いている途中


若干モデル君の鳩胸を気にしつつ


お店につきました。


ハワイアンな雰囲気のお店で


向かい合って座ります。


座って向かい合って改めてモデル君をみると


正面の顔だけが視界に入ってくるので


やっぱりかっこいいんです!


でもどうしても先ほどの


胸を張ってのしのし歩く姿が頭から離れない…(>_<)





そのことが功を奏したのか


普段イケメンだと緊張してしまう私ですが


モデル君に対しては



全然緊張しないで


すごく自然体でいられました。


モデル君とお話ししてみると


電話でのイメージ通り


全然ちゃらくなく


年下のはずなのに


話し方とか醸し出す雰囲気から昭和の匂いを感じてしまいました。


旬を感じないというか…。


ちょっとイメージしてもらいたいんですけど、


特にイケメンの顔をしていないのに


なぜだか色気を感じる男性っていますよね?


たとえに出してしまって申し訳ないけど森山未来さんとか大泉洋さんとか


オーラがあるし勢いが感じられる。


反対にすごく目鼻立ちがはっきりしていてイケメンなんだけど


脚光を浴びないアイドルとかっていますよね?


で、売れないまま少し歳をとってしまって


「あの人は今」とかに出てくる


昔のアイドルって


なんか着ている服もかっこよく見えなくて


色気感じないですよね?


モデル君はそんな感じのイケメンなんです。



そんなモデル君との初デートでしたが


なんだか私を気に入ってくれているというのが伝わってきます。


何回も婚活していると



相手が乗り気が乗り気じゃないかって


どんだけ取り繕ってもわかってくるもんなんですよね…。



モデル君は夜から用事があるとのことで


その日はすぐに解散となったのですが


次も会う約束をその日のうちに交わしました。


帰り道、


体型は若干気になるしやや昭和な雰囲気だけど


若くて、かっこよくて、優しいモデル君との恋愛が新しく動き出して


もっと喜んでもいいはずなのに


頭は空さんのことでいっぱいな自分がいました。