セミリタイア生活のススメ(糸岡栄博さん) | あなたの人生を変える『セミリタイア生活』のススメ

あなたの人生を変える『セミリタイア生活』のススメ

【セミリタイア生活】を通して、自分らしい人生を手に入れる方法を発信していきます


テーマ:

● セミリタイア生活のススメ(糸岡栄博さん)

 

【セミリタイア実現へのノウハウを7日間お届けします】

 


おはようございます。セミリタイアコンサルタントの志保田です。


昨日は東京でラジオ番組『セミリタイア生活のススメ』の収録を行いました。

 

 

今回のゲストは東京を拠点にご活躍されている、Glory To Achondroplsia代表の糸岡栄博さん。

 

 

 

 

私の番組はこれまでご紹介でゲストさんが繋がってきましたが、今回はご家族のご紹介ということで、先日シドニーで対談させて頂いたShiho Sparkle Hooperさんからお兄さんの栄博さんをご紹介して頂きました。

 

 

栄博さんは現在会社員をされているんですが、息子さんが「軟骨無形成症」という低身長症の代表的な遺伝子疾患を持って生まれたことをきっかけに、軟骨無形成症の方々を支援する団体を立ち上げて代表をされています。

 

 

現在は活動の一環として海外でも支援活動や講演活動をされているとのことでした。

 

 

息子さんの動画をご自身で作られているので、是非ご覧になって下さい。

 

 

 

 

ナレーションを聴いて頂いてわかるように、栄博さんはプロのナレーターとしてもご活躍されています。

 

 

ベンチャー企業、NPO代表、大企業など、いろんなところでご活躍の経験があるので興味深いお話を沢山聴かせて頂きましたが、会社勤めをしながらでもできるセミリタイアという生き方についても熱く語って下さいました。

 

栄博さん、ご出演ありがとうございました!

 

 

Glory To Achondroplsiaオフィシャルサイト

 
 

 

ラジオ収録時のブログ記事では、


セミリタイアを目指している人達にとってセミリタイアとは遠い世界のことではなく、より身近に感じてもらえるように、毎回以下のような形でゲストさんの取り組みなどをご紹介させて頂きます。



【あなたにとって理想のセミリタイアとは】 

 

ずばりこれだ!というのは難しいですが、私の36年間の生活史の履歴を今こうして辿ってみると、それは、リタイヤの連続だったのかもしれないですね。

(ご参考までに― it is my story)


28歳で新宿の優良企業を辞め、名もないNPOの経営者になった私にとって失うものは何もないと自負しています。

 

地位も名誉何も必要なくなって、自然を守りながら働けるって、東京の人間活動においては本当にマイナーだけど、この時以上に気高く羽ばたけた瞬間はなかったですね。


ときは流れ、NPO就業中に、お腹の中にいた第二子の異変に気付きました。

 

軟骨が形成できない先天性の遺伝子疾患(低身長症)を患い、この世に生を受けました。

 

喜びと葛藤そして決意の狭間に揺れ、私はまた民間に戻りました。

 

そして、低身長症支援団体「Glory To Achondroplsia」の立上にいたりました。

あのときの自分を超えることは難しいけれど、でもそれを超えていこうとするプロセス自体が、今の自分の糧になっているように思います。

 

 

【セミリタイア実現に向けて取り組んでいること】 

 

護るものが増えて、今はまたある種の充実感を日々感じています。


20代でセミリタイヤしたときの自分に勝る生きがいを求める旅はまだまだ続きます。

Glory To Achondroplasiaを通じて、世界の様々な低身長症の方々とお会いして、低身長に苦しむ大変さを知ってもらうこと以上に、産まれ得た個性として社会に働きかけることの重要性を知りました


この活動を進める傍ら、本職のほうでは、念願叶ってこの6月にこうしたフィランソロピーやメセナを支える部署のマネージャーとして転職することができました。しかも医療の業界なので喜びもひとしおです。


本副のベクトルを合わせた活動をしばらくは続けたい。


10年やっても45歳。そのきにはもう一度、志保田さんの定義に近いセミリタイアを考えたいと思います。

 

 
【糸岡栄博さんご出演のラジオ放送予定日】

2017年12月24日(日) お昼12時~12時30分

FMハイホー(81.4) 『セミリタイア生活のススメ』

http://www.fm814.co.jp
 

【セミリタイアコンサルタント】志保田進さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります