今日の音のプレゼント☆ | 人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

人生を変えた魔法の言葉 〔勝俣工一の気まぐれ日記〕

サンジュネス勝俣工一(せきや)が日々の何気ない出来事や気づいたこと。生きていく中で気力が尽きて崩れかかりそうになったとき、方向を失い迷っていたとき、さまざまな場面に出会い支えられた言葉、感動させられた言葉を送り続けたいと思います。


テーマ:

なんて言ったらいいのでしょう。
とても好きになってしまったのです。

別の曲を探していて
たまたま出合ったんです。

私が中学校3年生の時にNHK-FMで

アニタ・カーが作編曲、指揮を手掛け
サン・サヴァスチャン・ストリングスの演奏をバックに
詩人ロッド・マッケンが朗読したアルバム「恋人たちに」の
石坂浩二の日本語バージョンを聴いた時、
そのムードにとても感動して、
それ以来40年以上ずーっと聴いているんです。

その挿入曲「恋人たち」がたまらなく良いのですが
その曲を聴いたあとに来る曲との出合いがなかったのです。

なので、その「恋人たち」の1曲だけ聴いて終わり
つづく曲がない…。

しかし、このサンドパイパーズ「ザット・ナイト」が
ずっと探し求めていた曲だったのです。


☆ サンドパイパーズ「ザット・ナイト」
   ↓↓

 


☆ サン・セバスチャン・ストリングス「恋人たち」


     ----------------------------

☆ ロッド・マッケン朗読「恋人たち」より


☆ ロッド・マッケンの歌と映像で「この素晴らしき世界」

 

 

 

k.katsumataさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ