taka@GH-AP1のグラとS2000とPerfumeと

中年おじさんが名古屋グランパスとS2000とPerfumeをメインに仕事の愚痴、日々の出来事などを交えて、思いつくままに書き綴っていきます。


テーマ:

今回は、車いじりの話になります。


ひたすら、作業内容が続きますので、興味のない方はスルーでw



幌の張替えから戻ってきた8月3、4日+αでの作業になりました。


今回のメニューは、こちら。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



ヒートインシュレーターです。


インテークマニホールドとエンジンヘッドの間に挟み込み、インマニの温度上昇を抑えると言うもの。


RFY(RACING FACTORY YAMAMOTO)さんのキットを使用。


キットの内容はベークライト製のインシュレーター本体が1枚、交換用スタッドボルト2本、ステーのスペーサー3枚、シリコンキャップ2個。


このキットはヒートインシュレーターを挟み込むと同時に、スロットルボディーとRACV(アイドリングコントロールユニット)のアイシング防止のクーラント経路を殺す仕様になっています。


そのため、メクラ蓋用のシリコンキャップが2個付いている訳です。




後、純正のメタルガスケット2枚が必要になります。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


ヒートインシュレーターにはシール性がないので、ガスケット2枚で挟むようにして使用します。



で、付属の取り付け説明書。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


この1枚だけwww  いや、写真の状態にまでするのが大変なんですが。



まずは、電装系の各コネクタを外す事と、作業の邪魔になるのでバッテリーを外します。


バッテリーを固定してるステーのナットを緩めます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


ステーの下側がフック形状になっているので、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


フック部をベースの長穴に合わせると抜けます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと




バッテリーを取り外したら、車をジャッキアップして4ヶ所にリジットラックをかけて上げておきます。


1ヶ所、下からでないとアクセルできないボルトがあるので。


それに、少し車を上げておいた方が、前かがみになる角度が減って、腰への負担が軽減しますね。




まぁ、今回はクーラントを抜くのにバケツで受けるためにも、上げる必要があったんですが。


で、始めにクーラントを抜きます。これ、意外と時間がかかるんで。


車の下に潜って、ラジエター部分を見ると、白いコックがあります。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



このコックを緩めると、クーラントが流れ出てきます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


抜けやすいように、ラジエターキャップは外しておきます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



邪魔なブローバイガスのホースを撤去します。


オイルキャッチタンクを付ける時にブローバイガスの経路を変更してあったので楽でした。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



インテークパイプを外します。スロットルに止めているホースバンドを緩めます。


あっ、その前にエアクリーナーの蓋も外して置くように。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



AP1なので、インテークパイプに繋がってるホースを外します。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



この作業で、必須の道具がホースリムーバー。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



殆どのホースが固着しているので、これがないと苦労すると思いますね。



インテークパイプを撤去します。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



インテークパイプを撤去したら、エアクリーナーボックスも撤去します。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



エアクリーナーボックスの取り外し方は、こちらの記事 で。

スロットル内部を見てみると、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


きちゃないっす・・・・・・


バタフライの裏側に至っては、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


長年、ブローバイガスにさらされた結果かなぁ。。。


次は、ビッグスロ(ry いや、何でもない。




え~、作業の続きです。


兎に角、インマニ周りの電装系を片っ端から外して行きます。


特にマーキングとかしなくても、届く位置にしか繋がらないのOKです。


インジェクター周り。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと

takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


スロットル周りも、コネクタはロックの爪を確認して爪を広げるようにつまんで引き抜けばOK。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



後は、こう言った配線を止めているクリップも忘れずに。


後ろが見えていれば、ラジオペンチなどでつまんで押し出せば抜けます。


そうでないところは、内装剥がしで、こじる事になりますが、筆者のGH-AP1のように年式が古くなると、間違いなくプラスチックが劣化しているので、折らないように注意。実際に1ヶ所折れた(泣

takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


多方の配線を外したところ。配線は邪魔にならないようにエキマニ側へ。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



このあたりまで、作業をしていると、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと

クーラントがほぼ抜けます。7Lのバケツ一杯に。


この時、忘れずにラジエターのコックを閉めて置く事。


後でと思っていると忘れる可能性大ですww




スロットルワイヤーを外します。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



元の位置に戻せるようにマーキング。


まず、右側のナットを緩めて、ワイヤーの張りを緩めます。

takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



緩んだワイヤーを引っ張って、切り欠き部からストッパーを抜けば外れます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



ワイヤー本体は、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


写真、左側のナットを目一杯、先端側までずらすと、ネジが切ってない部分から横に外せます。



更に更に、インマニにつながっているホース類も外して行きます。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


インマニを外すのに邪魔なものは、できるだけ外して行く。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと




手前側のインマニステーを外すために、オルタネーターを取り外す。


まず、ベルトを外す。オートテンショナーのボルトに14mmのレンチをかけて、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


下に押し下げると、


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


ベルトの張りが緩むので、すかさずベルトを取り外す。


オルタネーターは、2本のボルトと、後ろの配線、コネクタを外して撤去。

takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


2本のボルトは14mmのレンチでOKです。


が、これがメチャメチャ固くって・・・


レンチの柄に長いパイプを差し込んで延長して、何とか外せました。



その前に、オルタの後ろにある配線を止めているナットを緩めて配線を外します。


10mmのソケット、エクステンション、ラチェットレンチで地道にwww


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


写真では、ホースに隠れていますが緑色のコネクタがあるんで、それも外します。



ボルトを引き抜いたら、オルタネーターを上に引き上げるようにして取り出します。


オルタを鉄橋した状態。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



外したオルタネーター。


ナットやボルトはオルタネーターのネジ、穴にはめておくとなくさないし、どこのボルトかも後でわかるので、お勧めです。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと



これで、インマニの前側のステーにアクセスできます。



takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


エンジンブロック側に2本、インマニ側に2本のボルトで止まっています。


これも14mmのレンチでOK、ここも固いです・・・



で、奥に配線クリップと配管クリップが止まっていますので、忘れずに外す事。


まぁ、外さないとステーが取り出せませんが。




インマニを支えるステーは奥にもう1本あります。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


写真のボルトが上側。


こいつを緩めるのに、ヒーターホースが邪魔になるので、これも外しちゃいます。


後々、インマニを固定しているボルトを外すのにも邪魔になりますから。



takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


ヒーターの温度を調整する弁につながるワイヤーを外して、奥につながっているホースを抜きます。


上のボルトを外したら、次は下です。


ここは唯一、車の下に潜らないと作業できない場所にあります。


takaのグラ★★★とS2000とPerfumeと


このボルトを外せば、ステーがフリーになります。


こいつもメチャ固かったですね。



大体、このあたりで1日目が日没サスペンデッドになりました。


兎に角、どこに何が止めてあるのかを確認して、取り外していく。


の繰り返し。地味な作業です。



後は、固く締まったボルトとの格闘ですね。



それから、暑さとの戦いwww


後半は、マジで手足がツリましたから(痛


工具を強く握った手が固まって開かないなんて事もねぇ。



半ば、熱中症になりかけました、本当に。


この真夏の炎天下、昼飯後から始めたのは、間違いですwww



その1は、このあたりで。。。。




後半に続く・・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

taka@GH-AP1さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。