小田玄紀です

 

 平成30622日に関東財務局よりBITPointに対して業務改善命令が発出されました。仮想通貨交換業者に対して漸次、金融庁の立入検査が入っておりBITPoint418日から検査が着手されて検査対応を行ってきました。

 

 この検査の結果としてBITPointとしては以下の6つの点に関して管理態勢の強化を求められました。

 

  1. 経営管理態勢の構築(内部管理部門及び内部監査部門の機能が十分に発揮できる態勢の構築を含む)

  2. マネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係るリスク管理態勢の構築

  3. 利用者財産の分別管理態勢の構築

  4. 利用者保護措置に係る管理態勢の構築

  5. システムリスク管理態勢の構築

  6. 仮想通貨の新規取扱等に係るリスク管理態勢の構築

 

 当社としても管理態勢の強化に努めてきましたが、今回当局から指摘をされたように業容の拡大を優先にしてしまったことは事実でした。指摘事項について、対応をしておく必要があったことは認識していたものの、昨年からの急速な市場の変化や業容拡大の前に後手に回ってしまいました。その意味で今回の検査で指摘頂いた内容はまさに当社が改善していくべき点であり、当社としても素直に受け入れ、今後の成長のためにも管理態勢の強化を最優先するという経営判断が出来たきっかけとなりました。今回の検査結果を踏まえて、改めて「安心・安全な仮想通貨交換所」という当社が掲げるモットーを目指す決意を新たにしました。

 

 また、まさにこれらの指摘事項を最優先で取り組んでいくべきだと考えており、先日開示をした決算説明資料に今回の行政処分を受けての対応を追記させて頂きました(以下のページ2627ページです)。

 

 https://www.remixpoint.co.jp/corporate/news/2018/4190

 

 もちろん、ここに記載されたものだけではなく、今回の検査を通じて当局より指摘頂いた点、および、当社としても強化・補充していくべき点を加えて対応をしていき、仮想通貨市場が健全に成長・発展していくための態勢作りを行っていきます。

 

 改めて、利用者・顧客から資産を預かっている金融機関としての自覚を高め、また、何よりも大事なこととしてマネロンやテロ資金等に活用されることを防ぐことを意図して、抜本的な態勢強化に努めます。

 

 なお、今回の当社を含む仮想通貨交換業者に対する行政処分の発表を受けて、いくつかのメディアの方からも問い合わせを受け、その度に回答をしていますが、当局としては決して仮想通貨市場に対して否定的ではないと私自身は認識しています。‟今の仮想通貨交換業者“に対しては改善すべき点が多々あり、そのために指導をしている状態ですが、これは規制が目的ではなくむしろ将来的な育成が目的だと素直に考えていますし、実際の折衝でもそのように感じています。

 

 健全に仮想通貨市場が成長していくための今回の指導であることを強く意識して、今回の指導内容に真摯に向き合い、抜本的な態勢強化を行います。

 

 利用者の方、株主の方、取引先の方、社員そして社員の家族の方、当社に対して信頼・期待をして頂いていた方に対しては大きな不安と心配をおかけしたことについては、本当に本当に申し訳ないと思いますが、1つ1つ指摘事項を改善していきますので、これからも時に厳しく、時に温かくお付き合い頂ければ幸いです。

 

2018624日 

小田玄紀

 

 

 

共同代表の発表について

テーマ:

小田玄紀です

 

本日、リミックスポイントの代表取締役の異動について開示を行いました。これまで1年半程の間、一人で代表取締役を務めてきましたが来月開催される定時株主総会での承認を前提として小原琢哉さんにリミックスの共同代表として参画頂くことを計画しています。

 

 早速、多数のメディアや機関投資家から問い合わせも頂いているので、この件に関してより適切な理由説明が必要かと思い、背景や考えを共有させて頂きます。

 

 まず、この6年間でリミックスという会社は大きく成長をしてきました。決算短信を見て頂ければ分かりますが、BS/PL共に非常にバランスがとれた企業になったと思います。時価総額もあがりましたが、会社の純資産も平成29年3月期15.6億円から平成30年3月期100億円と大きく上昇しています。

 

 以前は風が吹けば飛ぶような状況であり、継続疑義も付けられていましたが、今は風が吹いたらなびくものの一定の風量には耐えられるだけの事業基盤・財務基盤は構築できたと考えています。

 

 また、前期に連結で34億円の営業利益を出し、今期は100億円を超える営業利益を実現しようとしている中で、今後大事なことは継続的に収益を出し続ける組織体制を構築していくことです。そして、これからビットポイントも海外展開を強化していく中で、まさにグローバル企業並のマネジメントが求められてきます。

 

 今回、経営参画頂いた小原さんはIBMやマイクロソフトでまさにマネジメントを体現してきた方であり、今後リミックスポイントがより高いステージに進むためには小原さんにマネジメントについて禅譲した方がよいと考え、今回の判断となりました。

 

 37歳という年齢で会長になるというのはあまりに僭越で恥ずかしさを感じるところもあるので、引き続きビットポイントの方は事業開発・提携促進などに従事して、よりよいサービス創りや面白い仕掛けをプロデュースしていきます。

 

 リミックス、ビットポイント、ジャービスが面白くなってくるのはむしろこれからです!途中下車した方も、最近乗車した方も、たまに揺れることはありますが乗車することに期待と可能性、そして楽しみを感じていただける会社ではあるのかなと思っています。

 

 これからのリミックスグループの取組みにご期待ください。

 

 2018年5月29日

     小田玄紀

 

 

 

 小田玄紀です

 

 本日、リミックスポイントの時価総額が1000億円を超えました。今から6年前にリミックスに携わった時は売上も株価も低迷し、本当に倒産直前の状況でした。本格的に経営参画することに決めた際が5年前。当時の時価総額は4億円という時もありました。5年前に社員を集めて話をした1つの目標が「2018年までに時価総額を1000億円にする」ということでした。

 

 5年前に「時価総額1000億円!」ということを言っても誰も相手にしてくれませんでした。

 3年前に時価総額が100億円になった際には話を聞いてくれる人はいましたが、多くの人が鼻で笑ってきました。

 1年前に時価総額が500億円になった際には可能性を感じてくれる人が30%程度。70%程度が1000億円はまた違うステージだといってきました。

 

 1000億円という数字、これ自体に意味があるかは別として、目標にしたことをコミットして達成すること。ここに大きな価値があるのではないかと考えています。

 

 また、今回の数値達成はもう1つ大きな意義があると考えています。

以下の「再チャレンジが当たり前になる世の中に」というブログは2016年6月30日に投稿した内容です。

 

https://ameblo.jp/genkioda/entry-12175955527.html

 

 この中に当時のリミックスに対してかける思いを書いていますが、今回自分が体現したかったことの1つとして「再チャレンジ」という言葉があります。とにかく日本人は失敗に対してあまりに厳しすぎると思います。他人の失敗を評価せず、ただ非難する。この文化や価値観を変えていきたいという思いがありました。

 

 上記のブログにも書きましたが、日本人の価値観は実は変えることが出来ます。2002年にベンチャー投資を始めた際、多くのベンチャーキャピタルはスタートアップ投資を行っていませんでした。ただ、スタートアップ投資の成功例を見せると多くの投資家がスタートアップ投資を始めました。社会起業家やNPOに対しても、多くの人が大手NPOしか寄附対象と考えていなかったのが若手社会起業家に対しても支援の手を広げるようになりました。

 

 未上場の企業で時価総額評価1000億円の企業をユニコーンと呼びます。リミックスは上場している関係でユニコーンにはなれませんが、一度失敗した企業が再生したことにちなんでフェニックスではないかと考えています。

 

 リミックスの事例が1つのきっかけとなり、日本において失敗に対して寛容になる。再チャレンジが当たり前になるような文化・価値観が普及していけば、これほど嬉しいことはありません。

 

 フェニックスは再び火を灯した時により大きな輝きとなり、また、その輝きは多くの人に希望を与えます。これから新しいステージに向けて羽ばたいていきますので、これからのリミックスの取組をご期待ください。

 

 2018年5月22日 小田玄紀