原付専門店日野オートバイブログ「日野の本音」

原付専門店日野オートバイブログ「日野の本音」

奈良県生駒市のバイクショップ、日野オートバイです。125cc以下の原付バイク・中古バイクの販売、修理、買取りを行なっています。一台一台丁寧に、一人ひとりを大切にが営業方針の小さな店です。

まいどおおきに。

こちらは本日修理でご入庫のヤマハ ビーノです。

 

走行距離は4万キロオーバーです。

以前うちで中古販売した車両ですが、通勤距離が長いのでだいぶ乗られたようです。

購入していただいてからこれまで大きなトラブルも無く乗られていましたが、今回は急にスピードが出なくなったそうです。試しに乗ってみましたが、アクセルを全開にしてもエンジンがプスンプスン言う状態で、平地の最高時速20キロ、坂道は歩くスピードほどしか出ませんでした。

 

色々調べてみた結果、マフラー詰まりが原因と判断しました。

 

取り外して調べてみたところ、やはり詰まりの症状がありました。

2ストの排ガス未規制マフラーは煤やオイルの燃え残りで詰まりやすいです。

でもまあ4万キロも走れたら長持ちした方ですけどね。

 

交換用のマフラーです。純正に比べてローコストな社外品です。

社外マフラーは色々なメーカーから発売されていますが性能差がかなりあります。

中古車整備でも時々使用しますが、値段が高ければ高性能とも限らないので、過去に何本も仕入れてテストしました。だいぶお金使ったなぁ・・・。

 

装着完了です。

デザインは純正と少し異なりますが性能も音質もなかなかのものです。

造りの悪い社外品だと排気漏れしたり、取付ボルトの位置が合わない事もあります。

 

プラグもかなり消耗していたので交換しました。

カーボンがこびり付いて外側電極が太くなっていました。

 

最後にテスト走行して作業完了です。

すっかり元気に走るようになりました。

 

今年は春の買い取りラッシュが長引いています。

ストックヤードは満車の状態が続いています。

 

在庫はもう充分なのでそろそろ落ち着いて欲しいところですが明日は仕入れが入っています。

5~6台入る予定だけど置き場所大丈夫かなぁ・・・。

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

こちらは修理でお預かりしたホンダ TODAYです。

 

シートのロックがかからなくなったとの事でのご入庫です。

まずシートキャッチの部分を確認してみました。ここの部品の摩耗や変形が原因の場合もあるのですが大丈夫そうです。

 

次はメインスイッチ側を点検してみます。

 

原因はケーブルでした。固定する部分が折れていますね。

 

シートロックのケーブル交換はちと面倒です。

外装の中を通っているのでここまでバラさないと交換出来ません。

 

取り回しを間違えないようにしながら交換します。

結局1時間近くかかりました。

 

4月に入って中古車の在庫が品薄になりました。

この時期は新入学、新社会人になられた方の需要が大きいです。

ただ今の在庫台数は・・・

 

レッツⅡが1台・・・だけ。

うーん、もっとしっかりせなあかんなぁ。

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

すっかり春らしくなりましたね。

通勤途中の桜並木がもうすぐ満開です。

仕事に行くフリをしてどこかの桜の木の下で昼寝しながら酒でも飲みたい気分になります。

 

今月はヤマハから色々とお手紙が届きました。

 

こちらは株主総会の案内と事業報告書です。

 

毎回パラパラっと見る程度ですが、今期は新型コロナの影響がどの程度出ているか気になったのでひととおり目を通しました。

感染拡大初期に需要急減で落ち込んだのは新聞などで読んでいましたが、二輪車はその後の急回復に生産が追い付かず販売台数が減少したとの事でした。どうりで新車が品薄だったワケか・・・。

 

ヤマハと言えば二輪車が有名ですが、自動車のエンジンやボート、産業用ロボットなども作っています。ちなみに楽器のヤマハとヤマハ発動機は別会社です。元は同じ会社でしたけどね。

 

株主優待のお知らせもいただきました。

 

地元である静岡県の特産品も多いですね。

せっかくですから配当金と共にありがたく戴こうと思います。

 

株主などと言えるほど大した株数は持っていないのでエラそうな事は言えませんが、日頃お世話になっている会社や好きな会社を応援するという視点で投資をしてみるのも面白いですよ。

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

なかなか良いと思うのですがうちには家内がいるのでなかなか観るタイミングが・・・ってなんの話ですか?

 

こちらは中古車整備中のジョグです。ボディは結構キレイですが・・・

 

シートが一ヵ所破れてしまっています。

経年劣化でも良く破れますが、これは何か硬い物が当たったようです。

今回はシートの張替えを記事にしたいと思います。

 

シートレザーはプラスチック製のシートベースにタッカー(大きいホッチキス)で留められています。

まずはこれを一つずつ引き抜いて古いレザーを取り外します。

 

古いレザーを剥がしました。

スポンジまで劣化している場合は形状を整える作業を行いますが、今回はそこまでしなくても大丈夫です。

 

外したシートベースに新しいレザーを被せます。

社外品なので質感が少し異なります。車種専用に縫製されているので割とぴったり張替え出来ます。

 

張替えのコツはレザーの位置決めです。

前後左右の位置がずれているとたるんだりシワになったりします。

自分はシートの前部分を基準にして、その後左右の位置決めを行うようにしています。

 

張替えが出来ました。新品なので折り目が残っていますがすぐに馴染みます。

 

外観からは分からない部分ですが、自分はシート裏の仕上がりにもこだわっています。

タッカーの並びと間隔、シワの寄せ具合も均等になるように仕上げています。

まるでプロみたいでしょ?

 

最後に余白部分をカットして張替え完了です。縁からの残り代が均等になるようにすると見栄えが良くなります。

 

中身の整備も既に終わっています。近日中に販売開始予定です。

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

少しずつ暖かくなってきましたね。

花粉症の方は大変だと思いますが、バイク乗りにとっては快適なシーズンに差し掛かりました。

今日はいつもメンテでお世話になっている常連のMさんが愛車のリトルカブでお越しになりました。

 

走行距離は639キロになっていますが、実は先日メーターを一周したそうです。

つまり100639キロです。

10万キロ達成おめでとうございます!

 

カブ系のエンジンは確かに丈夫ですが、50ccで10万キロ達成は愛着が無いとなかなか達成出来ません。

日頃の丁寧な扱いとオイル交換などこまめなメンテナンスが功を奏したのだと思います。

エンジンはまだ元気なものの車体にガタが出始めているようで、最近ちょっとスーパーカブ110(新車)が気になるようです。

まあ乗り換えも良いですが、個人的には20万キロを目指していただきたいところですね。

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

こちらは修理でご入庫のホンダ クレアスクーピーです。

ヤフオクだったかメルカリだったか忘れましたが、ネットで購入した不動車をDIYメンテしたものの上手く出来ず、うちにご入庫いただきました。

 

長期放置されていた車両だそうで、バッテリー交換、燃料入れ替え、キャブレター清掃などご自分で行われたそうです。早速バラしてみましょう。

 

まずはプラグホールの修正から行います。

自分でプラグ交換しようとしたところネジ山をなめてしまったとの事です。

 

最悪の場合シリンダーヘッド交換ですが、今回はスーパーテクニック?を駆使したおかげでうまく修正出来ました。

 

次にキャブレターを見てみます。

 

頑張って清掃した形跡がありましたが、スロージェットが詰まっていました。

 

真ん中に燃料の流路があるのですが、内径が髪の毛の太さより少し大きい程度なので、詰まりを綺麗に取るにはちょっとしたコツが要ります。

 

チョーク系の流路も詰まっていました。

使用するクリーナーによっても汚れ落ち性能が違います。

 

他のパーツも全てバラし直して清掃します。

 

オートチョークのパッキンが無くなっていました。

ゴム製の細いOリングですから経年劣化してどこかへ行ってしまったのでしょうね。

 

ここのOリングは頻繁に交換するので、うちではまとめて仕入れています。

 

本体のガスケットも劣化していたので新品に交換します。

 

マニホールドが差込不足のまま固定されていました。

 

これが正しい組み付け位置です。配管類も取り回しを間違えていたので正しく直しておきました。

 

エンジンの始動を確認します。

最後にテスト走行して作業完了です。

DIYメンテも良いですが、組付け方を間違えないようにするためには分解前に写真を撮ったり、配管や配線類はマジックで印を付けておくと良いですよ。

あと・・・、ネットで見られるDIYメンテの情報は間違っている事も結構あるので、参考にこそすれ鵜呑みにはしない方が良いかもしれません。

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

ここ最近タイヤ交換の記事ばかり書いていたので今回はちょっと違う事を書きます。

とは言っても車両はまたTODAYですが・・・。

 

今回の修理はまずブレーキランプが点灯しっ放しになるのと・・・

 

スピードメーターの照明ランプ切れです。

 

どちらもフロント回りなのでまとめて作業出来ます。

まず点灯しっ放しのブレーキランプから直します。

原因はブレーキケーブルが伸びてレバーの戻りが悪くなっているせいでした。

ケーブル調整のためフロントパネルを取り外します。

 

ケーブル調整はここで行います。工具が入りにくいのでかなりコツを要しますね。

 

次にスピードメーターランプの交換です。

こっちはちょっと面倒です。まずはヘッドライト回りを取り外します。

 

メーターを固定しているナットがヘッドライトの後ろに隠れています。

きれいなメッキのヘッドライトカバーにスケベそうにカメラを構えるアホ面が映っていますね。

 

ナットを取り外したらメーターケーブルを取り外し、メーターカバーを開けます。

 

メーターステーを取り外しやっとこさメーターランプにアクセス出来ました。

もっと簡単に交換出来るように作っといてくれたらいいのになと毎回思います。

 

ちゃんと点灯するか、必ず組み付ける前に確認します。

確認せずに組んで点灯しなかったらまたここまでバラさないとダメですからね。

 

 

メーターとライト回りを組み立てたらヘッドライトの光軸を調整して作業完了です。

 

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

前回の記事 ではタイヤのお話をしました。

次のブログネタは何にしようかなぁと今週ずっと考えていたのですが、何故か毎日タイヤ交換ばかり入庫したので今回もまたタイヤネタでいきます。

前回同様、またTODAYの後輪タイヤです。

 

タイヤ溝はたっぷり残っていますが・・・

 

左側がおかしな事になっています。

 

ホイールからタイヤが外れてしまっています。

ビード落ちとかリム落ちと言われる現象ですが、これを起こすと走行中急に車体が振られるので結構怖いです。

 

チューブレスタイヤは、内圧によってホイール内側のリム部分にタイヤが密着する事で気密を保っています。

空気圧が低い状態で走行を続けると密着が保てなくなってこういう状況になるんです。

 

外したタイヤです。

空気を入れ直せばまた使えそうにも見えますが、一度ビード落ちしたタイヤはよじれて変形しているので、高い確率で再びビード落ちを起こしてしまいます。

もったいない気はしますが、うちでは安全のため必ず交換します。

日頃の空気圧管理がいかに大切かという事が一人でも多くの方に伝われば幸いです。

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

ここ数日暖かい日が続いているせいか修理の入庫が一段と増えました。

もうすぐ春ですね。

こちらはタイヤ交換でご入庫のホンダ トゥデイです。

 

後輪がパンクしたみたいとの事でお越しになったのですが、見てみるとこんな状態でした。

 

すり減って肉厚が薄くなっているので軽く指で押しただけでペコペコにへこみます。

 

普通はタイヤの中心が摩耗するのですが、ショルダー部(タイヤのカドの部分)が変な減り方をしています。空気圧が少ない状態で走り続けたらこういう状態になってしまうんですね。

すり減って穴が開いていました。ご主人、節約も結構ですがこりゃ使い過ぎでっせ。

 

車輪を外したついでにブレーキの点検も行います。

 

新しいタイヤを組み付けました。

主要サイズのタイヤ、チューブは常時在庫しています。

 

後輪タイヤ交換はマフラーを脱着します。交換後に排気漏れなどしていないか、エンジンを始動させて確認します。

 

前輪の空気圧も点検します。ほとんど空気が入っていませんでした。

タイヤの空気圧管理は日常メンテの基本です。パンクしていなくても自然に空気が抜けるので3ヵ月に一度ぐらいは点検した方が良いです。

安全面はもちろん、走りや乗り心地、燃費、タイヤの消耗などにも大きく影響します。

 

ちなみにうちではいつでも無料で点検させていただいています。

地球環境の保全に努めるのも整備士の大事なお仕事なんです。

強引なセールスなどしませんから安心してお越しくださいね。

この記事を見て、「ああ、最近点検してなかったな」と思った方はすぐに日野オートバイへGO!!

 

 

相変わらず中古車の整備が進んでいませんが、今日は久々にジョグZRが仕上がりました。

車両本体価格 ¥89,800 にて販売中です。詳細はこちら→JOGZR

欲しいと思った方はすぐに日野オートバイへGO!!←しつこい?

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。

まいどおおきに。

こちらはフロントブレーキの修理でご入庫のライブDIOです。

 

フロントはディスクブレーキですが、レバーを握っても手応えが無く、しまいにグリップとレバーが触れるぐらいまで握れてしまいました。どうやらブレーキフルードが抜けてしまっているようです。

 

マスターシリンダーを取り外す時にブレーキフルードが漏れ出すので、付着防止のためビニールシートを張りました。

ブレーキフルードは塗装面を侵す性質があります。

それと主成分のエチレングリコールには毒性があります。更に吸湿性があるので水気厳禁・・・となかなか取り扱いが厄介な代物です。

 

マスターシリンダーを取り外しました。

漏れ出たフルードでハンドルバーの塗装面がふにゃふにゃにふやけています。

 

案の定、リザーバータンク内にはほとんどフルードが残っていませんでした。

 

マスターシリンダーピストンの部分から漏れていたようです。

 

ピストン交換のためマスターシリンダーを全部バラします。

 

新しいピストンを組み込む前にシリンダー内をホーニング(研磨)して汚れやサビを除去します。

 

洗浄したマスターシリンダー本体に新しいピストンを組み付けます。

 

車体に取り付けたらブレーキフルードを注いでエア抜きを行ないます。

 

ホースからキャリパー内に残っている古いブレーキフルードを交換します。

最後にテスト走行して作業完了です。しっかりと止まるようになりました。

 

 

 

原付バイク、中古バイク販売・卸・買取・修理

日野オートバイ

奈良県生駒市南田原町121-1

TEL 0743-78-2999

OPEN 11:00~19:00

毎週 水・木 定休日

HP  http://www.hinomotorcycle.com/

読者登録してね

記事の内容を参考に整備などされる方は自己責任にてお願いします。

電話やメール等による自己整備のサポート、設備機材の貸出は行っておりません。