禅宗お坊さんのブログ布教(禅語・作務・坐禅・修行・お坊さんのリアル体験記)

【講演会情報】

開催日時:2018年9月16日(日)14:00~15:30


場所:日本橋三越 カルチャーサロン


料金:一般 ¥3,780

 

【1日・短期講座】「58」 良玄の日本橋「禅」講座 

”今ここ私がホトケサマ”  イス坐禅体験と講話

 
 

アップ人気記事ランキングアップ

1位:お経が書けるか!?
2位:死後の世界

3位:身近にある仏教言葉part2

4位:東司とトイレの神様

5位:お寺のお庫裏さん

6位:心はどこにあるのか?

7位:修行僧の入門編part2 旦過詰(たんがづめ).

8位:仏前結婚式(ぶつぜんけっこんしき)
9位:禅宗お坊さんになるには(禅僧にはどうやったらなれるのか?)

10位:臘八大摂心(ろうはつおおぜっしん)  

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-08-03 17:33:57

大事な人に出会えるお盆!

テーマ:禅ライフ

こんにちは!

最近フローズンブルーベリーが大好きな良玄です(⌒▽⌒)

 

昔からストロベリーは何故か苦手で

イチゴ味はあまり食べませんでしたりんご

 

しかしながらブルーベリーって美味しい照れ

ブルーベリーケーキにブルーベリーヨーグルトショートケーキ

 

そんな中でも最近は凍らせたブルーベリーがさくらんぼ

とても美味しいことを発見しました乙女のトキメキ

 

あのシャリシャリっとした歯ごたえ

そして一粒ずつ食べれられる手軽さOK

 

なんとも暑い夏の真っ盛りに

ハゲ坊主が気持ち悪いことを発しておりますが笑い泣き

この夏はフローズンブルーベリーで乗り越えたいと思いますグッ

 

 

------------------------------------------

 

さてそんな暑い熱いこの時期のテーマは

大事な人に出会えるお盆!

です

 

 

やはりこの季節は何といってもお盆花火

お盆休みまでもう間近爆  笑

 

昨年から山の日なんて夢のような祝日が追加されて

さらに連休まっしぐらかと思いますがうずまき

坊主はこの時期お経まっしぐらでございますダルマ

 

 

特に禅宗系のお寺では

やはりお盆は一大行事として雷

お参りのハイシーズンでございますグー

 

 

お盆休みを利用して

故郷や実家にお墓参り風鈴

と言う方も多いのではないかと思いますニコニコ

 

 

 

そもそもお盆とは何なのか?

 

そのルーツを辿ると

結構面白いものが見えてきます目

 

 

これは諸説ありますが元来は

7月15日が修行が一段落する日くるくる

とされていましたニコニコ

 

そのためその日には

修行僧は自らの修行を振り返るとともに懺悔をするお願い

同時に信者さんたちは修行僧に目

お疲れ様の意味も込めてお供え物を施しておもてなしをするうずまき

という歴史がありましたダルマ

 

そこからさらにお寺にはご先祖様がいることから

自分達のご先祖様にもお供え物を持っていきお弁当

おもてなしとともに感謝をする!!

という供養に繋がっていきました照れ

 

 

 

さらに中国では

『盂蘭盆経(うらぼんきょう』というお経まで作られますびっくり

 

お釈迦様の弟子の目連尊者は神通力を使って

自らの母が生前に悪いことをしていたためガーン

餓鬼の世界に落ちて苦しんでいる姿を発見しますガーン

 

いたたまれない思いになった目連尊者は

母を救ってもらうようにお釈迦様に相談するとくちびる

修行の明ける7月15日にお供えものを施してりんご

法要を営むよう教えます七夕

 

それによって見事母親は餓鬼から救われた!

という教えですキラキラ

 

 

これが盂蘭盆⇒お盆の語源ともなっていますうずまき

 

 

餓鬼というのは常に飢え苦しむ存在ですびっくり

 

生前に欲深かったり嘘をついたりと

悪いことをすると落ちてしまう世界が餓鬼の世界ですガーン

 

よくよく考えてみると

この餓鬼は別の世界の出来事ではなくアセアセ

常日頃から私達の心の中で起こっていることではないでしょうか!?

 

あれが欲しい!

あの人が羨ましい!!

嘘ついて相手を悲しませるギザギザ

 

私達が生きているこの日常で常に起こっていることですタラー

 

そういった常日頃から罪を犯してしまう

自分自身を改めて顧みるダルマ

 

この盂蘭盆経の教えには

そういった意味の大切さも含まれているように思いますお願い

 

 

(8月1日から施餓鬼旗が立っております旗

 

 

さらに7月15日というのは

明治時代になって新暦に代わったことで8月15日にずれましたうずまき

 

もちろん今でも暦通り

7月15日をお盆としている地域もあります晴れ

 

これが7月盆と8月盆の差でもありますキラキラ

 

 

そしてこのお盆の時期には盆飾りを設えて

ご先祖様にお供え物を施しますお弁当

 

 

 

そもそも仏教では布施行といって

他に施すことを非常に大切なこととしています!!

 

 

情けは人の為ならず

という諺にもありますがくるくる

情けは巡り巡って自分に返ってくるからうずまき

大いに人に情けをかけるべしと実践するのが施しですお願い

 

そもそも仏教では

人を救うことによって自らも喜びを得られると説きます照れ

 

例えば誰かを助けたときに

自分も幸福感を感じていたキラキラ

なんて経験はあるのではないでしょうか!?

 

 

それと同様にお盆には

自らがお世話になった人や大切な人うずまき

そしてご先祖様に改めて感謝をして施すことによってダルマ

自らも幸せになる大切な時期なのだと思います照れ

 

 

ご先祖様は目に見えるわけではありません目

お供えしたからといって目の前で食べてくれるわけでもないお団子

ありがとうと言葉を返してくれることもございませんおばあちゃん

 

しかしながらお仏壇に手を合わせると

お墓の前で目を瞑って祈るとお願い

自ずとご先祖様は自分の心に浮かんできますうずまき

 

 

今年はこんなことがありました

こんな嘘をついてしまいましたアセアセ

時間を守れませんでしたタラー

来年は大切なことがあるので見守って下さいお願い

などなど手を合わせて大事な人を想い浮かべるとうずまき

色々な思いや懺悔の心が自ずと湧いてきますダルマ

 

 

 

私達には目連尊者のような神通力はありません目

 

しかしながら大切な人の所縁の地を前にして拝むことでお願い

自ずと心にその人や自らの思いを浮かべることはできますグッ

 

これこそまさにお盆の醍醐味!

 

大事な人に出会えるお盆!!

なのかなと思います照れ

 

 

施すというのは何もモノだけではありませんOK

 

時間であったり自分の体力であったり筋肉

手間暇苦労をかけてアセアセ

故郷や実家や菩提寺にお参りすることが新幹線

自らを施すという充分な行となりますダルマ

 

 

道中もその人にお世話になったことなど

色々と思い浮かんでくることもありますうずまき

 

それを大いに感じるのが

まさにお盆の大切な過ごし方風鈴

 

感謝の心を育むとともに

お世話になった大事な人におもてなしを届ける期間キラキラ

 

日本のお盆の文化には

長い長い歴史の中で多くの人達のそんな思いがラブラブ

蓄積された大切な集大成であるように思います照れ

 

 

僧侶はこのお盆の時期に

お檀家さんのお盆飾りを設えたお仏壇の前でお願い

お孫さんの大好物がお供えしてあったりりんご

家族の思い出が添えてあったりお弁当

多くのおもてなしの心を垣間見ますうずまき

 

 

もちろん旅行へ行ったり

楽しい時間を過ごすのもお盆休みの醍醐味ですが飛行機

同時に心の中で大事な人と出会えていることを切に願うお願い

そんなお盆前の夏の夕暮れ時でござます富士山

 

 

 

良玄合掌

 

 

P.S.8月はお盆のため更新は一回となりますm(_ _)m



人生はブレていい。 - 平成の一休さんのポジティブ・トンチのすすめ -/ワニブックス

Amazon.co.jp

 

 


お坊さんの修行から学ぶていねいな生き方、暮らし方

禅の修行から学ぶ電子書籍第2弾が出版されました!本


心が晴れる禅ことば

禅のことばを分かりやすく解説!本

 


泰岳寺へのリンク

↑毎月末土曜日の坐禅会・写経会は一般の方も参加可能です

 

 

人気ブログランキングへ

↑クリックしてたくさんの方に読んでもらえるとうれしいですm(_ _)m

2018-07-20 17:28:55

坊主は暖簾(のれん)が怖い!?

テーマ:禅ライフ

こんにちは!

この暑さで坊主頭もチンチコチンの良玄ですo(^▽^)o

 

猛暑ならぬ酷暑に次ぐ酷暑滝汗

 

暑さ寒さも彼岸までと言いますが

彼岸までとても待てそうにありません・・・アセアセ

 

 

暑いときは暑さに成りきるのじゃ!!

と禅の教えでは説くもののうずまき

言うは易く行うは難しを痛感しておりますガーン

 

そんな暑いときこそアイスクリームが食べたいパフェ

 

ですので暑さの不平不満を言うのではなく

暑いときはアイスクリームが美味い爆  笑

 

という思考回路をもって

なんとかこの常夏を乗り切りたいと思います筋肉

 

-----------------------------------------

 

ということで今回のテーマは

坊主は暖簾(のれん)が怖いびっくり

ですメガネ

 

 

いきなり何を言うかと申しますと

先日知人にこんなことを聞かれましたくるくる

 

「お坊さんって幽霊とかお化けとか怖くないですか?

 

 

実はこの質問は本当によく聞かれます爆  笑

 

幽霊とか見えるの!?

お化け怖くない??

etc....

 

そもそも幽霊とお化けには違いがあるらしく

幽霊は亡くなった方の魂が彷徨い悪さをする存在ランニング

お化けは元は神様だけどお願い

その神様が何かの理由で臍を曲げて悪さをするようになった存在ガーン

だそうですメガネ

 

要するにどちらも何かしらこの世に不平不満を持ち

現世を彷徨いながら生きる存在に悪さを働いてしまうもやもや

迷える存在なわけでありますアセアセ

 

 

そして仏教というのはまさにそんな迷える存在を

仏の智慧によって改心させる教えなのでダルマ

仏教の教えを携えていれば幽霊もお化けも怖くはない!!

というわけですグッ

 

 

とは言うもののもちろん私も子供時代は

お寺や墓地に幽霊やお化けがいるのではないかとアセアセ

怖れ怯えておりました滝汗

 

夜は決して一人では近づけませんでした目

 

しかしながら仏教や禅の教えを学んだ今となっては

自分の目の前にお化けや幽霊が表れたらびっくり

いざ尋常に勝負といった形で筋肉

悪さをするのではなく人々を救えるような存在に改心させてやるぜ!

といった具合ですグラサン

 

なので坊主は基本的には

お化けや幽霊は怖くない!!

はずです照れ

 

(お地蔵さんも暑そうです太陽

 

 

しかしながらそんな中で

坊主が最も恐れるものとは・・・?

 

それが実は今回のテーマである

暖簾(のれん)です!

 

 

坊主頭をしていると

暖簾に首をもっていかれるのですアセアセ

 

要するにチクチク頭が暖簾に引っかかって

頭ごとグイーーーンっと引っ張られるのです爆  笑

 

 

特に剃髪してから一日経ったあたりが一番危険日ですキラキラ

 

ちょっと生え際から毛が出て来た状態ですと

まさに服を着るときなんかもドレス

頭が引っかかって首が抜けません・・・ダルマ

 

ですのでお坊さんは幽霊やお化けよりも

お店の暖簾(のれん)の方がよっぽど怖いのですガーン

 

(のれんをくぐるのも日本の文化ですね照れ

 

 

他にも剃髪した坊主頭で怖いことと言えば

やはり紫外線&日焼けです太陽

 

特に夏のお盆の時期は

お参りや掃除で外にいる時間も非常に多いのがサーフィン

僧侶の夏の過ごし方ですアセアセ

 

ボディーは黒衣や袈裟によって暑い中でも守られていますが

ヘッドはまさに剥き出しの裸のベビーちゃん状態です赤ちゃん

 

そのため本当によく

頭皮が焼けます滝汗

 

まさに照らされっぱなしなので

頭皮も脱皮をしますしびっくり

下手をすると火傷みたいにもなってしまいます太陽

 

 

かといってあの僧侶の着物の姿に

キャップやハンチングといった帽子を被るわけもなくハット

茶巾帽子はある程度年齢を重ねないと似合いませんタラー

 

30代そこそこの僧侶が茶巾帽子を被っていたら

それこそコント衣装と勘違いされてしまいます爆  笑

 

 

そのため特に夏の時期は

鋭い日差しから坊主頭を守ること太陽

も心掛けないと大変なことになってしまうのです照れ

 

 

 

大分くだらないことを書き連ねてしまいましたが

坊主頭にも不平不満を並べても仕方がありませんくるくる

 

 

僧侶は何故髪を剃るのか?

という質問もよく受けますが目

これは昔のインドに遡りますとくるくる

やはり髪の毛というのはお洒落であったりハイヒール

自分をよく見せるための象徴でありましたクシ

 

そのため自らの欲の心が表れる髪を剃る!

ことでまさに出家の志を示していたわけです筋肉

 

 

髪の毛を剃ることは

やはり初めは誰しも抵抗を感じますアセアセ

 

今まで当たり前にあったものが無くなるびっくり

それはやはり辛いものですダルマ

 

しかしながらそれをあえて行うことで

仏道を歩む者としての覚悟を示す!!

 

そういった意味合いも

坊主頭には含まれているように私は感じます照れ

 

 

 

もちろん髪を剃るだけが僧侶の証ではなく

宗派によっては剃らない教えの宗派もありますうずまき

 

はたまた最近は

オシャレで坊主頭にする方も多くいますリボン

 

そんな時流にもまた趣を感じますが

好い悪いは別にしてうずまき

坊主頭にも色々な意味合いや怖さやびっくり

そして楽しさが詰まっていることもOK

今回の記事で感じていただければ幸いですダルマ

 

 

 

兎にも角にも

坊主はお化けや幽霊よりも暖簾が怖い!!

 

お店に入るときはさりげなく

まずは手で暖簾が捲り上げるのが常グッ

 

そんな様子をお察しいただきまして

改めて坊主頭に手を当て頭皮に手の平を感じることで手

坊主になった初心を忘れないでいたいと思いますお願い

 

 

 

良玄合掌

 

 



人生はブレていい。 - 平成の一休さんのポジティブ・トンチのすすめ -/ワニブックス

Amazon.co.jp

 

 


お坊さんの修行から学ぶていねいな生き方、暮らし方

禅の修行から学ぶ電子書籍第2弾が出版されました!


心が晴れる禅ことば

禅のことばを分かりやすく解説!

 


泰岳寺へのリンク

↑毎月末土曜日の坐禅会・写経会は一般の方も参加可能です

 

2018-07-06 17:41:38

お寺の駕篭 お坊さんは駕篭に乗ってやってきた!?

テーマ:禅アイテム

こんにちは!

最近少しリバウンド気味の良玄です(>o<)

 

昨年末に6キロほど絞った私ですが

ここ最近2キロほどリバウンドしておりますアセアセ

 

段々だんだん自分の体重に甘くなる・・・爆  笑

 

これぐらいは良いかタラー

まだあの頃に比べたら4キロ減だしグッ

 

自分に対する言い訳のオンパレードグラサン

 

これからやってくるお盆に向けて

改めて自分に厳しくなりたい!!

 

と思う七夕に悩める坊主ですガーン

 

 

----------------------------------

 

ということで今回のテーマは

お寺の駕篭

お坊さんは駕篭に乗ってやってきた!?

ですキラキラ

 

 

今回は久しぶりの禅アイテムシリーズで

お寺にある駕篭を紹介したいと思います花火

 

 

お寺にお参りに来る方々に

特に初めての人でビックリされるのがこの駕篭ですびっくり

 

 

実は本堂の天井に吊り下がってますびっくり

 

一通り本尊様や他の仏様をお参りして

本堂をグルリとした後にふと見上げると目

上部に何よりも大きな駕篭が!?

 

と皆様よく驚かれますびっくり

 

 

ただこれ実はお寺では結構あるあるでして

本堂や玄関などに駕篭が安置されている寺院はくるくる

全国各地に結構存在しますメガネ

 

なのでそれほど珍しいものでもないのですが

その大きさと本堂の天井と言う場所!?

そして何より駕篭が現代では珍しいためびっくり

結構皆様見入ってくれています目

 

 

この駕篭がお寺にある理由は様々ですが

私のいるお寺には神社

偉い和尚さんがこの駕篭に乗ってやってきた車

そして歴代の和尚さん達が移動の為に使っていたゾウ

などと伝わっていますニコニコ

 

今までこのお寺を護ってきた歴代住職が

この駕篭に乗っていたというわけですランニング

 

そう思うと私自身なんかは少し襟を正されますし

より一層大切に守っていかねばとも思いますお願い

 

まさに今までに受けてきた幾多の恩を感じるうずまき

といったところでしょうか!?

 

 

とにもかくにもこの駕篭が本堂にあること自体にも

歴代和尚の教えを大切に引継ぎくるくる

その恩に報いる生き方をすべし筋肉

と叱咤激励を受けているようにも感じるわけですダルマ

 

 

より近くで見てみますとやはり結構大きいです目

 

 

 

駕篭は古より日本の乗り物だったわけですが

江戸時代には一般の人々も利用する程普及していたそうです車

 

私自身も乗ったことがないので

乗り心地などが気になるところですが目

人に運んでもらうとなると何だか申し訳ないですしアセアセ

自分の体重も改めて気になってしまうように思います目

 

 

 

 

駕篭の種類も色々とあるようですが

お寺で見る駕篭としてごく一般的なようです目

 

 

駕篭と聞くと?

 

駕篭に乗る人 担ぐ人 そのまた草鞋を作る人

の言葉を思い浮かべますニコニコ

 

世の中には様々な職業や境遇があり

その様々な立場の人達によって社会は構築されているうずまき

 

この言葉が身分の格差を表す

なんてことも言われたりしますがメガネ

もちろん差はあれどもその差に上下関係は無い!!

と説くのが仏教的な見方かなと思いますダルマ

 

 

駕篭に乗っているから偉いのではなくて

ただその場においては駕篭に乗っている人とサーフィン

それを担いで運んでくれている人と筋肉

またその草鞋を編んだ人がいるだけのことなわけですハイヒール

 

 

いやいやそうは言っても

その三人であれば駕篭に乗っている人になりたいでしょ!?

と思われるかもしれませんがアセアセ

駕篭に乗っている人も悩み事が絶えず辛労を重ねているかもしれませんもやもや

 

さらには江戸時代の如く誰でも交通手段として乗っていれば

時と場所が変わればその立場も入れ替わりますし足

草鞋を編んでいる人が実は一番儲かっているかもしれませんびっくり

 

どうしても私達は身分や立場の差によって

自分勝手に優劣をつけてしまいがちですが手

そうではなくて駕篭に乗る人もうずまき

担ぐ人も草鞋を編む人もみんな尊い!!

そう思える境地を常日頃から目指していきたいものですお願い

 

 

テレビ番組『ぶっちゃけ寺』で葛飾北斎がテーマになったとき

有難くもゆかりのあるお寺にロケに行かせていただきましたPC

 

その中で『富岳三十六景』を色々と見せて頂いたのですが

北斎が絵の一枚の中であの富士山とともに描いたのは

庶民の生活そのものですランニング

 

色々な職人さんや農家の人々

それも高貴な姿ではなくまじかるクラウン

至って普通な身の周りにいる庶民の生活する姿そのものを

あの日本一の富士山とともに並べるのです富士山

 

 

私達一人一人が富士山のようなものだグッ

身分や立場は違えどもそこに差なんてもの無いのだよOK

 

北斎のメッセージがまさに伝わってくるように感じました照れ

 

 

駕篭から北斎までまた大分話が飛んでしまいましたが

お参りや観光などでお寺に駕篭を見つけた際は目

そんな仏教の究極の平等性なんかも感じていただければ幸いですお願い

 

 

差別の中に平等があり

平等の中にまた差別があるダルマ

 

そんな境地を胸に

また暑い日々を有難く過ごしていきたいものです照れ

 

 

 

良玄合掌

 



人生はブレていい。 - 平成の一休さんのポジティブ・トンチのすすめ -/ワニブックス

Amazon.co.jp

 

 


お坊さんの修行から学ぶていねいな生き方、暮らし方

禅の修行から学ぶ電子書籍第2弾が出版されました!本

 


心が晴れる禅ことば

禅のことばを分かりやすく解説!本


泰岳寺へのリンク

↑毎月末土曜日の坐禅会・写経会は一般の方も参加可能ですひらめき電球

 

 

 

人気ブログランキングへ

↑クリックしてたくさんの方に読んでもらえるとうれしいですm(_ _)m

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス