アイバーンパドック RC部

アイバーンパドック RC部

車関係多趣味なおっさんが綴る、へっぽこラジコン珍道中です。

新さくらたんは一旦置いといて・・・(^-^;

 

私の旗艦「トノサマバッタ」のパワーアップを行いました(´▽`)ノ

実はSAKURA D5S購入以前に未使用アンプを手に入れたんですね。

実質こちらも併せてやろうとしたら、部品が足りずに延びてしまいました(^-^;

 

まずはステアサーボを「KO PDS-2532」から「FUTABA S9352HV」に交換しました。

友達から譲ってもらいましたが、調べるとかなり高級なサーボだったのにはびっくりしましたけど(゜д゜)

SAKURA D5Sで使いたかったのですが、高さがあり過ぎて入りませんでした(^-^;

 

そして本命、アンプを「YOKOMO BL-PRO3」に交換しました。

こんな事やらなくても以前まで使用してた「BL-PRO2」で十分なんですけどね(^-^;

セッティングコントローラーも併せて購入しました。

無論受信機は2CHの「FUTABA R202GF」に交換してあります。

 

ってなわけで、無事パワーアップ完了です(´▽`)ノ

 

早くどっかで走らせたいなぁ・・・・゚・(つД`)・゚・ 

 

 

 

 

さてさて、新さくらたんの最後の組み立てです。

 

私の所持するLIPOバッテリーだと、D5Sのキャッチが短過ぎてロックできません。

そこで適当にスペーサーをかまして嵩上げしたら・・・

 

こうなりました(´▽`)ノ

ちゃんとバッテリーも固定され、暴れることはないようです。

 

シャーシはこれで完成なのですが、ボディを仮乗せで遊んでみました。

 

まずはAE86トレノ。

うん、雰囲気は良いんですけど王道過ぎますね(^-^;

 

続いてはD1 Z33。

う~ん、こういうの嫌いじゃないんだけど・・・(^-^;

 

いずれにしても、ボディは決めかねています(^-^;

さてさて、新さくらたんが完成しました(´▽`)ノ

 

・・・何だかD4より質素過ぎるような黒づくめ(^-^;

あ、ホイールはD5Sだと白のホイールなので、なんか悔しいのでD4ノーマルのメッキホイールを履かせました(^-^;

受信機のアンテナはホルダーが部品についてますが、固定ビスが別途必要です。注意してくださいね(^-^;

 

それにしても・・・

 

説明書通りに組み立てると、これでもかー!と言わんばかりのトーアウト状態(^-^;

サスペンションがIFSなのは良いとしても、う~~~~~~~ん(^-^;

何だろう?この何だかなー状態は??(^-^;

 

しかもモーターをマウントすると、お互いを忌み嫌うかのようなギヤの傾きっぷり(^-^;

このやる気のなさ、一体どうしたんだ?とつぶやきたくなりますよ(^-^;

 

不安だらけの状態で、メカチェック。

 

・・・あれ??

思ったよりギヤノイズが静かだし、何だか速そうなシャーシ!(゜д゜)

ギヤデフを軽く慣らした後に、感心してしまいましたよ(^-^;

あと、ステアサーボのニュートラル修正も思ったよりも楽に修正できました。

 

D5SになってからLipoバッテリーが推奨されているようです。

YOKOMOのLipoバッテリーだとこうなります。

プラのストッパーを嵩上げすれば問題ないと思われます。

 

こうして新さくらたん、シャーシ完成です(´▽`)ノ

さてさて、多忙な中でも新しい「さくらたん」を製作開始します(´▽`)ノ

 

しかし、その前に・・・

3RACING製のキットはフルベアリングなので割安感があって良いのですが、総じてベアリングの回り具合が重いんですよね(^-^;

そんなわけで、社外のベアリングを使っての組み立てとなります。

そうであってもカウンターギヤ部分に使われる「M5 8x3ベアリング」がどうしても社外で見つけられなかったので、ここだけ純正ベアリングで組み立てます・゚・(つД`)・゚・ 

 

最初にギヤデフの組み立てですが・・・ほーらやっぱり!(゜д゜)

いきなり「ショックスライム」にOリングをまぶしてからアウタージョイントを・・・とかあからさまに製作者をいぢめてきます(# ゚Д゚)

キット単体はコスパ良いんでしょうけど、組み立て説明書を良く読まないと製作途中でパーツや備品を買いに行かないといけなくなる事請け合いです。

それと写真のデフ内部にピンがささっていますが、コレがピンセットが無いととんでもない労力を使わされます(^-^;

 

・・・とまぁ後は説明書の指示に従って組み立てて、ロアアームがシャーシに付きました。

それでもSAKURA D4より何だか手抜きのようなシャーシだなぁ・・・と不満が積もるながらも製作していったんですけど・・・

 

一見さん殺しの製作部分。ステアリングワイパーの部分です。

説明書には特に書いていませんが、ここは「バルクヘッドにステアポスト固定スクリューをセットした後に、Assyで組み立てて固定する」が製作上正しいと思われます。

なかなか知恵の輪のような製作を余儀なくさせてくれますね(^-^;

それと、ワイパーの850ベアリングを4個使います。

その間に「プラスペーサー」をかませと指示がありますが、多分コレ改善されていて「金属のスペーサー」が予め入っています。

今後SAKURA D5Sを組み立てる方、注意してくださいね(^-^;

 

そして私がドツボにハマった部分。

普通の大きさのサーボではダメ・゚・(つД`)・゚・ 

 

仕方なく、この部分には別途ロープロファイルサーボを購入しました・゚・(つД`)・゚・ 

こういう部分もすんごいいぢわるなキットだなぁ・・・と泣きながらも製作しております。

 

あと少しでシャーシは完成します(´▽`)ノ

え~、またまた間隔が空いてしまいました<(_ _)>

 

多忙を極めていますが、キットを衝動買いしてしまいました。

 

3RACING SAKURA D5 RR です(´▽`)ノ

D4もまともに走らせていないのに、ちゃっかり買ってしまいました(^-^;

 

パーツのチェックで、3RACINGのナウいステッカーに笑わせて頂きました(笑)

 

今まで何もできなかった分、楽しませて頂きます(´▽`)ノ