お互いが綱引きしている行動や考え方。 | 専業トレーダーブログ

専業トレーダーブログ

僕は、FX専業トレーダーという人生を選んだんだ。日々の生活から考え方・トレード検証まで。


テーマ:



こちらの方向に進もうと思ったとき、アクセルを踏む必要があることは分かっていても、同時にブレーキも踏んでいることに気付かないことが多い。

もちろん、それでもアクセルをグッと踏めば進むことはできるけれども、かなりの力を要するしなかなかイメージしたスピードでは進まない。

一気にそちらに進みたいと思うなら、同時にブレーキを踏んでいないかをしっかり確認して、勇気をもってアクセルだけを踏まなければいけないんだ。



例えば、今の仕事をもっと高いレベルに引き上げて次のステージに上がろうとするのなら、そちらに意識を集中させなければいけない。

そこで、家族サービスも彼女との時間も趣味も大切だと全てをバランス良くこなそうとすれば、それは同時にブレーキを踏んでいることになるんだ。


もちろん、そうすれば全てが万遍なくバランスがとれるだろうけど、仕事のステージを上げるのには時間も労力もかかってしまう。少しずつは進んでいくけれども、なかなか思うような成果に繋がらないと焦りを感じ始めるようになる。

それが続くことによって、諦めや意欲そのものがいつの間にかなくなってしまうんだ。



本当にその方向に進みたいのなら、ブレーキになるものは勇気をもって切らなければいけない。それがそちらに進むことによる代償なんだ。

いやそれは切れないし大事にしたい。と考えているのなら、その方向にアクセルをベタ踏みしている人には絶対に勝てないし、ブレーキを踏みながらゆっくり進んでいくしかない。



人生の途中では、燃料を補給する時間も必要になるだろうし、目の前の信号が赤になってしっかりブレーキを踏まないといけない時もある。

でも、高速道路の入り口に来てアクセルを踏むときだと感じたときには、ブレーキからは足を外さなければいけない。そこで失うものがあったとしても、それは高速料金として支払わなければいけない代償なんだ。

それが払えないのなら、下道をゆっくり進むしかないということ。



今の自分の価値判断を明確にすることによって、その価値にそった方向にはグッと楽に進めるようになる。

家族が第一だとするのなら、判断に迷う局面に出会ったときには、家族が幸せになるという結果にだけ基づいた判断をする。そこに別の私情や判断材料を持ち込まないんだ。

そこに色々な判断材料を持ち込むから、迷うし正しい答えが見えてこない。



日々の生活が何かもやもやしているというのは、アクセルもブレーキも踏まずに停車しているか、アクセルもブレーキも踏んで綱引きをしているかのどちらかなんだ。

アクセルだけを軽く踏み込むだけで、その方向にはスッと進んでいく。


*FXに興味のある方はこちらもよろしく。

M-Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス