リハビリ仲間(?) | fuyusunのfree time

fuyusunのfree time

長唄などの邦楽をこよなく愛する看護師のfuyusunです。
ナースの仮面を脱いだ、fuyusunの日常を綴っています。

今日もジョナサンでランチ。すっかり店員さんに顔を覚えられてしまった。

今日は何気にスープも日替わりランチもやや塩加減が強い気が・・・。私の体調のせいかな?それとも、調理の方の体調のせいかな?

 

さて、退院してリハビリ通いも一か月以上経ちます。

だいたいどの方も同じような時間帯でリハビリに通っていらっしゃるので何気に顔見知りになってしまいます。

そして、どこの施設にも仕切りたがるというか、親分みたいな患者さんがいますよね。で、だいたい親分役につくのは七十代くらいの元気なご婦人というパターンが多いように思います。で、ご高齢者のコロニーのようなものが出来ていて、、、見ていると面白いです。が・・・なるべく関わりたくない。

コロニーとは別に、いつも顔馴染みとなる方が何人かいらっしゃる。いつしか、一言、二言言葉を交わしたりして。

今日は、同時期位に入院していた女性の方とお話しをした。

部位は不明ですが、私と同じで足の骨折の方です。

だんだん寒くなって患部がなんとなくうずくとか、、、「一緒、一緒」という事が沢山あって、

看護師や理学療法士の方々のように、客観的な方々にはちょっと伝わりにくくて、「そうなんだ?!」というような期待は外れの返答と違って、変に嬉しく“闘病仲間”を得たという感じになった。

結局、ご高齢の御婦人方のコロニーもそういう“仲間”というのからできているんでしょうね。ただ、親分がいて、副親分がいてというようなタテ社会は面倒なんだよなぁ。

 

思えば手術から二か月が経ちました。二か月経って「まだこれしか回復していないんだ」なのか、「もうこんなに回復できているんだ」なのかよく分からない。ただ、骨はもと通りに再生するにはけっこう時間がかかりますし、一日寝たきりだと2%も筋力が落ちると言います。けっこう長期間患肢は使っていなかったから、それをもともとのように回復させるのは時間が掛かりますね。

そういえば、健康な方の下肢もあまり使っていないので、少し筋力が落ちている感じです。

患肢を一生懸命に曲がるように訓練していますが、健側も少し鍛えないと正座できないかもと不安になりました。

 

今週はお天気に恵まれて、本当に良い気分でリハビリに通えています。頑張りまーす♪