夫婦の役割 | 紫微斗数は神様の黙示録

紫微斗数は神様の黙示録

芦屋占い処・占風鐸 代表の田中宏明と申します。
飛星派、欽天四化派の紫微斗数、また八字(台湾式四柱推命)などの教授や鑑定をさせて頂いています。
欽天四化派の紫微斗数はとてもシステマティックで、三世の因果がわかる〝佛学〟といわれています。


テーマ:
最初に、お知らせです。

●アメンバー申請をされた方へ
アメンバー限定記事は、わたくしの生徒様だけが閲覧可能となっています。
教室で学ばれた欽天四化紫微斗数や八字の内容の、補習的意味合いでアップしています。
まことに申し訳ありませんが、生徒様以外の方がアメンバー申請をされましても、ご承認は致しかねますのでご了解ください。



●夫婦の役割

さて、先日、芦屋におみえになったご婦人のご主人様の命盤を拝見しますと、廉貞Aが遷移宮に、太陽Dが兄弟宮にあります。

いいご主人様です。

とくに外では人当たりのいい、人気のあるご主人様だと思います。

しかし、失礼ですが、残念ながら夫としての責任感はいまひとつ・・・

兄弟宮に太陽Dでは仕方ないですね。

来られた奥様は、太陰Bが財帛宮にあります。

これで、夫婦のリーダーシップは妻にあります。

ご主人様は、家庭の大事なことは奥様がほとんどされるので、出る幕がないと申せば言い過ぎかも知れませんが、しなくてもOKということです。


因みに、わたくしは夫妻宮に天機Bと文昌Cがあります。

これは欽天四化紫微斗数では、「奪婦権」になります。

つまり、妻としての権利を奪うということは、夫であるわたくしが妻がすべきことまでしなくてはならないということです。

妻は専業主婦で、わたくしからみれば気楽な身分だと思います。

でも、料理は上手で、美味しい手料理を作ってくれるのはそれだけで有り難いと思っています。

夫婦の役割も、前世からの約束事と言えそうです。


きょうもお読みいただき、有り難うございました。

芦屋占い処・占風鐸 代表 田中宏明


芦屋占い処・占風鐸

田中宏明の「紫微斗数は神様の黙示録」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります