風ら花(薬草魔女になるための横浜・あざみ野・たまプラーザ メディカルアロマテラピースクール&アロマ・エステ・ヒ-リングサロン)

風ら花(薬草魔女になるための横浜・あざみ野・たまプラーザ メディカルアロマテラピースクール&アロマ・エステ・ヒ-リングサロン)

精油をお薬代わりにメディカルアロマで、波動エネルギー的にサトルアロマテラピーで日常に取り入れて、心から満たされた、自分らしい人生に変化させるヒントをアロマスクール講師&アロマメンタルセラピストがお伝えします。

横浜・あざみ野・たまプラーザのアロマテラピーサロン・スク―ル風ら花の石坂です。

 

普段、トリートメントの前後にカウンセリングをさせて頂きます。

 

施術前のカウンセリングは最近の体調や心、お肌の状態伺います。

 

最近のお客様の施術前のカウンセリングで病院検査で血糖値が高いと言われたとのことでした。

 

普段、外食したり、お菓子を食べたりしていると、知らず知らずに糖分を摂取していますよね。

それが、過剰になると、血糖値が急激に上がったり、下がったりすることがあるので

 

せめて、ご自分で作るお食事に使われる糖分に気を付けてみてはいかがでしょうか?

というお話をしました。

 

例えば、白砂糖の代わりの甘味料としては植物性の「羅漢果」や「アガペシロップ」があります。

 

   

羅漢果は中国原産でウリ科の多年生つる植物

甘味は実に有って、緑色の実を乾燥させると上記のお写真のような茶色になるそうです。

 

科学的にも抗酸化作用が証明されていて、中国では昔から不老長寿の神果と伝えらえてきたそうです。

 

私はセラピストになりたての20代後半~30代前半の頃、経絡やツボを取り入れたスキンセラピストの学校に通っていて、先生にこの甘味を教えて頂きました。

 

咳止めやノドの荒れ、痰の切れなどによいと聞き、そのころの私は非常にのどの粘膜が弱くて、風邪をひきやすかったので、購入して、使っていました。

 

解熱、肝臓の不調や胃の悪いときなどにも利用されてきたそうです。

 

白砂糖よりも急激な血糖値上昇も予防にも、よろしいかと思います。

 

アガベシロップはリュウゼツラン科のブルーアガベと呼ばれる植物からつくられた甘味料。

 

非加熱のハチミツと違って、熱にも強いので、こちらも白砂糖の代わりの甘味にお勧め。

 

こちらも急激に血糖値を上げることなく、緩やかに上がっていくので、身体への負担が少ないかと思います。

アガベシロップはローカカオを使ったチョコレートを作ったときに私は利用しました。

 

せっかく、質の良いローカカオを使うのだから、甘味も身体によいものが良いということで選びました。

 

味も癖がなく、美味しかったです。

 

ぜひぜひ、血糖値が気になる方は白砂糖を植物性の甘味にかえてみてはいかがでしょうか?

 

今回も植物ってすごい!!

というお話でした^^

横浜・あざみ野・たまプラーザのアロマテラピーサロン・スク―ル風ら花の石坂です。

私はアロマ講師であり、アロマセラピストで使っている植物は主に西洋植物が多いのですが、身近に生えている日本の植物も薬草になるものがたくさんあります。

 

その一つにツユクサは昔から、身近に生えている植物ですが実は「オウセキソウ(鴨跖草)」という「生薬」なんです。

 

お花が咲いた時期に全草を乾燥させたものを煎じて摂取すると、解熱作用、風邪、下痢などに効果があり、利尿作用もあるそうです。

 

ツユクサのお花が咲いている期間は早朝に咲き始め、強い日光に当たるとしおれてしまう短命な一日花。

 

昔から、よく目にするので、いつでも、どこでも会えそうですが

そんな、はかない命だと思うと、このお花に会えるのはこの瞬間だけです。

 

この開花の瞬間に出会えた運命的な出会いの時間がなんとも愛おしく感じませんか?

 

でもはかない命だからこそ、子孫を残す戦略は抜かりなく

 

昆虫だけに頼らず、自家受粉も開花と同時の時とお花がしぼむ時の2段階で行っているそうです。
この戦略がすごい!

 

大人しそうで、はかなげですが、こんなすごい生命力を持っている植物だったのですね。

 

いつも植物の生態を知って感じるのは、生き残るため、子孫を繁栄するために、それぞれの植物が違った形で練っている戦略の凄さとたくましさに感動と不思議な気持ちです。

 

そして、癒されたり、元気や勇気をもらいます。

 

そうか~。ツユクサはそう考えて、そういう戦略を練ったのね~。
とツユクサの気持ちや意志さえもがあるように感じてしまいます。

 

花びらの青色は水溶性の染料として下絵書きなどにも使われているそうです。
 

身近なツユクサ、たくさんの恩恵を私たちにもたらしてくれる植物ですね。

横浜・あざみ野・たまプラーザのアロマテラピーサロン・スク―ル風ら花の石坂です。

 

バラ園は年に2回、春と秋が開園時期ですが、今年も春の開園時期になりましたね。

 

 

改良を重ねて、様々な形や色の美しいバラが開花していて
みた目の美しさを楽しむのが一般的ですよね。

 

でも、それだけでは、絶対にもったいない!

やはり、アロマ好きならば、香りを楽しまなくちゃ!

 

現代のローズの香りは7種~8種の分類があるのをご存じですか?

 

➀ダマスク・クラッシック

②ダマスク・モダン

③ティー

④フルーティー

⑤ブルー

⑥スパイシー

⑦ミルラ

(⑧ムスク)

 

実際のバラをクンクンしながら、香りの系統の違いを感じるのも、とっても楽しいですよ。

 

私が毎年、行っている生田のバラ園は香りの系統のパンプレットが
無料でいただけるので、いつもそれを片手にくんくんしています。

 

私は「ティー」や「フルーティ」の香りが一番好きです。

 

同じ「ティー」に分類されているものでも、きっちり、成分の含有量が全く同じって言うのは、もちろんなくて、香りの強さや香りが微妙に違っていたりして、それをかぎ分けたりするのも、楽しいです。


ローズの種類や香りの分類について、もっと詳しく知りたい!という方はYoutubeライブで対談した動画があるので、少し長いのですが、よろしければご覧下さいね。

 

ほんと、奥が深いです。