natural life

natural life

~日々の暮らしの自然なこと~


テーマ:
半年以上放置していた糠床。

恐る恐る開けてみた。

生きていた!

まっていたような。

冷蔵庫に入れていなくても大丈夫!

なんでも冷蔵庫に入れる時代。

冷蔵庫を使わない生活が1年経つ。

冷蔵庫を使わなければ、生活が徐々に冷蔵庫のない生活になっていくものなんだと、そう思いました。

テーマ:
世界でプラスチックゴミを削減する動きが広がっています!

カリヴィン・ハリス、ラスベガス会場でプラスチックストロー使用を中止。



欧州では使い捨てプラスチックストロー禁止の動きが進んでいます。



マイクロプラスチックゴミは、有害物質を吸着させる働きを持っています。

食品公害のカネミ油症事件で問題になった「PCB」を、マイクロプラスチックゴミが吸着します。

この「PCB」は、皮膚障害や肝機能障害を引き起こします。

マイクロプラスチックゴミは、「PCB」などの有害物質をつぎつぎに吸着して、最大100万倍にも濃縮させます。

小さな魚からもマイクロプラスチックが検出されています。

食物連鎖で有害物質がどんどん濃縮され、やがて、生態系や人間にも影響を与えます。

目に見えないマイクロプラスチックゴミの汚染が深刻な問題になっています。


テーマ:

 毎年、海には1,000~2,000万トンのゴミが投棄されており、80%がプラスチックです。

 

 洗顔料、歯磨き粉、化粧品などに、目に見えないプラスチックの微粒子が入っています。

 

 下水処理施設では除去することが出来ない為、海に流出されてしまいます。

 

 それを魚が食べてしまいます。

 

 海面の88%がこのような微小粒子のマイクロプラスチックで汚染されているそうです。

 

 海面にどんどん蓄積され、微小粒子のプラスチックで覆われた巨大な「ゴミベルト」が出来ているそうです。

 

 北太平洋にフランスの国土面積の6倍の広さ、深さ30mのプラスチックで汚染されている海域が発見されています。

 

 この「プラスチックスープ」を魚や食物連鎖の最下位にいるプランクトンまでが摂取してしまっています。

 

https://jp.oceans.taraexpeditions.org/env-環境について/マイクロプラスチック:-不幸な海-microplastic/

 


テーマ:
目白庭園にて 秋の庭園ライトアップを開催しています。

期間は11月29日まで。


特別な秋の10日間

未来の照明デザイナーの学生が手掛ける演出により、

彩り豊かな紅葉が幻想的に浮かび上がります。

池の水面への映り込みも眩いばかりの美しさです。

お香の香りで空間を演出、

ライトアップされた庭園に香りで彩りを添えます。

週末には、赤鳥庵で笙、箏、チェロ、弾き語りなどのコンサートなどを開催。

11/22、29は呈茶を開催。

目白庭園は今年、25周年です。

http://www.seibu-la.co.jp/mejiro-garden/

テーマ:
原宿の自然食レストラン「MOMINOKI HOUSE」にて

鉄造形 作家「中沢 知枝」さんの個展が開催されています。

個展タイトル:「宙(そら)と鉄と羅針盤」

期間:8月14日~9月13日

作家 中沢 知枝
   http://tomoenakazawa.com/wp/blog/news/349/

場所 MOMINOKI HOUSE:http://www.mominoki-house.net






Ameba人気のブログ

Amebaトピックス