武田双龍の美しい文字を身につける方法

武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

こんにちは、こんばんは。

双龍です。


「春潮」に疎密を作りましょう!




こうやって文字の空間に疎密を作るのです!

横線と横線の間にある余白を均一にしない意識が必要です。

手本無しで疎密を自分で作ると、
最初はチグハグになってしまいます。

そこで、再度過去の手本や古典を見て書いてみてください!

今まで気づかなかった疎密に気づけます!

ここから、本当の書道の楽しさが待ってます。

なので、、疎密ができなくても諦めないでね
\\\\ ٩( 'ω' )و ////

こんにちは、こんばんは。
双龍です。

今日は、「Vの法則」をお話しします。


{FD3B9256-1A3A-4A33-AB71-93EBB5543251}

ふたば書道会 の手本は全てこの法則で成り立っています。

左側の漢字全てが、真ん中の縦線と左右払いの長さが揃っていますよね。

こうなると、足が短く見えてしまうのです。

正しくは、下のラインをVにしてあげるのです。

いろんなところに使う考え方ですので、覚えておきましょう。
\\\\ ٩( 'ω' )و ////
こんにちは、こんばんは。
双龍です。

大筆の場合の「筆圧が強い」というのは、「筆の弾力が最大に効いている状態」を指します。

筆圧が弱い場合は、
墨は半紙の横方向に広がり、黒が薄く、そして滲んでしまいます。

筆圧が強い場合は、
墨は下敷き方向に垂直に沈み、黒が濃くなり、滲まなくなります。

要するに、筆圧が強い方が美しく黒くなってくれるのです。

筆圧を高めるには、
「いかに、筆の根元(腹)に重心がかかっていないか」
重要なポイントになります。

ちょっと想像がつかないですよね。

詳しく解説しましょう。

筆圧が弱くなってしまった線を、「抜けた」線と表現されます。

抜けてしまった線を写真で解説しましょう。


線の上側が、バサバサになっていますよね。
墨色もやや薄いです。

根元(腹)に力が入ってしまい、穂先が浮いてしまっているのです。

違う角度から見てみましょう。


穂先がほんの少しだけ浮いているのがお分かり頂けたでしょうか??

もっとわかりやすくするため、大げさにしてみます。

これは誰しも経験することですよね。

筆が悪いのではなく、

筆をグリっと半紙に押し付けてしまっているのが原因なのです。

特に太い線を書こうとするとき、強く押し付けてしまいます。

筆の腹に力が入らないよう、穂先を意識しながら書くと、、



このように、墨色も美しく、上側がバサバサしていない線になるのです。

ポイントは、いかに筆を持つ指の力を抜くかどうかです。

指に力が入れば入るほど、(筆管を握りつぶしてしまう)
根元側に重心がかかってしまい、抜けます。

逆に指の力を抜けば抜くほど、(筆管を優しく添える)
穂先側に重心がかかり、抜けずに書けます。

ふたば書道会の試験では、採点基準として、最も重視しているポイントとなります。

線が抜けてしまうと、その線の最後に付いているハネ、払いも穂先浮いたままになってしまうのです。

要するに、線が強くないとハネ払いもできないのです。

リラックスして書きましょうね。
\\\\ ٩( 'ω' )و ////