武田双龍の美しい文字を身につける方法

武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

こんにちは、こんばんは。

双龍です。


インスタグラムでは、おふざけをしているように見せかけ、双龍が独自に学んできた技術を盛り込んでいます。


小難しく世間様に"書道"を見せると引いてしまうでしょう?


あえてチャラくポップにすることで、

①書道に興味がない人を惹きつける

②書道に詳しい人が見たら気づく技術

を表現したインスタにしてるのです。


現に毎月、チャラさではなく、「本当の双龍の隠された技術」を学ぶために問い合わせして頂いています(。・・。)


いやー、中身に気づける人ってすごいなー。


インスタグラム〜作品集&揮毫動画〜 

↑ぜひフォローしてね♪



ちなみに、通信の有料動画、もしくはオンLINE書道サロンの有料会員のみ、双龍の「先鋒の屈折」「撚筆」の技術の詳細を配信しています。


これは流石に門外不出の技術なので、無料では配信できません。

そのほか、毎月の手本解説も、一般の方には流出できない技術満載ですので、ぜひ有料動画をご覧くださいませ。


有料動画サンプルはこちら

有料動画お申し込みはこちら


さて、「先鋒の屈折」と「撚筆」を解説しましょう。


私がよくインスタグラムの動画でグニグニ筆をいろんな形に変化させていますよね。


筆を紙に押し付け圧力を加えることを、

「先鋒の屈折」といいます。

「鋒」は穂先を表し、毛の部分が「S」の形になるので双龍は別称「S字」と呼んでます。

S字は、

①筆を開かせカスレを作る

②筆圧を高め、墨色を濃くする

③無限の線の形を作る

ことがメリットとしてあげられます。


更に、S字で開いた筆をまとめる

「撚筆」(ねんぴつ)を使用します。

「撚」は"撚り"(より)をさし、糸によりをかける、ねじる、を表します。

撚筆は、

①開いた筆をまとめる

②カスレの線に変化をつけ

ことがメリットしてあげられます。


開いた筆を硯や紙を使って整えると、

線の流れや自然さを失ってしまいます。


撚筆を使うことで"書きながら"筆を元の形に戻していきます。



ちなみにこの技術は、昔からある技術で、

双龍が編み出したわけではありませんが、

それを発展・変化させました。


書道って深いでしょ?

\\\\ ٩( 'ω' )و ////

こんにちは、こんばんは。
双龍です。


いつもは縦線は太くする、と解説しますが、
囲み系の文字の場合は例外となります。

太くしてしまうと、中の余白が少なくなり、
詰まったような印象を与えます。

外枠を細くするだけで美しくなるのです。

筆ペンで書いてみましょう
\\\\ ٩( 'ω' )و ////



こんにちは、こんばんは。

双龍です。


身体が大きくなりすぎてしまったので、

ベンチプレスの挙上重量を求めない、

初動負荷トレーニングに切り替えることで

「使える細い筋肉」をつけることとしました。


120kg上げられるようになって、

肩周りが大きくなりシャツが入らない!


重いものを挙げるほど、筋肉は大きくなる仕組みです。


この4年間、楽しかったなぁ、、

ただ重量を求めるだけでよかったから、、


40kg→120kgまで到達したからもう良しとして、

次のステップに向かいます。


細マッチョになりたい(。・・。)



本題です。


※ふたば書道会4月筆ペン手本です。

※右側は「級」「初心者」向け手本で、左側は「段」「上級者」向け手本です。


今回の段の手本は難しくなく、

アレンジも何もないのですが、

連綿(文字を繋げること)だけは入れました!


連綿するときのルールは、

「連綿線の左上の余白、右下の余白は同じ余白にしない」

です。


これが美しくなるコツなんですー!

\\\\ ٩( 'ω' )و ////