武田双龍の美しい文字を身につける方法

武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。

こんにちは、こんばんは。

双龍です。


アレンジにおいて最も難しいのは、

「太細」の変化です!


経験がある方も多いと思いますが、

「太くしたつもりなのに、ならない、、」

「バランスが悪くなる、!」


今日は、陥り方なパターンと改善方法をお伝えします。



↑たしかに線は太くなっていますが、

線と線の間にある余白を同じ広さにしたまま

太くすると、それは「太くなっている」のではなく、

拡大して「大きくしている」だけなのです。



↑水色の面積が同じになってしまっていますね。




↑「太くする」と同時に「余白を狭くする」ことを意識することが大切なのです!




↑逆も然りで、細くしたいだけなのに、なぜか文字が小さくなってしまいます。

これは細くなっているのではなく、

縮小し「小さくなっている」だけなのです。





↑「細く」しつつ、「余白を広げる」ことを合わせて意識することでようやく「細くする」ことができるのです。


太細はかなり難しいので、

なんとなくではなく、理論的に書き加えていきましょう!


こんにちは、こんばんは。

双龍です。

昨日の記事では「級」をお伝えしましたが、
「段」も考え方は同じです。

主画である右払いをどうやって長く見せるかを
考えていきたいところ。


美しい文字を書く上で大切なことは、
いかに、主画(主役の線)を長く見せるのかということです。

主画そのものを長くするのではなく、
①偏と旁の間を狭くする
②主画以外の線を短くする
ことで、長く見せます。

主画に設定する線は、
①右払い ②一番長い線
の順で設定しましょう。
※どの線を主画にするかは基本的に自由です。


これが毎月添削している箇所です。

特に左上の「短い左払いが立ってしまう癖」は、
20回添削しても、一向に直らない癖代表です。

「横線」と同じくらいの角度、と覚えておきます。


偏は特殊な形をしていますが、
いつもお伝えしているの方程式を知っていれば書けます。

以下が、偏と旁のときの法則です。

1.偏と旁の間を狭くする
2.偏の右側に壁を作り、その壁から右にはみ出さない
  (右のラインを揃えることで旁を左に寄せることができる)
3.偏の中の縦線を右に寄せる
  (偏と旁の間を狭くすることができる)


覚えておきましょ!

こんにちは、こんばんは。

双龍です。



ふたば書道会の実用筆ペン、ペン字、仮名小筆のそれぞれの段の手本では、同じ形のひらがなを2回以上登場させません。


平仮名をアレンジする最も効率の良いコツは、

辞書を買うこと!


五體字類 改訂第3版 https://amzn.asia/d/itOkeeN

↑こちらは漢字も平仮名も掲載されているので、

オールマイティに使いやすいです。


かな字典 https://amzn.asia/d/bxXa3x1

↑超詳しい平仮名辞典です。

仮名小筆を勉強されている方は必携品ですが、

筆ペンのみの方にはオーバースペックです。


字典かな: 出典明記・改訂版 https://amzn.asia/d/jl1ofDS

↑ポケット仮名辞書です。

厚さが3ミリしなかく、サイズも小さいので持ち運びしやすいです。

掲載平仮名数は少ないですが、実用から仮名小筆まで幅広く学ぶことができます。


以下の解説は、

辞典を見る前に見分けたい箇所です!




この3つの変化を組み合わせれば、、何十通りのひらがなを書き分けることができます!


覚えておきましょう!