ふたば書道会 認定試験の採点基準について | 武田双龍の美しい文字を身につける方法

武田双龍の美しい文字を身につける方法

書道家・武田双龍主催書道教室「ふたばの街」で指導しています。
全国に支部を持つふたば書道会の理事長です。2017年2月14日にリニューアルし、「文字を美しくするブログ」に特化していきます。双龍の作品や日常はインスタグラムorフェイスブックをご覧下さい。


テーマ:
こんにちは、こんばんは!
双龍です。

認定試験の採点基準を発表いたします。

すごく長い記事ですので、受験するところだけご覧下さいませ!(記事書くのに6時間かかった、、笑)

初等科、各師範試験は「基本的な技術、構成力、決まった書き方」を求められ、
各昇段試験は「発想力、個性」が求められることを前提にご覧くださいませ。

これらの違う趣旨をお楽しみ下さい♪


◯大筆  初等科師範一次、二次試験 
受験資格…大筆3段以上の方
初等科資格のメリット…書道教室を開講し、中学3年生まで指導することができる

①大筆の筆法について

露鋒(楷書)
→進行方向に対して逆側に少しでも回さない
  起筆、収筆がボコボコしない

強い筆圧と大きさ
  
転折(楷書)
→できるだけ角っぽくする、回さない、丸くしない

楷書のトメ
→丸くならない、パサつかない、塗らない

楷書のハネ
→筆を回さない、ハネずに先まで丁寧に書くこと、
  勢いに任せてハネない
  ハネ①   ハネ②

楷書の払い
→払わなずら先まで丁寧に書く、勢いに任せない
  丸めすぎない
  
中鋒(行書)
→筆先を進行方向に対して逆側に向ける、
  起筆をボコっとさせない

二折法(行書)
→収筆や転折で筆を置き直さない、多少パサついてもいい


  
②大筆と硬筆の結体(字の形)について

正方形
→縦長くしない、右に広げない
(紙を折っても良し)
  
左右対称
→中心線を意識、文字の左右の余白を均等にする
  右に広げない

均等
→横線と横線の間の余白を均等にする

 ※手本無しで正方形、左右対称、均等に書く記事一覧

楷書と行書の違い(二次)

主画の意識

半紙に5文字書く(二次)

硬筆のひらがな
→手本に掲載してある手本を忠実に再現、
  できるだけ、濃く大きく書く。

6行用紙に中学生向けに書く硬筆


◯大筆師範一次、二次試験
受験資格…初等科師範資格所持しつつ、大筆6段以上
メリット…教室を開講でき、大人も教えられる

①初等科師範や級との違いを明確にする 
※初等科師範の基本的な筆法や結体がベースにし、
「変化」を加える必要がある

②基本4種の変化を書く

1、筆法の変化

2、字形の変化

3、疎密の変化

4、太細の変化

③条幅(二次)



半切1/2の2文字作品の変化の加え方


半切1/2の2行7文字の変化の加え方


◯ペン字師範試験 
受験資格…ペン字6段以上、または大筆師範資格を所持しつつ、ペン字3段以上

※ペン字師範試験と筆ペン師範試験は同じ問題が出題されます。
筆ペン師範試験についての記事もご覧ください
※筆ペンとの違いは、太細が無いだけです。

①中心が整っていること

②正方形が基準
※正方形をベースにし、字形の変化を加える

③楷書と行書を書き分ける
      ※筆ペンの記事ですが、ペン字も同じです。

④変化を加える
大筆師範資格と同様、「変化」を加えます。
ペン字に関する記事は以下の通りです。



◯筆ペン師範
受験資格…筆ペン6段以上、もしくは大筆師範資格所持しつつ、筆ペン3段以上
※ペン字と問題は同じです。ペン字師範試験についての記述もご覧ください。
※筆ペンは、ペン字に太細を加えただけです。

①中心が整っていること
ペン字の記述をご覧ください。

②正方形が基準
ペン字の記述をご覧ください。

③楷書と行書を書き分ける
ペン字の記述をご覧ください。

④筆ペンの基本的な使い方

⑤変化の加え方
   字形の変化(偏と旁の大小)  横長⇄縦長の変化
  ※他の要素はペン字の記述を確認して下さい。


◯仮名師範試験
受験資格…仮名小筆が6段以上、もしくは大筆師範資格所持しつつ、仮名小筆が3段以上

大筆師範試験に求められる「基本4種の変化」に加え、
「散らし書き」「濃淡」の要素が必須です。
※仮名の濃淡の作り方の記事は、ネット状では表現しにくいため書いていません。
直属の先生にお尋ねするか、もしくは本を購入して研究しましょう。

まず、墨の擦り方は本を買って勉強されて下さい。

最も基本的な濃淡は、墨の付け始めから、かすれるまでグラデーションで薄くしていきましょう。

墨がティッシュに付かないほど、十分に墨を取らなければかすれは出ませんのでご注意ください。

墨継ぎの位置は高さを変えましょう。
(行頭だけに墨継ぎが偏らない)


①仮名小筆の使い方

②真名仮名と変体仮名の違い

③散らし書きについて

④選字方法

⑤連綿

⑥仮名古典臨書 
→忠実に再現(自分の意図を入れてはいけない)


◯大筆各昇段試験
受験資格…大筆准8段以上

8段、9段、10段、教師、准教授、教授、君子、天子
と昇段していきます。

上の段になるにつれ、難易度は上がります。

「基本4種の変化」に加え、
大筆師範試験では求められなかった「表現力」が必須となります。

例えば、「欧陽詢風」「王鐸風」「他で見たことのない個性的作品」など、自分のこだわりポイントを作品の裏に書いて頂き提出します。

古典風でなくても構いませんが、必ずこだわりを考えて頂きます。
例えば、「攻撃的にしました」「細い線で勝負しました」など

①古典臨書
※背臨、意臨はNGです。完璧に形臨しましょう

②条幅 

※他のポイントは、大筆師範試験の記述をご覧下さい。

  
◯仮名小筆昇段試験、ペン字昇段試験

大筆昇段試験と同じように捉えて下さいませ。

基本4種の変化に加え、
「傾き」「揺らぎ」「大小」など、さまざまな変化を入れて頂けると評価が上がります。

詳しくは、各師範試験と大筆昇段試験の記述をご覧ください。
















ふたばの街書道教室さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス