バルーン・ショップの日々

バルーン・ショップの日々

日本ではまだ珍しい存在の風船専門店。

その日々の格闘の様子や、バルーン・デコレーションの現場風景をお届けします。

先日ばね指の手術をしてから1か月が経ちました。

その後の経過をご報告します。

 

まず傷痕ですが、ご覧の通り綺麗になってきました。

 

どこが傷痕でどこがシワなのかも分からなくなってきています。

これから更に1か月、半年と経ったらほとんど分からない位になりそうですね。

ただ、僕の場合は中指でちょうど大きなシワの近くだったため、先生もシワに沿うよう斜めにメスを入れてくれたのも大きいと思います。

他の指だった場合、シワと重なるようにはなりずらいでしょう。

それでもあまり気にならないレベルまで消えていくのではないでしょうかね。

 

抜糸後には女性は傷痕の事も事前に先生と話しておいたほうが良いかも?と書きましたし、術後の参考にして頂けると幸いです。

 

ただし、まだ皮膚が若いため硬い物が当たったりすると痛みはあります。

 

そして肝心の指の機能ですが、ひっかかりはまったくありません(当然ではありますが)。

じゃあ元通りかと言うと、やはりまだ動きが悪いです。

第二関節の痛みはまだありますし、コブシを強く握り込むときにはかなりの抵抗もあります。

ギプスを外した後に固くなった関節のリハビリと同じで、何度も動かしていくと滑らかになりますが、少しの間動かさない、特に朝などはかなり動きが渋くなります。

 

でもだんだん軽くなってきているのは確かですから、少し痛い程度に動かすリハビリを自分で続けていけば、数か月先にはかなり消えるであろう実感があります。

 

それから腱鞘を切開した事による感覚の変化や不都合ですが、これは今のところ感じません。

握力の低下などが出るかな~と少し覚悟していたんですけれど。

 

まあ自慢ですけど握力は左右ともに70kg以上あったので(※最終測定記憶は10年ほど前)、多少減っても日常生活に支障は無いと思われます。

 

 

1か月後の経過を報告させていただきましたが、同様の症状に悩まされている方が最後の手段である手術を選択する際の参考になったらありがたいです♪

 

 

久しぶりでした。

コロナ禍以降ゼロになったといえるほど無くなってしまった飲み屋さんの装飾。

 

Bar、クラブ、キャバクラ、ゲイバー、ガールズバー、ホストクラブ…

 

バルーンの仕事を始めてからたくさんのお店に伺って飾り付けをしてきましたが、この2年は本当に減りました。

 

今回、こじんまりとした店内の装飾でしたのでデリバリーに近い内容でしたが、楽しかったですね。

やっぱり現場は楽しいです。

 

イメージした完成形を実際に制作して設営、それを一致させるというのは実は中々難しいのです。

この仕事を始めた頃からずっと感じており、パソコンのソフトなど使える道具を色々探し、導入しながら近づける努力をずっと続けています。

 

近いものが出来て、お客さんが喜んでくれたという二つ重なったときは嬉しいですね。

 

話を戻します。

 

設営希望の前日、電話を頂きました。

錦糸町のバーで、お誕生日の飾り付けをしたいとのご依頼です。

 

「いくらくらいかかりますか?どんな内容が出来ますか?」

 

これ、お客様が1番最初に頭に浮かぶところですね。良く分かっています。

 

ただどんな装飾をどのくらいの規模でやりたいのかを把握しなければ、お答え出来ません。

 

錦糸町は当店から近いので動きやすい場所でしたので、店を閉めた後にお店を覗きに行かせていただきました。

 

そこでご依頼いただいたママさんとお話し、いくつかの希望を伺って装飾する場所と内容を決めました。

イメージを説明しながら金額を口頭で提示します。見積もりやデザイン画を作る時間などありませんし、信用して頂くしかありません。

 

でもこのパターン、数えきれないほどやってきましたし得意なんです♪

※10万円とか超えてくる内容だと見積もりとデザイン画は必要になると思います。

 

 

 

 

 
コストを抑える鍵は「デリバリー。もしくはそれに近い装飾内容」です。
 
設営のために人数が必要となれば人件費がかかります。
でもデリバリー(宅配便のようにお届けして終了)なら最小限で済みます。
 
実はコレ、店舗を持っているからこその強みのひとつなんです。
 
●常に在庫として持っているため、そのためだけに仕入れる必要がありませんし、取り寄せる時間がかかりません。(あるもので対応させていただければ)
 
●営業時間中にお店のスタッフが製作するので、製作のために人件費が発生しません。
 
●お届け費だけですみます。
(届けたものをお店の方に置いていただくだけです。多少の簡単な作業ならデリバリー費で対応します)
 
ご予算を沢山かけた装飾はとっても素敵で凄いですが、デリバリーだけで出来る装飾も悪くないです。
むしろコストパフォーマンス的にはこちらのほうがオススメですね!
 

 

手術が終わり、院外薬局で薬も受け取って帰路につきます。

時間は3時半を過ぎていました。

 

包帯で巻かれた左手は徐々に麻酔から覚め、指を動かす感覚が戻ってきましたが、さすがに動きは悪く油が切れた機械のようで縫い合わせた切口は引きつります。

それよりも第二関節の痛みが強いです。右手でサポートしながら伸ばし切った後、反らせるのが特に痛いです。この状態ではとても指パッチンなどできません。

 

しかしリハビリ的に指反らしを繰り返していると痛みが弱くなっていきます。先生もおっしゃったとおり、少しずつ動かしていくことで改善されるという実感はありますね。

 

痛み止めも飲んでいるためでしょうか、夜になっても痛みはありません。風呂も酒も禁止です。電子書籍を大人買いして漫画や雑誌を読んでいました。

 

翌朝8時30分に再来院。外来で傷口のチェックと消毒をおこないます。若い先生が包帯を取り術跡を確認します。このとき初めて傷口を見ました。

傷を縫い合わせている糸は5か所。5針縫われたわけです。

 

切口は思ったより大きかったですね。

ネットで調べていると大体10~20mmと書かれているところが多くありましたが僕のは22mmほどでした。これは症状であったり先生のやり方によって違いがでるのでしょう。

僕は傷跡が残ってもあまり気にしませんからいいですが、女性の場合は事前に先生とよく話合っておくといいかも知れませんね。

時間が経つともっと消えて、手相が変わった程度になるのでしょうか。

 

傷口など見たくないでしょうから、ボカシをいれた写真を乗せておきます。大きさの参考にどうぞ。

 

 

消毒を終えると大きめの絆創膏を貼られ、包帯はまかれませんでした。防水の絆創膏だけで初処置は終了。

 

手術2日後くらいから少しずつ動かせるようになり、4日経つと日常生活に支障が無くなってきました。指を反らしたり深く握り込んだときの痛みはまだまだあり、右手で動かしながらリハビリを続けています。

 

そして1週間。

現在、動かした際の痛みは大分軽くなってきています。

これなら1か月ほどで気にならない程度まで戻る気がしますね。

 

抜糸は通常10日ほどですが、ちょうど週末に当たってしまうため月曜日を予定しています。

 

ここまでくればもう時間とリハビリになりますね。

そういう訳でこの治療記もこれで最後とさせていただきます。

 

同じ症状でお悩みの方が少しでも参考にしていただけたら幸いです。

 

また折を見てその後の状況などお伝えさせていただこうかと思います。

 

ありがとうございました。

いよいよ手術当日の朝がきました。

 

来院予約は12時です。当日の朝食は軽く、昼食はNGでしたのでサンドイッチを少し食べてのんびり病院へ向かいます。

12時に来てくださいというのは、午前中は外来で忙しいためですね。

でも11時頃には受付してしまいました。

 
名前を呼ばれ、場所を変えてコロナのPCRです。
鼻の奥に棒を入れられ結構痛いですね。
この一日の中であれが一番痛かったかも(笑)。
 
検査結果が出るまで1時間位。
陰性結果と13時30分に手術室に入る旨を伝えられます。
あの若い先生が確認のために指の引っ掛かり具合と指の間違いがないかをもう一度チェックし、マジックで印をつけられました。
 
前室で術着に着替えます。
腕の根本まで消毒するのでTシャツも脱ぎ、ズボンも脱ぎました。
身に着けている装飾品はコンタクトレンズも含めてすべて外すよう指示されます。カツラ、入歯(外せる)もダメだそうです。
 
部屋の空気感が変わってきました。緊張感が伝わってきます。
 
ドラマで見るように扉は手は触れずに足でスイッチを踏んで開けます。奥に向かって観音開きに開いていきます。
 
イタッ!
 
向こう側にいた看護師さんが、突然開いた扉にぶつかりました。
 
「ごめ~ん!気が付かなかった~大丈夫~?」
「いいのいいの、あたしがボーとしてたから~」
 
コントかよ。
 
奥に手術台が見えます。例の丸いライトがいっぱい付いた、大きな丸いライトがその上にあります。
その前であの若い先生が迎えてくれました。
 
(帰っていいですか・・・)
 
そう思ったとき、隣に手術用の拡大鏡のようなメガネみたいなのをつけているもう一人の先生が見えました。
手術は成功したような気分になりました。
 
診察台に寝て左手を台の上に出し、血圧計や心電図計などがつけられていきます。
右手に点滴用の針が刺されます。
念のために足と身体を軽く固定され、左手と顔の間にシーツで間仕切りが入ります。
 
「まな板の鯉」が完成しました。
 
拡大鏡の先生が僕に尋ねます。
「お名前と生年月日は?」
「今日手術するのはどの指?」
・・・
医療ミスを防ぐための確認をされ、室内にいる4名の医師看護師の準備が整っている事も確認されました。
 
「では始めます」
 
13時40分。
壁の時計が見えます。
 
「局所麻酔を入れますね」
手のひらに注射針が刺さる感触があります。ちょっとだけ痛いかな?でも大丈夫。
と、そのまま針がどんどん奥深く入ってき、更にグリグリこねられているような感覚がありちょっとビビリます。
 
見えてないし分からないのですが、本当に針が奥まで(術部)まで入ってきたのか、中の麻酔薬が注入されていく感触なのかどちらかだろうと思っていました。
 
痛みとしてはそれほど強くありません。
直後、その周辺が「ぼわっ」と膨らんでいくような感覚に襲われます。
本当に手が風船のように膨らんでいる感じです。
 
「今、つまんでいるのがわかりますか?痛みはどうですか?」
 
「つままれているのは分かります。でも痛くはないです」
 
「ではこれから切開します。もしも痛みがあれば麻酔は追加できますから言ってくださいね」
 
それから手をいじられているのは分かりましたが、痛みはありません。
拡大鏡の先生は指導医なのでしょうか、若い先生に説明しながら進んでいきます。
「ここが何番でここはこうで、ああでこうで・・・」
若い先生が術部を食い入るように見つめ吸収しようとしている感じが、その受け答えからなんとなく伝わってきました。
僕の手が経験値のひとつになってくれたらと思いましたね。なんか感動してました(笑)。
 
壁の時計は14時10分。
 
ほぼ予定通りの時間で、医師から声がかかりました。
 
「指、動かしてみて。もうひっかからないハズだけど」
 
あいかわらず手は風船なんですよね。「はい、握って」と言われても開いているのか握っているのか全然わからない!
自分の手とは思えない不思議な感覚。
すると先生は僕の肘を曲げて指先が見える位置まで上げ、自分で見ながら指を動かしてみてとおっしゃいます。
 
しかし今切られたばかりの腱を動かすのが怖く、大丈夫ですか?と尋ねると「大丈夫。握ってみて」
 
あ、動いてる。あ、握ってる・・
 
手の感覚ではわからず、見えるから自分が手を動かしているのがわかるという変な感じ。引っかかりはありません。
 
「大丈夫だね。じゃあ縫合するよ」
 
※指を動かすのと縫合は、もしかすると逆かも知れません。記憶があいまいになってます。すいません。
 
縫合が終わり、身体から心電図が外され点滴針が抜かれ、目の前の仕切りが取られます。
 
「指を使えるようになるのは何日くらいですか?」
僕の問いかけに若い先生が答えます。
「抜糸してからですね」
 
すると指導医が、
「〇〇先生は、指に力がかかるような使い方をおっしゃっているので、ゆっくり曲げたり伸ばしたりは今日から少しずつやっていきましょう。はい、伸ばして、握って」
 
「第二関節に痛みがでますが、これは動かしているうちになくなります。できるだけ動かして慣らしてください」
 
入浴など当面の注意事項を説明される中で、「ペットは飼われてますか?」と聞かれました。
 
それはもう、誰もが可愛いと言いたくなるようなヨークシャーテリアがウチにはいるんですよ!
 
なんて言う訳はございません。
 
「ばい菌が入るのが一番怖いので、もしも可能であれば少しの間だけ、ワンちゃんと離れたほうがいいかもしれませんね」
 
まあ、そうですよね。
犬が咥えたオモチャなどはそうとうばい菌が繁殖しているでしょう。
数日の間は実家に戻ることにしました。

手術室を後にして会計へ向かいます。
 
まだ指先まで麻酔が残っていて、右手で触ると人の指を触っているような変な感じでしたが、痛みはありません。
 
そして懐が痛みそうな会計です。
手術室に入るより緊張しています。麻酔が欲しくなりました。
 
財布の中には3万円を入れてきましたが、足りなければカードで払うつもりです。
 
精算の順番がきました。
機械に診察券を入れると診療費が画面に表示される仕組みです。
 
¥6.800
 
目をこらして桁を確認し直しましたが間違えていません。
 
「こんなに安いの!!」
 
少し大きな声で叫んでいたら、きっと病院から感謝された事でしょう。
 
包帯で巻かれた左手の中指を軽く動かしてみます。
まだ麻酔が残っていて自分の手ではないみたい。
でも、自分の手が帰ってきたのかな。
 
痛み止めは痛みがなければ飲まなくてもいいけれど、抗生物質は1週間分必ず飲み切るようにしてください。
 
薬局はすぐ近く。
処方箋を持って病院を後にしました。
 
こうして手術は終わりましたが、もう少しだけ続きます。
3回目の注射を打つも再発してしまった左手中指のばね指。
 
注射をした事によって患部が刺激されたためなのか、放置した時間が長かったせいなのか。
理由は分かりませんが、症状が悪くなっていくのを感じていました。
 
「ピッコン」どころか、深く握り込むと戻らないほどになっています。
 

 

左手のひらく力だけでも戻せない訳ではないのですが、ビン!と弾かれたときにかなりの痛みが生じます。そのため右手でゆっくりサポートしながら戻します。

「ピコン」と可愛くひっかかっていた部分は、もう大きな玉にでもなったのか、手を握る動作に対して恐怖感を覚えるようになっていました。

 

この頃にはもう覚悟を決めていました。逆にこれ以上放置して更に悪化するのが怖くなっていました。

 

最後の選択肢、手術です。

 

まあ、局部麻酔ですし、失敗する確率などほとんどない手術ですからね。そんなに大げさなものではないんですけど。

 

手術を決意して久しぶりに整形外来に行くと、初めての先生に呼ばれました。

 

閑話休題。

この病院にはエンジェルス大谷選手の肘治療をされている先生がいらっしゃいます。治療のため日本に帰ってきたときその先生が診ているそうです。

そして、昔々僕が全身麻酔で手術したときの執刀医は若き日のその先生でした!

大谷選手が肘の手術をしたときのニュースにその先生が出たときはビックリしました。

 

ちょっと自慢なんです(;^_^A

スミマセン。

 

さて。

新しい先生は若くて気さくな方でした。以前の治療カルテと現在の診察を合わせながら治療方針を話し合います。

僕の気持ちはもう固まっていましたし、先生から他の治療方法が出る訳でもないので、これにて手術を行うことに決定しました。

 

ただ、間の悪い事に病院の手術室移転のタイミングや僕の都合が合わず、2か月近く先の日程になってしまいます。

まあ慌てる必要もないのでそれで決定。

日程が近づいた頃合いで、手術のための血液検査、心電図、薬剤科の問診などの検査で再来院。

執刀医保護のためと、肝炎やHIVなども検査項目に入ります。

 

HIV検査は保険適応外らしいのですが、医師保護のためなので費用は病院負担。その代わり必須でした。

 

この辺りは病院によって違いがあるでしょうね。

 

この日の検査費を記載したかったのですが、明細が見当たらないんです。すぐに出てくると思うので、その際に補足します。

 

手術の説明です。他に同意書など数枚の書類にサインをしました。

 

これらの手続きを終え、後は手術日を迎えるだけとなりましたが、当日コロナのPCR検査も行うそうです。

もし陽性だった場合、手術は行わずまた後日になるとの説明もありました。

 

そして手術を迎えるにあたり、僕の中でいくつかの不安がありました。

 

●指は元通りになるのか。

もちろん健康だった頃、そのままに戻せとは言いません。

腱鞘を切開するとは、普通はあるべきものが無くなる訳ですし、繊細な指ですから何かが変わる事は仕方ないでしょう。

先生からもその辺りの説明はありました。

日常生活に支障がないレベルに戻れば良しとします。

 

●そのレベルに戻るまでの期間。

説明書にも記載されていましたし、同様の説明も受けました。

2~3か月残存することがあると。

その通りであれば感謝ですが・・

 

●この先生が執刀医?。

ホント失礼でスミマセン。

でもこちらとしては「失敗しました。ごめんねテヘ!」じゃ済みません。

まだまだこれから経験値を積んでいく先生に見えましたので、俺の手を切り開くのはまだ早いんじゃないか・・

願わくば大谷選手の主治医に・・・

などとはさすがに口にもできませんけれど、執刀医が他にいらっしゃるのかを聞く事もできず当日のお楽しみになってしまいました。

 

●費用

これも重要ですね。

各種検査の費用も結構かかったので(明細書を見つけたら報告します)、手術となれば相当かかるのではないかと不安でした。

 

だって特殊技能と知識を持った方々複数人が、想像するだけでも恐ろしそうな金額の機械や道具、薬剤を使って、そうとうな責任を背負いながら行うのですよ。

その対価は押して知るべしでしょう。

保険もあるし、さすがに2桁万円は無いでしょうが、片手に近いものは覚悟したほうがいいのかなぁと。

 

そんな事を考えながら、だんだんとその日が近づいてきました。

 

続く。

 

追伸

事前検査時の診療明細を見つけました。

診察・血液検査・心電図・胸部レントゲン・生化学的検査?・血液学的検査判断料?・・・

これら一式で¥5.000でした。

もっとかかったつもりでしたが、以外と安かったですね。