生きづらさ 癒し ノンデュアリティ あるがままに 青空と雲 広島| 伊東充隆医師「青空禅塾」広島主催

生きづらさ 癒し ノンデュアリティ あるがままに 青空と雲 広島| 伊東充隆医師「青空禅塾」広島主催

「シンプルな幸せ」は、誰にでもいつでも、開かれています。
それを実感するには、複雑になった自分を見きり、ゆだねることです。「今までと全く違った視点から」そのプロセスを歩んで行くことを、「Loving Blue」はサポートします。

●いまあるもので充分さ

 


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

やっと全国的に、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除され

すこしずつ日常の暮らしに戻り始めましたね。

とはいえ、自粛期間のペースから急にもとに戻るのもなかなかむつかしいなあと感じています。

時間とか日にちとか、すぐ間違っちゃう。笑

のんびり、ぼちぼち、参りましょうね。



今までと同じようで、ずいぶん違うであろう

これから繰り広げられていく世界に寄せて

前回に引き続き

大好きな、老子の「タオ」より、ご紹介します。

 

 

 



 

 

 

 

 


第46章   いまあるもので充分さ




タオの道が世にゆきわたるときは
軍馬でさえ、糞を畑に落として、
土地を豊かにするがね。
タオの道にそむいた世となると
雌馬さえ引き出されて、
遠い国境の野で仔馬を産みおとす。



この違いはどこからくるのかーーー
ひとことで言えば、それは
人や国が、満足しないで、
さらに取ろうとするからなんだ。



じっさい
他人の物を欲しがるのが
一番の過ちの元なんだ。
いまあるもので充分、
と知る人だけが、
いま生きることの豊かさを知るんだよ。
自己否定をしろとか、欲するなとか
言うんじゃないんだーーーいいかい、
ただ、
どこで止まるかを知ること、それだけさ。



 


『Tao 老子』
加島祥造著/筑摩書房版


 
 
 
 
 
 
 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
◆【6/28・7/19開催】「青空禅塾」 

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

●欲

 


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

全国的に新型コロナウイルスに関連する緊急事態宣言解除が続き、昨日は関西全体の解除が発表されました。

のこるは、関東圏と北海道ですね。

宣言解除・自粛解除されたとはいえ、まだ気をつけながら、

ゆっくり過ごされている方も、多いかもしれませんね。




これから繰り広げられていく世界に寄せて

大好きな、老子の「タオ」より、ご紹介します。

 

 

 



 

 

 

 

 


第29章   極端は避けるんだ




だから個人ばかりか政治でもそうで
天から与えられたものを
自分の思い通りにしようとすれば、
まあ、たいていは失敗するのさ。



独裁者たちがしたことでよくわかるように、
自分勝手に
国を動かそうとしたら、
大変なことになるんだ。



勝とうとすれば敗け、
取ろうとすれば失うーーーこれが
深い真実なのだ。



なにしろ現実の社会はいろいろで
先頭を切りたがるものがいれば
後につきたがるものもいる。



息一つだって
冷たい手を温めようと吹くものもいれば
熱い湯をさまそうと吹くのがいる!
頑張る一方の者がいれば

柔らかく受けながす者もいる。
上にのっかるのがうまいのと
いつも落っこちがちなのとがいる。



だからタオにつながる人は
片方だけを強行しない。
極端を避けるんだーーーとくに
人間の高慢な驕りや
とめどない欲をね。




『Tao 老子』
加島祥造著/筑摩書房版


 
 

 
 
 
 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
◆【5/24・6/28開催】「青空禅塾」 

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

●【延期のお知らせ】5/27(水)「幸せって、なんだろう」|やさしい対話カフェvol.4


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

 

【延期のお知らせ】

 

新型コロナウイルスでの自粛要請により、現状、会場準備の困難が予測されます。
 

対面での当イベントは、もうしばらくの間様子を見させていただき、適切な時期に再設定させていただけたらと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
【5/24・6/28開催】「青空禅塾」 

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

●いつでもリラックス可能である、ということへの可能性、「呼吸」|静かな幸せの見つけ方③

 


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言下での自粛が五月末まで伸びた矢先に、

広島では、段階的に緩和される期間がスタートしました。

来週からは、コロナ対策の上、少しずつの時間と人数で、学校の登校日も設けられるそうです。

何となく今までに比べると、社会的なリラックス感がでてきましたね。

 

 

 

とはいえ、この先しばらくは引き続きの自粛で過ごす方も多いと思います。

 

 

 

世界はどうしようもなく、強大なうねりと共に変化をしていっていますが

そのことを見据えながらも、個人の内面世界において

たったいまここで、静かな幸せを見つけていくことは可能ですし、

これから先も、それは大切な要になるなと思います。

そんなあれこれを「静かな幸せの見つけ方」シリーズとしてお伝えしたいなあと思います。

(このシリーズはほぼ日のマイペースで書いていきますことをお許しください。笑)

 

 

 

 

 

 

「リラックスする」というと、時間があって、のんびりできる非日常の中で、なにか特別なことをする的なことしか、

見つからないなあ。。。

とイメージされる方もいらっしゃるとおもいます。

が、そんなことないんですよ。

 

 

 

なるべく、いくつかのリラックスを見つけてみてください、と一番最初の記事でお伝えしたのですが

たとえば、日常の中で、こんなのもありますよ~ということを、ちょっとずつ、お伝えしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

今日は、「呼吸に意識を傾ける」ことを、お伝えします。

 

 

 

呼吸は、生きている限り、寝ている間でもなされている、身体の自然な活動です。

ですから、いつどんな時でも、これを活用することが可能です。

止まっている時も、活動するときも、

ほんの30秒でも、1分でも、

なんなら、たった一呼吸でも構わないので、呼吸に意識を傾けてください。

 

 

 

 

空気が体を出入りする感覚、

共に、身体のいろんな部位が収縮・弛緩を繰り返す感覚、

それらが完全に自然におこなわれていることへの観察、

呼吸への意識と共に、心が徐々に静まっていく感覚、

その感覚とともに訪れる、静かな感覚と心地よさ・・・・

 

 

 

呼吸に意識を傾け、そんなふうに、ちょっとだけご自身を観察してみてください。

 

 

 

 

最初は、動きを静止して行うのがおすすめです。

可能なら、背筋をすっと立てて、姿勢を自分なりに整えて

集中しやすい状況の中で行うといいです。

そのほうが、変化が感じられやすいからです。

 

 

 

慣れてきたら、動いている時でも、これを行ってみてください。

動いている時も呼吸はしていますから、試しにやってみましょう。

 

 

 

静かにしている時も、動いている時も、

呼吸に意識を傾けることで

心が静まり、身体もふわっとしてきて

「ああ、きもちいいなあ」っていう「リラックス」を味わいやすくなりますよ。

 

 

 

それを重ねていくと、観察力も高まり

自分自身がどんな状況下で、リラックスを感じやすくなるか、ということもわかってきます。

リラックスへの感度が高まって、どんなときも

自分なりに工夫して、リラックスすることが可能なんだなあという思いが深まっていきます。

 

 

 

 

さて、心地よくリラックスするために「呼吸」をとしての実践についてお伝えしました。

とっても簡単だったとおもうのですが、

これらの実践の中で、最も大切で重要な、最大のポイントをお伝えします。

それは・・・

 

 

 

「忘れないこと」です。笑

 

 

 

できるだけ忘れないように、

細切れでいいので、マメに。

かつ、遊び感覚で、気軽に続けてみてください。

続けてこそ、コツがつかめていきます。

そのコツをつかむためには、しつこいようですが

 

 

 

「忘れないこと」です。笑

 

 

 

 

 

是非実践してみて、どんな感じだったかコメント欄で教えてくださいね。

シェアしていただけると、とっても喜びます^^

 

 

 

 

よかったら、合わせて、こちらのメールマガジンもどうぞ。

わたしとは何か?を見つける視点をつづっていますが、

それは同時に静かな幸せを見出すことにもつながっています。

 

 

 

 

今日も素敵な一日をおすごしくださいね。

 

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
【5/24・6/28開催】「青空禅塾」 

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。

 

 

●本当にリラックスできているのか、わからないときは|静かな幸せの見つけ方②

 


ブログにお越し下さり、ありがとうございます。のんです。

 

 

 

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言下での自粛が五月末まで伸びた矢先に、 広島では、段階的に緩和される期間が今日からスタートしました。
長い自粛に伴い、ストレスと共に、生活への様々な変化や負担が増したところでの緩和は ほっとしますし、
ありがたいことだなあと感じるのですが、 この先しばらくは引き続きの自粛で過ごす方も多いと思います。    



   世界はどうしようもなく、強大なうねりと共に変化をしていっていますが そのことを見据えながらも、個人の内面世界において たったいまここで、静かな幸せを見つけていくことは可能ですし、
 これから先も、それは大切な要になるなと思います。



そんなあれこれを「静かな幸せの見つけ方」シリーズとしてお伝えしたいなあと思います。 

(このシリーズはほぼ日のマイペースで書いていきますことをお許しください。笑)       

 

 

 

      

 

 

前回の記事「何はともあれ、リラックスすること」に、コメントを頂きました^^ ありがとうございます。   

 

 

 

  とても繊細に観察をされている様子がうかがえて、とってもワクワクしました。 今日は、こちらのコメントを参考に、記事を書かせていただきます。 ありがとうございます^^ 

 

 

 

        

 

丁寧な自己観察をしていくと 「完全に脱力しているつもりでも、なんかどこかに力が入っているような気もする」 と感じることもあると思いますし       そうやっていくうちに、 そもそも「リラックスっていうのがどういう状態なのかわからない」 という疑問にも行き当たると思います。      

 

 

 

  前回の投げかけ、「なにはともあれリラックスしてみて」といわれたとき それ以外にも、様々な観察や疑問、いろんな考えがわいてくるでしょう。       

 

 

ただ、どんな事柄にせよ、わいてきているのは、一まとめにすると「思考」なんですね。

 その「思考」群のそれぞれを細かく検証していくことも有効なことなのですが

 今回の記事は、それらをポーンと飛ばしていく、らくちんなアプローチです。笑     

 

 

    

 

 

わいてくる事柄がどんなことにせよ、それらの「思考」を、 

空に流れる雲のように、まるごと「流していこう」と、意図してみてください。     

 

 

実践していくなかで、またさっきの雲が戻ってきて、 「ああ戻ってきてしまった、わたしはやっぱりリラックスできない」と感じることもあるかもしれません。 

が、ここが超ポイントなんですが・・・それも、「思考」です!笑 

ですから、先ほどと同様「流していこう」としてください。

判断した内容をどうのこうのすることより、「流していこう」とすることだけに重きを置きます。

 

どんな「思考」がやってきても、例外なくというのもコツです。   

 

 

 

      

 

 

このことを実践していくと、二つの事を発見するでしょう。      

 

 

 一つ目は、どんな思考も必ず流れていく、ということ。流れていかない思考はないんだということです。 

実践の最初のうちには、うまくいったり、いかなかったりの程度差はあるかもしれませんが、 

永遠に続く思考はないということへの信頼が、自身の観察によって、自然に起こります。 

 

 

 

どのみち流れ去っていく定めのものを「流れない」「とらわれてしまう」と、こだわっていることで 

自ら進んでその中に飛び込んでしまっているようなものだったのだということへの理解も起こるでしょう。      

 

 

 

 二つ目は、洞察が深まるにつれ、「流していこう」と「意図」しなくても、自然に流れていく定めなのだと、自然と体感していきます。

 そうなるとしめたものです。 

意図に関係なく、なにもかもが流れていく定めだと深く理解するならば 

「本当にリラックスできている」「本当にはリラックスできていない」という 「思考」にとらわれることが無くなるからです。      

 

 

 そうしてくと、その思考が流れ去っていった後に残る空白の心地よさにくつろぐいでいる自分を発見するでしょう。 

その空白・何もなさが、リラックスとネーミングされているものであり ここで提案しているリラックスの源泉です。     

 

 

 

  

 

 

次回の記事では、この先に起こる発見について書いてみたいと思いますが 

まずはこの二つの事を、実践を通して確かめてみていただけたらと思います。       

 

 

  これを実践する上でのコツを最後にお伝えします。 遊び感覚で、素直になって、やってくださいね。 

 

 

これは、なにかを観察し、発見する上で、結構大切な要素です。

 「二つの発見ができるか、できないか!」みたいな真剣さも大切なんですが、それはゴマ粒大くらいで大丈夫です。笑       

やってみてどんな感じだったか、よかったらコメント欄にご記入くださればとっても嬉しいです^^       

 

 

    

 

 

よかったら、合わせて、こちらのメールマガジンもどうぞ。 

わたしとは何か?を見つける視点をつづっていますが、 それは同時に静かな幸せを見出すことにもつながっています。         

 

 

 

静かな幸せ心地を発見する遊びと共に、 素敵な一日をお過ごしください^^      

 

 

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
のん
 

 

 

お知らせ

 

伊東医師
毎月第四日曜日に、伊東充隆医師をお招きして、講座を開催させていただいてます。

【募集中】 
【5/24・6/28開催】「青空禅塾」 

【メディア情報】
◆【一覧】雑誌掲載|ラジオ出演|講義動画
◆【寄稿スタート】無料メールマガジン「エネルギー医療の最前線」  
  伊東医師の寄稿は、奇数月の第三土曜日です。