サイエンス・チャンネル「elements〜メンデレーエフの奇妙な棚〜 」 | お母さん、火って何から出来ているの?(旧)

お母さん、火って何から出来ているの?(旧)

イラストレーター古田真理子の、子どもと格闘する家庭学習の記録。またはお仕事の記録。


テーマ:
タロウが原子分子に興味を持ち出してから、私ももう少し、物理化学を勉強したいな~と思っていたのですが。

んがっ。

なんせ私は、高校生の時分から文系専門でして!
もう、その辺の分野はカラッキシなもんで、何から手を付けていいのかチンプンカンプン…



ダンナに聞いても良かったのですが、なんせダンナも、私のあまりの理解の遅さにキレ気味だしさ!(→こんなこともあった…


どうしたもんかな~、何か良い参考書とかないかな~と思っていたのですが、
そんな矢先、良い番組を見つけました。






サイエンス・チャンネル「elements~メンデレーエフの奇妙な棚~ 」






妖しげな骨董屋を舞台に、元素や周期表の話を、とっても分かりやすく解説してくれる番組です。
女子高生「おじょうさん」と、謎の店長(声だけ出演)とのやり取りも、ウィットに富んでいてとても面白いのです。



お母さん、火って何から出来ているの?
チャッカリした性格の、好奇心旺盛の女子高生。
目のくりっとした、とっても可愛い娘です!








まぁしかし、いくら面白い番組とはいえど、
扱う話題は周期表とか原子とか、なんか話題が色々ムツカシイので。
幼稚園児にはまだ早いかな~と思い、夜中に私が自習するつもりで、コッソリ見ていたのですが。


あるとき、ふとした気まぐれで、タロウが私のパソコン周辺に寄って来た時。
「見てみる?」と一緒に見てみたところ、
「もっと!もっとみたい!」と、一つ番組が終わると、次も次もとせがまれるくらいの食いつきっぷりをみせまして。。

意外や意外。


以前、原子を説明する絵本を買ったときもそうでしたが(→参考記事
子供はときとして、こちらの予想を遥かに超えた反応を示すものだなぁと。


次も次もとあまりにもシツコイので、ついにはパソコン前の座席をタロウに明け渡し。
パソコンの操作方法を教え、その場を離れたところ、その後もずっと食い入るように見続けていました。





お母さん、火って何から出来ているの?
落ち着きなく、変な姿勢でパソコンの前に座ってるけどさー!
彼なりに集中してるんでしょうね…




よっぽど面白かったのか、次の日になっても


お母さん、火って何から出来ているの?
「おかーさん、サイエンスチャンネル見るー!」


と言い出すタロウ。




あるときは、起きた瞬間に「見たい」と言い出して、朝ご飯も食べず、顔も洗わずにパソコン前にかじりついていたときもありましたガーン 怒ったけどね






そんな集中力で、現在視聴できる全シリーズを数日間かけて見終わったタロウ。
今はまた再度同じ番組を、繰り返し繰り返し見ています。


こんな集中力を見せた番組は、「スペーストラベラー」以来です…(→参考記事
まさに彼の好奇心にピタリと『ハマった』のだなぁと。








しかし、所詮6歳児。
番組で言っている内容をしっかり理解しているとは言い難いのですが。
どっちかっていうと、「おじょうさん」や「謎の店長」のジョークに反応してはゲラゲラと笑っている感じです。




お母さん、火って何から出来ているの?

「プー、だってプー!!」 (ゲラゲラ)





お母さん、火って何から出来ているの?

「パンツ!パンツかぶってるよー」(大爆笑)









ま、どうせ理解していないんだろうけど。
でも楽しんでるみたいだから、いいか! くらいの気持ちでいたら。




お母さん、火って何から出来ているの?
「ねーお母さん。 リンはねー、身体にいいんだけどね。ヒ素は毒なんだよ。なんでかっていうとー、ヒ素がリンにそっくりで、身体が毒だっておもわないで騙されちゃうからなんだよ」
(母補足:リンが身体にイイっていうとこれはちょっと語弊があって、DNAの一部として存在してるってことですね)

とか


お母さん、火って何から出来ているの?
「知ってる?お母さん。 黄リン赤リンは同じ元素で出来てるんだけどねー(同素体)、光るのは黄リンだけなんだよ!」



とか。




時々、大人もビックリするようなまめ知識を(おもいっきり番組の受け売りだけど!)披露してくるので、彼なりに色々と吸収しているようです。




。。。




興味を持ち出すと、留まるところをしらないのが子供の良いところでもあり。
私も頑張ってついていきたいと思います。
お母さん、火って何から出来ているの?
クリックしてくださいませ。

携帯の方は こちら  をクリック!

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス