フルマチバイシクル

フルマチバイシクル

-街の自転車屋-


テーマ:

こんにちは。

フルマチバイシクルの池田です。

 

自転車で何をする?

 

・通勤通学

・お買いもの

・お仕事

・近所をぷらぷら

 

もちろん、

 

・レースやイベントに参加

・仲間とツーリング

・キャンプ道具を積んでのバイクパッキング

 

そう。

 

自転車は(ほぼ)何にでも使える!

 

そして、

 

毎日使える!

 

これホント。

 

毎日自転車を使っているおじさま達のスタイルを見てみよう!

 

【おじさまファイルその1】

 

新潟の某所に現れたこの御三方(みなさま50オーバー)。

SURLYを好き放題いじりたおしてます。

荷物も満載。

 

 

その荷物を広げだしたよ。

 

 

ん?

 

 

コーヒー淹れてる!

 

 

おやじロックフェスもはじまった(ホントはクチパクだよ笑)!

 

 

かっこよろしいじゃないですかー。

 

通勤も買い出しも自転車を使うおじさまたち。

 

毎日乗ってこその愛車ですね◎


 

 

 

この日の様子は5月28日発売の「PASマガジン」の誌面にて。

 

おじさまたちの自転車の使い方なんかもご紹介します。

 

お楽しみに。

 

O.S.☆141さん(向って左のおじさま)のブログもぜひ。

 

 

 

【おじさまファイルその2】

 

フルマチバイシクルにやってきたこちらのおじさま。

カナダからやって来たジェフ(47)。

 

鹿児島から北海道へ単独ツーリング中でした。

愛車はSURLY DISC TRUCKER。

キャンプ道具を満載してもまったく問題ないこのバイク。

「タフなフレームでツーリングに最高だよ〜」だって。

 

ジェフはただいま山形県内を北上中!

見かけたら応援よろしくね。

インスタグラム @bikeupjapan

 

 

おじさまたちの自転車の使い方。

好きなバイクを好きなスタイルで楽しむ。

みなさんも参考にしてみてください。

 

 

池田

 

 


テーマ:

今日は久しぶりに晴天になりましたね。

 

 

もう本格的にシーズンインと言う事で、

お持ちの自転車が盗まれない様にしっかりとした盗難対策をしましょう。

 

 

 

ABUS 

Microflex 6615K

¥3,975-

 

 

自転車用の鍵としてはおそらく一番の強度を持った鍵を作るメーカーのABUSの商品。

 

ABUSの鍵はレベル1~15まで存在しており数字が高いほうがより頑丈になっています。

 

この鍵はレベル5ではありますが、

普通ののこぎりやボルトクリッパーでは切断に相当時間がかかるくらいには頑丈な造りをしています。

 

そしてABUSの中では約4,000円と比較的お求めやすい価格でもあり、

非常に「丁度良い」感じです。

 

 

この鍵はチェーンでもワイヤータイプでもなく、

ワイヤーを金属のカバーで覆った複合タイプなので、

チェーンで単純に固いほうが良いという方にはこちら。

 

 

ABUS

Shadow 685

¥6124-

 

 

ワイヤーとの複合のMicroflexとは違ってこちらはチェーンのみなので単純な強度はこちらの方が上。

 

まぁ正直どちらの鍵もレベル1しか差はないので半分好みでも良いかもしれませんね。

 

 

 

Microflex6615は最近人気なので店舗在庫が少ない時がありますので、

ご注文いただければご用意できます!

 

 

 

 

小林

 

 

 


テーマ:

みなさんお久しぶりです。

 

最近は春らしい忙しさでブログの更新が出来ませんでしたが、

今日は久しぶりの手が空いたのでブログ再開です。

 

 

 

とりあえずいつも通り新しく入ってきた自転車の紹介でもしましょうか

 

 

 

 

BREEZER

DOPPLER CAFE

Size:52

¥128,000+税

 

 

いわゆるコミューターバイクってやつですね。

 

日本ではあまりなじみのない車種ですが、欧米ではこれがママチャリのかわりになっています。

そもそも日本と文化が違うので欧米では日本にある様なママチャリはあまりありません。

 

 

日本では普段使い用の自転車は安いものにして使い捨て

欧米では普段用の自転車でも良い物を買って修理しながら長く使う

 

 

こういうところは是非日本も見習ってほしいものです。

 

 

 

話が少し逸れましたがこのDOPPLER CAFEは欧米版のママチャリって事ですね。

 

 

個人的には街乗りで使うならクロスバイクよりもこういったコミューターバイクの方が好きですね。

一番理にかなっている印象。

 

 

で、街乗りで使いやすい様にフロントはシングルでリアは11-42tとかなりワイドな11sギア

 

ブレーキもテクトロではありますが、油圧ディスク採用と街乗りには必要十分な装備です。

 

 

 

 

街乗り用でもオシャレで長く乗りたいという方にオススメです!!

 

 

 

 

小林

 

 

 


テーマ:

明日からまた数日天気が悪いようですがもうすっかり春ですね(´・ω・`)

 

 

と言う事で今日も自転車紹介です(

 

 

 

ALL CITY

PONNY EXPRESS

Size:49

¥145,000+税

 

 

 

もう何度目か分かりませんが街乗り向き寄りの車体です(

 

 

街乗りで使いやすい様にフロント変速は1段のみで、

そこそこワイドなギア比の後ろ10段の変速

 

 

普通のクロスバイクだとフロントギアが3枚ありますが、

正直街乗りでフロント3枚も使わないので1枚か2枚あれば十分ですよね

 

 

で、この車体の場合フロント1枚なのでそうした煩わしさが無いのがメリットとなります

 

 

「街乗りでもちょっといい自転車欲しいけど、そんなにギアはいらない」と言う方にオススメ

 

 

タイヤも700x35cと、ママチャリよりちょっとだけ細いくらいで使い勝手は結構良いかと思います

 

 

 

そしてこの車体は型落ちと言う事で、現在

30%OFFの

¥101,500+税!!!!!

「キャー!!オカイドクー!!」

 

 

車体の性能的にもSURLYのCROSS-CHECKが3割引きになったようなものですね

 

 

街乗りでそこそこ良い車体が欲しい方は是非どうぞ!!!

 

 

 

 

 

 

小林


テーマ:

やっと新潟も春らしくなってきましたね。

 

 

シーズンインと言う事で

これから新しく自転車を買い換えようと思ってる方には丁度良い内容なのが今回の記事です。

 

 

SURLY

STRAGGLER

650B Size:50

¥80,000+税

 

Cross-Checkのディスクブレーキ仕様のような車種ですね。

 

Cross-Check同様に様々な用途で使えるのが特徴になっています。

 

 

で、今回は車種の紹介と言うよりこのフレームで一から組めるというのがネタとなります。

 

 

まず前提として、ディスクブレーキが良いかリムブレーキが良いかで

Cross-CheckかSTRAGGLERかが決まるのでそこはお好きな方をお選びください。

 

 

このSTRAGGLERの場合完成車を買うと¥238,000+税がかかります。

しかし、フレームセットなら¥80,000+税。

 

 

この約17万円の価格差を考えると自分好みで一から組んだ方が良いのでは?

って考えが出るのもおかしくはないはずです。

 

 

で、ざっくりではありますが、フレームセット+7万円前後である程度の形にすることは可能です。

 

 

ただ、最低限で組んだ場合の話なので当然スペックも最低限のものとなります。

 

 

しかし完成車と同じくらいの金額を掛ければ、スペックも完成車とほぼ同等で

好みの色やパーツを組み込むことが可能となります。

 

 

 

 

 

過去の記事でもご紹介はしておりますが、当店でフレームセット+パーツをご購入の場合は

組立て工賃は不要です。

 

 

ちょっと時間はかかっても「完全に自分好みの自転車を作りたい」

と言う方にはオススメなやり方です。

 

 

 

 

より細かい内容に関してはお問い合わせください。

 

 

 

 

※パーツ構成を一から相談される場合は時間がかかる為、

お時間には余裕をもってご来店ください。

また、ご予算やパーツを予めご自身で決めている場合は

多少はスムーズにご案内できるかと思います。

 

 

 

 

 

小林


テーマ:

お出かけしたいンゴォオオオオオオオ!!!!

 

天気良いですね!!!!こんにちは!!!!!

 

 

最近天気良いのでツーリングでもしましょうツーリング!!

 

 

 

って事でツーリングバイクの紹介です(投げやり

 

 

今まで何台かオフロードも走れるツーリングバイク等紹介してきましたが、

今回はオンロード特化です。

 

そもそも日本じゃ圧倒的に舗装路の方が多いですからね(

 

 

 

ALL CITY

SPACE HORSE

Sise:52

¥195,000-

 

 

 

特に特徴なんてないです、はい

 

 

よくあるクロモリフレームにキャリア、フェンダーのダボ穴

太めのタイヤやフェンダーもつけやすい様にブレーキはカンチブレーキ

コンポも修理しやすいようにシフト周りは4600系でクランクだけ4700系

 

 

 

これは特徴無いですねぇ???????

 

 

 

違うんです!!特徴無いのが良いんです!!!

 

 

実際僕が買うならこの車体か、もくしくは好きなフレーム選んで似たような構成で組みます。

 

 

そのくらい使いやすいんです。

 

 

ただ、雨の日も乗るならディスクブレーキが圧倒的に有利なのでそこだけが使いにくい点ですね。

 

 

 

舗装路メインで走る場合ブロックタイヤは不要で、

重い荷物にも耐えられるようにちょっとだけ太いタイヤと頑丈なフレームがあればそれで良いんです。

 

 

それと短期間だけで見るなら車体の耐久性も不要ですが、

長く乗りたいならクロモリフレーム一択と言っていいです。

 

 

ツーリングに非常に使いやすい1台ですし、

少しだけ軽く走りたいという場合には28cまでであれば細く出来るので

通勤やポタリングにもオススメ。

 

 

そしてこの車体もセール対象ですので

30%OFFの

¥136,500+税

にて販売中!

 

よろしくお願いします!!

 

 

 

小林

 


テーマ:

天気良すぎるので走りに行きたいです(切実

 

この土日は3月頭とは思えないほど天気良いですね。

 

春らしくさっそくお店にも修理や自転車購入の方がいらっしゃっています。

 

 

で、話は変わりますが今回の紹介する自転車はこちら

 

 

 

KONA JAKE

Size:51

¥127,000+税

 

 

 

 

以前紹介したCinelliのシクロクロスとほぼ同じタイプのシクロクロスです。

 

このJAKEは変速周りを4700系ティアグラで組んでいるので、

モデルチェンジ前と比較して変速が軽く、ブラケット(シフター)のサイズも小さくなったりと

非常に使いやすくなっています。

 

パット見じゃ以前紹介したものと何が違うのか分からないかと思うので、比較したお話を・・・・

 

 

まず大きな違いですが、フロントフォークの素材がJAKEはアルミ、ZYDECOはカーボンになってます。

 

 

このカーボンとアルミの違いですが、細かく言うとまた長い話になってしまうので簡単に説明すると、

ものにもよりますが

・カーボンは値段が高いけど乗り心地がよく、軽くてグイグイ進む

・アルミはそこそこ安価で乗り心地は悪いけど軽くてシャキシャキ進む

 

 

いわゆる重量剛性比って事になるんですがこれは覚えなくても良いです(

詳しく知りたい人は訊きに来てネ(´・ω・`)

 

 

他はコンポが違ったりフレームのアルミの種類が違ったりとかそのくらいですね。

(同じアルミでもめっちゃくちゃ種類あるんですよ)

 

 

まぁ結局のところ

ZYDECOはエントリーユーザー向けだけどそこそこの性能

JAKEは最低限のスペックでとりあえず安く済ませたい人向け

 

どちらが良い悪いって話ではないです。

 

 

 

で、このJAKEですが現在セール中で

 

¥88,900+税

での販売!!!

ZYDECOはもう売れてしまったのでこれも売れるのも時間の問題でしょう

ご購入はお早めにどうぞ!!

 

 

 

小林

 


テーマ:

カラオケはキライじゃないほうです。

フルマチバイシクルの池田です。

こんにちは。

 

エーーーックス!!!

 

【KONA UNIT X】

 

2018年モデルのKONA UNIT Xの展示が始まりました。

まずは29erシングルスピードとして毎年大人気のUNIT。

 

なんですが。

 

今期モデルは大幅にリニューアル。

 

ホイールサイズは29インチから27.5インチへ変更。

この完成車は幅2.8インチの太めのタイヤを履いています。

 

フロントフォークとフレームにはダボ穴が増設。

バイクパッキングやツーリングにも使いやすくなりました。

 

 

駆動系はSRAM NX。

 

現代のマウンテンバイクのトレンドでもある、

フロントシングル×リア11速。

 

いつ見てもこのデカいスプロケットにグッときますねー。

 

フロントまわりはシンプルそのもの。

 

このシンプルなフロントと、エゲツないリアまわりの対比がたまらなくクール。

こいつを駆使して走りたくなりますね。

 

80年代風のちょっと野暮ったいカラーリングがこれまたクール。

ここ3年くらいのKONAはデザインがどんどん良くなってます。

 

「X」がついたこのUNIT。

どう変わったのか、ぜひ店頭でご覧ください。

 

感じてみーろ!エーーーックス!!!

 

池田

 

 


テーマ:

まだ天気は安定してませんが、久しぶりに今日はガッツリ晴れて春を感じてきますね。

 

 

2018年モデルの1台が入荷してきたので

今回はそんな気象状態でも乗りやすい1台をご紹介!

 

 

 

 

 

SURLY

KARATE MONKEY 27.5+

Size:M Color:Black

¥214,000+税

 

 

SurlyのTRALLカテゴリーに分類される車種ですね。

 

 

公式HPやカタログを見ればオフロードよりって言うのは分かるんですが、

他の車種同様フレーム、フォークにダボ穴が付いており、ツーリングにも使用可能です。

 

 

Surlyの場合似たような車種が多いため、何が違うのか分からないという事もあるかと思います。

 

 

実際タイヤサイズだけが違う場合や、ブレーキの種類だけが違う、と言う車種もあるため

似たような車種で迷っている場合は一番ピンと来たものを選ばれるのが間違いありません。

 

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、このKARATE MONKEYの場合、

特性的には「オフロードメインで走りたいけどツーリングにも街乗りにも使いたい」という方にオススメ!

 

 

どの車種にも言えることですが、万能な車種ほど特化した性能にならない

と言う事を頭に入れた上で車種選びをしましょう。

 

 

 

 

まぁそうやって用途にあったものを選んでいくと何台も自転車増えていくことになるんですけどね(

 

 

 

 

 

 

小林

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス