やお地域活動応援ブログ

やお地域活動応援ブログ

八尾市の地域活動を紹介しています。

東山本小学校区担当のはしもニコニコです。

1月9日(日)東山本小学校区まちづくり協議会と東山本地区福祉委員会が共催で実施された「とんどやき」についてご報告します。

11時からのセレモニーでは、来賓紹介のあと、山本高校和太鼓部の紹介と演奏披露がありました。強弱のあるリズミカルな太鼓の音に子どもたちも聞き入っていました。     

 

 

 

鼓の合図で点火メラメラ当日は風がなく、火はまっすぐに上がりました。

セレモニーの後には、お土産に焼き芋が配られました。

朝早くから、PTAや青少年指導員、更生保護女性会、役員の皆さんがサツマイモをホイルで巻いて、ドラム缶を半分に切った手作りかまどに鉄板を載せ、その上でクルクルと回して美味しい焼き芋🍠を作っておられました。以前は火の中に入れて焼いておられたこともあったそうですが、火加減が難しく、炭のようになったり、生煮えだったりで、現在の方法になったとのことです。

一列に並び、手を消毒して、ホカホカの焼き芋🍠を一人一つずついただいていきます。

今回は新型コロナウイルス感染防止の観点から会場では食べずに、家で食べていただくように案内があり、皆様ご協力いただいていました。

用意されていた約450本のお芋はお昼前にはなくなったそうです。

 

引き続き、和太鼓部による演奏と和太鼓体験があり、子どもたちは日ごろ触れることのない和太鼓に触って、音の出し方を習っていました。

久しぶりの顔をあわせての行事で、地域の皆様の多くの笑顔が見れました爆  笑

前日の準備から火消し後の片付けまで、地区役員の皆様、消防団の皆様、本当にお疲れ様でした

 

久宝寺出張所のよっちゃんです。

先日1月9日(日)に開催されました防災学習会に参加しました。

12時半に久宝寺口駅に集合!

小学生を中心にスタッフ含め30名(ドタキャンなし)全員集合し、今回の内容や趣旨について髙木会長より説明

最初に大阪市立阿倍野防災センターで勉強です

映像と大音響による体験です(写真撮影不可でしたが、内容はとても感慨深いものでした)

  

消火訓練や防災備蓄品などの説明を受けました
そして、震度7の体験です!!
子どもたちもとても勉強になったようです
次に場所を変えて阿倍野ハルカスでの勉強会です

スタッフからの説明を受けて しゅっぱーつ!!

 

な・な・なんとハルカスの地下には大雨対策のとてつもなく大きな雨水貯留施設があります

  

次は環境の勉強です。ごみからメタンガスを作り、なんとこのタンクの最終のゴミは顔の大きさまで小さくなるそうです

災害時用の電源、非常用の発電機や蓄電池を見ながら・・

 

最後に建物の構造まで学びました。ブレースや制振工法、耐火被覆まで丁寧に説明がありました

小学生には少し難しかったかもしれませんが、目で見たものは恐らく一生忘れないと思います

本当に勉強になったと同時にめったに入ることができないところにも入れ、すばらしい思い出ができたと思います。

最後に、企画から運営、実施されましたスタッフにありがとうございました、お疲れさまでした
これからもよろしくお願いいたします

みなさま、こんにちは。

山本出張所のくろちゃんです。

 

本当に毎日寒いですね。

Uさんの畑では、白菜や大根がが収穫期を迎えており、その傍らではホウレンソウや豆類が芽を出していましたよ。

 

それでは、今日もお花をご紹介していきますね。

 

枇杷(ビワ)の花

 

・科・属:バラ科ビワ属

・原産地:中国南西部

・開花期:10~12月

・草 丈:10m前後

・花 色:白

・花言葉:「温和」「治癒」「あなたに打ち明ける」「内気」「ひそかな告白」「静かな思い」

 

今の時期は花の数が一年で最も少ない時季で、植物の種類が限られます。ビワはそんな寒い時季に花を咲かせてくれる貴重な植物です。まあ、ビワの葉は昔から薬用に重宝されてきました。

 

Uさんはお正月の準備に大忙しです。

手造りのしめ縄を製作途中で、南天の実とキンカンを添えると完成なのだとか。

以前、藁を編むところを見せていただいたのですが、職人芸でしたよ。

 

あと、お宮さんのわらを段取りされたそうです。

 

花だよりでご紹介しているUさんの庭や畑に咲く花は、給食サービスやふれあい喫茶で飾られます。

コロナが収束し、来年は多くの花が飾られ、地域の皆さんの気持ちを和ませることを願っております。

 

 

 

それでは、良い年の瀬をお迎えください。

みなさま、こんにちは。

山本出張所のくろちゃんです。

 

毎日、寒い日が続きますね。 

Uさんの畑では、柑橘類が豊作ですがレモンの木に実がなりすぎて枝が折れてしまい、Uさんは補強を施されていました。

キンカンも豊作ですが、昨年は不作でこれについては当たり外れがあるそうですよ。

 

それでは、今日のお花をご紹介していきます。

 

侘助(ワビスケ)

 

・科・属:ツバキ科ツバキ属

・原産地:中国、朝鮮半島

・開花期:12~2月

・草 丈:3~8m

・花 色:赤、白、ピンク、絞り

・花言葉:「控えめ」「静かなおもむき」

 

花の名の由来は諸説あります。加藤清正(または侘助とういう人物)が朝鮮出兵(文禄・慶長の役)のとき持ち帰ったという説とか、利休の「侘び数寄」が転訛したという説などあります。ワビスケはツバキとチャノキの交雑種で、ツバキと同じように、花弁が散らずに花がポトリと落ちます。

Uさんは蕾の状態の侘助が好きなのだそうです。

 

本日、南山本小学校のプールにて火災時の可搬式ポンプの作業訓練がありました。地区の防災委員の方や八尾市と協定を結んでいる大阪経済法科大学の消防支援の学生ボランティアサークル「SAFETY」の学生さんも参加しての訓練となりました。

大阪府内では初となる学生消防隊として八尾市消防本部と密接に連携して活動を行ってくれています。今回もその活動の一環としての参加でした。

消防職員の方は「習うより、慣れろ」といいます。

緊急時には頭で理解するだけではなく身体に覚えこませることが大切という意味ですね。

 

参加された地域の皆さま、SAFETYの学生さん、消防職員の皆さん、寒い中本当にお疲れさまでした。

 

それでは、また。

 南高安地区コミスタの「あっきー」です。

 

1217日、南高安小学校のプールにて、消火活動用資材(ポンプセット)の取り扱い訓練が実施されました。

 

 

この可搬式ポンプセットは、大規模災害時において自主防災組織等が初期消火を行うため、また、地域連携をはじめ小学校等の防災意識の高揚を図ることを目的として、市内小学校をはじめとして様々な場所に設置されており、南高安地区においては南高安小学校や地域の公園8ヵ所に設置されています。

 

今回、ポンプセットの点検を兼ねて、地域の自主防災組織の方にご参加いただきながら、ポンプセットの取り扱い訓練が実施されました。取り扱いについては、事前に消防署さんからお借りしたDVDによる研修を行っていたので、スムーズに確認することができました。

 

 

放水訓練においては、自治振興委員会委員長が以前に地域の消防団に所属していたとのことで、力強く放水を行っておられました。

 

訓練終盤に発災の連絡があったため、消防の担当署員さんたちは速やかに現場に急行され、訓練は終了となりました。迅速な行動には感心させられます。

参加された皆様、消防署の皆さん、お疲れさまでした。