フルステージ・オフィシャルブログ
今は夕方ですが、羽曳野市は大雨です。

雷も鳴って、まず200vの水銀灯が停電。

少し待って100vも停電中です。


意外と写真は明るく写ってる(笑)
実際には真っ暗で作業も出来ない状態ですよ。


昨日と今日の停電までで仕上げた車両は、WRXのVABです。


ラジエター前に設置したブリッツのオイルクーラーを取り付けてましたが、油温も高く130度超え、ラジエター前に設置しているのと、元々燃費を伸ばす為に水温も高く設計されているからか、サーキット走行をすれば水温は110度は余裕で超えてしまいます。





ラジエターもすでに良い物に交換済みで、ボンネットもクーリング対策の物に変更済みにもかかわらず。


この状態ではまともにサーキット走行なんて出来ないし、壊しましょう!
みたいな感じになる。


って事で、どこまで成果が出るかはわかりませんが少しでも良くなるであろう対策をしてみました。



前面オイルクーラーを取り外し、レインホースなどのラジエターを塞ぐ部分も少しでもカットしてラジエターに風を当てるようにし、


オイルクーラーは単独で風を当て、抜けやすい位置にくるHKS製が導風板付きが発売されたので採用してみました。

その取り付けキットの中にはインナーフェンダーのカット加工用に(風を抜くため)ネットっぽくないネットが付属しています。


これを扇風機に当てると、まったく風が出ませんでした。

穴があってもコレぐらいでは意外と風って抜けないんです。
色々な使用状況を考えると細かなゴミなどははいりにくくて良いのでしょうが、この車両では本末転倒です。

なので、ネットも少しでも抜けやすくする為に変更。


オイルクーラーに風を入れる部分は少しだけ小さ目のネットに変更して、出来るだけ大きくカット。


フロント側からも風を入れる為に、本来はこうなっている部分も、


カットして風をいれます。


わかりにくいですが、ラジエターにもフレッシュエアーを取り入れるように


ボンネットのダクトからもエアーが抜ける事を期待して大きなエアクリボックスを取り外しました。


これで実際にはどれぐらい下がってくれるか、来週テストですね。


祈っとこ!(笑)


色々なご相談、お待ちしていますね!


フルステージの夏期休暇も終わり、本日より通常営業しています。

まだまだ暑い日が続きますので、体調管理には気を付けて下さいませ!


皆さんのお盆中にあった楽しい話を聞かせ序でに遊びに来て下さいね!


あ、バリ暇やった。

って方も大丈夫ですよ(笑)


お盆開け1発目は、昨年にフューエルコレクタータンクを取り付けたBNR32です。



この車両はサーキット走行的なハードな走行がメインではなく、街乗りメインです。

一定の条件はトライしたりしますが、フル装備で快適仕様に拘りを持たれています。



今回の依頼は、フューエルポンプの音がうるさい、&燃料の匂いがクサイ、なんとかして。

です。



エンジンは2,8l、Vカム装備、ビックシングル タービン仕様。


中々に難しい内容です。

以前はノーマルタンク内に2機ポンプを入れていましたが、色々とトラブルもありやはりコレクタータンクを設置してツインポンプにする事で安定している状況です。


どこまで出来るかわからないけど、エンジンに供給出来る量を計算しフューエルポンプを変更してみたり、コレクタータンクを静音させるためにコレクターのボックスを製作したりしてみました。






完成して窓も閉めた室内。

僕的には中々静かになったと思う。

臭いもマシになったと思う。


只今、炎天下の中に締め切った状態で放置してみてます(笑)


いけたらいいなー(笑)


色々なご相談、お待ちしていますね!
いやー暑い。


あ、500円罰金やった〜


何故かクッソ暑い時に限ってエアコンレスな車両のセッティングが続く あるある。


って思ってたら、



イヤイヤ、コレはあかんやろ。

真夏はあかんやろ、って、自分に自分でツッコム



で、ツッコンでから結局やる。









このRB26エンジンはFR車両なので、フロントデフのシャフト部分も抜いてメクラを作って溶接です。


この厚みの鋳物アルミを溶接する電圧で、今日は多分汗の量だけで5キロは痩せたかも...,


しらんけど....

ま、こんな暑い時は夏期休暇をとりますね。

12日から16日まではお休みします。

17日以降はフル充電して頑張りますので!


では、暑さ対策をしっかりと!