フルステージ・オフィシャルブログ
5月最終日なのに、涼しくてびっくりしますね。



昨日は、ダイノパックでセッティングしていたんですが、かなり暑かったのに。


って事で、セッティング前には現状チェックからです。


ふむふむ。
vpro3.3です。

取り敢えずは問題無さそうなのでパワーチェック!



SRエンジンの2.2l仕様でターボはTo4Z。
ブースト圧は1.3kと1.5kが設定されていたので、そのまま開始!

計算上はピークは440〜450馬力ぐらいかな?


でも、かなり遅いと思います。

って伝えたら、セッティング依頼があり僕なりに変更スタートです。


適度なプラグに変更して、圧力制御に変更されている車両で、必ず必要な吸気温度センサーが無い事に気付き、増設改造。
 

今回の車両は結構上手く作り上げられていると思ってたんですが、残念。

その他の細かな部分をなんやかんやして、

ウリャ




セッティング前のパワーチェック時との比較は、



コレで乗り易くて速い車に変身出来ました!


ブースト圧は同じで、全てセッティングのみで良くなりました。

早く実走テストもしてみたいですね!


色々なご相談をお待ちしていますね。

EG6のシビックですが、動くと異音があるので点検してみました。



ま、想像通りな結果でした...



この部品も純正は廃盤なんですね。



今日はちょっと考えさせられる事に直面しました。


どこかでチューニングをしっかりしていたはずのRB26エンジン。

ザックリと言えば、2,8L,Vカムって言うRBエンジンの理想的内容でした。



ある時、オイル交換に来店されたのですが、余りにも大きめのガタガタ音が...


どう考えてもいいメタル回ってるよ、と、伝えてバラしてみたら





クラッシュハイト(メタル張力)も全く無い。


更には






この潰れ方は、酷いな。


説明出来ない、辻褄が合わない事がいっぱいでした。


しかし、残念です。




次は安心して下さいませ!