犬の腎臓病の時に使う薬 | 人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

人間より動物好きの獣医 シワ神シワ男

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店

  猫に認可されてる腎臓病の薬は

  あるけど

  犬に認可されてる腎臓病の薬はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫ではラプロスやセミントラ

  フォルテコールと言った薬が

  猫の腎臓病で認可されてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫に飲ませてる人も多いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  これらの薬は猫では認可されてるけど

  犬では認可されてない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬で認可されてるのに

  猫では認可されていない薬が

  多い中で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  腎臓病の治療薬に関しては

  犬の方が認可されていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ラプロスは猫の慢性腎臓病の

  ステージ2~3で使うけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬では認可が下りていないから

  ステージ2だからラプロスを

  使うと言うことはないのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫でタンパク尿が出ると腎臓病の

  進行が早くなるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  セミントラ使ってタンパク尿が出ない

  ように治療する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬でもタンパク尿が出ると

  腎臓病の進行が早くなるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  タンパク尿が出ないように治療

  するのがいいけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫のセミントラを犬に代用して

  タンパク尿の治療をする

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  今はセミントラが手に入らないから

  フォルテコールを使って

  タンパク尿の治療をするけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬はフォルテコールは心臓病の

  治療としては認可されているけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  腎臓のタンパク尿の治療として

  認可されていない。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫は腎臓病用の薬が認可されてる

  ものが多いけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬には認可されていない薬を

  代用することがあるので

  やっぱり注意は必要。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  雑食動物と肉食動物では

  代謝も違うし消化も違うのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そうなると薬の効果も違って

  来るのが当たり前。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫で大丈夫だから犬でも大丈夫

  と言うわけにはいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  逆に犬で大丈夫だから猫でも

  大丈夫と言うわけにもいかない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  そこは、獣医師の判断で使う

  ことになるけど注意は

  必要だね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬の慢性腎臓病は糸球体腎炎

  って言う状態のことが多いから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫よりも進行が早くて慢性腎臓病と

  診断した時には結構進行してる

  ことも多い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  猫の慢性腎臓病には

  ホモトキシコロジーがよく効くけど

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬の慢性腎臓病には

  猫ほど効かないこともある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  犬と猫の慢性腎臓病は

  病気のメカニズムが違うことが

  多いから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  薬も猫で認可されてる薬が

  犬でも効くとは限らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  けれでも今はそれを理解した

  上で猫の腎臓病用の薬を

  犬にも代用してるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  同じ慢性腎臓病でも実際は

  糸球体腎炎の慢性腎臓病なのか

  間質性腎炎の慢性腎臓病なのか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  で治療も違ってくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  実は猫の腎臓と犬の腎臓の

  構造も違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  同じ腎臓、同じ慢性腎臓病でも

  犬と猫では違う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ココを頭に叩き込んで原因による治療

  犬猫に合わせた治療をすることで

  効果を出すことができるのさ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日もありがとう

 人間より動物好きの獣医

 シワ神シワ男

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リライズニュースでインタビューを受けました。

リライズニュースは、様々な仕事がある中、まだ注目されていない原石のような方を様々な分野で活躍されている方を紹介してくれてます。

インタビュアーが読者と活躍する人の間になり、各業界にある限界にとらわれず、境界線を越えることができる架け橋になってくれてます。

ぼくもインタビューを受けたのでよかったら観てください。

 

動物の生涯は短い、だからこそ幸せなものにしたい!!動物の統合医療・獣医の藤原光宏さん

 

 

 

 

 

 


セミナーのダイジェストを作ってみた。

YouTubeのチャンネル登録もよろしく!

https://www.youtube.com/channel/UC1TQjMRG_gzVrlaS4knm0zg/

 

 

 

 

 

 

 

 

●自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きました。

現在、猫の飼い方の本はAmazomでは購入できないようなので、

私にご連絡いただければ、若干在庫がありますので、販売することができます。

LINE@、コメント欄にご連絡ください。

 

 

 

 

LINE公式アカウントやってます。

登録してくれたら上手なシャンプーのコツ

動画を4本無料でプレゼントします!

友達登録をお願いします。

友だち追加

 

 

 

インスタもやってます
フォローしてもらえるとうれしいです。

 

 

 

シワ男のインスタ