猫ちゃんの歯から感染して全身に影響する | 人間より動物好きの医者

人間より動物好きの医者

埼玉県新座市のふじわら動物病院、院長藤原です。
ペットが幸せになるためには、飼主さんが幸せになる必要があると思っていて、
まずは飼主さんが幸せになることでペットも幸せになるような診療を心がけています。
サ論代理店


テーマ:

こんにちは。
人間より動物好きの医者

藤原です。


猫ちゃんの歯ぐきの炎症は細菌が

付くことによってなるので、その

細菌を放っておくと他の問題にも

なっちゃうんだよ。


動物にやさしい自然療法が好きなベジタリアン院長のふじわら動物病院ブログ

 

それが歯性病巣感染。

 

 

歯性病巣感染とは、歯ぐきの

細菌感染が歯ぐきの血管から

細菌が吸収されて血液にのって

全身に運ばれてしまうんだよね。

 

 

歯ぐきの感染がどんどん進むと

血液の中に細菌がいっぱいいる

状態になっちゃうんだ。

 

 

口の中の感染が原因で、腎臓、肝臓、

心臓などに細菌が感染して、いろんな

臓器が壊れてしまうんだ。

 

 

歯ぐきの感染を甘く見て

いるとヤバいことになるよ

 

 

歯ぐきの炎症はなるべく放って

おかないでしっかりとケアする

ことが大事になるんだよ。

 

 

口の中の手入れが大切で、

できれば歯磨きをするといいよね。

 

 

食べた後、5分以内にブラッシング

をするといいと言われているから

猫が食事を食べたらすぐに

歯を磨くといいね。

 

 

それがいいとわかっていても

うちの猫はできてないよ。

 

 

ブラッシングのポイントは、歯の

表面や間の食べかすを取り除く

のがポイント。

 

 

猫ちゃんはいきなりブラッシング

はできないから、やっぱり子猫

から慣らしておくことが大事だね。

 

 

最初にブラシになれる為にブラシの

背で頭や首、手先などをなでて

その後唇のあたりを軽くなでる

ようにしながら慣らすんだ。

 

 

ブラシが猫ちゃんにとって危ない

ものではないとこわがらなくても

大丈夫だよと慣らすといいよ。

 

 

それから、口の中にブラシを入れて

いくようにして、嫌がらなかったら

一旦そこでやめる。

 

 

それを毎日繰り返して、口の中に

ブラシを入れても嫌がらなかったら

歯をこすってみる。

 

 

そこで絶対に無理しないように

してや。

 

 

そこで無理にブラッシングして

イヤがったら今までのことが

水の泡になるから。

 

 

それを毎日少しずつやっていきブラシ

に慣れさせていくんだ。

 

 

そうやってブラシに慣れてきたら

歯磨きをしてみて。

 

 

猫ちゃんの歯磨きは難しいから

絶対に無理しないでや。

 

 

猫ちゃんは、強引にやっても

絶対にできないから。

次から2度と歯磨きができなく

なっちゃうから。

 

こちらの記事も一緒に読んで参考にしてください
猫の歯周病

 

メモ1月27日(日)にセミナーを開催します

日々ペットの診療をしていて、ペットが幸せになるためになるためにはどうしたらいいのかを常にかんがえていました。
その考えがまとまってきたので、皆さんとシャアしたいと思い、セミナーを開催することにしました。

画鋲セミナーの詳細はこちらから

画鋲日時:2019年1月27日(日)13時から

画鋲場所:志木周辺(申し込みをしていただいた方に詳しくお知らせします)

画鋲参加費用:5,400(税込み)

画鋲お申込み期限:1月20日(日)まで

画鋲申込み方法:LINE@から「お名前」「参加希望」とメッセージください

          友だち追加数

 

 

 

自分が所属しているペットの健康を守る会の有志の先生方と本を書きましたー。

 

 

 

レ点毎日更新していきますので、是非フォローをお願いします

 

LINE@やってます。

ブログでは言えないような

ことも発信してま~す。

友達登録をお願いします。

  友だち追加数

 

 

人間より動物好きの医者さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス