7歳まで暮らした街
鈴蘭台。
 
最寄りの駅はここ
西鈴蘭台駅ではなく
鈴蘭台西口駅!
似てるけど違う駅です
しかも隣駅ってややこしいよね
 
 
image

 

 

現在は無人駅になっているけど

駅舎の雰囲気も

改札の位置も階段も柵も当時のままで

うれしくて写真を撮ってもらった。

 

神戸の下町に生まれ育った母は

結婚して神戸市北区に新居を構え

人生初の神戸電鉄沿線暮らしとなり

幼いふじこによくぼやいていたのを覚えている

「神鉄って山の中を走るの。山ばっかりよ。」

結婚してJR加古川線沿いに暮らして初めて

当時の母の思いが理解できるようになったけれど

私にとってこの駅から祖母宅の長田駅までの

母とのお出かけは毎回楽しみで

靴を脱ぎ、座席に正座しながら

山ばっかりの車窓を眺めていた。

 

 

西口駅の坂道を少し上がると

一年だけ通った小学校がある

最近知ったのやけれど

鈴蘭台は昔、関西の軽井沢と呼ばれ

ふじこの通った鈴蘭台小学校は

ダンスホールがあった場所なんやそう。

元町よりも早く、鈴蘭台にダンスホールが完成してたって

すごくない??

その時代にタイムスリップしてみたい

ホールに通う人たちのドレスや車やお帽子は

どんなんやったんやろう?

ああ

見てみたい。

 

 

image

 

西口駅前にも店舗がある

パン好きの母といつも行ってたパン屋さん

「ワールド」

食パンが美味しくて大好きやった

この女の子が袋にデザインされていたのも

よく覚えている

数十年ぶりに狭い店のドアを開け

菓子パンをいくつか買ってみたけど

やっぱり美味しくて、懐かしい味がした。

 

 

image

 

ダンスホール跡に建つ学校に通い

小さな細い坂道をウキウキくだって下校する

当時の私に出会えた気がした鈴蘭台西口駅

 

そうや

私はいつも楽しかった

学校に行くのも家に帰るのも楽しかった

毎日毎日楽しかったことを思い出した。

 

 

image

 

母が亡くなって一年。

不思議なんやけど

姿が見えなくなってからの方が

より身近に母を感じることができる

今たぶんこう言ってるんちゃうかな

そんな感覚も、どんどん研ぎ澄まされていく気がしてる

母に連れられて歩いた駅周辺に

40年ぶりに降り立ち

懐かしさと嬉しさで

暑さを忘れてはしゃいだあと

静かに心に残った確かな感覚

 

ずっと守られていた

ずっと愛されていた

そばにいるときもいないときも

お母さんが私の手を繋いでくれてた

 

 

image

 

どんどん自分が本当の自分を見つけていく。

自然で簡単な行為のはずが

年齢を重ね

大人のくくりに入れられ

奥さんになりママになりするうち

ありのままを覆い隠して生きる癖を

積み重ねてしまってきた

本当はずっと昔から

私は私としてシンプルになりたかったのに

 

ふじこが生み育てた二人息子たちにも

あなたたちはあなたたちのままでいいと

もうええって!て呆れられるくらい

命ある限り伝えてたい。

 

image

 

 

一周忌法要にて

親族の前で堂々と

大学4年生、21歳のてつをが描いた

 

犬と牛 ↑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

6月からスタートした

県立西脇高等学校さんでの

特別非常勤講師のお仕事!

あっというまに一学期が終了しました~

早かった~

(4月から始める予定やったから当然ですな)

 

image

 

講師の依頼をお受けしたとき

私の心にはっきりと浮かんできた思いがありました

 

それは

 

image

 

ラッピングを正しく指導してくれる講師の先生は

きっと他にたくさんいらっしゃる

私は、つつむを通して

私ににしかできない授業をしよう

 

それって

どんなん?

 

どんな授業??

 

image

あのね!

正解は一つじゃないの

見本とちがってていいの

みんなの中にある「好き」を見つけて

その気持ちに正直になること

それを自由に自分にさせてあげること

 

image

 

制限や与えられた価値観を超えていくこと

それを自分に許可すること

 

一年間一緒にやっていきまっしょーーーい♡

 

 

image

 

18歳の彼女たちが

18年で出会ってきたであろう大人たちから

言われたことない聞いたことないことを言う

なんかよう分からんけど楽しそうな講師になる!

私にはたぶん

その役割が担える

っちゅーか

それしかできん・・・・

 

image

 

この地域に生まれ育つ子供たちのほとんどが

のどかな田園風景の中で暮らし

我が家の息子たちがそうであったように

きらびやかでおしゃれな都会に憧れを抱きつつ

のどかな田舎で過ぎ行く時間を持て余している

少ない選択肢

薄味の思春期

退屈さを感じながらも

進学就職まではそこに身を置くしかない

私が講師として出会う生徒たちもきっと

似た環境にいるんだろうなと想像したら

私が彼女たちの選択肢の一つのきっかけになりたい

胡椒くらいのスパイスにはなりたい

 

そう

強く思ったのでした

 

image

 

なれるかなれないか?

 

それは誰にもまだ分からないけど

私はもう

彼女たちに出会えているだけで幸せで

夢を叶えてもらってしまってるから

ただただ

二学期の授業も全力でそれを伝えるしかないと思っている

めっちゃ汗かきながら

暑苦しく授業するつもりでいる

 

 

image

 

いいよね?

 

 

I

 

 

 

 

 

 



多可町マスコットキャラクター
〝たか坊〟50体をつつむ♡

多可町観光交流協会さんから
またまたご依頼いただきまして
ふれあいまつり産業展でのディスプレイ分と
まちの駅たか さんでの販売分を
つつませていただきました!




西脇市に隣接する多可町さん
ふじこ実は
こちらで大変大変お世話になっているのです!

つつむをこれからどうしていく?
どうしたらええのん?
ただ、つつんでるだけやったあかんのん?
ていうか
病み上がりふじこの身体は
ちゃんと機能するんかい?

そんなレベルやった数年前
多可町さん主催の女性起業塾に参加したのでした





目標を定めるでもなく
友人たちも参加してるし
退院して来たとこで暇やしで
雪の積もる多可町までどうにか通い
何回目かの授業で講師の方から

あなたはふるさと納税の返礼品をつつみなさい

そうアドバイスをいただいたのやけれど
そんなんどうやったらつつめるねん??
想像もつかへんわって
でも一応お願いしておこう

ふるさと納税返礼品つつませてください!!



↑誰に言うでもなく言うた  笑





そしたらしばらくして
西脇市のふるさと納税返礼品を
つつませていただける機会に恵まれた

どうなってそうなったか?は
正直よくわからない


「なんか知らんけどやれた」






たか坊と写真撮って帰りたいねん!

朝からそう言いながら歩いていたら
人気者過ぎて撮影に行列できてるかも?な
たか坊が
たこ焼き食べてるふじこの前を
誰に引き止められるでもなく
ゆらりゆらりと横切って行った
たこ焼き途中やけども
もー 行くしかないっ!!!今やっ。




たか坊〜〜!お世話になってますー!
私、ラッピングさせてもらってる者です〜〜!

ちゃんと挨拶して
握手もしてもろて
たか坊からはお返事はなかったけれど
頷きながら多分
ありがとうって言ってくれてるなと感じた♡

絶対言うてた!




最近、たくさんの新しいお仕事を
させていただけるつつむになって来て
今と今までと
何が違うんやろう?て
自分であれこれ考えてみるのやけど

とりあえずやってみる
目の前のことをツベコベ言わず
楽しんでやる
てことを
とにかくやり続けてきた
それしか思い浮かばへんの

より良いモノを作ろう提供しよう よりも
ふじこの胸が
可愛い!って
キュンと鳴るかどうかだけを頼りに
ふじこの心に嘘をつかず
与えられることにチャレンジし続けてきた
ほんま それだけしか
はっきり分からんの




私が私を満足させること
納得出来るつつむにすること
それに集中して夢中になっていたら
いつのまにか
満たされている人たちに囲まれていた

ノウハウも戦略も何もない  笑
きっと これからもないやろな


私は生きていくために仕事をするんやなく
この仕事をするために生きたいから
つつむことは
私を生きることで
私を満足させ喜ばせ笑わせ
明日もつつむために元気でいよう
そう思わせてくれるもので

ただ その想いだけでやってきたし
多分これからもやってく




私はつつむが
この仕事が
好きなんです

どんだけ考えても
やっぱ
ただ それだけなんです🌈












損保会社さんの表彰パーティで
つつむのお話をさせていただきました♡


残念ながら雨の日でしたけれど
ホテルシーショアさんは
どこから海を眺めても全てのロケーションが
おっしゃれー!に設計されているので




出番前にいただいた
名前忘れたウマウマデザートも
海をバックにほらオシャレ✨



私の喋る位置からも
海、海、海、を一望〜〜〜✨


こんな素敵な場所まで連れて来ていただいて
クライアント様の大切なお客様方に
ふじこのしていることをお話させてもらうなんて

しかも!!!

ふじこ登場までの30分は
NHKぐるっと関西と
読売テレビす・またんzipの録画を
連続で流してくださるという✨✨

そして!!!

上映が終わると同時に
結婚式での新郎新婦ご入場レベルで
扉がバーーーン🚪と開き
↑ホテルの方が開けてくださいました

大きな拍手で迎えていただくという

もぉ ほんま これ
夢ですか?



夢ちゃいますか?の顔してますね




スタッフの皆さんがお揃いで
タテ糸ボンボンを付けてくださってたり



当日までに 何度もAnnに足を運んでくださって
ふじこに出逢ってくださったり




CUOREさんのタテ糸扇ピアスを
インナーにオシャレに合わせてコーディネートしてくださってたり♡

皆さんのこの日への意気込みと熱い想いが
バンバン伝わってきて
こんな素敵な企業さんから
呼んでいただけるようになったんやなぁと
出番前、出番後、帰り道、翌日、今現在も!
感動で胸いっぱいです




やっとお会い出来ましたね✨の方や




20年くらい知り合いで
今日、ここで
このタイミングで会えて
ほんまに嬉しいよ!な方や




もしも現職を退かれる時がありましたら
ぜひ、つつむへお越し願いたい!くらいの
完成度の高さと抜群のセンスで体験つつむをされた方などなど




毎度のことではありますが
自分のことを自分でしゃべりながら
感極まって泣くという
その後自分でウケて噴き出すという
ワクワクからのグダグタからのウキウキ
そして
感謝で全身満たされて笑顔が元に戻らんという
つつむセミナー in ホテルシーショアが
幸せな時間と共に
ふじこをつつんでくれるのでした




播州織の着物で行く!と最初から決めていて
久しぶりに引っ張り出して来て
前日に帯締めと髪飾りを作った



我ながら色味ぴったり✨

難しい綿の着物の着付けを
ピシャッと綺麗に美しく仕上げてくださった
ヴィーヴ コロヤス 大先生の
この見事な帯の結び方に感動です✨

ちなみに帯は
旧来住邸さんでお借りした
浴衣用!!
選んでくれた岸さん ありがとう😊

そしてそして
着付けをお願いしました
大先生と店長で娘さん母娘の絆に少しですが
触れることができて感動したし
本当に素敵でうらやましいなって思いました




もう会えない人に会いたいと
思うことがあります。

それはこんな瞬間やったり
つつむで出会えた方に喜んでもらえたり
大きな緊張が解かれてご飯を美味しいと
思った時やったりします。

もう会えない人に
会いたいと願うからこそ
今、会えること
今、会えてる人との瞬間を
ひとつひとつ丁寧に心に刻みたいと思う





🍀

お世話になりました東京海上日動火災様
担当者様
ご参加くださった代理店の皆様
ホテルシーショアのスタッフ様
ヴィーヴコロヤス様
西脇TMO様 
毎度私の本番に向け準備相談を引き受けてくれる
仕事仲間そして友人たち

本当にありがとうございました!
ふじこはめっちゃ幸せですっ











10月から
隣市の工業高校さんの
特別非常勤講師をさせていただくことになりました




学校の先生になりたかったという思いは
心のどこかにまだひっそりと在って
教職も取ってなかったし今さら絶対無理やん
そう言い聞かせて数十年も過ぎて

先生になれないならば
生徒としてでもいいから
また学校に通いたい!!
何でやと聞かれたらハッキリ答えられへんけど
とにかく、もう一度学校に通いたいねん!

その想いは隠すことなく
結構周りに言いふらしてたんよね




学校来たーーーーーーーっ


初登校の日、職員室で
校長先生からの辞令を受け
ふじこは
3年生が卒業するまでの半年間
ここに通うことを許可していただけたのですっ

夢ですか、これ




うれしい
学校うれしい
私なんかのしてることで
勝手に好きで好きなようにしてきたことで
行きたかった学校にまた行ける日が来るとは

ポッと出て来た見ず知らずのオバさんな私を
いきなり先生と呼んでくれて
月曜1限目の一番眠い授業時間に
ウザイくらいの熱い話を
居眠りせずにどうにか聞いてくれて
最初は興味なさげな表情やった生徒たちの目が
口元が
器用な手先が
徐々に緩み、感じ取り、動かし
自分たちなりに完成させていく
その姿を側で見てるだけで



もうあかん

泣く。


初日1限目から胸いっぱい
半年間、この調子で大丈夫なんかぃ





播州織ラッピングには
私のやっている、つつむには
正しいとか正解なんてない

贈る人と贈られる人へと
つつむ者とつつまれる物と
伝えたいことと伝わる思いと
そんなんの一個一個が
播州織の生地と糸でカタチになること
カタチにしてみること
上手い下手やなくて、ただひたすらそこ

決まったことを教えられる先生じゃないけど
決まってないってことと
みんな違ってていいってことと
あなたが素晴らしいってことを




半年間がんばるので
私との時間で少しでも
感じてもらえたなら
うれしいです🍀


早く次の授業行きたいーーー!








7年前 母のために演奏した
ケルティックウーマンの
〝You raise me up〟


母が病に倒れるまでずっと
もうええ歳の大人になった娘の私は
母の存在を何をするにも頼りにし
いつまでも助けてくれると思ってた
病気になるなんて考えもしなかった
お母さんが病気やったら困るやんって
もと通りになってよって
以前と同じ
ふじこを守ってくれる何でも相談できる
親友のような母に戻って欲しくて仕方なかった





その思いとは反対に母は
心も体力も食欲も意欲も減っていった
その姿を見たくなくて
逃げていた時期もあった

神戸に帰れないんじゃなく
弱っていくのを見るのが怖くて
帰りたくなかったんと思う

いろんなことが難しくなっていく母を
受け入れることが出来んかった
弱気な発言に苛立つことさえあった




ふじこたち姉弟が立派に育ったから
もう、役目も終わったの

母が穏やかな口調でそう言ったとき
ふじこは初めて
強くなりたいって思った
強くなるんや、なろうって決めた





〝あなたがいてくれるから私は強くなれる

自分を超えていける〟


この曲のこの歌詞を
何回も何回も繰り返しながら練習した
西脇まで聴きに来るのは無理かもと諦めていた母が
当日演奏後、舞台下まで近付いて来て
プレゼントを手渡してくれた

控え室まで戻る間、涙が止まらんくて
控え室でもまだいっぱい泣いた
この時が
今度は私がお母さんを支える番、になった時やと思う




四十九日を終えて改めて
私の中に母がいることを感じまくっている
姿はなくとも
ふじこの心に声が聞こえて
大丈夫、と背中を押してくれる

あなたがいてくれるから私は強くなれる
ふじこはふじこを超えていける




神戸からの帰り道
そんなことを思い出しながら走った

神戸につつむで帰って来れるなんて
私すごいよね
頑張ってるよね
えらかったよね
お母さんの自慢の娘やんね

ねー!
おかーさーん!




























ふじこ 人生初の乗馬🐎体験!

ルフィちゃん21歳の豊富な経験値と
人間への素晴らしい対応力
頭良くて大人しくて性格良いおかげで

「あれ?私もしかして、このまま走れるんちゃう?」

なんて大きな勘違いをしそうになっていたら




ふじこのちょい前方で
ガチガチの身体を斜めにし
今にも馬さんの首にしがみつきそうな
必死で恐怖を抑え乗っている?
いや、乗せられている 笑
bud先生の背中発見!笑

やっぱり私、走れるんちゃうー♡





自信付けさせてくれて
なんか、ありがとう 笑 


※ビューティ熟女代表
人気サロンオーナーです↑↑




岡山蒜山高原⛰には
馬を見に来たわけでも
馬に乗りに来たわけでもなく




ひるぜん焼きそばを食べに来たわけでも




JKバリにジャンプ画像で映えようとしたわけでもなく





bud先生のダーリンでhttps://www.bud-aroma.com/
イケメンフィギュア作家でもある智也先生の
オーダー品の納品に付いていったのでした!

そう
付いて行っただけ

オマケみたいに付いて
蒜山高原まで行ったっす🚘




段ボールの中から登場した
ご本人そっくりのフィギュアを見て
パーク内は大大大爆笑!!!
とにかく笑いが止まらないっ
近くで見て吹き出して
ちょい離れて眺めてまたクククッと笑って
スタッフさんがスタッフさんを呼びに行って
集まってきてはまた爆笑して🤣🤣

とにかく止まらへんの。





ふじこも撮りながら笑い止まらん
だってだって!!
そっくりやねんもーーーん  笑

はじめましてで
しかも付き添い便乗の部外者が
大笑いしてすみません  

細部に至るまでなんか知らんけどめちゃくちゃ似てるし
ご本人さんがそのまんま小さくなったみたいなんやもん!

パーク内は皆さん
ヒーヒーお腹痛い、の笑いの渦の中
あれ?

ふじこは見た‥




この人の姿が見当たらん↑

あれ?どこ行った??

事務所と休憩所をグルッと探してみると
ジュースの自販機の隅っこで
安堵の涙をこっそり流しているのを発見💡

旦那さんの作る作品を納品し終えて
喜んでもらえたら一気に安心して
毎回こうなるらしい  笑 

内助の功にも程があるわ。




「僕一人で作ってないんで」

ボソっと漏らしたフィギュア作家の一言に
今度はふじこが一気に涙。

なんやねん
素敵過ぎるやろー!

この2人に出会って
もう随分経つけど
いつだってこの夫婦にはこういうのを見せられて
羨ましくて いちいち拗ねてしまうくらい
運命の相手って、こうなんやろなって
毎回納得させられて
無条件に愛することを教えられる
どこかに置き忘れてきた
理由なく愛される、を
ふじこも思い出して取りに戻りたくなる




ただ、そこにいるだけで
愛される価値があるということに
母がそうし続けてくれたことに
もう一度、気付こう。

がんばらなくても
遠慮しなくても
口角上げて笑顔作らんでも
ふじこはふじこのままで
愛されていい。

蒜山高原でこの2人に挟まれて
同じ目線で同じ景色を見て思った

私が私に
それを許してあげよう☘









☘☘☘☘☘☘
10/19  (日)10時〜
ヘソノオプレイスAnnにて
bud先生によるアロマ柔軟剤作りのワークショップ開催予定です♫
























朝から一日ゆっくり神戸で過ごす
そんな些細なことをしばらくしてなかった
帰省はしていたけれど
実家や病院との往復で終わってしまってた

Annがオープンしてからはとくに
走って来たな
歩いてるつもりやったけど
走ってたんかもやなー



母の焼香の列に並ぶ2人を見たとき
自分でもびっくりするくらい
一気に涙が溢れ出た

たくさんの決めなあかんことと
仕事の段取りと息子らの予定と
疲労困ぱいで不安定な父を支えるのとで
ふじこが泣いてるわけにいかんくて
油断したらすぐ流れそうになる涙を
必死に口角上げて阻止してたのに
ふじこより号泣してる前後に並ぶ2人を見て
倒れ掛かるように泣き崩れてしまった

頭で考えて行動をコントロールして
どうにか黙ってお辞儀をしてたのに
一気にコントロール不能になってもた


ふじこ以上に泣いてたもんな
ずっこいわー。





自分で3人分オソロイ3つを購入し
神戸っ子なら誰もが知ってる水色の
しかもどデカいサイズの紙袋をぶら下げ
いつもの待ち合わせ場所へ走ってやって来て

出産祝いかっ!!笑

自分でツッコミながら
4月生まれのふじこと
7月生まれのもう1人にプレゼントしてくれたり



 
ふじこが袋を開けようとすると
〝両方開けたらもったいない!私のん開けよう!〟
意味の分からん気遣いをして
自分用のプレゼントを犠牲にしてくれたり  笑




はい!並べてあげたよ!
ブログに使い♡と
この日の物々交換をディスプレイして
写真を撮ってくれたり

前回の集合は悲しい日やったことを
微塵も感じないいつものハイテンションで
ふじこをたちまち元気にしてくれる
何がそんな面白いのか?
大した内容でもないしょーもないことやけど
会って数分でお腹痛いくらい笑いまくる
19歳やった頃と同じように

救われる
しょーもない大笑いで
何もかも救われると思った




いくつになっても
娘時代を遥かに過ぎて
親を見送る年になった今でも
私たちの 可愛い、と好き、は似ている

クラスメートとして過ごした期間は
たったの2年間でも
幸せやった守られていた娘時代の思い出と
母となり大切な人を守る側になって
傷ついたり悩んだりした時代を共有している

だからと思う
泣いたり笑ったりを
さらけ出すことが出来るんやと思う




神戸で生まれて育った24年
西脇に来てから23年
もうすぐ
西脇生活と神戸時代が並ぶ

西脇に来なければ出会えてなかった
播州織
やろうと思うこともなかったやろう
つつむ

幸せに守られて過ごした神戸時代がベースとなり
守る側として悩んだ日々が強みとなって加わって
今やっと
本当の私を見つけられてると感じることが出来る





ありがとう🌈