追徴金は、容疑と同額30万円。 改めて、全く納得はいかない。残り1075日。 | 藤井浩人 前美濃加茂市長 公民権回復まで1097日

藤井浩人 前美濃加茂市長 公民権回復まで1097日

不撓不屈の3年間を綴ります。

美濃加茂市の未来のために活動。
「冤罪」当事者として、司法改革にも向き合う。
28歳で全国最年少市長として初当選。
2期目中、志半ばで辞職。
事件の詳細はこちらを
青年市長は“司法の闇”と闘った


テーマ:

封筒の中は想像がつくだけに、
急いで中を見たいとは思いません。

 


とはいえ、、期限もあると思うので、確認。

 

 



 

 

 

予想通り、追徴金30万円の納付告知書。

 

 


私の刑は、
懲役1年6ヶ月、執行猶予3年間。
追徴金30万円。

 

 


こんな金額を、なぜ払わないといけないのか。
受け取ったとされた30万円。
と、同額の30万円。

 


改めて、
それはそれは、腹が立ちます。


 

 

 

政治活動や弁護士費用で出費が膨らんだ
ここ数年。

 

 

市長報酬はいただいてきましたが、
退職金も無垢く、大変厳しいのが現実。

 

 

 


納付期限は1月26日。




 

藤井浩人 前美濃加茂市長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス