風かおる 鉄の路

風かおる 鉄の路

主に私が乗車した乗り物関連(鉄道中心)、その他気になったことを綴っていきます。

【お知らせ】
・当ブログのイメージキャラクター「琴似 はるか」が誕生しました!詳しくはこちらから (2021.8.17)

・列車名別の索引を作成しました。よろしければご利用ください。こちらから(2021.2.6)

・ことりっぷの投稿を開始しました。詳しくはこちらから(2021.1.8)

・免責事項を設定しました。ご覧いただきますようお願いします。詳しくはこちら(2020.11.16)

・当方はCOVID-19感染症対策を適切に行った上で旅行を行っています。(2020.10.18)


・イラストのリクエストは質問箱で受け付けています。全てに対応できるわけではございませんが、どうぞご利用ください。

・当方保有のTwitterアカウントをフォローする際は、必ずTwitterプロフィールに記載の仕様書(ツイフィール)をご覧いただきますようお願いいたします。



【更新予定】
9月は高山・北陸旅行(2021年3月実施)、熊本・三角の旅(2021年4月実施)、お絵かき関連の記事を作成する予定です(2021.9.6)



2021年5月27日、山陽本線厚狭~下関間は開業120周年を迎えました。

これに伴い記念乗車券の発売が行われるとともに鉄道ファンにとっては嬉しい記念列車の運行が行われることが決定しました。

 

記念列車は5月30日に運行。下関~柳井の往復で、EF65 1124号機(いわゆるトワイライト色)が35系客車5両を牽引する客車列車での運行です。

これはぜひ乗らなきゃ…!と思いましたが……

 

突然の運休発表。理由はもちろんCOVID-19です……

 

それから4ヶ月。記念列車があったことも忘れかけていたある日、JR西日本からプレスリリースが発表され、そこには記念列車の文字が…!

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211001_07_120th_unten.pdf

発表から運行日まではかなり短かったのですが、こうして復活してくれたことが嬉しくてすぐに申し込んじゃいました(笑)

 

ということで運行当日の10月17日。

 

小倉から関門間を越える415系に乗車。下関に向かいます。

 

途中、門司で3分ほど停車するのでホームに降りてみると…名門大洋フェリーの送迎バスが来ていました。

いつか乗る機会あるでしょうかね…

 

 

門司を発車した列車はデッドセクションを越え、関門トンネルへ。

その途中で415系の回送と並走しました。

 

数分で関門トンネルを抜け、本州上陸。

下関の車両基地にはトワイライトエクスプレス瑞風が緑色の車体を陽光にきらめかせていました。

 

記念列車出発式の準備が進む下関駅に到着です!

 

とりあえず改札外に出てみます。

 

いつもどおりふぐ提灯が出迎えてくれました。

改札口横でツアーの受付だけ済ませ外に出てみます。

 

この日は記念列車の運転に合わせ、第12回下関駅コンが行われていたようで、ペデストリアンデッキにテントが並んでいました。

 

こちらはプラレールのコーナー。

 

トワイライトエクスプレス瑞風の長い編成がゆっくりと走っています。

 

駅周辺を見て回り、構内に戻ります。

 

ちょうど記念列車の使用車両が入れ替え作業を行っているところでした。

 

そのまま9番線でしばらく待っていると…

 

 

 

 

展望グリーン車を先頭にゆっくりと入線してきました…!

 

まるで旧客みたいなこの車両は2017年に登場した35系(4000番台)。

旧客の雰囲気を再現しつつ快適に過ごせるような工夫が施されたもので、トワイライトエクスプレス瑞風や四季島を抑えて2018年のブルーリボン賞を受賞した車両です。

普段はSLやまぐち号に使用されていますが、私はまだ乗ったことがありません。

さっそく中に入ります。

 

こちらは機関車側の5号車(スハテ35 4001)。

ダブルルーフ構造を再現してあり、木製のボックスシートと相まってレトロな雰囲気です。

 

車端部は展望デッキになっています。

「煙が入るため(?)」開けることはできませんが、覗いてみると…

 

この列車を引っ張るEF65 1124の姿を間近で見ることができます!

かっこいいですね…♪

 

こちらは4号車(オハ35 4001)。

モケットの色が違います。

 

3号車(ナハ35 4001)にはSLやまぐち号についての展示や、

 

SL運転シミュレーターが設置されています。

残念ながらCOVID-19のため使用停止になっていましたが…

 

なかなか興味深い展示なのですが、ゆっくり見ている暇がありませんでした(笑)

 

なお1号車(オロテ35 4001)はグリーン車になっています。

 

車内を見て回った後は機関車を見に行きます。

 

こちらが今回の記念列車の牽引機、EF65 1124です。
通称トワ釜と言われ、2016年に運行された「特別なトワイライトエクスプレス」牽引のためにトワイライト色に塗り替えられた機関車です。
本来トワイライト色といえばEF81ですが、こちらのEF65のトワ釜もなかなか趣がありますね。
今度の全般検査で原色に戻されるという噂が流れており、本当ならばトワ釜としては最後の活躍となります。

 

前面にはヘッドマークも掲げられています。

下関特産のふぐ・くじら・あんこうが描かれでおり、下関駅社員のデザインによるものだそうです。

やはりヘッドマークがあると特別感がありますよね。

 

出発のときを待っています。

 

ホームでは記念列車の出発式が行われていました。

幸いなことにCOVID-19の感染者も減り、こうして記念列車が運行できたことは喜ばしいですね。

 

 

記念列車出発式の裏では観光列車「〇〇のはなし」がひっそりと停車していました。
普段ならこの時間の主役ともいえる存在ですが、今日ばかりは脇役以下の存在に…
なんだか哀れでした。
 

そろそろ車内に入りましょうか…

 

自席に戻る前にこんなものを発見。

今日はSLやまぐち号ではありませんが設置されたままになっていました。

 

せっかくなので押しておきます。

 

しばらくすると発車時刻に。

10:38、新快速等と同じドアチャイムとともにドアが閉まり、汽笛を上げて下関駅を後にしました。

 

行きはこちら側は機関車に展望が隠されてしまいますが、EF65の姿をじっくり眺めるチャンス。

なかなかできない体験に大興奮です!

 

新幹線の保線基地が見えてくると最初の停車駅、新下関に到着。

 

3分停車です。

ここからも乗車可能になっていました。

 

新下関を出た列車は神田川を渡り、東進します。

 

再び新幹線の高架が近づいてくると美祢線との接続駅、厚狭に到着です。

 

ここでも3分の停車。

短いですがちょっとだけ車外へ。

 

存在感がすごい…

 

2017年に製造された車両とはとても思えないですね…

 

 

厚狭駅発車後、ハイケンスのセレナーデのチャイムとともにこの列車の案内放送が流れました。

 

それと同時にお弁当が配布されました。

馬關辨當と書かれたお弁当、駅弁っぽく見えますが、現在下関駅には駅弁は存在しません。

魚虎というお店のお弁当のようです。

 

 

掛紙の裏には今回の記念列車のヘッドマークが…!

これは保存しないといけませんね(笑)

 

お弁当は2段になっていて中身はこんな感じ。

 

ふぐの姿揚げとかくじらカツが入っていて下関らしさを感じさせるお弁当でした。

 

 

客車列車の中でお弁当…!

最高ですね!

 

お弁当を食べながら車窓を眺めていると案外流れていくスピードが速いのに気づきました。

それにまったく運転停車もしていません。


 

しまいにはこの35系が普段ねぐらにしている新山口をあっさり高速通過。

まるで往時の山陽本線客車特急に乗車しているような走りっぷりですね。

 

防府を過ぎ、富海付近では瀬戸内海が車窓のお供に。

山陽新幹線では決して味わえない風景をしばらく楽しみます。

 

桃太郎が止まっている新南陽を過ぎるとまもなく徳山。

 

厚狭を出てから1時間以上走り続け、ようやくここで運転停車です。

このダイヤだと追いかける撮り鉄の方は大変そう…

 

岩徳線と分かれ、列車は通称「柳井線」へと入っていきます。

山をトンネルで貫く山陽新幹線とは一番離れる区間です。

 

下松を過ぎると再び海岸線沿いへ…!

 

きらきら輝く瀬戸内海をもう一度眺めることができました。

 

それからしばらくするとハイケンスのセレナーデがもう一度流れました。

まもなく終点の柳井です。

 

多くの人に出迎えられ、列車は柳井駅2番線に滑り込みました。

 

下関から2時間17分。軽快な走りっぷりを楽しむことのできる記念列車の旅でした。

 

 

続きます。

 

次回→(執筆中)

 

今回は久しぶりにごちうさの話題です。

2021年10月よりごちうさと紅茶でおなじみリプトンがコラボし、ごちうさキャラが描かれたパッケージが登場しました。 

 

 

本来は19日より全国のスーパー・コンビニで販売開始のはずですが…

商品配送の都合からか一部店舗ではフライングして販売開始されていたようです。

 

 

それを知ったのが17日の朝。

さっそく買いに行こうか…と思うのですが、一つ問題が。 

それは私がこの日お出かけしていたということ。

 

↓の山陽本線厚狭~下関間開業120周年記念列車(下関~柳井)に乗車することになっていました。

 

 

行程の都合上、購入可能なのは下関と柳井のみ。

せっかくならチノちゃんverが欲しいのですが、果たしてあるのでしょうか…?

 

下関駅に到着。

いいお天気です。

 

駅改札内に1店舗、改札外に2店舗のセブンイレブンがあったので入ってみると…マヤちゃんと青山さんはあるのですが、チノちゃんだけなかったり、そもそもリプトンの紙パック自体無かったりと… 

 

仕方ないのでちょっとだけ探索。

駅から約500mのセブンイレブンへ向かいますが…無いです…

駅に戻ってシーモール下関内のマックスバリュへ行くとシャロ千夜パッケージはあったものの、チノちゃんは無く…

これ以上は無理なので駅の中へ向かいます。

 

ということで記念列車の旅が始まります。

 

客車で行く山陽本線は最高でした。 

 

こちらはマックスバリュで買ってきたシャロさんverのリプトンレモンティー。

あることを思いついたので買ってみました。

 

列車は1時間50分で柳井に到着です。

ここでも折り返しまでの時間を使ってチノちゃんverを探しましたがありませんでした…

 

駅に戻ってきた私。出発前にこんなことをしてみました。

 

トワイライト色のEF65とシャロさんver…!
黄色と黄色でお揃いですね~
 

記念列車の旅はその後もつつがなく進み、終点の下関に到着。

関門トンネルを通り、自宅の最寄り駅へと向かいます。

 

一応降りるときに駅のコンビニを見てみると… 

普通にありました(笑)

今日の苦労はなんだったのでしょうね(…) 

 

 

というわけでこれがチノちゃんverです。

ミルク瓶を抱えた姿がとってもかわいい…!

ココチノ推しとしては後日発売のココアさんverとも並べてみたいかなと思います。

 

それでは。

富山に来るのは2018年以来。鉄道で来たのはそれよりもっと前…

そのときはまだ高架化される前でした。

 

けっこうきれいになりましたね。

 

さて、今日はもう予定はないのですが…

さすがにまだ時間が早いのでどこかに行こうと思います。

 

ということでやってきたのはおとなりの電鉄富山駅。

 

1日フリーきっぷを購入して…

 

富山地方鉄道の鉄道線、初乗車です!

宇奈月温泉…は遠すぎるので、手っ取り早く行ける立山に狙いを絞ります。

 

改札を抜け、左を見るとホームの壁にたくさんのヘッドマークがかけてありました。

 

これは展示されているわけではなく、未だ現役であるというから驚きです。

 

 

待っていると折り返し立山行きとなる列車が入ってきました。

使用車両は17480形。元東急8590形です。

他にも富山地鉄は西武や京阪から車両の譲渡を受けているとか…

 

 

列車は定刻通り電鉄富山駅を後にしました。

 

 

まずはお隣の駅、稲荷町に停車です。

 

この駅には車両基地が併設されており、鉄道線で使われているすべての車両を見ることができます。

ちょうど2020年10月に搬入された元西武10000形ニューレッドアローの姿が見えました。

営業運転開始が楽しみです。

 

ちょうど桜の季節だったのでところどころでその可憐な姿をみせてくれました。

 

越中荏原駅を過ぎると常願寺川を渡ります。

 

川の向こうに雪をかぶった立山連峰の姿が…!

感動的です。

 

常願寺川を渡って3駅、列車は寺田に到着しました。

ここからは本線と別れて立山線に入っていきます。

 

遠くに立山連峰を見ながら進んでいきます。

 

寺田から2駅、再び別の線路が近づいてくると岩峅寺に到着です。

ここは不二越・上滝線との分岐駅です。

 

発車すると横に排雪用モーターカーが止まっているのが見えました。

 

この頃になると車内にはほとんど人がいなくなっていました。

 

千垣を出て常願寺川を再び渡ります。

先ほどとは異なり、渓谷の様相を見せるようになってきました。

 

有峰口に停車。

待合室の雰囲気がいいですね。

 

 

列車が山の中へ入るにつれ、だんだん車窓に積雪が見えるようになってきました。

 

本宮に停車。次は終点の立山です。

 

最後の一区間はけっこう長く、4.8kmもの距離があります。

以前はこの区間に芦峅寺駅と粟巣野駅の2駅がありましたが、1981年までに廃止になっています。

 

最後にもう一度常願寺川を渡って、立山に到着しました。

 

 

薄暗い構内に停車する17480形。

以前はここまで大阪から485系や681系が乗り入れていた時期があったとは信じがたいですね…

 

折返しの列車は1時間後なので駅周辺を見て回ります。

 

立山駅は美女平へと向かう立山ケーブルカーの乗り換え駅。その先室堂・黒部ダム方面へとつながる立山黒部アルペンルートの富山側の入り口であり、シーズンには多くの観光客で賑わいます。

 

私も立山黒部アルペンルートのバスツアーに参加した際、ここを訪れたことがあります。

だいたい2年ぶりくらいの再訪です。

 

しかしながらまだ3月。当然立山黒部アルペンルートは営業期間外のため、駅舎内はガランとしていました。

 

ケーブルカーのりばも人っ子一人いません。

シーズン中は人であふれかえるんだろうな…そんな想像をしていると、幻聴でしょうか、どこかからケーブルカーの発車ベルが聞こえてくる気がしました。

 

外に出てみます。

 

2年ぶりに見る立山駅。懐かしいですね。

右奥に見えるのがケーブルカーのりばの建物です。

 

さて歩き出そうか…と思ったその瞬間、なにやら走行音が上の方から聞こえてきます。

 

!?

 

なんとケーブルカーが下ってきました…

 

営業期間外ですが、どうやら再開に向けて試運転していたようです。

さっきの発車ベルは幻聴ではなかったのですね。

 

 

時間があるので立山カルデラ砂防博物館…ではなく、

 

その裏手へ。

 

消防署みたいな車庫があって、

 

その全部に線路がつながっています。

緊急時にここから何かが一斉発進しそうな風景です(笑)

 

さらに進んでいくと常願寺川のほとりに出ました。

 

ここにも線路が…?

 

その線路をたどると「トロッコ展示レーン」という場所に出ました。

 

 

トロッコは…いませんね……

 

 

この線路は立山砂防工事専用軌道のもの。

常願寺川上流の立山カルデラ内には大量の土砂が堆積しており、流出すると富山平野に甚大な被害をもたらすことから、それを食い止めるための砂防工事が行われています。

その工事用の軌道として建設されたのが立山砂防工事専用軌道なのです。

 

川を見てみるといくつもの砂防堰堤が設置されているのが見えます。

 

上流部に向かっていくつもの砂防堰堤が設置されていることで土砂の流出を防いでいるわけですね。

 

工事用軌道は森の奥の方へ続いています。

この軌道、途中18段連続スイッチバックがあるなど魅力的な路線なのですが、一般客は基本的に乗車することができません。

乗車できるのは砂防工事見学会に参加したときのみ。倍率も高いようなのでなかなか難しいようですが、いつかは乗ってみたいですね。

 

 

駅に戻ってきました。

 

なにやらレトロな簡易郵便局の看板を発見。

 

立山登山の拠点駅らしく、山岳情報を書く掲示板もありました。

 

時刻表を眺めていると、こんな張り紙が。

3月16日から22日までの間立山線は一部区間で落石による運休が発生しており、代行バスでの運行となっていたようです。

幸いなことに私が来たときにはすでに復旧していました。

 

立山駅15:27発の電鉄富山行きで帰ります。

 

先ほどと同じ車両が折り返しとなります。

 

 

 

 

帰りも雪山を見ながら帰ります。

 

遠くから見るぶんにはきれいですが、あの山の中は厳しい環境なのでしょうね…

 

架線柱越しに雪山。旅情を感じますね。

 

終点・電鉄富山に到着です。

 

 

まだ時間があります。

何しましょうか…

 

続きます。

 

 

★列車データ

列番不明 普通 立山行き 電鉄富山(13:32)→立山(14:34) 17480形 17481F編成

列番不明 普通 電鉄富山行き 立山(15:27)→電鉄富山(16:32) 17480形 17481F編成

※2021年3月27日乗車

 

 

次回→(執筆中)

 

前回

 

最初から