会社員ブロガー ふえる:牛来孝亨(ごらいたかゆき)オフィシャルブログ

会社員ブロガー ふえる:牛来孝亨(ごらいたかゆき)オフィシャルブログ

会社員ブロガー ふえること牛来孝亨(ごらいたかゆき)の公式ブログです。
iPhoneの便利技を中心に、アプリやソフトウェアの使い方などを記事にしています。
アメブロを通じて出会った人たちを応援しています。

こんにちは、サラリーマンブロガーのふえるです。



勝手に解除しないでよっ



高校1年生の娘が、iPhoneに向かって激怒しております。
iPhoneを傾けるとロック画面が解除になってしまうことに怒っているのです。



傾けるだけで、ロック画面が解除される便利な機能なのに、怒っているのです。
理由はわからないけど、可愛い娘のため、勝手に解除しない方法を教えます。



1)「設定」をタップします

image



2)「画面表示と明るさ」をタップします

image

オフにするんです



3)「手前に傾けてスリープ解除」ボタンを左側にスライドします

image



4)ボタンがグレーになればOKです

image



傾けてみてよ



わー勝手に解除されなくなった。
傾けただけで解除されるのが、どうやら気持ち悪いみたいなんです。



これで、娘の機嫌も良くなりました。
傾けただけで解除される方が便利なのに(汗)



iPhoneで手前に傾けてスリープ解除するのをやめる方法
勝手に解除されるのが嫌な人は、ボタンをオフにしておくだけですので、ぜひお試しください。



ふえる でした。



こんにちは、サラリーマンブロガーのふえるです。



面倒くさいんです



親愛なるフォロワー様が悩んでおられます。
パソコンでアメブロの記事を書くときに、iPhoneで撮影した写真を記事に貼り付けたいそうなんです。



iPhoneで撮影した写真を、わざわざパソコンに取り込むのが面倒くさいそうなんです。
もっと簡単な方法はないのかと、悩んでおられたのです。



彼女はいつも、アメブロの記事をパソコンで書いておられるのです。
でも、写真はiPhoneで撮影した画像を貼り付けたいのです。



いろいろ方法があるんですけど、1番簡単な方法を教えてあげました。



下書きするんです



1)iPhoneのAmebaアプリを起動します

image



2)新規記事アイコンをタップします

image



3)本文を入力する箇所をタップします

image



4)カメラアイコンをタップします

image



5)お好きな写真を選択し(複数枚選択可)「追加する」をタップします

image



6)「入力完了」をタップします

image



7)「下書き保存」をタップします

image



8)最後に「OK」をタップします

image



パソコンで確認しましょう



パソコンで、アメブロのブログ管理画面を開いてください。



9)「記事の編集・削除」から「編集」をクリックします





10)「写真・動画」に追加されています





アップロードされた画像を挿入して、記事を編集してください。
iPhoneのAmebaアプリで、写真を挿入した下書き記事を作っておけばイイんです。



彼女は、とても喜んでおりました。
少しでも、時間の短縮に役立てくれたのなら嬉しい限りです。



アメブロにiPhoneの写真を簡単にアップロードする方法
iPhoneのAmebaアプリで、下書き記事を作成するだけですので、ぜひお試しください。



ふえる でした。



こんにちは、サラリーマンブロガーのふえるです。



あー消えちゃった



高校1年生の娘が、iPhoneで文字入力しながら呟いております。
せっかく入力した文字を、誤って消去してしまったようです。



頭を抱えている娘が可哀想なので、教えてあげました。
メモアプリで文字を入力してみます。



1)例として5人の美女の名前を入力します

image



2)例えば「ななお」を消去してしまいました

image



慌てなくても大丈夫です。
iPhoneの画面で、ある操作をします。



3本指でタップしな



3)画面をタップすると上にメニューが表示されます

image



4)左の「取り消し」ボタンを選択します

image



5)「ななお」という文字が復活しました

image



取り消しを選んでね



もう一度、文字を再入力しなくてもイイんです。
文字を消去してしまったことを「取り消し」したらイイのです。



iPhoneで直前の入力操作を取り消す方法
3本指で画面をタップして取り消しメニューを選択するだけですので、ぜひお試しください。



ふえる でした。