元維新市議の不正 不可解な不起訴 | ふちがみ猛志ブログ『堺から世界へ』

ふちがみ猛志ブログ『堺から世界へ』

堺市議会議員ふちがみ猛志の日々の活動・政策やふと思ったことをつづるブログ。


テーマ:
先週、一千万円を超える政務活動費の不正使用で刑事告訴された、元維新の小林よしか元堺市議が、「不起訴」処分となりました。

(↓以下リンク参照)
刑事告訴された元堺市議 不起訴


不起訴の理由は明らかにされてはおりませんが、

・小林氏が不正使用したとされる金額を、堺市に全額返還したこと(つまり、被害が回復したこと)

・すでに議員辞職をし、社会的制裁を受けていること

が理由ではないかと、推察しています。


しかし、返還したのも、辞職したのも、問題発覚から2年半、刑事告訴から2年、辞職勧告から1年近くも経ってからのことです。

彼女が悪質な偽装工作を行なっていた可能性が高いこと、議会の調査にあまりに非協力的で反省が見られなかったことは、百条委員会で明らかにされています。

「返せばいいの?」
「辞めればいいの?」

と、やるせない気持ちになった人は多いことでしょう。


そもそも、この事件による被害は、決して回復してはいないと思います。

彼女が詐取したであろう金額だけではなく、

「失われた堺市議会と政治への信頼」

「辞職勧告以降も一年近く居座り、支払い続けることになった彼女の議員報酬」

「一年半に及ぶ百条委員会の運営コスト」

などなども被害であって、これらは決して回復してはいません。

何より、百条委員会で彼女が証言拒否を連発したこともあり、「真実」が明らかになっていないのです。

起訴された上で、司法の場で真実を明らかにしてもらう必要があったはずです。


こうしたことから、今回の「不起訴」は極めて残念であり、不当なものだと、私は思っています。

司法の力を借りられなくなった今、せめて、二度とこのような事件が起こらぬよう、政務活動費の使途を始めとする、政治活動の一層の透明化に、議会人として努めたいと思います。



ふちがみ猛志
公式ホームページはこちら↓

ふちがみ猛志(堺市議会議員)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス