献血したら、骨髄バンク登録も! | ふちがみ猛志ブログ『堺から世界へ』

ふちがみ猛志ブログ『堺から世界へ』

堺市議会議員ふちがみ猛志の日々の活動・政策やふと思ったことをつづるブログ。


テーマ:
ふと思いつき、9年ぶりに献血に行ってきました。
人生で32回目のようで、昔はちょこちょこ行ってたんですが、忙しさもあってか、ご無沙汰しておりました。

今の堺東献血ルームには初めて来たので、なかなか比較はできませんが、昔、私が行ったいくつものルームに比べて、ずいぶんと丁寧で、サービスがいいことに驚きました。(昔と比べて今のルームがいいのか、他と比べて堺東がいいのか、それはわかりません)。

アイドルを使った親しみやすい(?)雰囲気に、

ジュース(無料)に、アイス(一本のみ無料)、雑誌や漫画の数々。
昔はアイスなんてあったかなぁ、、、漫画なんかあったかなぁ、、と思ったり。

献血をするにあたっての禁止・注意事項の説明も丁寧で、「献血後に腕が痛くならないかの事前チェック(の体操?)」があったりもしました。

そんなことを経て、私も、コーヒーで一息つきつつ、新聞を読みつつ、各自に設置されたテレビに目を向けつつの献血タイム♪

献血自体はだいたい15分もあれば終わりますが、貧血になられる方もいますし、しばらくルーム内で休息することを勧められますので、ジュースやコーヒーでも飲みながら、ゆっくりされる方が多いです。

ということで、休みの日なんかに、家にいるような気分で、献血ルームでのんびり新聞や雑誌でも読むのも、悪くないと思ったところです。



さて、その献血ルームですが、

「もっと骨髄バンク登録を呼びかけたらいいのに!」

と思いました。


骨髄バンク登録は、少しの採血で簡単にできます。
そもそも、献血で血を抜くんだから、そのことに抵抗感はないはずだし、「世の中のために」という意識が高い人も多いでしょう。
献血のついでになら、お互いに手間がかかりません。

もちろん献血ルームで登録はできるのですが、「積極的な宣伝」は見受けられませんでした。

ポスターなどの啓発もそうですし、受付のところで「骨髄バンクはお済みですか?いかがですか?」の声かけがあってもいいのにと思いました。

献血した人の血液型や、献血履歴などの個人情報が管理されているのですが、そこに「骨髄バンク登録をしているかどうか」も加えれば、していない人に絞ったおススメも可能です。


骨髄バンクの登録者はまだまだ足りません。
類似事業として、連携をもっと深めてもらいたいものです。
不特定多数に宣伝するよりも、よほど効率的になるはずです。



ふちがみ猛志
公式ホームページはこちら↓

ふちがみ猛志(堺市議会議員)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス