【東京・長崎】「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ。「夫婦の信頼」と「あなたの人生」を取り戻しませんか?

【東京・長崎】「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ。「夫婦の信頼」と「あなたの人生」を取り戻しませんか?

【東京・長崎】FSD(女性性機能障害)、性嫌悪症、恐怖症、離婚など、夫婦関係やセックスレスでお悩みの方が、笑顔の毎日を取り戻すカウンセリングです。

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

こちらでは、単発のカウンセリングの他に

半年間かけて、じっくり課題を解決する継続プログラムもあります。

たとえば、セックスレスを解決するプログラム

アスペルガーの夫にお悩みの方のためのプログラムです。

いずれも、夫婦関係のお悩みを解決する過程で

その悩みを生み出している考え方のクセを見つけて、外していくことや

状況に落ち着いて対処できる自分の軸も育てていきます。

そうすると、半年間のプログラムが終わったころには

夫婦関係の問題以外も、自分で解決できるようになるんですね。



たとえば、「お買い物が嫌いでスーパーに行くのが緊張する」というお悩みです。

そのために、わざわざカウンセリングを受けることではないかもしれません。

でも、スーパーでの買い物は日常生活で避けられないことです。

おまけに、週に何度か頻繁に直面しなければならない出来事です。

そのため、地味~に、でも確実に、日常生活の質を下げてしまう、という類のお悩みです。

このお悩み、どんなふうに解決できると思いますか?

ありがとうございます(*^_^*)

認知の癖がたくさん出てきて、

ねばならないがたくさん出てきて

私って何でこんなに頑張っているのだろうと

なんか笑っちゃうというか、かわいそうというか

バカらしくなってしまいました^^;

なんか私ってすごい!

ここまでいろいろ考えて買い物してたんだ!!

そりゃあ嫌になるよなと客観的に見ることができました。

なぜか、私って、なんか面白い人だなと思えました。

(Yさん)


なんだかわからないけれどモヤモヤしたり、不安になったりするときは

何かしらの考え方のクセや思い込みがあるものです。

それって、人に言われても

「頭ではわかってるけど」
「そう思えれば悩まないよ!」


と感じるものですが、

自分で答えを見つけられるとYさんのように、すっきり納得できるんですよね。



たとえば、自分でも気が付かないうちに

「ねばならない」にがんじがらめにされていることがあります。

お買い物ひとつにしても

買い忘れてはいけない、とか

安く、上手に買わなくてはいけない、とか

誰が見てるかわからないからニコニコしておかなければ、

などなど、人によっていろんな「ねばならない」があると思います。



別にそれが悪いわけではないけれど

それで自分がつらい思いをしてるなら

その「ねばならない」を

「ねばならない」わけじゃないとしたら、どうだろう?

と、考えられるようになることで

その結果「私って、面白い人だなー」と思えたら

悩みは、自分を好きになるきっかけになってくれますね^^

こんなふうに人生の生きづらさもまとめて解決しちゃいませんか?

Yさんが受けてくださっているのはこちらです。

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

ブログをご覧の方から、こんなお悩みをいただきました。

ご了承いただいたので、シェアさせていただきますね。

1年ほど前から、なんとなくセックスするのがイヤになってきたんです。

夫が嫌いになったわけでもないし、理由はわかりません。

そんな私の変化を感じたのか、夫が最近「夫婦の時間を大事にしよう」と言いだしました。

子どもを預けてデートしようと誘われたり、平日に一緒に有給を取って休もうと言われたりします。

家の中でも、私が子どもと離れて一人でいるときに部屋に入ってきて、鍵を閉めたりします。

そういうことをされると、イヤな気持ちがどんどんふくらんでしまうんです。



私も夫婦の時間を大事にしなきゃと思うし、

夫が私を思ってくれる気持ちを嬉しく思わなくちゃと思ってます。

でも、そう思えば思うほど、夫と2人になるのが怖くなってしまうんです。

夫が家にいると、いつ誘われるかと思って落ち着きません。

こんな生活がずっと続くのかと思うと、逃げ出したくなります。

どうしたらいいでしょうか。

(Mさん)


嫌いになったわけではないけれど、セックスがイヤになってしまった。

夫は、そんな妻の気持ちを取り戻そうと、一生懸命なんですね。

でも、それが「夫を大事にしたいのに、できない自分」として

どんどん、妻を追い詰めてしまっている。

お互いに相手を思いやっているのに、

こんなふうにすれ違ってしまうのは、とても切ないことです。



さて、ここで「大事にしなきゃ」「嬉しく思わなくちゃ」いう言葉が、ヒントかなと思います。

この言葉からは「大事にできない自分」「嬉しく思えない自分」を責めている気持ち、

つまり強烈な罪悪感が感じられます。

自分を責めていると、その奥の無意識で

「自分に罪悪感を抱かせる夫」に対する、怒りや責める気持ちが生まれるんです。

だから、まずは、罪悪感をよいしょっと横に置いてみましょう。

そして、イヤなことはイヤだと伝えて大丈夫です。

「鍵を閉められると、イヤな気持ちになるから閉めないでね」みたいに。

夫だって、妻に嫌われることを続けるのは本意ではないでしょうから^^



その上で、夫の不安をラクにできる方法を考えてみましょう。

たとえば、妻の気持ちが離れていることへの寂しさや焦りが原因の場合、

その寂しさや焦りが少しでも解消されると、

二人きりの時間へのこだわりも、減ってくるかもしれません。

そういうときは、ちょっとだけ夫を特別扱いしてあげる、という方法があります。

ついつい、子ども優先になって夫の話をあまり聞かなかったり、見てなかったりすることってあります。

そういう積み重ねが「オレは大事にされてない」の不安を育ててしまうんですね。

具体的には、家族で食事をしているときに、子どもよりも夫の方をたくさん見てあげたり

話をちゃんと聞いてあげたり、という感じです。



夫と二人きりのときには「機嫌がいいと誘われるかも」と怖いかもしれないので

お子さんや他の方が一緒のときに、やってみてくださいね。

それで安心して落ち着いてくれることもあります^^

もし、それでも夫がセックスにこだわるようでしたら、

また違う対策が必要です。

その場合はこちらです。

夫に誘われることにお悩みの方は

こちらも参考にしてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

「こころの道しるべ講座」、先月のテーマは「親子関係」でした。

受講生さんが、このお正月のときに

ずっと許せなかったお父さんに対する気持ちが、

こんなふうに変わったという感想をいただきました。

セルフアップの時に禁止令の存在を知り、

対処法を学んでかなり楽に、自由になった気はしていたんですが、

この講座を受講して、いまだに禁止令が入ってる自分がいるなぁということに気付きました。

(中略)

いろいろ書き出すとキリがないのですが、

私の自己肯定感の低さや自信のなさは

父からの影響がものすごく大きいなぁと思います。

約4年前に父が他界し、それから心理学を学びはじめ、

今は少しずつ両親からの禁止令を外していっている最中になりますが、

なかなか簡単には外れそうにありません。

そして、去年までは、父に対してどちらかというと恨み言が多かったんです

(お父さんのせいで、あの時やりたいこと出来なかったから、私の人生おかしくなったやん!とか

何でいつも私を馬鹿にするようなことしか言わんかったん?

そんなにお父さんの言うことって正しいん?とか)



が、今年のお正月に突然、

私が子どもの時のお父さんって今の私より若かったもんね、仕方ないか!とか

あれが父なりに私を守ろうとして言ってくれた言葉だったんだろうな、とか、

父は昭和18年生まれだったんですが、

戦後の日本の復興を見てきた人たちなら当然

「一生懸命にやれ、強くあれ」といった価値観になるよね、

父なりの愛情表現だったんだろうな、お父さんありがとう、

と思えるようになったんです。



実はこう思えるようになった次の日に、母が亡くなったんですが、

今思えば、そんな私に安心して、母は逝ってしまったのかな、

そして父に報告してくれてるのかな、と思います。

(中略)

心理学を学んで禁止令の存在を知り、

そこから自由になるという選択肢を選び、

今実践している自分はすごく幸せだなぁ、と思います。

また、心理学を学ぶきっかけや、

講座を通して両親との関係をこんなに深く考える機会を与えてくれた聡子さん、

ありがとうございます。

(Aさん)


禁止令というものは、親も気づかないうちに子どもに手渡しているし

子どもも、気づかないうちに受け取ってしまいます。

それは、私たちにどうしようもない生きづらさを生み出してしまいます。

そんなものを手渡した親を恨むのも、当然です。

でも、Aさんは恨むよりも、禁止令を手放すことを選択しました。



よく「許すことが大事」と言われます。

でも、私は、無理して許さなくてもいい、と思っています。

許したくないのに、許そうとすると

許せない自分に対して、また怒りや失望を感じてしまうから。

それよりも、親にもらった禁止令なんかにとらわれず

自分で自分の人生を生きる力を身につけて

そして、親も精一杯生きてきた一人の未熟な人間なんだ、

ということが、すとん、と腑に落ちると

別に無理して許さなくても、恨みの気持ちがすーっとラクになるんです。

Aさんのお母さまも、きっと天国で、お父さまに報告していることと思います^^



Aさんが受けてくださっている「こころの道しるべ講座」

東京の講座は、現在のコロナの状況を考え

3月からのスタートを予定しています。

基本的には、対面の講座ですが

状況によっては、ZOOMでのオンライン講座で行います。

先が見えない世の中ですが、

だからこそ、自分の心の軸をしっかりと持って歩んでいきたい。

そう思っている方、お待ちしております^^

講座について、内容やスケジュールなどのご相談は、

こちらからどうぞ。


〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

気が付いたら、1月ももう半ばですね。

今年最初のブログです。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。



実は、私事ですが

1月3日に母が亡くなりました。

ここ数年、何度か体調を崩しながらも

その都度、復活して元気になっていたのですが、

元旦の朝に緊急入院し、今回は残念ながら復活できませんでした。

だんだんと食べられなくなり

だんだんと身体の機能が落ちていって

最後は老衰の状態で、自然に命の終わりを迎えた感じです。



コロナの状況で、入院してもお見舞いに行けませんでしたし、

葬儀も近親者のみでこじんまりと行いました。

会いたい人に、すぐに会いに行ける日常に

早く戻るといいなあと思います。

そして、一日一日を大切に生きていきたいなと改めて感じている、今年の初めです。


~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

大晦日ですね。

いかがお過ごしでしょうか?

今年は、コロナの影響でお仕事の状況や、日常生活の当たり前がずいぶん変わりました。

来年は、今年会えなかった方とももっともっと、お会いできるといいなあと思っています。



そして、今年、出会えたクライアントさまや受講生さんから

「今年は聡子さんと出会えて転機の年になりました」

と、おっしゃっていただけて

お役に立てて、よかったなあと改めて感じています。

こちらこそ、たくさんのカウンセラーの中から、

私を見つけて、選んでくださって、本当にありがとうございました。



寒波が来て、寒いお正月になりそうですが、どうぞ暖かくしてお過ごしくださいね。

よいお年をお迎えください^^

来年もよろしくお願いいたします。


〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

昨日は長崎のサロンで今年最後のカウンセリングでした。

今年の最後は「前世退行」という催眠のワークを行いました。

今の自分の生きづらさの理由、

現在の人間関係で関わっている人との意味、

理由のわからない心のブロックや恐怖症、

現世で自分が果たすべきことは何か、

自分が生きる意味は何か、

などなど、今の自分が抱えている課題の答えがある前世を旅するワークです。



ちなみに、催眠での前世療法というのは

「あなたの前世は、マリーアントワネットです」

などのような、前世診断とか占いとは全然違います^^;

私は特に何の診断も判断もしません。

ただ、その人が必要としている答えがある前世への旅をサポートするだけです。

でも、無意識って本当にすごくて

ちゃんと、答えのある前世を選んで連れて行ってくれて、必要な場面を見せてくれるんですよね。

「今年の最後に、とてもいいワークをありがとうございました」

と喜んでいただけました。



私も、今年の最後にこころが温かくなる、前世の物語を共有させていただいて

とても大切な時間になりました。

前世退行催眠って、涙涙・・・になることが多いのですが、

それ以上に、やさしい気持ちになれるんです。

そして、今の自分と今の人生をとても愛おしく思えるワークです。

ご興味のある方は来年、一緒にやってみませんか?

〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

いよいよ、年の瀬ですね。

クリスマスやお正月の時期がくると

自分と子どもとのこと、そして自分と親とのことについて

思いを巡らす機会が増えるような気がします。

今回もまた、膨大で深い、リアルな事象達で興味深い内容満載でした。

1歳半までに獲得されるという『基本的信頼感』、

中1&小5の我が子達の時はどうだったかなぁと、ドキドキでした。

「親に限らず、信頼関係を結べる誰かがいたら、1人でないというのならそれでいい」

と聡子さんが仰って、ホッと救われました^^



一瞬一瞬、めい一杯、その時々は対応してきましたが、やっぱり余裕のない時もあって、

もし私がおばあちゃんになったり、小さい命と対面する瞬間があれば、

その時は十分意識して接したいなぁと思いました。


「こころの道しるべ講座」を受講してくださっているMさんの感想です。

今月は「親子関係」がテーマでした。

「基本的信頼感」は自分自身に対する信頼感と

周囲の人や、世界に対する信頼感の基礎となる部分です。

自分には価値がある、

この世界は信頼できるものである、


自分の根っこに、そういう価値観があるかどうかで人生は変わります。

それは、乳幼児期に身につくものですが

だからといって、四六時中親がそばについていなくてはいけない、というものではありません。

一緒にいる時間の長さではなく、その時間をどう過ごすか。

それが、大事なんです。



理由のわからない生きづらさ、

なぜかいつも同じ結末をたどってしまう・・・

そういうときは、禁止令や拮抗禁止令が影響しています。

『禁止令』や『拮抗禁止令』も、やっちゃってたことあったんじゃないかなぁと反省、

挽回する貴重なきっかけとなりました。

そして私自身も禁止令や拮抗禁止令が入ってたんだろうなぁと、

また、主人もそういう環境だったから、そうなっちゃうのかなぁ…と、

ものすごく深いところの話で、難しいんだけれども、

だからそうなんだと何となく理解できたようで、

視野がちょっと広がったというか、捉え方が少し変わったというか、

今までよりまたちょっと違う感覚で捉える事ができるようになった、

ちょっと気楽に捉えられるようになった、そんな気がします。



例え『禁止令』や『拮抗禁止令』が入っていたとしても、

聡子さんがそれぞれの具体的な対処法を聞かせてくれたので、

とても分かりやすく、実践しやすく、

「なるほど、よし、やってみよう!」とものすごくありがたかったです。

(Mさん)


自分に入っている禁止令に気づくことも大事ですが、

夫にも入ってることがわかると、

「どうしてこの人っていつもこうなんだろう!」というのが

「ああ、だから、こうなるんだな」と、理解できたりします。

そうすると、夫に対する見方も、そして、接し方も自然と変わってくるものです。

みんな、知らず知らずにうちに身につけてしまった生きづらさを抱えながら

一生懸命に生きています。

それに気づけると、自分にも、他人にも、今より優しくなれる。

そうすると、何よりも自分が心地よく生きていけます。

年末年始のお休みに、

こちらもオススメです^^

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日はクリスマスですね。

クリスマスツリーの下にプレゼント置いてみました。

ネコちゃんたちが興味津々です^^;



さて、「こころの道しるべ講座」

東京での講座を1月からスタートする予定でしたが

現在のコロナの状況を考えて

2月スタートに変更することにしました。

新しいスケジュールは、こちらでご確認くださいね。

受講についてのご相談やご質問がある方は

お気軽にこちらからどうぞ^^


~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫との関係がうまくいかなくなって

いろいろ話し合いをしたり、自分を変えようと本を読んでみたりしたけど

やっぱり、うまくいかなくて。

「わたしばっかり頑張って、なんだかバカみたい」

「夫の方にも問題ありなのに、なんであの人は変わらないの?」


「これからは、私が変わるんじゃなくて、夫に変わってほしい」


そんなふうに思っちゃうのも、当然だと思います。



たしかに夫にも問題があるならば、それを改善してもらった方がいいですよね。

ただ、相手の考え方や価値観を変えるのって、なかなか難しいです。

誰しも、自分がその気がないのに、

自分の考え方や価値観を変えられそうになると抵抗するものです。

それに「今のままの自分はダメ」と言われているようなものなので

「変えよう」とする相手に対して、心を閉ざしてしまいます。



なので、

「どうしても相手に変わってほしい」
「このままの夫だと許せない」


という気持ちが変わらないならば、

「相手を取り替える」こと

つまり、離婚して他のパートナーを見つけた方が、お互いのためにベストです。



でも、どうしても離婚はしたくないならば、

「相手を変える」「自分を変える」ではなく

相手の反応が変わるように「声がけの方法を変える」とか

無駄にイライラしないように「物事の捉え方を変える」ことをやってみるのがオススメです。

離婚して別のパートナーを探すのか、

今までと違う方法で関係性を変えていくのか、

どちらにするかは、自分で選ぶことができます。

関係性を変えていくヒントは、こちらも参考にしてくださいね^^


〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

夫とのセックスがイヤで、断っているとき

お友だちと遊びに行ったり、自分の趣味を楽しんだりすることに罪悪感を持ってしまう。

そんなこと、ありませんか?

特に「忙しいから」「疲れているから」を言い訳にして断っていると

「なんだ、遊びに行く元気はあるんじゃないか」

「友だちと会う時間は作れて、オレとセックスする時間は作れないのか!」

と言われるかもしれません。



そうでなくても、夫の楽しみを取り上げているのに

自分だけが楽しむことは気が引ける・・・と感じたり

夫を傷つけている自分には、人生を楽しむ資格なんてない、と感じたり。

そうして、自分で自分を罰することを課してしまうんです。

この気持ち、私もよくわかります。

だから、友だちと食事に行ったり、コンサートやお芝居に行く時は

「仕事だ」と嘘をついて行っていました。



さて、こういうつらい気持ちに対処するポイントは、ひとつです。

それは、罪悪感は何も解決してくれない、ということ。

自分が楽しいことを我慢することで、セックスしたい気持ちになれるなら

それはやる価値があると思います。

でも、そんなことはないですよね。

逆に、

「この人がセックスにばっかりこだわるから

私は自分の好きなことを我慢しなくちゃいけなくて、自分の人生を楽しめない」


という怒りが、無意識のうちに積み重なっていきます。

そして、ますます夫に対する嫌悪感が募り

どんどんセックスしたくない気持ちが強まってしまうんです。



こんなふうに「罪悪感」は、問題の解決を妨げます。

そして、解決のための思考を止めてしまいます。

本当に解決したいならば、罪悪感に従うのではなく

取り組まなくてはいけない、本当の問題に取り組むことが大事です。

本当の問題というのは、

夫とのセックスに嫌悪感を持つようになった原因や

普段のコミュニケーションのストレス、

安心して言いたいことを言えなくなってしまった関係性です。



お互いにどれだけ楽しみを我慢できるか、という我慢比べでは

問題は何も解決しません。

自分の人生を楽しみながら、夫との関係も取り戻していく、

そんなふうに生きていきたい方は、こちらがオススメです。


〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村