【東京・長崎】「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ。「夫婦の信頼」と「あなたの人生」を取り戻しませんか?

【東京・長崎】「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ。「夫婦の信頼」と「あなたの人生」を取り戻しませんか?

【東京・長崎】FSD(女性性機能障害)、性嫌悪症、恐怖症、離婚など、夫婦関係やセックスレスでお悩みの方が、笑顔の毎日を取り戻すカウンセリングです。

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

最近、だんだんと「夫婦の間のセックスでも合意が大事」という考え方が広がってきました。

でも、まだまだそういう「性的なモラル」を知らない夫が多いのも事実です。

先日、SNSで

「うちの夫は性的なモラル低いなー」

「うちも!イヤなプレイを要求してきて、キモイ」

「でも、断れないんだよね」


というような発言を見かけました。



こんなふうに愚痴を吐き出してスッキリできるうちは、全然大丈夫なのですが

こういう状態がそのまま続くと

性的なモラハラの状態になってしまいがちです。

そして、ふと気が付くと

「夫の帰宅が遅くなるとホッとする」

「夫とのセックスの前に、気持ちを奮い立たせるようになる」

「夫に誘われないように、早く寝るようにする」


状態になり、さらにそれをそのままにしていると

「夫とのキスが気持ち悪くなる」

「セックスするのが、まるでレイプされている気持ちになる」


という状態に、進んでいくんです。



って、なんだか脅しのようになってしまってしまいましたが^^;

おそらく、このブログをご覧になっている方は

「うんうん。まさにその通り!」と思ってくださる方が多いと思います。

そうならないためにも、

「うちの夫は性的なモラルが低いなー」

「性的リテラシーが低いかも」

と感じたときに、早めに対処しておいた方がいいです。



手順としては、

まずは自分が「正しいモラルを知る」ということです。

先にご紹介したSNSで

「でも、断れないんだよね」という状態は

妻の側にも

「夫婦なんだから、夫のセックスを断ってはいけない」

「セックスを断ると、男性の身体に悪影響が出る」


という思いがあるからで、

それもまた、正しい性的モラルとは言えないんですね。

妻も正しい性的モラルを知っていないと「でも断れない」状態になり

夫もますます、正しいモラルを知る機会を失ってしまい

相手がイヤなセックスを続けることに、何の疑問も持たなくなります。

だから、まずは妻自身も正しい性的なモラルを知ること。

断ることが悪いことではない、という自信があれば

罪悪感なく伝えることができます。



そして、そういうマインドと同時に大事なことが

実際の「伝え方」、つまり「言い方」です。

たとえモラル的に問題があるとしても

やっぱり、求めたことを断られるというのは悲しいし、ショックです。

そして、人はショックを受けると

相手の言葉が正しいとか間違っているとかいうこと以前に

心のシャッターをおろして、相手の言葉を受け取れなくなります。

だから「心のシャッターを下ろさせない伝え方」が、とても大事です。



正しい性的なモラルというマインドの部分と

それを安心して伝え、受け取れるような関係になりたい方は、

まずはこちらのメルマガを参考にしてくださいね。

メルマガにご登録の方限定で、体験セッションのご案内もあります。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週、東京で『カウンセラーの道しるべ講座』を開催しました。

今回は、無意識とのコミュニケーションを取る方法がテーマです。

自分とはもちろん、クライアントさんの無意識ともコミュニケーションが取れると

カウンセリングの精度も上がりますよね。

講座の様子はこちらからどうぞ^^







~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

セックスレスの悩みでは、

最初は夫も気を遣って誘わなかったり

妻も、なんとかできそうなときに、気持ちを奮い立たせて応じてみたり・・・

そんな時期を経験する方も多いと思います。

でも、ある日、どっかん!と衝撃が起きることがあります。

たとえば、それまで穏やかだった夫が「いいかげんにしろ!」とキレてしまったり

それまで、思いやりと我慢でなんとか応じていた妻が

「ほんとにもうまじで無理無理無理・・・」と自覚して、自分でも愕然としたり。

これ以上、我慢して応じることができない。

でも、拒否し続けると、夫も限界かも・・・

夫婦の土台がガタガタして崩れそうだけど、崩してしまうこともできず

もう、どうしていいかわからない。



そんな状態でも、自分で夫婦の土台をしっかりと整える力が身に付いたら、

どうなると思いますか?

カウンセリングを受けていただいたSさんから、こんな感想をいただきました。

【カウンセリングを受ける前は、どんなことにお悩みでしたか?】

夫との長期に渡るセックスレスがいよいよ大問題になり、

どうしたらいいのかわからないけど、誰にも相談もできず困っていました。

普段から人間関係などで悩みやすく、

グルグルと悩んだり、どんどん気分が落ちていくような事が多々ありました。

ネガティブな考え方をする性格なので、しんどい事も多かったです。


【カウンセリングを申し込む決め手になったのは、なんでしたか?】

セックスレスに特化したカウンセリングがあまり無い中でも、

松尾先生の文章の中身がまるで私の事のような、

私の思いを代弁してくれてる内容で“この人だ”と思って申し込みをしました。


【カウンセリングを受けて、どんな成果や変化がありましたか?】

セックスレスの問題の解決自体はまだまだ先になると思いますが、

まずは夫との土台作りを時間をかけてもしっかりしていけば、

この先は明るい未来が待っているのかなと思っています。

グルグルと悩む事が多かったですが、

自分の考え方や自分の中の思い込みなどに気がつけて

“そうとは限らない”という考えにはとても助けられていました。

そして以前のようにグルグルと悩む事がぐんと減り、人間関係が少し楽になりました。

これもまだまだ思考のクセがあるので、

これからも見返しては続けて行きたいと思います。


【何が一番うれしかったですか?】

これまでガタガタとズレていた私と夫の土台。

とにかくこれまでの自分の思いを夫に伝える事ができて

土台を整えるスタートラインに立てた事。

あとは頑張って二人三脚でやっていくだけだと思っています。

(それが難しかったりしますが頑張ります)


【どんな人にオススメですか?】

夫婦のセックスレス問題もですが、思考がネガティブな方や、

人間関係に悩んでいる方などにもオススメしたいです。

違った視点を教えてくださるので、目からウロコだったりします。

(Sさん)


セックスレスの問題を解決する、というと

「セックスできるようにする」という解決法がほとんどです。

ローションなどを使って痛みをなくすとか

お薬で女性ホルモンを活性化させるとか

たまにはホテルに行ってときめきを取り戻すとか

方法は違っても、ゴールはすべて「できるようにするため」です。

でも、そもそものしたくなくなった原因がなくならないと

一瞬、できるようになったとしても、またすぐに、したくなくなるものです。



以前はできていたのにしたくないほどの気持ちになったとき、

夫婦の関係性の土台が、いつの間にかガタガタしていることに気づくかもしれません。

ここで、大切なのは

「できなくなったから、ガタガタしている」のではなく、

「ガタガタしているからできなくなっている」ということです。

だから、ガタガタした土台をしっかり固めることが大事だし、

何よりも、自分でそれができるようになることができるようになると、

これから先も安心ですよね。



老子の格言で『授人以魚 不如授人以漁』という言葉があります。

「飢えている人がいるときに、魚を与えるか、魚の釣り方を教えるか」

という考え方です。

魚をあげれば、その日だけはとりあえず食いつないでいけるけど

魚の釣り方を教えたら、その人は一生、自分で魚を食べられるようになります。



私が行っているカウンセリングも同じです。

カウンセリングが終わった後、これから先も続く人生を

自分でどうにかできる力を身につけることができるようになってほしいな

と思っています。

カウンセリングはゴールではなく、新しい夫婦関係を歩むスタートです。

そのお手伝いができることが嬉しいし

そして、そんなカウンセリングを信じて頑張ってくれたSさんに、私からも感謝です。

Sさんが受けてくださったのはこちらです。

「セックスしたくない」という気持ちにお悩みの方は

まずはこちらの無料メール講座も参考にしてみてくださいね。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村
こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先週は長崎で講座でした。

今週はオンラインで行います!

長崎の対面講座の様子はこちらです^^







~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村


こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

自分の気持ちをちゃんと伝えることって、大事ですよね。

でも、言いたいことを伝えているんだけど、伝わらない(>_<)

そんなこと、ありませんか?

たとえば、勇気を出して「セックスしたくない」と伝えると

「わかった。じゃあ、途中までならいい?」と言われて

「い、いや、そういうことじゃないんだけど・・・」と困惑する、みたいな感じです。



これは、セックスの問題に限らず、他の面でも同じです。

毎日の子育てと家事に疲れてしまって

「休日、一人になりたい」

という思いを夫に伝えたら

「じゃあ、オレのおふくろを呼んで、子どもの世話をしてもらうから」

と言われてしまい

「いやいや、逆に気を使うし!」ということになり

「もう、いいよ・・・」みたいな感じです。



では、どんなふうにしたらいいのか、というと

自分が「どうしてほしいのか」を「具体的に」伝える、ということです。

たとえば、この場合だったら

「家で一人で過ごす時間がほしいから、子どもを連れて遊びに行ってほしい」とか

「たまには一人で出かけたい。3時間でいいから、家で子どもを見ていてほしい」など

具体的にやってほしいこと、そして

「お母さんじゃなく、あなたに子どもを見ていてほしい」ということを

明確に伝えることがポイントです^^



ひとつの課題や悩みに対して、その解決の仕方は人それぞれです。

みんな、良かれと思って、自分が考える最善の方法を提案しています。

そして、その「最善」も人によってそれぞれ違います。

だから、自分の「こうしてほしい」がハッキリしているならば

それを伝えた方が、お互いのすれ違いはずいぶん減るはずです。



最初に出てきた「セックスしたくない」が伝わらなかったときも

相手は「セックスしたくない」=「最後までしたくない」ということだと思っているから、

「途中までならいい?」という言葉になるわけなので

具体的に何がイヤなのか、何をしたくないのかを伝えるのが大事です。

夫とのコミュニケーションでお悩みの方には、

こちらでも解決のヒントをお伝えしています。

~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

東京での講座の様子、こちらでご紹介しています^^







~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

現在、単発カウンセリングがなくなり、継続カウンセリングのみとなっております。

そのため、初めて私のカウンセリングを受けていただく方に

「お試しカウンセリング」を行います。

この機会にぜひ、カウンセリングを体験してくださいね。

<対象となる方>

・今まで、私のカウンセリングを受けたことがない方

・どんなカウンセラーか会ってから、継続カウンセリングを受けるかどうか決めたい方

・夫婦カウンセリングをご検討されている方

※お試しカウンセリングでは、夫婦カウンセリングは行っておりません。
まずは、どちらかお一人がいらしてください


・精神科、心療内科とカウンセリングで迷っている方

※病院か、カウンセリングかで迷っていらっしゃる方は、先に病院を受診されてから、いらっしゃることをオススメしています


<お試しカウンセリングで得られること>

・お悩みの状況をお話いただくことで、心の整理ができます

・解決するために必要なことや、解決に向けた方向性を見つけます


「お試し」ですので、根本的に悩みを解決する、というよりは

「お悩みの状況を確認」して「解決に向けての方向性を見つける」

という段階までになります。

もちろん、お悩みの内容によっては、お試しカウンセリングだけで解決しちゃうこともあります。

基本的には、行き詰まっている状況を解決するために

できること、方向性を一緒に見つけ

その方法がいくつかある場合は、クライアントさんご自身で選んでいただきます。

私の方で、カウンセリングを強制することはしませんので、ご安心ください。

もちろん、実際に私と話してみて

「この人なら一緒にやっていきたい!」と思っていただけたら

これからもぜひ、お付き合いさせていただきたいと思います^^



お試しカウンセリングの詳細です。

<お試しカウンセリング> お一人さま1回限り!

【カウンセリングの方法】

対面・またはZOOM

・対面は、長崎、または東京で行います


【場所・アクセス】

< 長崎 >

カウンセリングサロン Le Port(ル・ポール)

住所:長崎市鍛冶屋町

※くわしい住所はお申し込み後にお伝えします

アクセス:「思案橋」電停より徒歩約4分
     「めがね橋」電停より徒歩約5分

※浜の町、観光通りの近く、お買い物やお食事に便利な立地ながら、大通りから一本入った通りの静かな場所です


<東京>

イスト・ヴィレッジ東京

住所:東京都千代田区東神田1-8-11 森波ビル6階

アクセスはこちらをご覧ください


<オンライン:ZOOM>

パソコン、スマートフォンで行うオンラインのカウンセリングです。

事前にお送りする招待URLをクリックしていただくと、自動的に開始します。

※通話料は発生しません。

※全国からのご相談をお受けできます。


【料金】

15,000円(90分)

※本来のカウンセリングは、120分 38,000円です
( 現在、単発でのカウンセリングはお受けしておりません)

※初めてお申し込みの方は、まずはお試しカウンセリングをご利用ください。

※夫婦カウンセリングをご希望の方も、まずはお一人でお試しカウンセリングにいらしてください

※過去にカウンセリングを受けたことがある方は、お気軽にお問い合わせください。


【お申し込みまでの流れ】

・お申し込みを確認後、48時間以内に日程調整の上、メールでお知らせいたします。

・お振込みにてご契約完了

・お約束日にカウンセリングをおこないます。

お申し込みはこちらから!





~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

私のブログやメルマガを読んでくださって

「したくないセックスは断ってもいいんだ」

「夫婦関係を穏便にしようとして我慢して行うセックスは、逆に夫婦の信頼関係を壊してしまうんだ」


と、気づくことができて、夫にもそう伝えたけれど。

やっぱり、夫に性欲を我慢させるのはかわいそうで、申し訳ない。

私はしなくて安心だけど、夫の「したい」という気持ちはどうすればいいんだろう?

と、どうしても罪悪感がぬぐえずにつらさを感じている、という話もうかがいます。

今日は、そんな罪悪感にどう向き合ったらいいのかをお伝えしたいと思います。



さて、ちょっとだけ、法律のお話です。

来月(2024年4月)、DV防止法の改正が施行されるのをご存知ですか?

改正点では、

パートナーや配偶者間での「同意のない性行為」は

DV(性的虐待)として法的措置が適用されるようになる、というものです。


そして、昨年(2023年)7月には、性犯罪の刑法も改正されました。

大きな改正点としては、これまでの

「強制性交罪」は「不同意性交罪」に、「強制わいせつ罪」は「不同意わいせつ罪」になりました。

つまり、

「強制」でなくても「同意がない」という時点で罪に問われる可能性がある、

ということです。

これは、パートナーや配偶者でも成立します。



だからと言って、同意を取らない夫を訴えよう!ということではありません^^;

今、夫婦のセックスについての考え方が法的なレベルでも変わってきている、ということです。

よく「セックスの拒否は離婚理由になる」と法律を持ち出されてしまいますが

もう、それは通用しないのです。

このことについては、こちらの記事を参考にしてください。



どちらの法改正も、ポイントとなるのは「性的同意」です。

「性的同意」とは、一言でいうと

毎回、すべての性的な触れ合いに対して

「したいか」「したくないか」の

確認を取らなければならない


というものです。

これまでのような「いやよいやよも、好きのうち」とか

「いやがってても、やってるうちに気持ちよくなるだろう」

ということで、無理やり性行為を行うのはダメになったのです。

「じゃ、とりあえず同意を取ればいいんだろ?」

という方もいらっしゃるかもしれませんが

単に同意を取ればいい、ということでもありません。

同意を取る時に大切な2つのポイントがあります。

「No」と言える状況であるか、
「No」と言える関係性であるか、


この2つを満たした同意でないと認められないんです。



◆ ポイント1:「No」と言える状況であるか

たとえば、相手が泥酔していたり寝ていたりする場合は、

自分で明確に判断できない状況と言えます。

このような状況で、無理やり言わされた「Yes」は同意とは言えません。

また、「断ったら不機嫌になるから」「気まずくなるのはイヤだな」と、

しぶしぶ「いいよ」と言う場合もそれは同意とは言えません。



◆ ポイント2:「No」と言える関係性であるか

たとえば、権力、経済力、年齢、腕力などが対等ではない関係性では、

「No」が言いづらいですよね。

ここ数年、芸能界をはじめ社会的にも問題になっている性暴力やパワハラでも

「デビューしたいよね」
「みんなが通る道なんだよ」

というような言葉が、「No」と言えない関係性の中で言われていました。

また、継続的に精神的、身体的なダメージを受けていると

「この人には逆らえない」
「この状況は変えられないんだ」と、


「同意しない意思」を持つことさえできなくなってしまいます。

これも「No」と言えない関係性が構築されている、ということです。



今までは、

夫婦はお互いしかセックスできる相手がいないんだから、

夫婦である以上、必ず相手の性欲には応じて、相手を満たさなければならない、

と考えられてきました。

だからこそ

「夫婦だったらセックスするべき」
「セックスのない夫婦は、夫婦じゃない」

と言われ続けていて、

あたかもそれが正しいのだと、ずっと考えられていたのだと思います。

でも、それはこれまでの考え方、価値観であって、今は、違います。

「性的同意」の基本は

「自分の心と身体は、自分のものであり、どうするかは、自分で決める権利がある」

という考え方です。

女性でも、妻でも、子どもでも、有名でなくても、貧しくても、社会的に弱い立場でも、

すべての人が、人としての尊厳を守れる社会にしていこう。

そんな思いが、たくさんの人の力と勇気で形になってきたのだと思います。

妻の心と身体は妻のものであり、夫のものではありません。

私たちは「夫」や「妻」である前に「人」なのです。



それでもやっぱり、

夫の性欲を自分を犠牲にしてでも満たさなければ、と思っている人は、

それならそれでもいいと思います。

性的同意について知った上で、どんな選択をするのかは、人それぞれです。

ただ、最後にもう一度思い出してください。

自分の尊厳を守るのは、最後は、自分です。

そして、あなたの尊厳を犠牲にして、自分の尊厳や欲望を満たそうとする相手のことを

きっと、愛せるはずがない、ということを。

「夫としたくない」にお悩みの方は、

こちらの無料メール講座もお役に立てると思います。


~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

今日から東京です。

東京では、また講座とカウンセリングの毎日です^^

先週は長崎とオンラインで『こころの道しるべ講座』でした。

長崎の講座の様子は、こちらをどうぞ!







~「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ~
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」八方ふさがりの夫婦関係を解決する方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村

こんにちは。FSD・セックスレス専門カウンセラーの松尾 聡子です。

先日、妻がセックスを拒否することについて、こんな意見を見つけました。

・「セックスをしない自由」はお互いにある

・だけど「しない」方は優位な立場にあることを忘れてはいけない

・それは、セックスで相手をコントロールする関係が生まれるから

・つまり、してほしい側が、してくれない相手に対してご機嫌を取ったり、言うことを聞いたりするようになる

・それは対等な関係とは言えないので、しない側は、相手の気持ちを考えてあげることが大事


たしかに、そんな状態は「セックスを使ったモラハラ」とも言えます。

そういう人もいるかもしれません。

ただ、そうではない人も、いるんですよね。

少なくとも、私のところにご相談に来てくださる方、

このブログやメルマガを読んでくださっている方は

本当はセックスできるのに「しない」選択をしているのではないし

セックスを使って、相手をコントロールするために、拒否しているわけではありません。

できれば、夫とセックスして仲よく過ごしたい、と思っているのに

「できない」「したくない」気持ちに、困っている人です。



夫を傷つけていることは、イヤというほどわかっています。

妻である自分が拒否すれば、夫は誰ともセックスできないのに、

わかっていても応じてあげられない自分に、罪悪感でいっぱいになっています。

イヤだという気持ちを我慢して、心を殺して応じている人もいます。

そういう妻の中には、

セックスの後、満足して寝ている夫に気づかれないように、そっとベッドを抜け出して、

嘔吐をしたり

髪をかきむしる痛みで、叫びだしたい気持ちを抑えたり

クッションに顔を押し付けて、声が漏れないように泣いている人もいます。



セックスを拒否する人は、

人の気持ちを考えない、わがままな人みたいに思われていることが多いです。

でも、そう思われてしまうのは

「人はみんなセックスしたいはず」という前提があるから

だから、「したくない」とか「しない」のはおかしい、

という結論になっちゃうのかもしれません。

その前提の世界では、

「したくない」と思っている人の傷ついた気持ちは

まるで存在しないかのように、見落とされています。



こういう主張や言葉に傷ついて、自分を責めている人もいるかもしれません。

また、夫がこういうことを聞くことで「やっぱり拒否する妻が悪いんだ」と

ますます妻を責めてしまうこともあるかもしれません。

何が正しいのかわからなくなって、

「できない自分が悪い」と、ただただ自分を責めてしまいそうなときは

私のところに来てくださいね。

「ずっとずっと探し続けていた出口のない迷路の中に
やっと光を感じれた、そんな気持ちです」

という感想をいただいたメルマガも、あなたの心を支えてくれると思います。


〜「夫とセックスしたくない」に悩んでいるあなたへ〜
夫婦の信頼とあなたの人生を取り戻すカウンセリング


【メルマガ】「夫とセックスしたくない」を解決してラクになる方法

カウンセリングメニュー

こころの道しるべ講座

お客様のご感想

お問い合わせ

FSD・セックスレス専門カウンセラー 松尾聡子

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村