Des Croaking

だいたいポケモンブログ。
最近はインターネット大会オタク


テーマ:
お久しぶりです。

最近はハースストーンとシャドバが楽しくてブログ書いてませんでした。

あの二つのゲームは有名人のコピーデッキばっかり使ってレジェだとかAA0だとかまで行ったけど特にブログのネタにする事は無いんですよね...。


ポケモンの方はちょいちょいインターネット大会には出てたんですけど多忙で10戦も出来なかったり、ドーブルがダークホール当ててくれなかったりで惨敗続きで...。


ここまで、読み飛ばしてください。



{C7BB286F-0F6E-418F-8691-3812908DFB1A}

シンオウダービー76位でした。
使用PTは標準的な雨です。
僕は直前までシャドバばっかやってたので作成も調整も人に丸投げしました。ありがとう。構成はリンク先のニョロトノの滅びを凍える風に変えただけです。

第四百七十九回~シンオウダービー使用お利口雨

特出して語るべき事はないけどPTに弱いポケモンが少ない、僕好みのPTでした。

正直もっと勝てるPTだと思うんだけど僕が他ゲームにかまけて練習を怠ったのでこの順位止まりです。低レートのときにニョロトノの波乗りで隣のポケモンを無意味に流して負けた試合とかが無ければな....。
このPTの一番の欠陥は僕でした。

自分の怠慢を戒めるため、ブログに残しておきます。イッシュファイナルも出れたら頑張ります。

それでは。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
バトル オブ ホウエンに参加してきました。
最終日の日付が変わってから徹夜で育成し朝の時間になんとか潜れました。対戦数が残ってはいましたがメンタルと体力がもたなかったので満足できるラインでストップ。TN けろっち、です。


画像から1つ勝って終えました。ランキング反映されたら画像差し替えます。


今回は知り合いの中で最も信頼がおけるポケモン勢であるはちみつさんと共同でPTを製作しました。
基本的に彼の意見を10割通して自分がshowdownで調整することを繰り返すことで作成されたPTです。さらにshowdownで足りなかった調整を彼が本戦での試合を通してさらに改良を加え完成したものであるため、自分で考えたというより彼が考えたPTではありますがブログ掲載の許可をいただけた、また自分が文章に残したいので書きます。






 
ポケモン
 
性格
持ち物
特性
技1
技2
技3
技4
実数値
努力値配分
 
メガメタグロス
 
陽気
メタグロスナイト
クリアボディ→硬い爪
アイアンヘッド
冷凍パンチ
地震
身代わり
179-174-170-×-130-178
188-68-0-0-0-252
 
ギャラドス
 
わんぱく
ゴツゴツメット
威嚇
滝登り
氷の牙
電磁波
挑発
201-145-144-×-120-103
244-0-252-0-0-12
 
ジバコイル
 
控えめ
拘りメガネ
頑丈
10万ボルト
ボルトチェンジ
めざパ氷
ラスターカノン
145-×-135-200-111-112
0-0-0-252-4-252
 
ランターン
 
控えめ
カゴの実
蓄電
ボルトチェンジ
熱湯
電磁波
眠る
201-×-88-140-118-88
4-0-76-252-172-4
 
キノガッサ
 
陽気
きあいのタスキ
テクニシャン
タネマシンガン
マッハパンチ
岩石封じ
きのこのほうし
138-179-109-×-82-136
0-204-52-0-0-252
 
バシャーモ
 
うっかりや
命の珠
加速
オーバーヒート
飛び膝蹴り
めざパ氷
守る
155-161-90-159-81-28
0-172-0-116-0-220






個別解説


メタグロス

構築の出発点でありエース。本大会においてメガボーマンダおよびボーマンダが多いことは容易に想像出来たため、汎用性が高くボーマンダに有利をとれるメタグロス。

技構成はメインウェポンかつ命中安定の「アイアンヘッド」、採用理由であるボーマンダを狩る「冷凍パンチ」、ミラーや電気に打つ「地震」、補助技をすかす「みがわり」

通常なら「しねんのずつき」等が採用される枠を削り「みがわり」を入れることによってキノガッサの「きのこのほうし」をメガ後においては確実に、メガ前においても5割でかわすことが出来たりサーナイトの「道連れ」連打をかわすことが出来る。またメガ後であればバシャーモの守るに合わせて身代わりをすることで苦手なはずの相手に簡単に勝つことが出来る。
本戦において「しねんのずつき」が無いために負けた試合が1つありましたが上記のような使い方で「みがわり」によって勝った試合は10では済まないほどに多くあったので対戦中に感動で涙が止まらなくなるくらいには強かった。

配分はSを最速にし威嚇入ってない時にメガボーマンダを冷凍パンチで1発で持っていけるまでAをあげて残りH

ギャラドス

メタグロスをエースにした際に必ず重くなるバシャーモに対するメタとしてゴツメギャラドスを採用。

技構成はメインウェポンでありバシャーモだけでなくバクーダに対しての打点となる「たきのぼり」、ボーマンダに隙を見せない「氷の牙」、メガメタグロス等の高速アタッカーや交代際に打ち込む「電磁波」、バトンバシャに対応出来る「挑発」

ギャラドスの技構成はかなり悩んだが結局これが一番だったと思う。
他候補としては「地震」、「吠える」などがあり、特に「地震」についてはかなり悩んだが一番打ち込みたいメタグロスに対しては電磁とゴツメ、たきのぼりのダメージで後ろに控える自分のメガメタグロスのサポートをできれば十分とした。実際バシャーモを見て出てこないことも多かったためこれで良かった。
またバトンパに安定をとれる「吠える」は「挑発」と「電磁波」を同時採用することでバシャーモに「挑発」を入れるorバトン先に「電磁波」を入れるのどちらかに成功するだけで良いため、後述のキノガッサやジバコイルの邪魔をするステロ展開の妨害も出来る「挑発」を優先した。

配分はほぼHBぶっぱでHPの端数をSに。


ジバコイル

ホウエン環境にはまともな地面タイプがラグラージくらいしか居ないため電気が通りやすく動かしやすいと考えてジバコイル。ヤミラミ、ミロカロス、エアームド等の物理受けを楽に突破出来る。

技構成はメインウェポンの「10万ボルト」、有利対面で安定択を取りやすい「ボルトチェンジ」、サーナイト等のフェアリーに対する打点である「ラスターカノン」、ボーマンダを頑丈込みで倒す「めざパ氷」

配分は火力を最大まであげて耐久面は特性と耐性で補えるためミロカロスなどの耐久ポケに対して安定して先制がとれる準速。

メタグロスを除いてMVPをあげろと言われた個人的にはこいつに上げたい。超高威力ボルトチェンジだけで相手が崩れる試合が多く、低レート帯での対戦での負けをかなり減らせたと思う。


ランターン

本戦での話をきいて採用したポケモン。それ以前ではスカーフラティオスが入っていた。上位に多かったライボルトやジバコイルに対するメタ。

技構成は有利対面から打ちやすい「ボルトチェンジ」、対電気に対するメインウェポンの「熱湯」、後出しされる高速アタッカーを無効化する「電磁波」、蓄積ダメージや状態異常をなおす「眠る」

配分は火力不足を補うためにCぶっぱ。耐久面は陽気A252メタグロスの地震を確定耐えまでBをあげて残りD。


キノガッサ

相手のキノガッサのきのこのほうし等に対する受けやラグラージのメタにおなじみのガッサ。

技構成は言うまでもない基本的なやつ。

配分も有名な陽気ガッサの「マッハパンチ」を2耐えするもの。

実際に対戦してみると上位には意地っ張りガッサが多く調整は機能しづらかったが対ラグラージや持ち前の対面性能でとても使いやすかった。


バシャーモ

メガメタグロス、メガクチートあたりに炎技を打つために採用。

技構成は鋼に打ちメタグロスを落とせる「オーバーヒート」、加速していればボーマンダを倒す「めざパ氷」、汎用物理技の「飛び膝蹴り」、加速サポートの「守る」

配分はメガボーマンダを1加速で抜け、珠めざ氷で一撃で倒せるまでCSををあげて残りA。Aははたき落とすがあればラティオスが一撃くらい。

「守る」前提になりやすくて使い勝手が悪いという印象が自分の中にあるせいかなかなか選出に踏み切れなかった。



・基本選出


メタグロス+(ギャラドス)+残りから1体というのが多かった。特にメタグロスの選出率は100%であった。
先発は電気が刺さっていそうならばジバコイル、ラグラージがいればキノガッサといった感じにすることが多かった。



感想

showdownの調整から高い勝率を維持することが出来ていて一時showdownレート2位まで登りつめることが出来、期待していたPTであったが本戦ではその期待を上回るほど勝つことが出来て素直に嬉しかった。

個別にだいたい書いたけど身代わりメタグロスがめっっちゃ強かった。これだけで勝ったといっても過言ではない。
地面弱点4体の偏った並びであったけどもそもそもロクな地面タイプが居ない上にギャラドス、キノガッサがそのあたりに強いのであまり気にならなかった。

負けはメガネクロバット外人に翻弄されてまんまとやられたのとルンパの冷凍ビームでガッサが凍って負けだけであり負け確定を急所に拾った試合もひとつあったりと運も基本的には良く気持よく対戦出来た。

PT考えてくれたりコイル、アチャモの孵化をしてくれたり、ランターンに至っては貸していただいたはちみつさん、キノココの孵化をしてくれたカステラくん、ラティオスを貸していただいたなつさんありがとうございました。


最後までお読み下さり、ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




 
ポケモン
 
性格
持ち物
特性
技1
技2
技3
技4
実数値
努力値配分
 
メガクチート
 
意地っ張り
クチートナイト
威嚇→力持ち
じゃれつく
叩き落とす
不意打ち
炎の牙
157-172-145-×-115-71
252-252-0-0-0-4
 
ポリゴン2
 
ひかえめ
しんかのきせき
ダウンロード
トライアタック
シャドーボール
めざパ地面
トリックルーム
191-×-111-167-115-85
244-0-8-216-0-36
 
クレセリア
 
図太い
ゴツゴツメット
ふゆう
サイコキネシス
月の光
トリックルーム
三日月の舞
-
252-0-252-4-0-0
 
スイクン
 
図太い
カゴの実
プレッシャー
熱湯
身代わり
瞑想
眠る
-
-
 
ガブリアス
 
陽気
拘り鉢巻
鮫肌
逆鱗
地震
岩石封じ
燕返し
183-182-116-×-105-169
0-252-4-0-0-252
 
ギルガルド
 
意地っ張り
防塵ゴーグル
バトルスイッチ
アイアンヘッド
せいなるつるぎ
影打ち
剣の舞
165-110-171-54-171-84
236-236-4-0-4-28





課題が多くて時間がない。。。もう潜れない。。。

最終レート2004
微調整を加え続けてまわして勝率がこれにしてから7割くらい。最初から通しでは6割弱・・・
ラストは10連勝でフィニッシュ出来たりしてまあ時間ないわりには頑張ったかなって感じです。

個別を箇条書きで適当に。


・クチート

エース。あまり言うことないけどPT全体で炎技が入れられなかったのでわりと主流な剣の舞を外して炎の牙入りのフルアタ構成に。ナットレイを10匹は燃やしてくれたからまあ良かった。
剣の舞が欲しい場面もちらほら合って考慮点だと思う。

言うまでもないがはたき落とすが最強技であった。適当に打ってるだけでつよい。外さないし。

配分は特に調整点が無いと感じたので耐久を重んじてHAぶっぱ。安心感があってとても良かった。

・ポリゴン2

よくクチートと組んでるポリゴン2。もちろんドランにも勝てるようにめざパ地を構えて頑張ってもらう。

耐久、火力共に十分で信頼におけるポケモンだが信頼を置き過ぎて適当に選出すると他に必要な駒を出せなくなって負ける。

技はメインウエポンのトライアタック、ギルガルド、ゲンガーへの打点になるシャドボ、ドランピンポのめざ地、クチートに繋ぐトリックルーム。
他候補として 冷凍ビーム 10万ボルト、自己再生、めざ炎とあり、全部欲しい場面があったが必須になる場面が多いのを上から4つとったら今の技構成になった。

配分はだいたいのマリルリより早くなりたかったからSに厚く振ってのこりHCに振り分けた感じ。

・クレセリア

クレセクチートのクレセって言ったらこの技構成が好き。
他の人のクレセクチートを見ると三日月の舞を切ってるのを多く見たけど起点になる前に自害出来るのが便利で好きだから外したくなかった。
他候補で冷凍ビーム等があったけど思いの外欲しくならなかった。

配分はボーマンダ意識のHBぶっぱ。まだ高乱数×2を引かれたことはない。

実数値は妥協してるのが恥ずかしいので伏せてます(^_^;)

スイクン

ヒードランガンメタマン。
ランドロスヒードランあたりのガルーラスタン相手に活躍する。後出しで出される物理ポケも3割で死んでくれるから非常にありがたいポケモン。

技は普通の瞑想スイクンに入ってる 熱湯眠る瞑想と受けループとかクレッフィ対策で身代わり。でも別にグライオンに勝てるようになってなかった。。。。

配分はgoogleで「瞑想 スイクン 調整」で出てくるようなものを妥協に合わせていじっただけ。例によって恥ずかしいので伏せます。

ガブリアス
リザードン処理。
マジでリザードン辛いからガブリアス。本当はスカーフとかの方が確実に役割果たせるのかもしれないけど個人的に鉢巻が好き過ぎるのでハチマキ。
中途半端な耐久ポケを許さない感じがとても使いやすくてこいつを出した試合の勝率が異様に高い。やっぱりポケモン界の主人公は違うぜ。

技構成は 基本の 逆鱗地震岩石封じにややおもいヘラクロスをビビらせる燕返し。
燕返しはなんとなく入れただけの技だったんだけど別に他の技が欲しくなることもなかった。ヘラクロスを2匹、ブリガロンを1匹殺した。

配分はASぶっぱ。

ギルガルド
キノガッサ、フシギバナあたりを意識した枠。

クチートを軸にPTを組む際に最も悩まされるのがキノガッサとかいうクソポケモンの存在でこの枠を確定させるまでにナットレイ、モロバレルなどのポケモンを試し120戦くらい無駄に対戦をした末に辿り着いたのがゴーグルガルド。

ゴーグルというアイテムがあまり好きではなく期待してなかったがこれが驚くほど使いやすく、結局何持ってもメジャーポケモンは強いということを証明してみせた。今までと違い選出画面で見えない(バレバレではある)ため、ガッサが選出されやすく起点にしやすい点や、たとえガッサが選出されなかったとしてももともとのポテンシャルの高さで一定の活躍をする点が高評価。


配分はSを程よくあげてのこりHAに振り分け。今すぐにでもD>Bに調整し直すべきだと思う。いつかしなければと思っていたらシーズンが終わった。



・戦い方みたいなの
基本選出は ポリ2クチートクレセでトリル展開からポリ2で適当に殴ってクチートにつなげてクチートが削れたらクレセなげてトリル三日月の舞で復活させてまた殴るというのが理想。

他は役割対象がいたら出していく感じで・・・。



とりあえず記事を凝ってる場合ではないんでこのへんで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。