リーダーの器が大きくなるブログ

リーダーの器が大きくなるブログ

東洋哲学実践家
職業:社長の相談相手

4月といえば新入社員研修。関わる我々もたくさんの元気をもらえるシーズンです。希望と可能性に触れることができてありがたい限り。会社によって異なりますが、年度の終わりに管理者や管理職と呼ばれる人たちの研修を実施することが多いです。新人を受け入れる前の準備といった位置づけ。

 

管理者や管理職に期待される役割のうち特徴的なのが「部下後輩に成果を出させる」こと。自分ではなく他者に手柄を立てさせる。これが案外と難しいものです。自分で直接成果を出していないと、まるで仕事をしていないかのような気持ちになる人も少なくありません。

 

管理者や管理職自身が立てた手柄を見極め、受け取って応えてあげるのは経営トップの仕事ですね。