輝くあなたを取り戻して

輝くあなたを取り戻して

輝くことを忘れてしまったあなたが、もう一度、光を取り戻すための一助となれば幸いです。

私たちは魂がより輝くために暗闇の地球で体験しています。地球を暗闇にするために真実が隠されてきました。しかし、地球は、今、光の幕開けを迎えています。地球も人も闇を卒業するために、隠蔽されてきた真実を探求していきたいと思います。読者の皆様が幸せを感じられるお手伝いができれば嬉しいです。
「雑踏事故の責任を名目に韓国警察の闇が一掃されています。安倍晋三銃撃事件と同様に、韓国警察組織における闇の勢力が粛清です。日韓に渡る松利権網における支配層暗黒集団の公権力の大掃除が行われているのです。」

2022年10月29日の韓国の「ソウル雑踏事故」の真相究明するにあたり、まず最初に、その後の事象について、7月8日の「安倍晋三銃撃事件」と比較したいと思います。「安倍晋三銃撃事件」では、警察が責任追及を受け、奈良県警と警察庁のトップが辞任しています。

8月25日のNHK NEWS WEBの記事によると『警察庁は襲撃を防げなかったとして、奈良県警察本部の鬼塚友章本部長の減給3か月の懲戒処分を発表しました。また、59歳の警備部長についても減給1か月の懲戒処分としました。

また奈良県警察本部は、事件当時、警備に関わった警察官4人の懲戒処分を発表しました』とあります。奈良県警察本部長の鬼塚友章、警備部長、警備に関わった警察官4人が懲戒処分を受けました。

奈良県警察本部の鬼塚友章本部長は、8/25の記者会見で辞意を表明して辞職しています。また、8月25日の朝日新聞の記事では、『警察庁の中村格(いたる)長官は25日の記者会見で、辞任する考えを明らかにした。

安倍晋三元首相が銃撃、殺害された事件で、警察庁が警護警備の問題点の検証と再発防止策をまとめたのを受け、「人心一新をはかるべく、国家公安委員会に辞職を願い出た」と述べた。警護警備の不備が事件を招いたことに対する事実上の引責辞任となる』と記されています。

「安倍晋三銃撃事件」の警備不備の責任を負って、奈良県警察本部の鬼塚友章と同じく、警察庁長官の中村格も辞職しました。中村格は安倍晋三の懐刀でした。「安倍晋三銃撃事件」は、八咫烏支配の象徴の替え玉の安倍晋三元首相を表舞台から下して、隠された闇を表に出すための仕掛けでした。

詳細については、《安倍晋三元首相の銃撃死亡事件から浮かぶ替え玉が消える二重死と裏の闇の支配・八咫烏の終焉》にありますが、八咫烏(日本DS)の松利権網の闇を一掃するための演出劇だったのです。

八咫烏(日本DS)の松利権網の闇とは、具体的には、支配層のアドレノクロムに繋がる児童虐待・人身売買という利権ネットワークです。子供の拉致・誘拐が絡む裏世界の工作活動を取り仕切っていたのが、朝鮮半島・韓国の宗教団体「統一教会(世界平和統一家庭連合)」だと見ています。

朝鮮半島を分断した1950年の「朝鮮戦争」も、「統一教会」と同様に八咫烏を主とする支配層の松利権網の維持拡大と工作に必要でした。7月8日の「安倍晋三銃撃事件」以降、統一教会の様々な問題が日本で注目されているのです。

最近の統一教会問題の焦点は「信者の養子縁組」の問題に発展して来ており、本丸の核心に迫ってきています。例えば、日本テレビ系列のワイドショー番組の「情報ライブ ミヤネ屋」では、「人身売買」というワードが使われ始めてます。

弁護士の「子供を食い物にしている」という発言も出ています。「子供を食う」ことをほのめかしています。支配層の松利権網は、地球の闇の根源的なものであり、その中心が「日本の支配層」なのです。では、何故、警察トップが処分されたのか、という点です。

松利権網の現場には、反社の工作員たちが大勢存在します。子供を拉致・誘拐して松果体を収穫する作業などが現場で行われます。反社の現場工作員と反社を取り締まる警察が裏で繋がっているのです。工作の闇の行き着く先は、マッチポンプ、自作自演になります。

安倍晋三が首相となっていた日本の一番深い闇の時代、支配層の暗黒集団は、グルの暗黒集団がつくられました。政治家、官僚、経済人、教育など様々な領域に松利権工作員が存在しており、警察・検察・裁判所などの公権力を含めたグルの構図がつくられてきたのです。

支配層の暗黒集団は、表と裏を使い分けます。裏の闇を隠すために表を繕うことをします。見た目で騙す手法を取っています。本来ならば、警察は国民の安全を守るための公権力の象徴です。それが悪用されてきたのです。これは戦争の八百長プロレスの図式と同じです。

嘘をついて国民を騙していることです。それ故に、支配層の暗黒集団において、真っ先に一掃すべきものの筆頭が「警察組織」です。では、10月30日の韓国温首都ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)で起きた「雑踏事故」は、どうでしょうか。

11月8日のTBS NEWS DIGの記事《【速報】韓国警察庁長官の執務室など55か所に捜索 ソウル群集事故》には、『韓国ソウル・梨泰院で156人が死亡した事故をめぐり、原因を捜査している警察の特別捜査本部はきょう午前、韓国警察庁など4機関、55か所の一斉家宅捜索に乗り出したと発表しました。

韓国警察庁長官の執務室をはじめ、現場を管轄する龍山警察署や龍山区役所、龍山消防署、ソウル交通公社の本部などの捜索に捜査員84人を投入しているこということです』と伝えています。ウィキペディアにも雑踏事故の関連の韓国警察の動向が記載されています。

梨泰院群衆事故-Wikipediaによると『11月2日、特別捜査本部はソウル地方警察庁、梨泰院を管轄するソウル龍山警察署、龍山区庁など8か所に対して家宅捜索を行った。11月7日、前龍山警察署長とソウル警察庁の状況管理官ら6人を業務上過失致死傷などの疑いで立件した。

11月11日、龍山警察署の情報課係長が自宅で死亡しているのが発見された。自殺とみられている。死亡した情報係長には、梨泰院でハロウィーンに事故が起きる危険性を事前に警告していた報告書の破棄を命じたなどの疑いが持たれており、捜査対象となっていた』。

韓国ソウルでの「雑踏事故」についても、韓国警察が責任の矢面に立たされています。安倍晋三銃撃事件と同様に、そう遠くない時期に、韓国警察トップが粛清される方向だと見ています。韓国警察の闇が一掃されている状況になっているのです。

次に、韓国の雑踏事故で犠牲になったと報道されている韓国の著名人に焦点を当てたいと思います。wikiによると、「雑踏事故」の犠牲者は156人で、その内、外国籍26人が含まれているとされます。犠牲者の130人は韓国籍の人ということです。

韓国籍の著名人の犠牲者については、『死者の中には、「PRODUCE 101 SEASON2」に参加した俳優のイ・ジハンや、韓国プロ野球KBOリーグのLGツインズや起亜タイガースでチアリーダーを務めたキム・ユナが含まれている』と記されています。

wikiによると、『イ・ジハン(1998年8月3日-2022年10月29日)は、大韓民国の俳優。935エンターテインメント所属。(来歴)東国大学校演劇学部卒業。2017年、PRODUCE 101 SEASON2への出演で知られるようになる。

2019年には、ドラマ「きょうもナムヒョンな一日」で主人公を演じた。2022年10月29日に発生した梨泰院群衆事故に巻き込まれ死去した。24歳没。事故当時、新ドラマである「コクドゥの季節」の撮影途中であった』とあります。

また、キム・ユナのwikiには、『キム・ユナ(1998年5月5日-2022年10月30日)は、大韓民国のチアリーダー。彼女は梨泰院雑踏事故で亡くなり、2022年11月1日の午前8時にソウル国立大学病院で発表された。

(生涯)1998年に韓国で生まれた彼女は、元チアリーダーである。 2016年には最年少のチアリーダーとしてLGツインズを応援し、2018年にはKIAタイガースを応援した』と記されています。死亡したという前提でイ・ジハンとキム・ユナの御魂が上がるように意図してワークを行いました。

イ・ジハンとキム・ユナに各々光を降ろすと「工作員。創作した」「レプ。創作した」と伝えられました。やはり韓国の著名人の2人は創作されたもののようです。さらに、日本人で犠牲になったと報道された2人の女性について調べました。

10/31のFNNプライムオンラインの記事《【速報】ソウル雑踏事故 死亡した日本人女性 身元判明 18歳の留学生》には、『韓国・ソウルで起きた雑踏事故で、死亡した日本人2人のうちもう1人の女性は、小槌杏(こづち・あん)さんで、18歳の留学生だったことが分かった。

一方、もう一人の日本人の犠牲者・冨川芽生さん(26)の家族が、きょう、韓国に向けて出発する。北海道 根室市出身の冨川さんは、ことし6月から半年間の予定でソウルに留学。現地で語学学校に通っていたという。

冨川さんの父親は、けさ取材に対して「早く娘に会いたいです。最後まで大丈夫だと思っていたが、前日も友達と遊びに行くという話しか聞いていなかった。まさかこんなことになるとは思っていませんでした」と話した。家族は、さきほど新千歳空港に到着し、きょう中に韓国に向かうという』とあります。

韓国・ソウルの雑踏事故の犠牲者とされる冨川芽生と小槌杏の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「半島の子」「アクター」と伝えられました。日本人の犠牲者とされる2人も創作されたものであり、さらに2人の詳細情報について調べていきました。

【関連記事】
三浦春馬さんの不審死情報から繋がるエナ帝国のフランス国立行政学院
安倍晋三元首相の銃撃死亡事件の裏にある統一教会の巨大な闇
統一教会の闇の暴露の伏線となる韓国映画「ベイビー・ブローカー」
自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2022年12月15日(木)、「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分が変わることが重要です。自分が変わって自分が出来ることを行動に移すことで周りが変わります。そのためには祈りを通じてエネルギーを変えていくことです。祈ることで闇を光に統合していくことが現実世界を変えることになります。

【輝く地球・光の講座について】
光の講座は、自分が光輝いて、地球を輝かせて行こうという思いを持つ方のための講座です。純粋な心を持つ人が「祈る」ことは何よりも大きな力になります。多くの人が本当の祈りを忘れてしまっている今、祈りの本質を思い出して、より良くなるために実践することが大事です。誰かが助けてくれるという傍観者を卒業して自らが行動に移す時に来ています。

地球を暗闇にした主体は人間です。神でも仏でも宇宙人でもありません。人間によって深い闇の星となった地球を元の光の星に戻すのも人間なのです。地球を暗闇にするために闇の役割を担ってきた人たちが、日本に多く生まれています。この人たちが暗闇にした地球を本来の輝く地球に変える役割を担っています。

多くの魂が深い闇の経験をするための闇の仕組をつくってきた人たちが、今世、日本から変えていくために生まれてきています。日本が闇から光に変わって光が世界に広がっていきます。人間の祈りには大きな力が備わっています。祈りと行動によって自分と周りをより良い方向に変えるのです。自分が変わり周りが変わることを経験していくことが魂の喜びにつながります。

※輝く地球・光の講座の詳細はこちら⇒☆輝く地球・光の講座の詳細

【スカイプを利用した講座について】
スカイプ講座は、遠方にお住まいの方など制約がある方々にとって、新たな機会となると思います。スカイプは、インターネット環境下でのパソコン、スマートフォン、タブレットなどで利用可能です。スカイプを通じて無料のテレビ電話のような感じで会話できます。

スカイプの光の講座は、インターネットの環境があれば、自分の家などの居場所で受講することができます。下記にスカイプ説明ページを作成しましたので、ご利用ください。

【スカイプ(Skype)について】
スカイプ(Skype)とは、インターネットを通じて無料で通話ができるソフトウェアのことです。スカイプアカウント(スカイプを使用するための権利)を取得した者同士なら、ネット環境下のパソコン、タブレット、スマートフォンなどを使ってビデオ通話・音声通話が利用できます。

スカイプを利用する準備は、以下の「スカイプ(Skype)の詳細」ページをご参照ください。
※「スカイプ(Skype)について」の詳細のページはこちら⇒☆スカイプ(Skype)の詳細

「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の募集要領

1. 「輝く地球・光の講座」の目的
喜びを感じられる自分になり、その喜びを周りに広げて行くことを目的としています。自らが覚醒して光輝き、その光を広げることで輝く地球を目指します。

2. 「輝く地球・光の講座(レベル1)」の対象者
自分が幸せになって、幸せを広げて行きたいという思いを持つ方。自分が行動して、自分の周りやコミュニティをより良いものにしたいと思う方。自分が輝いて、地球を輝く地球にしようとする意志を持っている方、スピリチュアルな事に興味がある方など、どなたでも参加できます。

3.講師
ヒプノセラピスト&スピリチュアルライター 岩本 義明

4.日時
2022年12月15日(木) 10:00-12:00 、13:00-16:00 合計5時間

5.料金
13,000円 

6.定員
4名 

7.カリキュラムの概要
「何のために地球に生まれたのか」「何をすれば良いのか」などの疑問に対して、自分の答えを見つけられるよう、ヒプノセラピーやエネルギーワークでの経験と気づきを整理して、お伝えします。地球や宇宙を大局的に捉えるための基礎の習得となります。

☆地球と覚醒についての基礎と情報の習得

(1)光のヒーリング(約1.5時間)
光を降ろすエネルギーヒーリングをお一人ずつ行います。闇の解除を目的とした源の光を降ろすヒーリングです。カウンセリングを含む簡易のセッションとなります。闇の自分から光の自分へと移行するには、今まで一緒にいた闇の存在を光に導く統合が必要です。闇を光に還すことによって光の道が開かれて行きます。

(2)講義(約3.5時間)
ヒプノセラピー、巡礼の旅、光のワークの経験からの気づきや情報を体系的にまとめ、講義形式で受講者の方にお伝えしていきます。

【前半の部】 地球に生きる意味 
    
○地球に生きる
○魂と肉体と心
○源
○宇宙

○見える世界と見えない世界
○思考と感覚
○転生
○カルマとトラウマ

【後半の部】 本質に戻る 

○暗闇のトンネル
○エネルギー
○光と闇
○覚醒

○光の時代と闇の時代のサイクル
○地球の夜明け
○アセンション
○光を広める

8.お申込み
ご希望の方は、件名を「12/15輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」とし、下記の内容を添えてメールにてお申込み先までお送りください。
(1)お名前とフリガナ
(2)ご連絡先(携帯番号)
(3)スカイプ名

9.お申込み&お問合せ先
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp
スピリチュアルライフ 岩本義明宛
携帯番号:080-5065-0126

10.お支払方法
お申込み時にお伝えします指定の銀行口座への事前振込みとなります。料金のお振込みをもって正式なご予約とさせていただきます。直前のお申込みで入金確認が出来ない場合は、お振込み票の画像をメール送信して頂くことがございます。

11.キャンセルについて
ご予約のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料を申し受けます。
ご予約日の5日前から9日前までのキャンセルは、振り込まれた料金の50%
ご予約日の2日前から4日前までのキャンセルは、振り込まれた料金の80%
ご予約日の当日から前日までのキャンセルは、振り込まれた料金の100%
ご予約日の10日前までにお申し出下さいますとキャンセル料は発生いたしません。(但し、振込手数料は申し受けます。)

皆様のお申込みを心よりお待ちしております。
「韓国のソウル・梨泰院で起きた雑踏事故は偶発的な事故ではなく、人工的なものです。人々が大切なものに気づくための意図が組込まれています。日本の深い闇を終わりにするための水面下の軍事作戦が行われたと見ています。」

2022年10月29日の夜、韓国の「ソウル雑踏事故」が起きました。ソウルの繁華街・梨泰院(イテウォン)でハロウィン時季の混雑の中で、群衆雪崩が発生し158人の犠牲者が出たと報道されています。

しかし、こうした犠牲者が多数生まれる事件事故は、決して偶発的なものではなく、人工的なものだと見ています。大きな事件・事故は、以前までは「DS」に代表される支配層の暗黒集団が仕掛けた自作自演が殆どだと言えます。

DSがクライシスアクターなどの工作員を動員して自作自演の事件・事故を起こし、洗脳装置として働くメディアを通して、大衆を思い通りの方向に誘導する工作を行っていました。例えば、911(アメリア同時多発テロ事件)311(東日本大震災)がそうです。

911はイスラム過激派組織アルカイダを悪者に仕立てた自作自演・マッチポンプの工作です。アルカイダによる航空機の攻撃によって米国の世界貿易センタービルが破壊されたように見せかけています。311の大地震に伴う原発事故も同じです。

津波が伴う人工的な地震を起こして人命を奪うのと同時に建造物を破壊し、金儲けを行ってきました。犠牲者を生むベースには、戦時中と同じ遺体からの松取り(松果体収穫)の目的があります。国民の税金である国家予算の流用も可能にします。

破壊した市町村の建物を再建するために「復興」という大義の下で巨額公金を工作員の仲間に横流しできます。福島第一原発の事故によって、人々に放射能の恐怖を広げて、原発の裏で行っている原子力工作という松取りの金儲けの真実の隠蔽を強めることができます。

支配層の暗黒集団は、一般大衆の支配と金儲けを同時に可能にする自作自演工作を定期的に起こしてきました。一石二鳥どころか一石三鳥も四鳥にもなる効率的・効果的な嘘の芝居です。人々を騙して裏で行う金儲けの仕組が永続するための支配層の企みです。

こうした支配層の嘘芝居工作が成されることで暗闇の世界がつくられてきました。一般の人たちにとっては、真実が隠されて、騙されるという「支配」の暗闇を経験することになります。しかし、今は、もう昔とは違います。

DSを構築して動かしてきたアーク(アークトゥルス)の宇宙人たちなどが光に統合して、闇を壊す役割に変化しています。地球で闇の仕事をしていた目に見えない存在たちが闇を終わらせる仕事に移行しています。

支配層の暗黒集団の工作員たちを背後で操っていた闇の宇宙人たちが闇を終わらせる光の仕事に変わっているのです。過去のヒプノセラピーでは、「闇を終わらせるのも闇の仕事」と伝えられたことがあります。

現実の人間世界でも、店を開いたら店を畳むまでが仕事になります。賃貸で家や部屋を借りたら原状復帰という元に戻して大家に返すことが当然のことになります。DSを構成していたアークが統合して水面下の軍事作戦「Q」として動いています。

トカゲ人間だった支配層の有名人たちが、ゴムマスクを被ったゴム人間やクローン人間という替え玉になっているのは、このためです。闇の仕事をする工作員たちが替え玉に変わって真実をほのめかしたり、リークしたり、暴露しています。

それは自分のカルマの解消であり、暗闇を終わらせるためです。暗闇を終わらせるためには、まず隠された真実を表に出すことが重要です。そして、一般大衆の多くの人たちが嘘に気づいて真実を知ることです。「Q」は一般の人たちが気づくように様々な仕掛けをしています。

最近の出来事で言えば、ジャニーズ事務所の副社長を退任した滝沢秀明が初めてツイッターを使って逆さまの文書を投稿しました。11/9の日刊スポーツの記事に掲載されていますが、これもほのめかしであり、滝沢秀明は替え玉として仕事をしているのです。

「ジャニーズがひっくり返る」「世の中の支配層が地に落ちる」ということを暗示していると捉えています。大手メディアを使って視聴者や読者に対して気づきを促すユーモアに満ちた仕掛けをしています。

このように工作員だった有名人の替え玉がメディアと協力して、人々に気づかせる仕掛けを行っています。大きな事件事故も人々を気づかせる目的の裏があります。2022年4月に再燃した「山梨キャンプ場女児失踪事件」や「知床観光船事故」がそうです。

そして、日本の闇の仕組の終焉の狼煙となったのが2022年7月8日に起きた「安倍晋三元首相銃撃事件」です。支配層の暗黒集団である日本DS・八咫烏のトップとしての替え玉の元総理大臣・安倍晋三が表舞台から去りました。

銃撃事件の容疑者が旧統一教会の信者の母親を持つ山上徹也だったことから、その後、テレビなどの大手メディアが「統一教会問題」に焦点を合わせました。統一教会の隠された闇が表に出て来ているのです。

逆に言えば、旧統一教会の闇を暴露するために「安倍晋三元首相銃撃事件」が「Q」によって仕組まれたものと見ることができます。それほど、日本にとって「統一教会」が大きな闇の役割を果たしてきたことを意味します。

八咫烏(日本DS)は支配層の松利権集団です。松取り(松果体収穫)という国民の人命を金に換えて金儲けを続けてきた支配層の暗黒集団です。キリスト教をベースにした新興宗教団体である「統一教会」は、支配層の暗黒集団の諸々の工作を仕切ってきた組織なのです。

宗教は松工作の隠れ蓑です。しかし、その役目が終わりの時がきています。八咫烏はユダヤ・朝鮮半島の渡来人の秘密結社です。それ故、八咫烏の工作組織である「統一教会」の拠点は日本だけではありません。本丸となる拠点は統一教会の本部がある韓国です。

今回の韓国・ソウル雑踏事故は、表面的には158人の多くの犠牲者を生んだ事故となっています。しかし、その裏では「Q」が人々に気づきを促すための仕掛けが存在しているとと推察しています。「Q」のやり方は「DS」などの支配層の暗黒集団の手法を逆手にとっています。

DSは、大勢の工作員を動員してメディアを通じて、嘘の工作芝居を真実に仕立てることをしてきました。「Q」は、この手法を使って水面下でDSの残党の一掃作戦を実行しています。「Q」は軍隊を主に公権力を動かしています。

象徴的なのが、コロナのパンデミックです。どうして日本だけ「コロナの第8波」が声高に叫ばれてマスクをしているのか、です。それは、水面下でのDS工作員の掃除が続いているからです。国会議員や首長レベルの政治家の一掃は終わり、替え玉になっていると感じます。

大手企業のトップ、メディア、芸能界の工作員たちも掃除は終了しているでしょう。最近の事件事故のニュースからは、子供の拉致誘拐など松取りの現場仕事に絡む反社・同和の現場工作員に手が回っていると見ています。

王将社長射殺事件の容疑者が逮捕されたニュースからも分かります。ピラミッドの支配階層の中でもトップから現場まであらゆる領域の工作員が存在します。一般大衆に成りすました、いわゆる「一般DS」と呼ばれる工作員たちもいます。

ネトウヨ、有名なブロガーやユーチューバーの工作員も存在します。こうした数々の工作員たちも振り分けられていきます。工作員に共通することは、金のためなら平気で嘘をつくことです。人命を金に換えて金儲けに勤しんでいるエゴの闇で汚れ切った人たちです。

「Q」の水面下の軍事作戦で、闇の崩壊と人間の淘汰が行われています。本来、日本が大きな光を持っているからこそ、大きな深い闇で覆われて光を封印されてきたのです。しかし、もう日本の暗闇も終わりに向かっています。

闇を終わりにするためには、ごく普通の一般人の人たちが気づくことが必要です。今回の韓国の「雑踏事故」について、なぜハロウィンの時期に起きたのか、どうして首都ソウルの梨泰院(イテウォン)だったのか、を含めて具体的に真相を追究することにしました。

【関連記事】
家族会の横田早紀江や園児置き去り事件の園長の替え玉が意味する個々人が情報の真偽を見極める時代
バラしの段階に入った北朝鮮ミサイル・Jアラートの嘘芝居
支配層の自作自演工作による巨額税金の流用システムの内幕