輝くあなたを取り戻して

輝くあなたを取り戻して

輝くことを忘れてしまったあなたが、もう一度、光を取り戻すための一助となれば幸いです。

私たちは魂がより輝くために暗闇の地球で体験しています。地球を暗闇にするために真実が隠されてきました。しかし、地球は、今、光の幕開けを迎えています。地球も人も闇を卒業するために、隠蔽されてきた真実を探求していきたいと思います。読者の皆様が幸せを感じられるお手伝いができれば嬉しいです。

「椰子の実から繋がった伊良湖岬は観光名所だった。観光名所は"人集め子供さらい"の支配層の松利権工作拠点。一般大衆にとってのトラップ場所。昔の人身売買拠点は現在の観光名所のトラップになっていた。それは伊良湖の自然の光を封印する闇の仕組となる。」

 

椰子の実は、島崎藤村が明治時代に執筆した詩であり、昭和に入って曲が付けられました。この詩は1898年(明治31年)の夏、1ヶ月半ほど伊良湖岬(いらごみさき)に滞在した柳田國男が恋路ヶ浜に流れ着いた椰子の実の話を島崎藤村に語り、島崎藤村がその話を元に創作したものであるとされます。

 

歌曲「椰子の実」が生まれる過程で、愛知県田原市の伊良湖岬が関係していることは重要なヒントだと感じて、伊良湖岬とその周辺について調べていきました。wikiに伊良湖岬の情報が記載されています。『伊良湖岬は、愛知県田原市にあり、太平洋と三河湾を望む渥美半島先端の岬である。

 

[地理]1929年(昭和4年)に建てられた伊良湖岬灯台があり、1998年(平成10年)に「日本の灯台50選」に選ばれた。岬の沖合には伊良湖水道航路が通り、1日に100隻以上往来する大型船舶を間近で眺めることができる。航路管制の伊勢湾海上交通センターもここに設置されている。

 

太平洋側には「日本の渚百選」、「日本の道100選」、「日本の音風景100選」、「日本の白砂青松100選」に選ばれた恋路ヶ浜という砂浜があり、柳田國男が1898年(明治31年)ここに遊び、拾った椰子の実の話を一緒に来られなかった島崎藤村にしたところ、それから藤村が想像を逞しくして創作したのが「椰子の実」(「落梅集」所収)とされ、やしの実博物館や椰子の実詩碑もある(日出園地)。

 

この逸話に基づき、地元の有志が町おこしの一環として椰子の実流しを発案。現在、地元の観光をPRする「渥美半島観光ビューロー」が、フィリピンで買い付けた100個前後の椰子の実を毎年石垣島の沖から流しており、実際に100以上の椰子の実が漂着している。 伊良湖フェリーターミナルがあり、知多郡南知多町の師崎、三重県鳥羽市の鳥羽港等に航路がある海上交通の要所となっている。

 

[自然]付近には恋路ヶ浜などの砂浜が見られ、また日出の石門のような海蝕によってできた地形も見られる。岬の周辺にはウミウなど海鳥が多く棲息し、ウミガメの産卵場も形成されている。1906年頃まではニホンアシカが繁殖していて、「アシカ島」などの地名も残る。

 

また、近辺は日本の商業捕鯨の発祥の地でもあり、かつてはコククジラをはじめ、ザトウクジラ、セミクジラ、ナガスクジラ、シロナガスクジラ、マッコウクジラ、シャチなど数多くの種類が陸からもよく見られたとされる。現在でも、オキゴンドウなど小型のイルカ類なら見られる事がある。スナメリや野鳥などを観察する観光船が田原市伊良湖港から就航している。

 

2010年と2012年には同一のコククジラを発見した事例もある。ウバザメ(波切では国内最大の捕獲数がある)やオサガメなどの貴重な生物も多かったとされる』。伊良湖岬は自然豊かな重要な光の場所です。伊良湖岬の近辺が「日本の商業捕鯨の発祥の地」だとは知りませんでした。最近、鯨に関する情報が入ってきています。

 

超音波など鯨に備わっている叡智を海洋技術の世界で支配層が利用していることが分かっています。支配層は、鯨の光の叡智を裏の金儲けに使っているのです。それ故に、光の場所である伊良湖岬を闇にして封印している構図が見えてきます。伊良湖岬のグーグルマップを観ると、多くの人を集める観光名所になっていることが分かります。

 

伊良湖岬遊歩道、伊良湖岬灯台、灯台茶屋、伊良湖岬自然散策路、恋路ヶ浜などの観光客を引き付ける名所が置かれています。《支配層の松利権網として大勢の人々を集める富津市の目玉の観光スポット「マザー牧場」と「東京湾観音」》などの記事からも現代の観光産業は、支配層の松利権工作のツールになっていると捉えています。

 

世界遺産、国宝、重要文化財などの看板を掲げて有名な場所に仕立てて、多くの観光客を呼び込み、"人集め子供さらい"の松工作場所をつくるのです。そこには、反社・同和・サンカと言う松工作の現場仕事を担う工作員が働いています。全ては大きな金を得るために、人命を犠牲にすることも平気で行う金の亡者に成った人たちです。

 

観光名所は、支配層のトラップの場所と言えます。だからこそ、国が国民の旅行を促すために旅行支援や応援割と言った支援金を出しているのです。伊良湖岬を含めた伊良湖の地は、江戸時代から船で女性などを運ぶ人身売買の拠点でしたが、現在は、"人集め子供さらい"の松工作場所のトラップとなっていると見ています。

 

グーグルマップを観て、伊良湖岬周辺で一番の工作場所と睨んだのが「道の駅伊良湖クリスタルポルト」です。《南房総市の道の駅ちくら・潮風王国から見える反社が絡む「道の駅」の隠された失踪・松取りのトラップ》にありますが、全国に置かれた道の駅は、支配層の裏の金儲けのためのトラップです。国土交通省公式サイトによると、2024年2月16日現在で日本全国に1,213駅となっています。

 

道の駅のwikiによると、道の駅が日本で一番多い市町村は、千葉県南房総市、岐阜県高山市、岐阜県郡上市の各8箇所です。《道の駅(都道府県データランキング)》によると、2022年(令和4年)11月5日現在で道の駅が一番多い都道府県は、127箇所の北海道で、一番少ないのは1箇所の東京都です。東京都は、多くの人が集まる工作場所が多く備わっています。

 

そこに敢えて道の駅をつくる必要はないのです。「道の駅伊良湖クリスタルポルト」の情報はwikiに記載されています。『道の駅伊良湖クリスタルポルトは、愛知県田原市伊良湖町にある国道42号の道の駅である。[概要]国道42号(国道259号)上の渥美半島先端の伊良湖岬に位置し、伊良湖港の旅客ターミナルを兼ねている。

 

この施設は1970年(昭和45年)7月に伊良湖港湾観光センターとして設置された。伊良湖港湾観光センターは鉄筋コンクリート造り2階建てで、1階には海陸交通ターミナル事務所、待合室、食堂、売店があった。また、2階には伊良湖ビジターセンター(伊良湖自然科学博物館)があった。後に改装を行うと共に、1994年(平成6年)8月に現在の「道の駅伊良湖クリスタルポルト」へと名称を改め博物館は閉館した。

 

旧渥美町と石垣市が姉妹都市提携をしていた縁で、2F売店で沖縄名産品を販売していた。新型コロナウイルス感染症によるフェリー利用者の減少等の影響により、2020年(令和2年)5月30日以降休館していた。2021年(令和3年)3月16日から2階トイレなど一部施設が、7月1日から食堂・売店が、それぞれ営業を再開した。

 

なお3月の一部再開と前後して、建物外壁や玄関に設置されていた道の駅のシンボルマークが撤去され道の駅スタンプも休止中となった。田原市は2022年度(令和4年度)一般会計補正予算に道の駅を運営会社から買い取る関連予算を盛り込んだ。2022年6月、田原市は施設を所有していたHMIホテルグループから2億2千万円で建物を購入。

 

施設改修工事のため2022年10月から休館し、2023年6月4日にリニューアルオープンした。同月8日からは、レンタカーの受付・電動バイクのレンタルを開始する。[やしの実博物館]島崎藤村の詩「椰子の実」をメインテーマにした博物館で、別名は伊良湖自然科学博物館。世界のヤシ約100種の幹や花房、種などの実物を収集・展示する。

 

その他、ヤシと人および伊良湖との関わりを紹介している。また、別名の通り渥美半島の歴史や自然、文化の展示も行われている』。「施設を所有していたHMIホテルグループ」と記されており、驚きました。房総半島の先端の南房総市の観光名所「野島崎」のワークで「HMIホテルグループ」に光を降ろしていました。

 

wikiの「運営」に「道の駅伊良湖クリスタルポルト」の運営母体について詳細が書かれています。『当初、道の駅の運営は旧施設名と同名の第三セクター・株式会社伊良湖港湾観光センターによるものであったが、第三セクターは解散し、伊良湖ガーデンホテル(後の伊良湖シーパーク&スパ)を経営する民間会社である株式会社伊良湖リゾート(HMIグループ)に移った。

 

道の駅は田原市が会社から一部を借り受けてサービスを提供するという形を取っていた。2021年(令和3年)3月31日を以って契約満了。田原市は2022年度(令和4年度)一般会計補正予算に道の駅を運営会社から買い取る関連予算を盛り込み、2022年6月に田原市は施設を所有していたHMIホテルグループから2億2千万円で建物を購入、2022年9月末に建物の引き渡しがされた。

 

その後、田原市商工会などが出資する「田原観光情報サービスセンター」が指定管理者として運営することとなり、2022年10月からの改修工事を経て、2023年6月にリニューアルオープンしている』。《渋沢栄一設立の松工作組織・日印協会理事でHMIホテルグループの創業者兼社長のインド出身・比良竜虎》では、HMIホテルグループの創業者兼社長に光を降ろしています。

 

HMIホテルグループの創業者兼社長のインド出身・比良竜虎です。比良竜虎の経歴はwikiに記載されています。『比良竜虎(1948年-)は、日本の実業家、投資家、慈善活動家。インド国ジャイプル出身。1976年に日本に帰化。ホテルマネージメントインターナショナル株式会社(HMIホテルグループ)代表取締役社長。オーラコーポレーション株式会社代表取締役社長。

 

公益社団法人在日インド商工協会会長。公益財団法人日印協会理事。公益財団法人中村元東方研究所理事。サイヒラインド財団理事長。サティヤ・サイ・セントラル・トラスト理事。1970年代から日本国内の投資と不動産事業に従事する。2023年時点では日本国内31都市において、鉄道・空港・港湾・公共交通などの不動産事業、ホスピタリティ事業、観光プロジェクトなどに投資・経営を行っている。

 

2023年現在は、日印観光交流促進のため、日本の国土交通省、観光庁、およびインドの観光省の有識者としても積極的に活動している。国内外で尊敬されているシュリ・サティヤ・サイ・ババの社会奉仕活動に携わっている』。HMIホテルグループの創業者兼社長の比良竜虎は、インド人であり、戦時中の日本の支配層がつくった松工作組織の日印協会の理事です。

 

日本でチェーンホテルの経営など松工作ビジネスを展開してきた支配層・八咫烏の工作員と推測しています。ワークの結果からHMIホテルグループの創業者兼社長の比良竜虎は、もう既に替え玉になっているようです。一時期、比良竜虎が創業者兼社長のHMIホテルグループが運営母体となっていた「道の駅伊良湖クリスタルポルト」は重要な松工作拠点であると確信しました。

 

「道の駅伊良湖クリスタルポルト」の現在の指定管理者は「田原観光情報サービスセンター」です。「田原観光情報サービスセンター」の情報は公式サイトに記載されています。『商号:株式会社田原観光情報サービスセンター 設立:平成3年5月8日 資本金:10,000,000円 代表者:鈴木喜玄 所在地:愛知県田原市東赤石5-74』。

 

公式サイトによると、田原観光情報サービスセンターの他に、めっくんはうす(愛知県田原市東赤石5-74)、あかばねロコステーション(愛知県田原市赤羽根町大西32-4)の道の駅も運営しています。「田原観光情報サービスセンター」の代表と幹部のワークを行うことにしました。

 

観光地域づくり法人形成・確立計画》によると株式会社田原観光情報サービスセンターの代表・鈴木喜玄は、『㈱渥美モータースの現会長。田原市商工会の会長を歴任し、現在、田原市商工会顧問』です。田原観光情報サービスセンターの代表・鈴木喜玄に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「反社」と伝えられました。

 

田原観光情報サービスセンターの幹部であるCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)・長神利行、CFO(チーフ・フィナンシャル・オフィサー)・冨田祐基、プロモーションの責任者(専門人材)・金子由紀に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと「反社。色情」「反社」「レプ」と伝えられました。

 

道の駅伊良湖クリスタルポルトの所在地(愛知県田原市伊良湖町宮下3000-65)と田原観光情報サービスセンターの本社所在地(愛知県田原市東赤石5-74(道の駅田原めっくんはうす))に闇の解除・統合を意図して光を降ろすと共に「いいです」と伝えられました。次に、田原観光情報サービスセンターの代表・鈴木喜玄が会長を務める渥美モータースを追跡しました。

 

【関連記事】

ミシュランガイド3ツ星の観光地で全国一の道の駅数を持つ岐阜県高山市の裏にある統一教会と松利権の闇

タルタリアの水のエネルギーの流れを封じてきた松取りの闇

『おどるポンポコリン』の歌詞に秘められた世の中の仕組

 

自分が目覚めて輝き、地球が輝くためのサポートする「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の受講者募集のお知らせ

2024年3月12日(火)10時~「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」を開催します。現実世界をより良くするために、まずは自分のエネルギーを変えることが重要です。自分と家系の中の闇を光に統合することです。祈りを通じて闇を光に統合してエネルギーを変えていきます。祈りにより光を降ろすことが、自分と自分の周りの現実世界を変えることに繋がります。

 

【輝く地球・光の講座について】
光の講座は、自分が光輝いて、地球を輝かせて行こうという思いを持つ方のための講座です。純粋な心を持つ人が「祈る」ことは何よりも大きな力になります。多くの人が本当の祈りを忘れてしまっている今、祈りの本質を思い出して、より良くなるために実践することが大事です。誰かが助けてくれるという傍観者を卒業して自らが行動に移す時に来ています。

地球を暗闇にした主体は人間です。神でも仏でも宇宙人でもありません。人間によって深い闇の星となった地球を元の光の星に戻すのも人間なのです。地球を暗闇にするために闇の役割を担ってきた人たちが、日本に多く生まれています。この人たちが暗闇にした地球を本来の輝く地球に変える役割を担っています。

多くの魂が深い闇の経験をするための闇の仕組をつくってきた人たちが、今世、日本から変えていくために生まれてきています。日本が闇から光に変わって光が世界に広がっていきます。人間の祈りには大きな力が備わっています。祈りと行動によって自分と周りをより良い方向に変えるのです。自分が変わり周りが変わることを経験していくことが魂の喜びにつながります。

※輝く地球・光の講座の詳細はこちら⇒☆輝く地球・光の講座の詳細

【スカイプを利用した講座について】
スカイプ講座は、遠方にお住まいの方など制約がある方々にとって、新たな機会となると思います。スカイプは、インターネット環境下でのパソコン、スマートフォン、タブレットなどで利用可能です。スカイプを通じて無料のテレビ電話のような感じで会話できます。

スカイプの光の講座は、インターネットの環境があれば、自分の家などの居場所で受講することができます。下記にスカイプ説明ページを作成しましたので、ご利用ください。

【スカイプ(Skype)について】
スカイプ(Skype)とは、インターネットを通じて無料で通話ができるソフトウェアのことです。スカイプアカウント(スカイプを使用するための権利)を取得した者同士なら、ネット環境下のパソコン、タブレット、スマートフォンなどを使ってビデオ通話・音声通話が利用できます。

スカイプを利用する準備は、以下の「スカイプ(Skype)の詳細」ページをご参照ください。
※「スカイプ(Skype)について」の詳細のページはこちら⇒☆スカイプ(Skype)の詳細

「輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」の募集要領

1. 「輝く地球・光の講座」の目的
喜びを感じられる自分になり、その喜びを周りに広げて行くことを目的としています。自らが覚醒して光輝き、その光を広げることで輝く地球を目指します。

2. 「輝く地球・光の講座(レベル1)」の対象者
自分が幸せになって、幸せを広げて行きたいという思いを持つ方。自分が行動して、自分の周りやコミュニティをより良いものにしたいと思う方。自分が輝いて、地球を輝く地球にしようとする意志を持っている方、スピリチュアルな事に興味がある方など、どなたでも参加できます。

3.講師
ヒプノセラピスト&スピリチュアルライター 岩本 義明

4.日時
2024年3月12日(火) 10:00-16:00 合計5時間(1時間の昼休憩あり)

5.料金
13,000円 

6.定員
4名 ⇒ 定員に達しましたので募集を締め切りとさせて頂きます。お申込みありがとうございました。

7.カリキュラムの概要
「何のために地球に生まれたのか」「何をすれば良いのか」などの疑問に対して、ヒントを通じて自分で答えを見つけられるよう、ヒプノセラピーやエネルギーワークでの経験と気づきを整理しお伝えします。目に見えない世界を含めて全体を大局的に捉えるための基礎の習得となります。

☆地球と覚醒についての基礎と情報の習得

(1)光のヒーリング(約1.5時間)
簡易ヒプノセラピーと光を降ろすヒーリングを組合わせたヒプノヒーリングをお一人ずつ行います。闇の解除を目的とした源の光を降ろすヒーリングです。カウンセリングを含む簡易のセッションとなります。闇の自分から光の自分へと移行するには、今まで一緒にいた闇の存在を光に導く統合が必要です。闇を光に還すことによって光の道が開かれて行きます。

(2)講義(約3.5時間)
ヒプノセラピー、巡礼の旅、光のワークの経験からの気づきや情報を体系的にまとめ、講義形式で受講者の方にお伝えしていきます。

【前半の部】 地球に生きる意味 
    
○地球に生きる
○魂と肉体と心
○源
○宇宙

○見える世界と見えない世界
○思考と感覚
○転生
○カルマとトラウマ

【後半の部】 本質に戻る 

○暗闇のトンネル
○エネルギー
○光と闇
○覚醒

○光の時代と闇の時代のサイクル
○地球の夜明け
○アセンション
○光を広める

8.お申込み
ご希望の方は、件名を「3/12輝く地球・光の講座(レベル1:スカイプ)」とし、下記の内容を添えてメールにてお申込み先までお送りください。
(1)お名前とフリガナ
(2)ご連絡先(携帯番号)
(3)スカイプ名

9.お申込み&お問合せ先
E-mail:yoiwamo@yahoo.co.jp
スピリチュアルライフ 岩本義明宛
携帯番号:080-5065-0126

10.お支払方法
お申込み時にお伝えします指定の銀行口座への事前振込みとなります。料金のお振込みをもって正式なご予約とさせていただきます。直前のお申込みで入金確認が出来ない場合は、お振込み票の画像をメール送信して頂くことがございます。

11.キャンセルについて
ご予約のキャンセルにつきましては、以下のキャンセル料を申し受けます。
ご予約日の9日前から2日前までのキャンセルは、振り込まれた料金の50%
ご予約日の1日前から当日のキャンセルは、振り込まれた料金の100%
ご予約日の10日前までのキャンセルの場合は、キャンセル料は発生いたしません。

皆様のお申込みをお待ちしております。

【お知らせ】
☆「2/28輝く地球・光の講座(フォローアップ:スカイプ)」のご案内New!

☆自分を知るための過去世の探求⇒☆【新規】セルフアウェアネス・セッションのご案内New!
☆純粋さを大切にした自由でシンプルな「祈りについて」のrumble動画のご案内⇒☆「祈りについて」のrumble動画のご案内
☆覚醒と統合をテーマにした少人数制の講座⇒☆スピリチュアルライフ各種講座のご案内
☆魂の統合のためのヒプノセラピーとエネルギーヒーリング⇒☆統合ヒプノヒーリングセッションのご案内

「女性を犠牲にする人身売買の闇を暗示した椰子の実の作詞者・島崎藤村は、三浦一族の末裔です。ちびまる子ちゃんの作者・さくらももこは本名が三浦美紀で三浦一族に通じます。三浦一族の八咫烏は、支配層の闇を終わりにする役割があり、作品に隠されてきた闇の真実を盛り込んでいると感じます。」

 

歌曲「椰子の実(やしのみ)」の歌詞には、明治時代の支配層が女性の人身売買を行っていた真実が込められていると感じます。wikiによれば、椰子の実は、島崎藤村が明治時代に執筆した詩であり、昭和に入って曲が付けられました。この詩は1898年(明治31年)の夏、1ヶ月半ほど伊良湖岬に滞在した柳田國男が恋路ヶ浜に流れ着いた椰子の実の話を島崎藤村に語りました。

 

そして、島崎藤村がその話を元に創作したものであるとされます。歌曲「椰子の実」が生まれる過程で、愛知県田原市の伊良湖岬(いらこみさき)が関係していることは重要なヒントだと感じました。静岡県静岡市の清水港と同様に、伊良湖岬(伊良湖港)が昔から支配層の裏の金儲けとなる人身売買の拠点になっていると推察します。

 

まず最初に、歌曲「椰子の実」に関わる人物について調査とワークを進めました。「椰子の実」の作詞者の島崎藤村の経歴・プロフィールを含む情報はwikiに記載されています。『島崎藤村(1872年-1943年)は、日本における詩人又は小説家である。本名は島崎春樹。信州木曾の中山道馬籠(現在の岐阜県中津川市馬籠)生まれ。帝国芸術院会員。

 

「文学界」に参界し、ロマン主義に際した詩人として「若菜集」などを出版する。さらに、主な活動事項を小説に転じたのち、「破戒」や「春」などで代表的な自然主義作家となった。作品は他に、日本自然主義文学の到達点とされる「家」、姪との近親姦を告白した「新生」、父である島崎正樹をモデルとした歴史小説の大作「夜明け前」などが存在する。

 

[家系]島崎家の祖は相模国三浦半島津久井(現在の神奈川県横須賀市)発祥の三浦氏の一族で、島崎重綱の代に木曾義在に仕えて木曽谷に入り、その長男重通が郷士として馬籠を開拓して中山道の宿駅として整備し、代々本陣や庄屋、問屋を務めた。父の島崎正樹は17代当主で平田派国学者だった。

 

[主な生い立ち]1872年3月25日(明治5年2月17日)、筑摩県第八大区五小区馬籠村(長野県を経て現在の岐阜県中津川市馬籠)に父・正樹、母・縫の四男として生まれた。1878年(明治11年)神坂学校に入り、父から「孝経」や「論語」を学ぶ。1881年(明治14年)上京。泰明小学校に通い、卒業後は、寄宿していた吉村忠道の伯父・武居用拙に「詩経」などを学んだ。

 

さらに三田英学校(旧・慶應義塾分校、現・錦城学園高等学校の前身)、共立学校(現・開成高校の前身)など当時の進学予備校で学び、明治学院本科(明治学院大学の前身)入学。在学中は馬場孤蝶、戸川秋骨、北村季晴、中島久万吉らと交友を結び、また共立学校時代の恩師の影響もありキリスト教の洗礼を受ける。

 

学生時代は西洋文学を読みふけり、また松尾芭蕉や西行などの日本古典文学も読み漁った。明治学院本科の第一期卒業生で、校歌も作詞している。1886年(明治19年)父・正樹が郷里にて牢死。正樹は「夜明け前」の主人公・青山半蔵のモデルで、藤村に与えた文学的影響は多大だった』。

 

島崎藤村のwikiで『島崎家の祖は相模国三浦半島津久井(現在の神奈川県横須賀市)発祥の三浦氏の一族』という一文に目が留まりました。「三浦氏の一族」から「さくらももこ」の本名(旧姓)「三浦美紀(みうらみき)」を思い出しました。《Webcat Plus》には『さくら ももこ(1965-2018) 

 

さくら ももこ(本名(旧姓):三浦美紀(みうら みき)、1965年5月8日 - )は、日本の漫画家・作詞家・脚本家。 静岡県静岡市清水区出身。また、自身の少女時代をモデルとした代表作「ちびまる子ちゃん」の主人公の名前でもある。 血液型はA型。 身長159cm。・・』と記されています。

 

島崎藤村の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「八咫烏」と伝えられました。島崎藤村が「八咫烏」とワークで伝えられたことは、《漫画家「さくらももこ」の初のエッセイ「もものかんづめ」が意味するもの》にある「さくらももこ」の隠された真実を表に出す八咫烏の役割と繋がります。

 

他に三浦氏の一族である歴史上の人物としては、徳川家康の側近であった「天海」がいます。天海のwikiには『「東叡山開山慈眼大師縁起」に「陸奥国会津郡高田の郷にて給ひ。蘆名修理大夫平盛高の一族」と記されていることから、三浦氏の一族である蘆名氏の出自で、陸奥国に生まれたとされる』と記されています。

 

どうやら八咫烏である三浦氏の一族の末裔が支配層の隠された闇の真実を表に出す役割を持っていると感じます。島崎藤村の文学作品の題名を見ていくと「破戒」「夜明け前」「新生」などがあり、光の時代を迎えるために闇を破壊することで闇を終わりにすることを暗示していると捉えることができます。

 

島崎藤村が椰子の実の歌詞の詩を書くきっかけを与えたのが「柳田國男」です。1ヶ月半ほど伊良湖岬に滞在した柳田國男が恋路ヶ浜に流れ着いた椰子の実の話を島崎藤村に語ったとされます。柳田國男の情報はwikiに記載されています。『柳田國男(1875年-1962年)は、日本の民俗学者・官僚。

 

大日本帝国憲法下で農務官僚、貴族院書記官長、終戦後から廃止になるまで最後の枢密顧問官などを務めた。日本学士院会員、日本芸術院会員、文化功労者、文化勲章受章者。位階・勲等は正三位・勲一等。「日本人とは何か」という問いの答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行した。

 

初期は山の生活に着目し、「遠野物語」で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本民俗学の開拓者であり、多数の著作は今日まで重版され続けている。[生涯・生い立ち]1875年(明治8年)7月31日、飾磨県(兵庫県)神東郡辻川村(現:兵庫県神崎郡福崎町辻川)生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。

 

父は儒者で医者の松岡操、母たけの六男(男ばかりの8人兄弟)として出生』。柳田國男の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「八咫烏のようだけど中国工作員」と伝えられました。柳田國男については過去の記事《創価教育学支援会の創設メンバーから垣間見える闇利権を引継ぐ大物政治家》などでも名前が出てきていました。

 

創価学会の前身である創価教育学会の発起人・支援者である「創価教育学支援会」のメンバーの1人が柳田國男です。広い意味で、創価教育学支援会のメンバーは八咫烏の役割と感じます。島崎藤村と柳田國男は協力して、支配層の闇の真実を表に出す役割をしていたのです。次に、歌曲「椰子の実」の作曲者について調べるとwikiに書かれていました。

 

『1936年(昭和11年)7月、日本放送協会大阪中央放送局で放送中だった「国民歌謡」の担当者が作曲家の大中寅二を訪問し、この詩に曲を付すよう依頼。7月9日には曲が完成した。7月13日から東海林太郎の歌唱で1週間放送した。さらに8月3日からは二葉あき子、11月9日からは多田不二子、12月9日からは柴田秀子がそれぞれ放送した。

 

こうした放送が影響し次第に職場や学校で歌われ始め、12月には東海林太郎の歌唱でポリドールレコードから発売された。大中本人による混声合唱版・女声合唱版(ともにピアノ伴奏)が存在する。他に多くの人によってさまざまな編成に編曲されており、その中には作曲家の息子である大中恩によるものも含まれる。

 

2007年には「日本の歌百選」に選定されており、現在でも広く愛唱されている叙情歌である』。「椰子の実」の作曲者は「大中寅二(おおなかとらじ)」です。大中寅二の情報はwikiに記載されています。『大中寅二(1896年-1982年)は日本の作曲家、オルガニスト。[生涯]東京市芝区三田(現在の東京都港区)に生まれる。

 

大阪府立北野中学校時代に大阪教会で宮川経輝から受洗。1920年(大正9年)同志社大学法学部経済学科を卒業し、霊南坂教会(東京市赤坂区霊南坂町)オルガニストとなる。東京で山田耕筰に作曲を師事する。1925年(大正14年)にはドイツに留学し、ベルリンでカール・レオポルト・ヴォルフに作曲を師事する。

 

帰国後、東洋英和女学院短期大学で教えた。また副科で打楽器を習得し、1942年の満州国建国10周年奉祝交響楽団(山田耕筰、大塚淳、ヘルムート・フェルマー指揮で新京での演奏)には打楽器奏者として加わっている。教会オルガニストを59年にわたって務め、礼拝用のリードオルガン曲や賛美歌などの教会音楽を多く作曲している。

 

また、1936年(昭和11年)に作曲されNHK国民歌謡として放送された歌曲「椰子の実」(詞・島崎藤村)は一般にも広く知られている。大中恩(作曲家)の父。サカタインクス創業者である阪田恒四郎の娘と結婚し、阪田寛夫(小説家・作詞家)は甥にあたる。阪田の小説「音楽入門」・児童文学「トラジイちゃんの冒険」のモデルである』。

 

また、大中寅二の師であった「山田耕筰」についても調べました。山田耕筰の経歴はwikiに記されています。山田耕筰(1886年-1965年)は、日本の作曲家・指揮者。旧名、山田耕作(旧字体: 山田耕󠄁作)。日本語の抑揚を活かしたメロディーで日本音楽史に残る多くの作品を残した。日本初の管弦楽団を造るなど日本において西洋音楽の普及に努めた。

 

また、ニューヨークのカーネギー・ホールで自作の管弦楽曲を演奏、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やレニングラード・フィルハーモニー交響楽団等を指揮するなど国際的にも活動し、欧米諸国でも名前が知られている』とあります。wikiにある山田耕作の生涯の内容でポイントと思われる記述は以下の通りです。

 

『旧福島藩士で医者、キリスト教伝道師の山田謙造の子として生まれる。1896年、10歳の時に実父を亡くす。実父の遺言で、巣鴨宮下(現在の南大塚)にあった自営館(後の日本基督教団巣鴨教会)に入館し、13歳まで施設で苦学する。・・1910年(明治43年)から3年間、三菱財閥の総帥岩崎小弥太の援助を受けてドイツのベルリン王立芸術アカデミー作曲科に留学し、マックス・ブルッフなどに学ぶ。

 

・・「赤とんぼ」などの童謡名曲が数々生まれる。・・1936年(昭和11年)にはレジオンドヌール勲章受章』。大中寅二と師匠の山田耕作は、キリスト教・カトリックの信徒です。特に、山田耕作は、三菱財閥の総帥から経済的な支援を受け、フランスの勲章を授与されていることからエゴの闇が深い支配層の役割と感じます。

 

椰子の実の作曲者の大中寅二と師の山田耕作の御魂が上がるよう意図して光を降ろすと「松喰い」「DS」と伝えられました。椰子の実の作曲者・大中寅二と師の山田耕作は、同じ椰子の実の作詞者・島崎藤村やきっかけを与えた柳田國男とは、同じ支配層でも純粋さが異なると捉えています。

 

キリスト教と戦争を起点とする日本赤十字社の前身・博愛社

『おどるポンポコリン』の歌詞に秘められた世の中の仕組

アニメ「コジコジ」の歌が示唆する「大切なものは遠くではなく近くにある」