そこに滝があるから・・・

そこに滝があるから・・・

主に、日本の滝百選をめぐっています。

2014年12月、日本の滝百選に選ばれている滝をすべてめぐることが出来ました。

しかし、おいらの滝めぐりは終わりじゃありません。
まだ、おいらの知らない滝が沢山ありますからね。

道路脇のお手軽滝ですが、なかなかいい感じの滝にうれしくなって

しまいます。

落差はさほどではありませんけどね。

容易に下には降りられそうですが…草をかき分けてまでは…

まあ、道路からでもこんな感じで見られますからね。

無理に降りなくてもいいかなと思います。

 

撮影は、2020年07月24日です。

 

アクセスは、酒田市内から国道344号を道なりに真室川町方面へ

青沢トンネルの約1km手前の道路左脇に見られます。

一ノ滝・二ノ滝渓谷に行ってきました。

渓谷沿いに遊歩道が整備されているので散策が容易に出来ます。

とは言っても、自然の中の遊歩道ですので倒木や崩落等の可能性

もあります。

雨が降れば、道はぬかるみます。

散策には、それなりの準備が必要です。

 

遊歩道を進んで行くと、滝の下流に架かる橋にたどり着きます。

ここからの眺めも悪くはないんですが…滝まで距離があるんです。

やっぱり飛沫は浴びたいですものね。(笑)

そんなものだから、もう少し遊歩道を進んで行き…

滝壺に降り立ちました。

滝壺周辺の岩は、濡れていてとても滑りやすく装備やある程度の

経験がないとケガをする恐れがあります。

近づく際は自己責任にて…

 

このときの水量は多いのでしょうか?

なかなかの迫力に大満足です。

ほんとやっぱり直瀑だよなぁ~

 

この上にも三ノ滝があるそうなのですが…時間的に余裕がなくて

断念しました。

また、高瀬峡も含めて紅葉時期にでも訪れたいですね。

 

撮影は、2020年07月23日です。

 

アクセスは、羽越本線の遊佐駅より県道208号、国道345号を経て

県道60号を道なりに一ノ滝・二ノ滝渓谷方面へ進んで行きます。

途中、左手に胴腹滝駐車場を見て、そのまましばらく道なりに進んで

行くと右手に一之滝神社の鳥居があり、そのまま道なりに少し行った

先の左手に駐車場があります。

駐車場からは歩いて20分ほどでたどり着けます。

一ノ滝・二ノ滝渓谷に行ってきました。

渓谷沿いに遊歩道が整備されているので散策が容易に出来ます。

とは言っても、自然の中の遊歩道ですので倒木や崩落等の可能性

もあります。

雨が降れば、道はぬかるみます。

散策には、それなりの準備が必要です。

 

駐車場をあとにして、鳥居をくぐり遊歩道へ…

約5分ほどで一ノ滝展望台にたどり着きます。

展望台、遊歩道から長い階段を降りた先にあります。

つまり、戻る際はこの長い階段を登ることに…なります。

 

直下に降り立てないのは、ちょっと残念ですがやっぱり直瀑は最高!

下に降り立てれば、裏見も出来そうですね。

 

撮影は、2020年07月23日です。

 

アクセスは、羽越本線の遊佐駅より県道208号、国道345号を経て

県道60号を道なりに一ノ滝・二ノ滝渓谷方面へ進んで行きます。

途中、左手に胴腹滝駐車場を見て、そのまましばらく道なりに進んで

行くと右手に一之滝神社の鳥居があり、そのまま道なりに少し行った

先の左手に駐車場があります。

駐車場からは歩いて5分ほどでたどり着けます。