こんにちは、

 

今回は、1967y VW typeⅡの車検入庫合格

 

 

やはり、タイプⅡは、可愛くてカッコいい

 

今回は、ブレーキ廻りを少々メンテして終了

 

元気いっぱいのバス君でした

 

多分この記事を読んでる方は、アメ車乗りかもしれないので

 

ちょっとタイプⅡについてお話

 

【特 徴】

 

まずは室内の広さが1番の特徴、家族でキャンプも最高!

とにかく形が可愛い

後ろにエンジンが有りしかも空冷エンジン

エンジンルームが広いのでメンテナンスが楽

またエンジンルームが広いためクーラーの取り付けも容易

T-1とT-3等に比べ 車両重量が重たいためあまり走らない

 

                他

 

ただ1つ気になるのは

 

近年の価格高騰ですね

 

とても個性的で楽しい車というのは解ったものの

 

世界的人気車種になり

 

とても良いお値段します

 

かといって安いものは、大損失敗の時があります

 

僕が、前回アメリカに渡米した際に見つけた

 

超イケてるBUSを 1台発見!!

 

舐めるようにみて

 

最高に仕上がっていた車でした

いいな~~っと溜息

 

 

さぞかし高いのかな~~っと

興味本位でプライス見たら

 

なんと!!

 

 

1963y T-2 23 ウインドウ

 

$129,000 あせる

 

日本円にしたら $=108円で計算しても

 

約 1,400 万円 

 

ひえ~~どうりで!!

 

目の保養とちょっとしたボキャブラリーでの紹介の1台

 

 

という事で最後に何を言いたいか

 

もし、VW T-2 BUS が欲しいと思ったら

 

全国には、空冷VWの専門ショップが沢山あります音譜

 

あなたのご自宅のそばにもあると思います

 

僕も仲良くしていただいてるプロショップも沢山あります

 

まずはそこに相談から始めてください

 

画像と内容だけで検討せず

 

地元もしくは近県の専門ショップに相談

 

これが1番大切です!!

 

比較的安価なものでも良い車は有るし

 

高ければ良いという問題でもないです

 

まずは、専門プロショップに相談を!!

 

九州にももっとVW系が増えると思っている

 

アメ車ショップのオーナーの独り言でした

 

最後に一言、古い車は壊れる。。。

 

絶対間違いです

 

愛が有れば古いも新しいも同じことです