「ロゴマーク」は和製英語 | グラフィックデザイナーのための英語講座

グラフィックデザイナーのための英語講座

デザインの現場で使われる英語を
『グラフィックデザイン用語英和辞典』の編纂者が紹介します。


テーマ:

日本ではいわゆるロゴを、「ロゴ」、「マーク」、「ロゴマーク」と区別して呼ぶことがあります。
「ロゴ」は文字だけのデザイン、「マーク」は図形だけのデザイン、「ロゴマーク」は文字と図形を組み合わせたデザインを指します。

(左)ロゴ……文字だけのデザイン
(中)マーク……図形だけのデザイン
(右)ロゴマーク……文字と図形を組み合わせたデザイン


英語の場合はどうでしょうか?

日本語で「ロゴタイプ」を「ロゴ」と省略して呼ぶように、
英語でも「logotype」のことを「logo」といいます。

しかし、英語で「logo」と言った場合には、通常、「文字だけのデザイン」に限らず、「図形だけのデザイン」や「文字と図形を組み合わせたデザイン」をすべて含んでいます。
日本のように細かく区別する習慣はありません。

ざっくりしすぎていると思われるかもしれませんが、全部「logo」でOK
発音は「ゥゴゥ」あるいは「ーゴゥ」のような感じです。

mark」はここでいう「マーク」というよりも、「記号」とか「しるし」といった感じの言葉です。

日本語の「マーク」を「logo」と呼ぶことにどうしても抵抗があるのときは、「mark」ではなく、「symbol」か「emblem」がよいでしょう。
「symbol」と「emblem」との意味の細かな差異に興味のある方は、Wikipediaなどを参照してください。

また、「ロゴマーク」や「シンボルマーク」は和製英語。英語では「logo mark」、「symbol mark」とは言いませんので、気をつけましょう。

Louis Vuittonの「LV」やNew York Yankeesの「NY」など、頭文字を重ねたデザインは「モノグラム」と呼ばれていますね。これは英語でも同様に「monogram」といいます。
 



このブログのアクセス解析を見ると、「ロゴ 英語」という検索キーワードでこのブログに辿り着かれた方が多くいらっしゃることが分かります。

英語のロゴデザイン集」のようなものを探していた方も多いのかもしれません。そんなみなさんは、『LogoLounge.com』などを参照されてはどうでしょうか?

書籍版の『Logolounge』シリーズもおすすめです。↓

 

LogoLounge 6: 2,000 International Identities by Leading Designers

 



 

フィッシュテイルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス