OSXのアプデート

テーマ:
画面に頻繁にOSXのアプデートの催促がくるのでついアップデートをクリックしてしまった。これが終了間際で24時間たっても先にすすまずストップしてあせってしまった。
こういう現象はすくなからずあるようだが有効な手段はみつからない。
ただ、再起動しても大丈夫だったという例があったので、
思い切って再起動をかけた。その結果、問題なく動いた。
最近の書類をバックアップしていなかったので
ひやひやものだった。

M101スカイウオール

テーマ:
マレーシアの首都でM101スカイウオールという超高層ビルが計画されている。
マレーシアはイスラムの国なのにこんな資本主義的なものができるのは不可思議だ。

以下一部引用:

クアラルンプールの中心地「KLCC公園」から直線約1kmという都心近郊の好ロケーションに2021年誕生予定、2棟構成、78階建ての新駅直上・超高層複合ビル「M101 Skywheel(M101 スカイウィール)」。今回ご紹介するのは、Tower Bの37~46階部分に計110戸を設ける高級SOFO(Small Office Flexible Office)ユニットです。

アジアの中でも比較的起業がしやすいとされるマレーシアでの起業を考える人々も増加している中、アジアを代表する近代都市へと変貌を遂げているクアラルンプールにおいて希少性が高く、小規模オフィスや住居など目的に合わせて柔軟に利用できるSOFOユニットは、そうした人々のニーズを満たすのに最適と言えます。

物件上部に設置された首都クアラルンプールの新たなランドマークの一つとして期待される、東南アジア最高層(地上約220m)の観覧車「Sky Ferris Wheel」がひと際目を引く独創的なデザインは、独高級車メーカー「ポルシェ」創業者の孫で、初代ポルシェ911など多くの名車のデザインに携わったF.A.ポルシェ氏が設立し、ポルシェグループの一員として産業デザインなどを手掛けるヨーロッパ屈指のデザインスタジオ「Studio F.A. Porsche」が担当。

48~52階が世界初の天空モール「Sky Mall」として開業予定であるほか、Tower Aの53~76階にはアジア初進出となるハリウッドの映画をテーマとした米高級ホテル「プラネット ハリウッド ホテル」も入居を予定しているなど、エンターテインメント性を兼ね備えた本複合ビルは、クアラルンプールの新たなランドマークとして多くの人が訪れることが見込まれ、将来的な資産価値の面でもプラスに寄与することでしょう。
また、地上階にはお洒落なレストランやカフェなどの入居が見込まれるリテールスペースが設けられるほか、Tower Bの53~76階はポルシェデザインの超高級プライベートスイーツとなります。

日本食が多く揃う日系デパート「伊勢丹」をはじめ、「紀伊国屋書店」「ユニクロ」といった日系企業も入居する、ツインタワー直下の大型ショッピングモール「スリアKLCC」まで車で約9分、人気No.1ショッピングモール「パビリオン KL」を筆頭に、数多くの商業施設が軒を連ね、クアラルンプールの銀座とも称される繁華街「ブキビンタン」までも同12分程度と近距離にある「M101 スカイウィール」。

本物件は2021年開通見通しのMRT2号線「カンポンバル・ノース駅」の直上に誕生予定であるため、クアラルンプールの中枢エリアへのアクセス性も飛躍的に向上することが見込まれており、KLCC公園周辺までわずか2駅、ブキビンタンの近くまでも3駅と、ビジネスを展開する上でも恵まれたロケーションを誇ります。また、新路線の開通に伴い駅周辺の開発も進むことが見込まれる中、本物件が誕生するカンポンバル地区は、ホテルやオフィスビルを建設する「カンポンバル・シティ・センター」プロジェクトを中核として、政府が主導して長期的な計画を進めている大規模再開発エリアでもあるため、エリア全体の利便性や資産価値も上昇していくことが期待されます。

光コム2

テーマ:
光りコムの一般向け解説が2008年のScientific Americanにある。

Rulers of Light: Using Lasers to Measure Distance and Time
A revolutionary kind of laser light called an optical frequency comb makes possible a more precise type of atomic clock and many other applications

By Steven Cundiff, Jun Ye, John Hall on October 8, 2008


Editor's note: This story was originally posted in the April 2008 issue, and has been reposted to highlight the long intertwined history of the Nobel Prizes in Scientific American.

光コム

テーマ:
光コムのコムは実はコオム(櫛)のことだ。変な日本語英語だが英語につよくないひとがいいだしてそのまま定着したようだ。

さきに光の周波数は測定方法がわからないとかいた。

日経Scienceによれば

一部転載:

数十年にわたって最も正確な時計とされてきたセシウム原子時計を超える「光時計」の実現が,新種のレーザー光の出現で現実味を帯びてきた。その光は,周波数が髪をとかす“櫛(コム)”のような形に分布するため,「光コム」と名づけられている。

 光コムは100兆分の1秒ほどの極めて短い光パルスを,これまた数ナノ秒(ナノは10億分の1)という短い時間ごとに繰り返し発生させることでできる。櫛の“歯”(モード)は厳密に一定の間隔で並び,それはパルスを発する時間間隔で決まる。典型的な光コムで可視光全域をカバーしているとすれば,歯の数は約40万本だ。この歯をものさしの目盛りとして光周波数計測に利用する。

 光は周波数が高く,その測定は容易ではなかった。光コムでレーザー光の周波数を測定する方法は次の通り。レーザー光を光コムの光に重ね合わせると,コムの中でレーザーの周波数に最も近いモードとの間で“うなり”(ビート)が生じる。このビート周波数からレーザー光の周波数を求めるわけだ。ビート周波数は低く,光コム開発以前の方法で正確に測定できる。また,光コムのモード周波数を知るために必要な情報も,広帯域の光コム発生技術の確立で測定可能になった。

とある。初心者には
以前の方法をいうのがわからないのでこの説明は
あまりやくにたたないのだが。

光の周波数の測定

テーマ:
光の周波数を制度よく測定できれば時間の基準を精度良く決められるという。これらの測定は巡り巡って重力の変化の精密測定に使えるという。(たとえば光格子)
というわけで光の周波数の測定法をさがしたがこれが初心者向けのものがなかなかない。
教科書とよばれるもの
光計測入門(左貝潤一・森北出版)でさえも
わかりにくい。
こまった状況だ。

外国の一流大学の収入源

テーマ:
外国の一流大学の予算が何千億もあるのは全く不可思議だが
その内訳のあるサイトがあった。

一位のケンブリッジ大学の場合は
1641億円(これでなぜ一位なのかわからん?)

授業料が167億円、
交付金が267億円、
科研費 367億円、
試験サービス 349億円、
出版 298億円、
その他 167億円、

ハーバード大学は3908億円、
授業料 767億円、
科研費 882億円、
寄付 287億円、
投資 1409億円、
その他 566億円

と投資の利益が一番多い。
一体何の投資か?

他の大学でも特徴的な収入は
イエール大学は医療サービスが 479億円、基金の分配が1147億円、

シカゴ大学 3162億円
の医療サービスが1360億円
と医療が突出している。

大学の予算規模ランキング

テーマ:
最近不祥事で話題の日大の予算規模が何千億とテロップにあったので
驚いた。これは東大よりも多いのではないかと思ったので調べてみた。

日大の場合は
平成 27 年度資金収支予算額は 2,588 億円
学生の納付金が6億円、補助金が23億円なのにどこから入ってくるのだろう? 大ミステリだ。
一方東大は2359億円
こちらは補助金はほとんどに違いないが。

それで世界ではというと
トップがペンシルベニア大学は6248億円とトップだ。
二位がミシガン大学で6029億円だ。
こちらもミステリーだ。