ココロノレントゲン

ココロノレントゲン

ヒト・モノ・コトとのマッチング
ココロノレントゲンで目に見えないココロを見える形に 
声紋分析@宮島・広島

あなたのココロノレントゲンで定期検診を♪

声紋分析アドバイザー改めマッチングプランナーの淺田千津子です。

見えないものを信じていますが、その見えないものを伝えるのは難しいと思っていました。

ですが…声紋分析に出会ってから「見えないものを見える形」でお伝えすることが可能になりました。




声紋分析は声の周波数を色の周波数に置き換え可視化したもの。

名前を言うだけで、その人の持つ資質や行動基準(自分軸、相手軸、社会軸)

判断基準(視感覚、聴感覚、体感覚)などがわかり

潜在意識やクセや習慣になっている部分も前意識として現れ、自分の心の中を知ることができます。




ストレス社会の現代ですが、少しでも自分自身のストレス軽減と

コミュニケーションエラーを無くすことができれば、快適な生活が送れるのではないでしょうか。

そして、何よりも大事なのは「自分自身を生きる」と言う事。



自分のココロの波動を声に乗せて発信できると世界が変わります。

自分を知ると自分のすべきことが見えてきます。



お仕事をするうえでも、まずは自分を知り相手を知る事が大切

個人セッションでは、カウンセリングをベースに声紋分析でその時の自分の状態を知り

センタリングしていくお手伝いをさせていただきます。



声紋分析心理学

耳慣れない言葉かもしれませんがぜひ一度体験してみてくださいね。


お問合せはこちら


ホームページはコチラ


テーマ:

学生時代

星占いが大好きだった私

なぜ好きだったかと言うと

言われていること(過去のことや性格)が当たっていたから

 

その星座に書かれていることがすべて当たっているようで

驚きと共に未来のこともわかったような気になっていた頃

 

そしていつしかタロットカードにハマり

でも怖くなってカードを神社に奉納したり・・・💦

 

今思えば

何のために未来が知りたかったのか?


そこを改めて知りたくて

掘り下げてみた

 

すると出てきたのは

 

苦しみたくない

悩みたくない

 

という事で

未来がわかれば

悪いことなら回避できるし

苦しいことなら少しでも軽くなるから??

 

あはは

考えそうなことだわ

 

でもね、父の教えで

「若いころの苦労は買ってでもしろ」

っていうのがあって

 

結構選ぶときは

わざわざつらい道を選んだ時期もありました。

 

苦労するって・・・

苦しいことをすることだと思っていたのですが

どうやら言葉を読み変える必要があるのでは?

と思ったのです。

 

若いころの苦労は

言い換えれば

悩み思考すること

 

自分の力でどうにかしようと

智恵を働かせること

なのかなと…

 

それを若いころにやっておくと

「経験」になるんじゃないかと。

 

チャレンジして失敗して

考えてやり直して

という経験が

人を作るんだと思うのです。

 

私の場合は

何かを選択するときに

辛いほうを選べと言われていたような…気が…←気のせいかもですが💦

 

冷静に考えると

常に辛い選択という訳でもなく

時には自分の好きな方を選ぶことも経験になるし

 

自分にとって辛いかどうかなんて

自分自身が決めることで

誰かと比較していたわけじゃないんですもんね

 

そう思えば

苦労と言うより

どれだけの経験ができたか?

と言った方がわかりやすいのかも。

 

若いころにどれだけ経験したか??

 

未来を知りたかったのは

最短で経験したかったという事も含まれるかも

 

漠然と思っていたのは

人生の中で起こることはだいたい決まっていて

若いころに苦労した人は年を取ってから穏やかに過ごせる

反対に若いころ順風満帆だと

年取ってから苦労する

 

年取って苦労するくらいなら

若いうちに…と思ったのがきっかけだと思います。

 

そりゃそうですよね

若いころはわからないことを

「わからないから教えてください」と言える

 

だけど

ある程度の人生を重ねてからだと

「この人、何も知らないんだな」

思われるのが嫌だから

 

これって人の目を気にしていたってこと??

 

今の私は今でも若いつもりで

わからないことにもチャレンジ~

 

やりたいことをやらずにいられるほど

人生は長くない!

 

やりたいことを順番にやっていくことに決めました。

若い方々いろいろ教えてね♪(笑)

 

話が飛びましたが

占いは好きだけど振り回されたくない

 

マヤ歴って宇宙のリズムがわかるって言われ

自分の感覚を信じていたら

宇宙のリズムに沿っていた♪

 

占い見るけど振り回されない生き方

上手く付き合っていけたらなと思います。

 

あ・・・

「あなたはこんな人!」

って断定されると

ガンガラガッシャーンってシャッターが閉まってしまうのだけどね(笑)

 

結局占ってもらっても

最終的な判断は自分自身

 

言われたとおりに人生を歩むのも

それから外れて進むのもすべて決めるのは自分

 

責任はすべて自分にあるという事


悩みたくない

苦しみたくないと思っても


乗り越えればそれも

悩みでも苦しみでもがなくなるわけですね^ ^


テーマ:

今朝ブログをアップしようとパソコンの電源を入れたところ

ネットがつながらない・・・💦

 

スマホもなんだか調子が悪い…

しょうがないから諦めてテレビをと電源入れても

こちらも映らない

 

なんで??

 

もう何もしないで家を出ることにしました。

こんな時はネットもテレビもいらないってこと

 

ちょうど15日だし

玄関とトイレに置いてある盛り塩も新しくして

神社にお参りすることに

 

安芸の宮島は伊勢神宮と同じように

外宮・内宮という言われる神社があります。

 

宮島にある厳島神社が内宮とすれば

その対岸にある地御前神社は外宮

image

その神社のすぐ近くの川には

外宮橋と書かれた橋も存在します。

image

まずは地御前神社へ行き

image

野暮用を済ませそのまま宮島へ

 

観光客の方たちと混ざって

お参りしてきました。

 

やっぱり平日はゆっくりできる♪

 

そう思い今日は清盛神社まで

海岸沿いにはお腹を空かせた鹿たちが(笑)

image

すっかり島全体が観光地化して

というか、私が物心ついた頃にはすでに宮島は観光地

 

なのですが・・・

ここ最近は違う感覚で島を訪れているのです。

 

今朝からの情報断捨離は

ネットやメディアに振り回されることが無いようにとの

お達しだったような気もするし

 

一人で過ごす時間を大切にしようと

一人で訪れた宮島

 

昨日、一昨日と

結構歩き回っていたので筋肉痛は否めませんが

 

何をやりたくて何をやりたくないか

我慢してでもやらなければいけないことは何か

 

無意識に生きていたら

そんなことすら他人任せになってしまいます。

 

だからこそ

生きているからこそ

意識して流れに委ねてみる

 

~でないといけない

という思考は体に支障をきたします。

 

これがやりたい!

これが良い!!

 

そんな人生が送っていけたら

健康で長生きできますね

 

ま、長生きしたいかどうかもポイントですけどね~

 

実は年頭に決めたことがありました。

それは

「生き急がない」

という事

 

いつも何かに追われるように

焦って行動したり

早くカタを付けることが良いって思っていました。

 

もちろんタイミングは大事

だけど今のタイミングは少し「待ち」があるようです。

 

で、今年初めて引いたおみくじがこれ


image

 

吉ですが望みをかなえるなら

人の意見も聞きつつ長い目で見よと。

 

焦りは禁物

じっくりゆっくり今やるべきことをやっていこうと

 

スローライフ満喫中なのです♪


テーマ:

人生の波は一定ではなく

時に荒波にもまれたり

そうかと思うと急に凪になったり…

 

自分ではコントロールできない事も多く

その波に翻弄され心穏やかじゃない場合もありますね

 

むしろ

コントロールしようとすればするほど

深みにはまっていく

 

経験してみて初めて分かることもありますね。

 

子供の頃に

「嘘をついたらいけないよ」

と教わります

 

もちろん

人を騙すことや陥れることはご法度ですが

人に対してだけじゃなく自分自身にも言えることなのでは・・・

 

人に対して嘘をつくことは

その嘘を隠すため、正当化するために

さらに嘘を重ねなければならないことも起きてきます

 

それは自分自身に対しても同じで

自分の感情に嘘をつく

 

本当は寂しいのに強がってみる

とか・・・

やりたくないのに笑顔で対応してみる

とか・・・

 

自分のココロの中とは別の行動を起こしてしまう

それが常習化してしまうと

どれが自分の本当の感情か

わからなくなってしまいます。

 

感情を表現するという事ができなくなってしまいます。

 

その結果どうなるか

潜在意識と顕在意識がバラバラな表現をしてしまい

アンバランスになってしまうのです。

※氷山の一角に例えられる意識の図

 

心優しい人ほど

自分の感情を押し殺してでも相手に合わせようとする

私の周りにもそんな心優しい方がたくさん

 

そんな中にいると

自由奔放にやっていることが

罪悪感を感じることもあったのですが

 

それも変わってきました

 

自分の周りの人を見てみてください

同じような人が集まっていませんか

 

類は友を呼ぶ

同じ周波数は磁石のように

同じものを呼び寄せます

 

無意識の領域の感情はコントロールできません

感情が「嫌だ」と言っているのに

その感情に蓋をしていると

 

カラダに反応が出ます

 

自分では「行かなくちゃ」

と思っていても熱が出る

 

子供の頃はありませんでしたか?

行きたくないと思っていたら

急に発熱したりお腹痛くなったり

 

大人になるとだんだん

潜在意識の中にある本当の自分の姿を

見ないようになってきます

 

それは

自分だけじゃなく周りにどう思われたいか

という感情が働くから

 

だから自分に嘘をつく

人を傷つけるくらいなら

自分に嘘をついてでも丸く収めるほうが良い

 

自分が良い人になれば

みんなが喜ぶ

 

そう思っている人・・・

それは本当ですか??

 

自分の周りに

自由にしている人がいたら

それを見てどう思うか感じてみて下さい

 

なんだかザワザワしてしまう人

 

もしも少しでも

「あんな風に自由にできたら快適だな」

と思うなら

 

その瞬間から

自由に向かって脳は働き始めます

 

反対に

「私はできないのにあの人だけ自由にしてムカつく」

なんて思ってしまっても

 

勝手に自分にはできないと思っているだけの話

 

目の前に自由な人が出てきてという事は

その人の周波数に近づいてきた証拠

ザワつくのはまだ違和感が残っているから

 

たったそれだけの違いです

周波数ですから

不思議な引き寄せでも何でもなく

同調するかしないか

 

調和できるかできないかの違いだけです

 

声にはそれが全部出てきます

一瞬で潜在意識がわかってしまいますよ♪

 

嫌なものを嫌と言える人は

大好きなものが何かわかる人

 

そんな人のそばにいたいと思うのでした。