サッカー猿!

ポンテの怪我、心配です。

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 最初次のページへ >>
2006年05月15日(月)

日本代表決定に水を差す記憶。

テーマ:Jリーグ情報

日本代表が選出された。

選出にあたり様々な葛藤もあったろうが選ばれたメンバーが日本代表だ。

こんな時には「選手達には100%ファイトして欲しい」ってあの時の岡田監督ならばいうのだろうか。

個人的には前線から走る、守る、ポストする、シュートするの巻が選ばれたのは良かった。すがすがしさを感じてしまうほどの泥臭さは敵ながらすごいとつくづく感じていた。

久保は100%のコンディションであったなら間違いなく選出されただろう。

怪我人やコンディションの悪い選手でも代表に選出し続けたジーコ。それにより、回復が遅れる選手。

悪循環。悪循環こそが目立ってしまった4年間だった。

実績と名前で選手を選び続けたジーコとそれを結局、最後まで許してしまった協会の罪は重い。

さて。  ジーコ関連の出来事をまとめてみたい。

何をいまさらとお思いだろうが、茨城で起きたキャバクラ事件、松田事件、功労者を代表戦出場、不法滞在問題をご覧になって欲しい。



2004年2月、キャバクラ事件。


日本代表の7選手が合宿中に無断外出の上、飲酒していたことが28日、明らかになった。3月1日発売の週刊現代が報じているもので、日本サッカー協会も選手が事前に外出許可を得るという代表規則を破った事実を認めた。

同誌によれば代表が鹿嶋で合宿中だった今月9日夜、茨城・神栖町のキャバクラをFW久保竜彦(27)MF奥大介(28=ともに横浜)小笠原満男(24=鹿島)山田卓也(29=東京V)FW大久保嘉人(21=C大阪)DF茂庭照幸(22=東京)GK都築龍太(25=浦和)が訪れ、午後11時近くまで過ごしたという。記事では数選手が出前のすしを投げたり、女性店員に暴言を浴びせるなどのトラブルも起こしていたとの内容も含まれている。
日本協会は当該選手や同店の店長にも事情聴取しており、無断外出と飲酒の事実も把握している。代表は3日から鹿島合宿に入っており、12日にイラクとの親善試合(2-0、国立)、18日にはW杯1次予選初戦のオマーン戦(1-0、埼玉)を控えていた。協会関係者によれば、法律に触れるような行動は取っていないことから、現時点で処分などは考えていないという。
過去には99年6月、シドニー五輪アジア1次予選のネパール戦後に柳沢が宿泊ホテルを抜け出し、交際中だった女性タレントと深夜まで過ごした事実が発覚。規律違反で登録を抹消されたことがある。




松田直樹が遠征先から帰ってしまう。

キリン杯の日本代表メンバーに入っていない松田だが、代表入りを期待する声はいまだにある。

 96年アトランタ五輪では、当時同僚だった川口、中田英らとともに、ブラジルから大金星を挙げる原動力となった。02年W杯では4試合フル出場、フラットスリーの右ストッパーとして活躍した。

4年前にジーコ代表監督が誕生し、チームの土台作りが始まったころ、松田はDFラインを統率する欠かせない存在だった。ところが、05年1月29日、キリン杯カザフスタン戦を境にプッツリとジーコジャパンの主力から外れ、その後は代表招集を見送られている。

その真相はサブメンバーから外された松田が激怒し、無断で遠征先から離れてしまうという「掟破り」を冒し、ジーコ監督から「代表選手の資格ナシ」の烙印を押されてしまったためだった。

 松田は「当然、ドイツ行きを諦めていない」というが、「W杯がすべてではないとも思っている」と開き直るしかないのが現実だ。

95年からマリノス一筋で、「マリノス魂」を剥き出しにキャプテンシーをつける。けが人続出でチームがドン底にある時、率先して選手だけのミーティングを開き、チームの雰囲気を変えるため心を砕く。「(同僚の)中沢や久保には、代表でいいパフォーマンスをしてもらいたい」と大人の対応もできる主将に変貌しつつある。

183センチの長身で、統率力、強さなどDFとしての能力は高い。中田英にモノ申す貴重な存在でもある。実力があっても、折り合いが悪くなった上司との関係を修復するのは並大抵ではないが、「選ぶのはジーコ監督。待つだけ」と松田。果たしてサプライズはあるのか。




功労者を代表戦に?


ジーコ監督の表情が和らいだのは、13日にマスカットで行われたW杯アジア1次予選オマーン戦後の会見の席上だった。1―0の勝利で、11月17日のシンガポール戦を待たずに、最終予選を決めた日本。指揮官は、シンガポール戦で若手を起用する気はあるのか、という質問を受けると、「11月については、アイデアがある」と切り出した。

 「海外組を呼ぶつもりはない。中田英、稲本というブランクのある選手については、考えないでもないが」と言った後、追いすがる報道陣に対し、監督はじらすのを楽しむように「若手の起用? ノー」などと答えて、詳細は示さなかった。

 翌14日に帰国した日本協会の川淵三郎会長が明らかにしたところでは、「アイデア」とは、これまで代表で頑張ってきた選手に感謝する意味で、シンガポール戦でプレーしてもらおうということ。監督と会長の話し合いでは、カズ(神戸)、中山(磐田)ら、具体的な名前も挙がったという。

 そのプランを聞いて、意外な気がした。ジーコ監督は、こと勝負に関しては慎重な言動を繰り返してきたからだ。例えば、逆転負けしなければ1次予選突破が決まったこのオマーン戦の後で、「今日はどの辺で予選突破できると思ったか」と問われて、「終了の笛が鳴った時」と答えている。

 今夏のアジアカップ準々決勝ヨルダン戦を激闘の末に制した際も、PK戦で2点をリードした時点で勝利を確信した相手選手が、PK戦終了前から踊っていたことに触れ、「彼らは高いツケを払った。最後まで何が起こるか分からないのがスポーツだ」と批判した。

 日本代表の今の立場は、1次予選は見事に突破したが、W杯出場権を得たわけではない。その状態で迎えるシンガポール戦を「勝負が決まった後の試合」と見るか、来年に迫った最終予選という一段と厳しい真剣勝負への「公式戦での貴重な強化の機会」と見るか。

 この案については、今月19日のJリーグ理事会の出席者や、日本協会の技術委員の中から、「違和感がある」という意見も出たというが、こうした声は、シンガポール戦を後者と見ているからだろう。一方で、「代表への貢献をたたえることを日本ではやってなかった」(田嶋幸三・技術委員長)という側面もある。

 指揮官の真意はどこにあるのか。シンガポール戦の人選はどうなるのか。現時点では、ブラジルに帰国中のジーコ監督の再来日後の言葉を待つしかない。



ジーコ不法滞在


サッカーW杯開幕まで3カ月を切った。ようやく日本代表・ジーコ監督が、17日午後の便で再来日。すでにW杯イヤーのJリーグは開幕したが、代表監督不在の異常事態が続き、イマイチ盛り上がりに欠けていた。さすがに本大会開幕を迎えるまで帰国の予定はなく、本番モードに入った。だが、「一つのサイクルが終わっただけだ」と意味深長なコメントも。

 ジーコ監督が今回ブラジルに帰国したワケは、3日に53歳になった誕生日のパーティーと、リオのカーニバルのためとされる。が、本当の事情は違う。実はジーコ監督が普通のオジサンだったら、すでに「不法滞在者」の烙印(らくいん)を押されていたのだ。

 日本協会との契約は11カ月ごとに区切ってあり、1年で1カ月以上は日本とブラジルをきちんと往復する形で生活しなければならない。鹿島時代なら何も問題はなかったのだが、日本代表では海外遠征などがあり、この条件が完全にクリアされていないのだ。日本にいない期間はカウントされないわけで、本来ならとっくに強制送還という非常事態になってもおかしくなかった。

 しかし、そこはサッカーの神様、ブラジル政府の計らいで、「ジーコとそのファミリーは特例」と、不法滞在に関しては問題なしとなっている。おかげで(?)日本での確定申告も必要ない。

 しっかり休暇をとった分、神様自身の「W杯4強宣言」のお手並みを、本大会に向けじっくり拝見といきたい。





2004年の俗に言う「キャバクラ事件」。

この時はマスコミの不確定な表現も多かったようだ。(マスコミというのはいつもそう。)

日本サッカー協会は報道各社に「すでに社会的制裁も受けている。この件はあまり取り上げないようにして欲しい」と要請していた、ということもあった。

(寿司は投げていないという説は有力らしい。キャバクラに寿司があるものだろうか?)

松田には松田の言い分があるだろう。  

ジーコは、ワールドカップ終了時に辞任する。それまでの我慢だ。

「功労者代表復帰出場」はご存知のとおり、ジーコの思い通りにはならなかった。

なぜ、あんな発想が思いついたのか。すでにリオのカーニバルで頭がいっぱいだったのか?

必死にアピールしたい選手が大勢いるのにあのようなことが頭に浮かぶとはナンセンスとしか言いようがない。


この4年。

ジーコにはジーコなりの悩みがあったろうが、必死のアピールを続けていた選手達と比べると必死さは感じられなかった。

1説には1年とも言われる大怪我を負った村井も必死のアピールをしていた1人。あの試合、「最後のアピール」と信じてがむしゃらにプレーしていたのを思い出す。

結果論だが、もしももっとアピールの場があればあの怪我はなかったのではないだろうか?と思えてしまう。村井にも磐田にとっても痛い怪我になってしまった。早期の怪我の復帰を期待したい。

今回のワールドカップに天井しらずな夢を持っている方は多いようだ。だが、クロアチア、オーストラリア、ブラジルは「日本を皮算用」にしているのは間違いない。選ばれた各選手達には大きなプレッシャーがあるだろうが、精一杯のプレーを期待したい。ジーコには背水の思いで指揮を執ってもらいたい。



2006年05月08日(月)

浦和大勝。

テーマ:サッカー話

鹿島相手にレッズの大勝。

おかげで、ワールドカップもすっきり楽しめます。


今回の試合では、鹿島の状態の悪さを感じました。

小笠原のボランチ起用には正直驚きです。 

青木が出場できないとはいえ、小笠原がボランチ・・・

素人考えですが本田、増田の2ボランチで小笠原2列目のほうが良かった気がします。

そして・・・  本山・・・  調子は悪く感じないのに・・・ なぜか結果が出ていません。

思い切ってジョーカー役(控えの切り札)に戻すのも1つの手のような気がします。


12節を終えて各チーム明暗が分かれてます。

優秀なボランチを抱えているチームが今のところ良い成績です。

若手の台頭と新戦力がかみ合ったチームも勢いを感じます。

そんなチームは中断後も、要チェックです。

個人的には新潟の「ホーム力」に改めて驚いてます。


逆に不安要素を抱えながらのチームも多数です。

監督交代のあったチーム、負傷者が続出のチーム。

Jリーグが再開するまでには監督も変わるでしょうし、怪我人たちも回復してくるでしょう。

どのように、チームを変えてくるか。  注目です。

2006年05月04日(木)

みんなのマグノの打撲の件。

テーマ:我がFSチームは・・・

ガンバはACLでは惜しくも1対1で引き分けだったらしい。

マグノも古巣相手でいろんな想いがあったでしょうから、得点できなっかたのは本人にとって複雑でしょう。

ACLのアウェーは日本Jリーグ勢にとって鬼門ですね。


今現在、ファンサカ研ではなんと55%超がプレーヤーとして、キャプテンとしては38%超がマグノを使ってます。

右足を引きずるほどの打撲だったそうで、相当ガツガツこられたのでしょうか。

(ガツガツどころじゃないかも・・。)

ファンサカではマグノ使用率がかなり高いのでこんな記事が出てると不安になっちゃいます。

といいつつ私のチームの仮メンにマグノはキャプテンとして入ってます。

ソース→大阪マグノ3戦連続不発



2006年05月03日(水)

マイナスイオン発生せず。

テーマ:浦和レッズ!

実は試合前に浦和のスタメンを予想してました。



                   ワシントン

                 長谷部 ポンテ

         アレ      小野  酒井      ノブヒサ

                     

                坪井 闘莉王 ウッチ

                     山岸


これじゃあ調子がいい平川の出るところがないですが、ノブヒサの出場は絶対だろうからヒラはサブ予想。

問題はボランチ。

長谷部と小野の2ボランチだと・・・  

小野のスタミナでは千葉のスペースにがんがん走ってくるサッカーに対応できないだろうし、泥臭く走ってガツガツ行く、なんてちょっと今の小野にはちょっと・・・

酒井なら汗かきとして相手も嫌だろうな・・・ 

出場すれば結果を残せる選手だし。

永井とワシの2トップもあるか?なんて、しろうと考えで好き勝手なことばかり考えてしまいます。


ゲームを振り返れば完敗です。

結果論ですが、アウェーでも勝ちにいくという姿勢はすごいですが2位のガンバが試合がない状況ならば引き分け狙いのサッカーでも良かった気がします。


個人的には浦和のマイナスイオン君に出場のチャンスをあげて欲しかった・・・           

2006年05月02日(火)

謙吾!

テーマ:いろんな話

謙吾の壮絶なKO負けに熱くなった。


最近のK1は好きじゃないけど謙吾は熱い。

ブログをやってるのも発見した。


謙吾ファンには怒られるかもだけど、アレックスミネイロに似てるような。

2006年05月02日(火)

ファンタジーサッカー第10節結果

テーマ:我がFSチームは・・・

しばらく、ファンサカのことを書いてませんでした。

7節 53P。 8節 105P。  9節 79P。


10節はAチーム86P、Bチーム88P・・・

全く時間をかけてない、思いつきBチームのほうがポイントを取ってます。

Aチームのボーナス17には、マジで参りました。


ちなみにAチームの面子はこの方々。10節終了時で時価総額は6億9620円。


Bチームの面子。


Aチームは前田君のもって生まれた運(10000ゴール力)に期待しましたが、今回は大連に吸い取られていたようです。

ワシントンは得点しましたが警告が余計でした。

ワシントンと巻は試合では1トップとしてきちり仕事をしてますが、ファンサカでは影の努力(アシストにもつながらないポストプレー)などで貢献している選手はポイントが上がりにくい印象です。1トップに当たる選手の起用は難しいですね。

他の選手は結構ポイントを取ってくれました。


やはり高ポイントを狙うにはボーナスを多く取れそうな選手の起用が鍵ですかね・・・

2006年05月01日(月)

天国からのサポート

テーマ:Jリーグ情報

第10節、新潟vsG大阪


新潟は野澤が正GKです。

しかし、控えの北野がピッチに立ちました。


なんで?怪我?って思ってました。(コンディション、パフォーマンスから、北野選手をはじめ数名のメンバー交代があった。)

しかも、中国帰りでも相手はガンバです。

マグノ、フェル、加地、遠藤です。恐ろしい・・・


しかし、そのガンバを押さえ込んだ。


北野選手の実力と強い精神力はもちろんでしょうが、天国からの強力なサポートがガンバを”0”に抑えたんだと思ってしまいます。


ソースはこちら→新潟GK北野の少年に贈る完封



励みになりますので1クリックよろしくお願いします。

ブログランキング

2006年04月30日(日)

ジーコのお目当ては?

テーマ:Jリーグ情報

昨日、日本代表監督のジーコが代表選手視察のため愛車シーマに乗り埼玉スタジアムのVIPルームに来ていた。


ジーコは、ゲーム前にレッズサポが集うゴール裏をカメラで撮影。


何を見にいらしたのでしょう。

何がお目当てなのでしょうか。

もしかしたら撮影したものは後日ジーコのホームページで使うかもしれないですね・・・・


本来の目的は都築、坪井、小野、アレ、長谷部の視察らしい。


小林大吾は?  闘莉王は?  ノブヒサは?  という気持ちを持つ方はかなり多いでしょう。


当落選上にある選手はJリーグで活躍すればどうとかこうとか、いってたのは本当かよ?とも思ってしまう方も多数でしょう。


もっと言ってしまえばジーコの中では、もうワールドカップのメンバーは決まってるのかとも考えてしまいます。



日刊スポーツさんが「あなたが選ぶ日本代表23人」 というのをやってますんで見てみてください。


私のワールドカップ日本代表スタメン予想です。ちなみに4-4-2のシステム。

()でくくってある選手たちはリザーブ予想です。



2トップは玉田、久保。(大黒、師匠、佐藤寿人)←柳沢は怪我の回復による。


中盤は中田ヒデ、中村俊輔、小野、小笠原。  小野、中村はボランチ。(福西、本山、稲本、松井。)


DFはアレ、中沢、宮本、加地。(茶野、坪井、松田。)


GKは川口。(楢崎、土肥。) 都築が選ばれて欲しいが・・・



嗚呼、なんのサプライズもありゃしない。

ジーコはなんだかんだで4-4-2がお気に入りみたいだし、実績重視だし、死人に鞭打つし。

というとこんな感じでしょうか。


日本代表入りにかけてすさまじいアピールを続けている選手達には気の毒な予想になってしまいました。


前線参加が持ち味の闘莉王がそれを封印してまで、守備でアピールを続けています。(注・大宮戦からスタート)


攻めたかろうに・・・

ゴールしたかろうに・・・

闘莉王のお父さんからはいつも「ゴールしろ」って言われているらしいのに。

(お父さん、闘莉王はFWではありません・・・)





ジーコに対する思いは人それぞれでしょうが、ボールにつばを吐いたジーコが日本サッカーの代表監督という現実に腹が立つ。

サッカー協会の思考も疑ってしまう。(もはや疑う余地はありませんが)

そんな奴(奴ら)に認められなきゃ代表入りできない選手達が可哀想。


ジーコ、それ以上俺達をむかむかさせないでくれ。

(もしも日本代表監督終了後にお友達ぞろいのFIFA入りしたらむかつくどころか大笑い。)


励みになりますので1クリックよろしくお願いします。

ブログランキング

2006年04月26日(水)

オシム様、サッカー学校卒業後はどうすれば?

テーマ:Jリーグ情報

4月26日情報


オシム監督 毒舌コメント→広島 vs 千葉 試合終了後 オシム監督後インタビュー。


退場者を出しながらも、勝ったチームの監督とは思えない談話。


オシム監督の皮肉たっぷりユーモアたっぷりの談話、大好きです。

そんなに盛田に2点も入れられたのがむかついたのでしょうか。


オシム監督が興奮しすぎて体調を壊さないか、いつも心配です。




大宮のグラウ、結果を出しましたね。


大宮横浜Fマリノスとの対戦が8月23日にあります。

リベンジの時まで残り、約4ヶ月。 

 



浦和レッズ、小野はコーナーキックから直接ゴールを決めたそうな。


復帰ゴールを決めた永井とともにフル出場にも驚きです。(まあ、小野交代要員のウッチーがスタメンでしたから・・・)

29日はポンテも出場停止なのでスタメンは当然ながら、展開次第ではフル出場が求められる可能性もありそうです。


励みになりますので1クリックよろしくお願いします。

ブログランキング

2006年04月26日(水)

エメルソン before→after

テーマ:マルシオ・エメルソン・パッソス情報

before

コンサドーレ札幌時代。

↓         ↓         ↓

after

カタールリーグAl-sadd所属。


日本に初めてきたときも若いのに子供がいるって雑誌に書いてあったのを覚えてます。

確か10代っていっていたような・・・(実際はそこまで若くなかったけど)


エメってなんか、憎めない奴です。


あんなことがあっても憎めない。  不思議な男です。




励みになりますので1クリックよろしくお願いします。

ブログランキング


1 | 2 | 3 | 4 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス