【73年ぶり快挙!】民主党政権が共和党員をFRB議長に指名 | 浪風谷本
新型コロナウイルスに関する情報について

浪風谷本

次の10年へ

応援よろしくお願いいたします。

下矢印下矢印下矢印

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

 

お問い合わせ(平日08:00~17:00)
大起証券㈱ 
Tel:06-6300-5757(代表
)
谷本 憲彦
商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物、オプション)、証券一種外務員

 

おはようございます。

 

注目経済指標

・米シカゴ連銀全米活動指数0.76(予想0.10  前回-0.18)

・米中古住宅販売件数634万件(予想620万件  前回629万件)

・ユーロ圏消費者信頼感-6.8(予想-5.5  前回-4.8)

 

ニュース、要人発言

独保健相

「現在の感染拡大を抑止できるのはソーシャルディスタンスと政治的決断のみである」

「ブースター接種の効果が表れるのには2週間を要する」

中国金融規制当局

一部の国内銀行に対し、不動産プロジェクト向けの融資を増やすよう指示

中国恒大

EV部門株価が11%急伸、新エネ車生産で増資発表

メルケル独首相

「新型コロナをめぐる状況は劇的だ、制限措置の厳格化が必要、ドイツのコロナ感染状況はこれまでで最悪」

独連銀

「ドイツのGDPは第4四半期に失速する見込み」

パウエル氏を次期FRB議長に再指名、ブレイナード氏は副議長に

バイデン米大統領は連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長にパウエル現議長を再指名し、ブレイナード理事を副議長に昇格させる人事を行った(Bloomberg)

イスラエル中銀

政策金利を現行の0.10%に据え置く事を決定

エルドアン・トルコ大統領

「中央銀行の金利が低く抑えられている事は喜ばしい」

バイデン氏

「パウエルFRB議長の再任と、リーダーシップに期待」

「連邦準備制度の安定性と独立性が必要」

ブレイナードFRB理事

「全国民に強い景気回復が見られる事を期待」

 

市況

東京前営業日比

 

11/22 15:15

11/23 7:00

円換算

ドル円

114.14

114.87

+0.73

NY金

1,846.95

1,805.10

-96

NY白金

1,036.55

1,014.55

-55

 

イギリスのブックメーカーによれば、直前のオッズはパウエル氏60%、ブレイナード氏40%。

無事パウエル氏が再任されたことにより、市場ではドル高が進展。

ドル円は115円手前まで上昇、ユーロドルは1.12台前半水準にまで下落。

 

株式

ダウ:35,619.25ドル(+17.27)

ナス:15,854.76(-202.68)

 

 

パウエル氏再任は市場に安心感を与え、初期反応はダウ大幅高。

ドル高、金利上昇は、ナスダック市場の上値を抑えました。

ヒンデンブルグ・オーメン」が11月18日に点灯しました。

 

※ヒンデンブルグ・オーメンとは

1937年にドイツで作られた悲劇の飛行船ヒンデンブルグ号になぞられた、米国株式市場のテクニカル的な株価暴落の前兆とされるシグナル

 

債券

米10年債利回り:1.629%(+0.083)

実質金利:-0.996(+0.115)

 

 

今朝の期待インフレ率は2.625、前日より0.029低下しています。

 

Date

NY金($)

実質金利(%)

11/16

1,854.10

-1.101

11/17

1,870.20

-1.128

11/18

1,864.00

-1.129

11/19

1,854.30

-1.111

11/22

1,809.10

-0.996

(過去5営業日)

 

 

実質金利はマイナス0.996%へ上昇、NY金に対する下落圧力となります。

現在の実質金利はマイナス圏ですが、いずれプラス圏へ浮上する見通しです。

 

原油

NY原油1月物は、0.81ドル高の76.75ドルにて終了。

 

 

戦略備蓄放出見通しからOPECは増産計画を見直し、原油価格は反発です。

 

貴金属

<前日内部要因>

11月22日金相場表

限月

帳入値段

取組高

前営業日比

Dec-21

6,772

626

-29

Feb-22

6,766

3,653

-29

Apr-22

6,769

3,792

-2

Jun-22

6,762

3,062

-7

Aug-22

6,759

12,787

-106

Oct-22

6,762

18,237

259

合計

 

42,157

86

 

昨日の金は、69円安6,762円にて終了。

先2本のサヤが3円に拡大、買いが入ったと思われますが多くはありません。

 

<金市況>

昨晩のNY金2月物は、45.20ドル安の1,809.10ドルにて終了。

 

 

今朝の国内金は97円安6,665円で終了しています。

パウエル議長が再任され、ドル高株高の動き、金は大幅続落です。

 

SPDR:985.00トン(変わらず)

 

浪風語録「ETFには逆らうな」

 

<会員様>

 

白金

<前日内部要因>

11月22日白金相場表

限月

帳入値段

取組高

前営業日比

Dec-21

3,787

926

-21

Feb-22

3,805

2,289

-36

Apr-22

3,803

8,728

-30

Jun-22

3,774

3,657

-86

Aug-22

3,776

9,141

-17

Oct-22

3,787

8,760

309

合計

 

33,501

119

 

昨日の白金は、101円安3,787円にて終了。

この値段では助かる売り玉も少なく、一部買い建ちが入ったようです。

 

<白金市況>

昨晩のNY白金1月物は、20.90ドル安の1,015.10ドルにて終了。

 

 

今朝の国内白金は44円安3,743円で終了しています。

ドル高などを受け、再び1,000ドル割れにトライです。

 

浪風語録「初割れ買え、二度割れ売れ」

 

国内白金内部要因を考慮すると、上値の重い動きが続く見通しです。

4月限では「3,000円割れ」などという試算も出ており、引き続き買いはお勧めしにくいのが現状です。

 

<会員様>

 

アメリカ史上3つ目の中央銀行となったFRBは、1914年に発足。

110年の歴史で、パウエル議長は第16代目です。

16人中共和党大統領が民主党員をFRB議長に選任したケースは、第3代議長クリシンジャーのみ(第29代大統領ハーディングが指名)。

逆に民主党大統領が共和党員を指名したケースは、ルーズベルト大統領が第7代エクルズを、トルーマン大統領が第8代マッケイブをそれぞれ指名したケース。

ニクソンがバーンズを、カーターがボルカーを指名して以来、ねじれはありません。

もしバイデン氏がパウエル議長を選出するとなると、73年ぶり快挙となります。

 

というわけで、今回のパウエル氏再任は快挙です。

昔は「ハロー・ガラ」なんて揶揄して、申し訳ございません。

 

本日もよろしくお願いいたします。

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ

 

お問い合わせ(平日08:00~17:00)
大起証券㈱ 
Tel:06-6300-5757(代表)
谷本 憲彦
商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、ゴム、農産物、オプション)、証券一種外務員

 

「浪風谷本」メール会員募集のお知らせ

「浪風谷本」では、メール会員を募集しています。

その日の市況や相場見通しを「会員メール」として1カ月間、無料でお送りいたします。

メールの受信は、PCでもスマートフォンでもけっこうです。

期間内は相場相談も受け付けておりますので、お気軽にどうぞ。

 

手紙メール会員お申し込みはこちら(Gmail )手紙

手紙こちらはヤフーメール、「メールアドレス」「お名前」「ご連絡先」をご明記のうえどうぞ手紙

 

メール会員にお申込みいただきますと、1カ月間最新の相場情報を無料でお届けいたします。

まずはお役に立てるかどうか、お試しください。

よろしくお願いいたします。