強肉弱食

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

In October, the Committee will initiate the balance sheet normalization program described in the June 2017 Addendum to the Committee's Policy Normalization Principles and Plans.

 

10月に、委員会は2017年6月の「委員会の金融政策正常化の原則と計画」の補足事項で説明されているバランスシートの正常化計画を開始する。

 

日本時間今朝3時に連邦準備制度理事会が発表したFOMC声明の最後に付されていました。

これによると、いよいよ金融政策史上初「量的引き締め」が来月から始まることとなります。

「バランスシートの正常化計画」とは、FRBが保有する国債などの債券を減らすことを意味します。

そもそも金融危機前の2008年あたりまではFRBの保有資産は1兆ドルにも満たなかったのですが、

量的金融緩和により保有資産を増やし、市場に資金を供給してまいりました。

QE1で1兆ドルから2.3兆ドル、QE2で2.8兆ドルまで増え、QE3で4.5兆ドルまで膨らみました。

これらの資金供給により米国経済は危機より回復、さらに拡大となりました。

今回の正常化計画で、FRBは5年ほどかけて半分ぐらいまで減らしたいようです。

さて、本来債券には満期がありますので期限が来ると償還されますが、

今年6月会合では償還後の再投資額を縮小する予定であることが明らかとなりました。

具体的な縮小額は開始後最初の3カ月で300億ドル(米国債180億ドル  機関債120億ドル)、

次の3カ月で600億ドル、その次の3カ月で900億ドル、最後の3カ月で1,200億ドル、計3,000億ドル。

なんといっても総額4.5兆ドルですので、非常に緩やかなペースでの縮小となります。

ハーカー総裁曰く「ペンキが乾いていくのを眺めるかのよう」な緩やかな縮小となりますが、

これは現在最高値圏で推移する株価や完全雇用に近い労働環境にあるうちに、

来たるべき金融危機に対し少しでもカードを温存させたいという金融当局者の意図もあるでしょう。

イエレン議長の会見では「バランスシートの正常化プログラムの調整は計画していない」とのこと。

何があっても資産圧縮を進め、従来通り金融政策は金利調節に戻したいようです。

 

最後に気になる人事に関してですが、イエレン議長は任期を全うすることにしか言及しませんでした。

次期議長は10月には決まるものと考えられます(イエレン議長は10月10日  バーナンキさんも10月)。

少なくとも今回のバランスシート正常化はイエレン議長にとっての悲願であったと考えられます。

彼女がFRB議長に就任したのは2014年2月ですが、FRBは同年10月で資産購入を終了。

さらに翌年12月会合において、ゼロ金利政策に終止符を打ったのもイエレン議長でした。

先ほど「バランスシートを5年ほどかけて半分くらいまで減らしたい」と書きましたが、正確には7月12日の議会証言でイエレン議長が「2022年までに通常水準に戻る可能性」と述べています。

ひょっとすると当時は再任されないことを念頭に、正常化への道筋を強調したかったのでしょうか。

そんなことを考えると、あらためて彼女の功績に敬意を表するとともに、少し切なくなりますね。

 

※明日は予定通り「ポニョ」アノマリーの検証です(これだけは恒例で外せない)。

 

ホームページはこちら(ご質問等メール受付)

 

お問い合わせ  Tel:0120-448-520
(平日8:00~17:00)
日本フィナンシャルセキュリティーズ㈱

谷本 憲彦
商品アナリスト・東京商品取引所認定(貴金属、石油、オプション)、証券一種外務員

 

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ          左矢印左矢印左矢印 皆様の貴重な1票が励みです。
にほんブログ村

      左矢印左矢印左矢印 皆様の貴重な1票が励みです。
商品先物ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。