目元のシワをなくすアイクリームを徹底検証するブログ
  • 25Nov
    • 目元のちりめんじわに気付いたら気を付けたい3つのこと

      目の周りの皮膚をよーく見てみたらうっすらと細かいしわがたくさん・・・でも目立たないし何もしなくても大丈夫でしょ!とちりめんじわを放置しているあなた放置しているとどんどんどんどんしわが深く刻まれて取り返しのつかないことになってしまいますよしわは深くなればなるほど改善するのが難しくなりますのでまだしわが浅く目立たないうちからケアをすることが大切なのですまず目元の細かいしわ(ちりめんじわ)とは肌表面の角質層の水分が不足することで、肌が柔軟性を失い、キメが乱れてしわになっている状態です。ちりめんじわができてしまう主な原因は 乾燥 紫外線 摩擦になりますので、一つ一つ対策をしていきましょうまず一番大切なのは保湿ですちりめんじわの主な原因は乾燥になりますので目元を乾燥させないことがとても重要です若い方だとスキンケアは化粧水のみという方も多いかもしれませんが、それでは十分ではありません目元はデリケートで乾燥しやすい場所なので美容液や乳液、クリームできちんと保湿しましょう保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸が配合されているものを選ぶのがオススメですまた、目元専用のアイクリームが一本あると安心ですねそして次に気を付けたいのが紫外線対策です紫外線はしわに限らずすべての肌トラブル・老化の元になるとされています強い紫外線を浴び続けると活性酸素が発生して肌の老化が進み、水分を保持する機能が低下してしまうので乾燥につながるのです日ごろから日焼け止めクリームや帽子、サングラスなど紫外線対策を怠らないようにしましょうそして最後に気を付けたいのが摩擦です目元は、毎日のクレンジングやかゆくてこすったりなどの刺激によって常にダメージを受けています目元の皮膚は顔の皮膚の中でも特に薄い部分なので少しこすっただけでもすぐしわになってしまいますクレンジングやメイク、洗顔などで目元をさわるときは引っ張ったりせずに優しくさわるようにしましょうまた、目をすぐこする癖がある人も要注意です極力目元は触らないように意識してくださいねちりめんじわがある方はこれ以上悪化させないために以上の3点に気を付けて生活してみてください

      213
      テーマ:
  • 23Oct
    • あなたは大丈夫?目元の正しいスキンケアの方法って?

      お顔のスキンケアの中でも特に気を付けなければいけないのは目元のケア目の周りの皮膚は顔の3分の1の薄さでできており最もデリケートな部分ですさらに皮脂腺も少ないためとても乾燥しやすく紫外線などによるダメージも受けやすくなっていますまだ若いから・・・と油断しているとすぐにシワやたるみ、シミなど肌トラブルが出てきてしまいますよ逆に言えば若いうちから正しいスキンケアを続けていけば肌の老化を防ぐことができ5年後、10年後の姿が全く違ってきますいつまでも若々しい目元を保つためにここで目元の正しいスキンケアの方法をおさらいしておきましょうまず一番に見直すべきはクレンジングですメイクを落とすクレンジングは、スキンケアのなかでも一番肌に負担をかける行為と言われていますアイメイクは濃くなりがちなのでしっかり落とそうとゴシゴシこすってしまうとシワやたるみ、色素沈着の原因になります目元をさわるときは皮膚を引っ張らず優しくさわるように心がけましょう通常のクレンジングだとメイクが落ちにくい場合は目元専用のリムーバーを使うのがオススメですまた、オイルタイプのクレンジングは洗浄力が強いため目元だけでなく顔全体が乾燥しやすくなってしまいますナチュラルメイクの方はジェルタイプかクリームのタイプのクレンジングにした方がお肌に優しいですよそして本格的なスキンケアに入っていきますが先ほども紹介したように目元はとても乾燥しやすいです乾燥はシワやたるみなど、さまざまなエイジングサインの元になりますので保湿ケアをしっかりすることがなにより重要です化粧水、美容液、クリームなど通常のスキンケアアイテムを目元には少し多めに使用するのでも良いのですが一番いいのは目元用の美容液(アイクリーム)を使うことです先ほども紹介したように目元はとてもデリケートなので通常の美容液などだと刺激が強すぎる場合もありますその点アイクリームは敏感な目元の皮膚に合わせて作られているので安心です セラミド コラーゲン ヒアルロン酸 アミノ酸など、肌内部の水分を維持してくれる成分が多く配合されているものを選びましょうこちらもクレンジングと同様皮膚を引っ張らず優しく塗ってくださいね夜だけではなく朝や日中にも使用することで目元のうるおいを保つことができます目元のスキンケアで大切なのは優しく触ることと乾燥させないことです以上の2点を意識してこれからのスキンケア頑張ってみてください

      451
      2
      テーマ:
  • 22Oct
    • 目元のシワにコンシーラーを入らせないようにするコツ!

      目元のメイクをする時によく使うコンシーラー目の下のクマを隠したり、目尻にできたシミを隠したりするのに大活躍ですよねでも時間が経つにつれシワにコンシーラーが入り込みなんだか汚らしい印象に・・・なんてことありませんか?私はよくありました(笑)そこで今回は、私が実践しているコンシーラーをシワに入り込ませないようにするためのポイントを紹介していきますまずコンシーラーを塗る前に目元を潤しておくことが大切です乾燥は小じわの原因になりますのでメイク前の目元の保湿を忘れないようにしましょう化粧水→美容液→乳液など普段のスキンケアと同じようにするのがベストですが美容液や乳液だけでも大丈夫です一番いいのは目元専用のアイクリームですね化粧水だけだと時間が経つと余計乾燥してしまいますので気をつけましょうそして使用するコンシーラーのタイプも重要ですコンシーラーには 伸びの良いリキッドタイプ カバー力の高い練りタイプ その中間のクリームタイプがありますそれぞれ硬さが違うのは、隠したい場所の皮膚の薄さや、表情の動きに合わせて適したものがあるからなんです例えば、私なんかはクマがひどいのでカバー力が高い練タイプのスティックコンシーラーを使っていましたですが、硬さのある練りタイプのコンシーラーを使うとよれてしまった時、シワの中にコンシーラーが入り込み、余計に目立ってしまうのです目元は瞬きをするので顔の中でも動く回数が多いパーツです動きが多い目元や口元は、柔らかさのあるリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーを使う方がよれにくくなりますまた、コンシーラーを塗る時は下地やファンデーションなど他のメイクを薄くしておくのもポイント厚く重ねれば重ねるほどシワに入りやすくなってしまうので気を付けてください基本的にコンシーラーは下地の後に塗りますがメーカーによって特殊な使い方をするブランドもあるので、最初に商品の使い方のところを確認しておきましょう塗り方としては、一度手の甲で量を調整し、指の腹を使って薄くなじませるようにするのがコツですそれによって厚ぼったくなくなりよれにくくなりますそして目元全体に塗るのではなく隠したい部分の境目に塗るようにしましょう例えばクマを隠したい場合目の下全体に塗るのではなく目の下の黒くなっている部分と頬の明るい部分の境目にコンシーラーをのせ境目の色の差を埋めるようなイメージで、軽くたたき込んでいきます境目が目立たなくなるだけでクマも薄く感じますよ以上のことに気を付けると時間が経ってもシワが目立ちにくくなりますのでぜひ試してみてくださいね

      47
      テーマ:
    • 目尻のシワを薄くする方法とは?

      顔のシワの中でも気にしている方の多い目尻のシワ笑った時にできる笑いじわはたくさん笑っている=幸せの証と肯定的にとらえられることも多いですがそれでもやっぱり気になりますよね目尻のシワと一口に言っても実は二つのパターンがありますまず一つ目は目元のうるおい不足によってできる乾燥じわです乾燥によってできているシワの場合シワが浅く、お風呂上りやスキンケアの直後など肌が潤っている時には目立ちませんまた、笑った時にシワができても表情を戻せばシワがなくなりますこのタイプの場合、シワを薄くするのはそんなに難しくはありません目元の皮膚はとても薄く乾燥しやすいのでアイクリームなどで保湿ケアをしてあげることが大切です保湿力の高いセラミドが配合されたクリームを使うのがオススメですまた、これ以上乾燥させないために生活習慣を見直すことも重要です例えば、熱いお湯は必要以上に皮脂を取りすぎてしまうので乾燥の原因になりますそして一番肌への負担が大きいのはクレンジングですメイクを落とす際に目元をこすってしまうとシワの原因になりますし洗浄力の強いクレンジングを使うと必要な皮脂まで洗い流されてしまいます目元を触る時は力を入れず優しく触るように意識し洗浄力が強すぎるオイルタイプのクレンジングは避け、クリームタイプなどの肌に優しいクレンジングを使うようにしましょうそれ以外にも長時間のスマホやパソコンの使用は眼精疲労を引き起こし血行不良による皮膚の老化につながりますのでやめましょうそしてもう一つ肌の老化によってできる深いシワ(たるみ)です肌のハリや弾力を保つ働きをするコラーゲン・エラスチンは、お肌の乾燥・加齢・紫外線などによって、変成したり減少したりしてしまいますそれによってお肌の土台が崩れて、表皮を支えきれなくなると溝のようになってシワになります保湿した直後でもシワが消えないのが特徴です笑いじわも表情を戻しても消えませんこちらのタイプの場合シワが肌の内側真皮にまでシワが到達している状態なので改善が難しくなります先ほど紹介した保湿ケアに加えてコラーゲンやエラスチンの生成を助けるレチノールという成分が配合されたアイクリームなどを使うのが効果的ですよく化粧水などでもコラーゲン配合となっているものがありますがそれはあくまで保湿の役割に過ぎません体の内側からコラーゲンを生成させる必要があるのですその他にも目の周りの眼輪筋の衰えによっても皮膚が垂れ下がりシワになることもあるので日常的に顔の筋肉を使うように意識しましょう正しいケアを続けていればシワを薄くすることは可能ですので根気強く頑張っていきましょう

      17
      テーマ:
  • 21Oct
    • アイクリームの効果ありなしって何で決まるの?

      目元ケアの定番と言えばアイクリーム他のスキンケア商品に比べて高価アイテムだからこそきちんと効果を実感したいですよね高かったのに全然良くならなかった・・・なんてことにならないようにするためには自分が改善したい症状とそのアイクリームの成分が合っているかをチェックする必要があります例えば乾燥小じわが気になる人にはセラミドなど保湿成分がたっぷり入ったアイクリームはとても効果的ですがクマを改善する目的で保湿成分のみのアイクリームを使っても残念ながら効果を実感することはできません色素沈着によるクマを改善するにはメラニンを抑制したりターンオーバーを促進するような成分が入っているものを選ぶ必要がありますこのように自分が何に悩んでいるのかによって使うアイクリームが違ってくるのでいいアイクリームを選べば全ての症状を改善できるというわけではないのです20代の方などまだそんなに気になる症状はないけれども早めにケアを始めたいという方であれば保湿成分重視で問題ありません一番保水力が高いセラミドが多く配合されているものを選びましょうセラミドにはいくつか種類があるのですがヒト型セラミドが特にオススメですヒアルロン酸やスクワランなど他の保湿成分と比べると若干高価ですがしっかり保湿をして潤いを保てるかどうかで10年後20年後が変わってきますので決して無駄にはなりませんそして30代以降シワやたるみが気になり始めた方は保湿成分にプラスして肌のハリや弾力を取り戻すサポートをしてくれる成分も必要です コラーゲンを増やすレチノール(ビタミンA) コラーゲンを合成する抗酸化作用を持つビタミンC誘導体 コラーゲン合成を高めるナイアシン(ビタミンB3)などがオススメですレチノールなどは若干肌に刺激がある可能性があるので一度試してみて自分の肌に合っているか調べることも大切ですまた、クマが気になるという方は血行不良が原因の青クマの場合 目元の肌生成を正常化し代謝を促すEGF(成長因子)、色素沈着による茶クマの場合は ターンオーバーを促進させるレチノール メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐプラセンタなどの保湿成分黒クマの場合 肌にハリを与えるレチノールなどの成分が配合されているものがオススメです人気やブランドにとらわれず自分の悩みに合ったアイクリームを探してみてくださいね

      19
      テーマ:
  • 20Oct
    • 目の下のクマのせいで老けて見える!クマの原因別対処法とは?

      老け顔の代名詞とも言える目の下のクマクマがあるだけで5歳くらい老けた印象を与えてしまいますよねクマというと寝不足の時にできるイメージがありますが実は他にも原因があるのをご存知でしたか原因によって改善方法も違ってくるので今回はクマの種類別改善方法を紹介していきたいと思いますまずよくイメージされる寝不足の時に出るクマは青クマと言います目の周りの皮膚は薄いので中の毛細血管が透けて青黒く見えてしまうのです睡眠不足や疲労、目の疲れなどによって目の周りの毛細血管の血液が滞る事などで目立つようになりますまた、冷え性やホルモンバランスの乱れなどによっても発生します青クマを改善するにはマッサージや目を温めるアイケアで目の周りの血流を良くすることが重要ですパソコンやスマートフォンなどの画面を長時間見続けると血流が滞る原因になりますので控えるようにしましょうそして次は茶クマです茶クマは、目をこすったり、メイクや洗顔による刺激によって生じる色素沈着やシミが原因です青クマは一時的なものが多いですが、茶クマは色が染みついてしまっている状態なのでなかなか消すことができません対策としては、メラニンの生成を抑えターンオーバーを促進する美白化粧品を使用したスキンケアが有効ですまた、これ以上悪化させないために紫外線対策をしっかりすることと、目をこするなどの習慣を改善することも大切ですそして最後は黒クマです黒クマの原因は、目の下の皮膚のたるむことによってできる影ですどちらかというと年配の方に多く見られるクマです加齢により目のまわりの筋肉が衰えたり、真皮層のコラーゲンやエラスチンの量が減少し肌にハリがなくなることでたるみが生じてしまうのです改善するためには目元にハリを与えるアイクリームでケアしたり表情筋を鍛えるのが効果的ですただ年齢に関係なく骨格的に影ができやすい方もいますのでその場合は改善が難しいですちなみに私も影ができやすいタイプです・・・今回紹介した3つのクマは併発する場合があります例えばもともと茶クマがあるけど疲れたら青クマもプラスされるなどクマが気になる方は毎日の習慣を見直し、少しずつ改善できるように頑張りましょう

      20
      テーマ:
    • 目元の乾燥がひどい時に見直したい3つの習慣

      冬になると気になる乾燥特に皮膚が薄くデリケートな目元はとても乾燥しやすいです保湿ケアももちろん大切なのですが、日常生活の中で知らず知らずのうちに目元にダメージを与えてしまっている可能性もありますまず男女ともにやりがちなのが熱いお湯で顔を洗うです熱いお湯は必要以上に皮脂を取りすぎてしまうので乾燥の原因になります目元はもともと皮脂が少ない部分なのでより乾燥しやすくなります顔を洗う時だけではなく髪を洗う際に顔にかかるお湯の温度にも気を配りましょう少しぬるいと感じるくらいの温度の方が肌には優しいですまた男性がよくやってしまうことが多い目をこするという行為もよくありません皮膚が薄くとてもデリケートな目元を強くこすってしまうとシワの原因になるだけではなく皮膚のバリア機能を壊してしまいます皮膚のバリア機能は肌の水分を保ち、外部から体を守る役目を担っているのでそれが壊れると水分が維持できなくなり乾燥してしまうのですそして一番目元を乾燥させてしまうのはクレンジングです特にオイルタイプのクレンジングは界面活性剤がたくさん含まれているので、肌への負担が大きいです界面活性剤とは本来なじまない油(メイク)と水をなじませて水で洗い流されるようにする役割を担っているのですが、肌のバリア機能をも壊してしまう、お肌にとっては良くない成分なのです肌を自ら守る保護機能が壊されると、肌内部の水分が逃げていきますつまり洗浄力の強いクレンジングを毎日使用しているとお肌はどんどん乾燥していってしまうことになるのですクレンジングにはオイルタイプの他にもミルクタイプやジェルタイプ、クリームタイプなどがありますが、洗浄力もありつつ肌に優しいのはクリームタイプですメイクを落とすときは界面活性剤の配合が少ないクレンジングでデリケートな目元に負担を与えないように優しく素早くメイクを落としましょう洗い流す時のお湯はぬるめにすることも大切ですよ

      7
      テーマ:
  • 19Oct
    • プチプラで人気のアイクリームの成分を調査してみた!

      デリケートな目の周りのケアには目元専用のアイクリームを使うのが効果的ですが、アイクリームって実際高価なものが多いですよね肌に優しいかつ、シワやたるみを改善する成分が入っているとなるとどうしても高くなってしまうのはわかるのですが毎日使うのは経済的に負担が大きすぎる・・・そんな時に役立つのがプチプラなアイクリームですお値段がお安いとケチケチせず正しい容量を継続して使えるので効果を実感しやすいですでも安かろう悪かろうという言葉があるくらいですし肌に良くない成分がたくさん入っていたら元も子もありませんよねそこで今回は2000円以下のプチプラ人気アイクリームの成分を調べてみましたまず一つ目はプラセホワイター 薬用美白アイクリーム (医薬部外品)ですこちらは税込1,188円ととてもリーズナブルでプチプラアイクリームのランキングには必ず入る人気商品です配合されているコラーゲンやハトムギなどの保湿成分は効能評価試験済みなのでより効果を実感しやすい処方と言えますまた美白への有効成分である国産プラセンタを配合しているのでメラニンの生成も抑制することができ、シミ対策にもなりますエタノールやパラベン、香料なども配合されていますが全成分表示の最後の方に記載されていますので刺激は少なめだと言えます二つ目は人気スキンケアブランドファンケルのアイセラムです税込1,999円 でこちらもリーズナブルマリンセラミドやアルギニン配合でうるおいを保持しふっくらハリのある目元を実感できます肌への刺激となる 防腐剤 香料 合成色素 石油系界面活性剤 紫外線吸収剤を一切使っていないのが特徴です製造年月日も入っていて品質へのこだわりを感じられます肌の角層を柔らかい状態にするエモリエント成分としてアルコールも配合されていますが、記載があるのは半分より下の部分なので安心ですそして三つ目はコスメブランドとしても人気なセザンヌのモイスチュアリッチ エッセンスアイクリームです税込み972円と1000円以下にもかかわらずレチノ―ルが配合されているのがおすすめポイントです コラーゲン ヒアルロン酸などの保湿成分の他にもハリのあるお肌に導いたり、乾燥によるくすみも防いでくれる酵母成分も配合されていますこちらもアルコールや防腐剤が配合されていますが刺激は少なめです今回紹介した商品は肌に刺激となる可能性がある成分が配合されているものの全成分表示の最後の方だったのでそれほど問題はないと言えますこういった安全面からも人気となっているのかもしれませんプチプラアイクリーム選びの参考にしてみてくださいね

      1
      テーマ:
  • 18Oct
    • 笑いじわが目の下にできる人は要注意なワケとは!?

      笑いじわというと目尻にできるのが一般的なイメージですよねですが笑った時に目の下にもシワができるという方はかなり肌の老化が進んでいるかもしれませんなぜなら目の下にできるシワは目の下のたるみによってできることが多いからです年齢を重ねるにつれ目の下の真皮や表情筋、皮下組織が衰え、肌の弾力が失われていきますそのため、皮膚が下向きに垂れ下がりたるんだ皮膚の重みでしわが刻まれてしまうのです目尻にできるシワは乾燥による小じわの場合が多いのできちんと保湿してあげることで、薄くしたり目立たなくしたりすることができますしかし、たるみによってできているシワの場合、保湿だけでなく、お肌のハリを取り戻すための対策も必要になってくるのですスキンケアだけではなく表情筋(特に目の周りの眼輪筋)を鍛えたりシワやたるみの原因となる生活習慣を改善しなければなりません例えば、ずっとスマホやパソコンの画面を見ていると目や目の周りの筋肉が疲労し血液の流れが滞りますそれによって老廃物が溜まりお肌が老化する原因になります姿勢が悪い方も血流が滞りやすいので姿勢にも気をつけましょうまた、普段から目をこする癖のある人やクレンジング際に目の周りをゴシゴシこする人も目の下にシワができやすいです目の周りの皮膚は非常にデリケートなので、優しく触るように心がけてくださいそして目の下の笑いじわはメイクをした時に目立ちやすくなりますなぜなら笑った時にできたシワにファンデーションが入り込んでしまうからですそうなると笑っていない時にもシワの位置にファンデーションがたまって線のようになってしまい、老けた印象を与えてしまいます私もそうなのですがシワだけではなくクマもひどいとついついコンシーラーやファンデーションを重ねてしまいますそうするとメイクがくずれてくると悲惨なことになってしまうんですよね目の周りは顔の中でも動きが多くファンデーションがよれやすいので極力メイクを薄くした方がシワが目立ちにくくなります思い切って目の周りだけ少し工程を省いたりコンシーラーは本当に気になるところだけにするなどしてできるだけメイクを重ねないようにしましょう下地→コンシーラーの後のファンデーションをやめてパールの入ったハイライターなどを使うのがオススメです意外にもシワやクマはハイライターのパールで自然に飛ばすことができますよちょっと勇気がいるかもしれませんがぜひ一度試してみてください

      10
      テーマ:
    • 目元のたるみを改善するためのスキンケア選びのポイントは?

      目尻のシワと同じくらい悩んでいる方が多いのが目元のたるみ目元がたるんでくると一気におばあちゃん感が出るのでシワよりも深刻な肌トラブルかもしれません年齢ともに皮膚がたるんできてしまうのは仕方のないことなのですができるだけ食い止めたいですよねそこで今回は目元のたるみに効くスキンケア選びのポイントを紹介していきたいと思います!まずたるみというのは、肌の弾力の低下によって起こります肌の弾力を保つ働きをするコラーゲンやエラスチンは20代以降から減り始め、50代では20代の約半分になってしまうのですそれを補うためにはビタミンAの一種で線維芽細胞に働きかけてコラーゲンを増やす働きがある「レチノール」肌の新陳代謝を活性化してくれる「AHA」肌の代謝を活性化させる「ナイアシン(ビタミンB3)」などの成分が有効ですまた、細胞の老化現象である酸化を防ぐ力がとても強い「ビタミンC誘導体」もオススメの成分ですビタミンC誘導体は老化させないための力(抗酸化力)にとても優れていて、老化予防に抜群の効果を発揮してくれますよそれに加えセラミドなどの保湿成分もとても大切です目元はとても乾燥しやすい部分なのですが保湿が行き渡っていれば、ハリや弾力も保ちやすくなりますただ、実は目元のたるみはスキンケア商品だけで改善するのは難しく日頃の生活習慣の改善も必要になります例えばクレンジングでメイクを落とすときなどに目の周りをこすってしまうと、シワやたるみの原因になります目元の皮膚はとても薄くデリケートなので引っ張ったりせずできるだけ優しく触るようにしてください洗顔やスキンケアをする時も同様ですまた、目の下のたるみは表情筋の衰えとも大きな関係がありますスマホやパソコンを無表情のまま見ていることが多いと表情筋が使われず凝り固まってしまいますスマホやパソコン、テレビなどの画面を長時間見つめることは避け日頃から意識的に表情を動かすようにしましょう筋力の衰えはたるみに直結しますので気を付けていきましょうね

      9
      テーマ:
    • 男性もメンズ用アイクリームで若々しい目元に!

      スキンケア商品というと、どうしても女性のものというイメージが強いですよね男性は普段メイクもしませんし、女性より皮膚が厚いのでダメージが少ないのは確かですしかしスキンケアに対し無頓着だからこそ、必要以上に肌を傷つけてしまっていることがありますたとえば 目をよくこする 紫外線対策をしていないなどです目が疲れたりゴミなどが入ったときに、異常なほどゴシゴシする男性を見かけます女性であれば強くこするとシワになるという認識があるので、そこまで強くこすりません目元の皮膚は薄く傷つきやすので、強くこするのはやめましょうまた、紫外線対策を全くしていないという男性も多いですよね紫外線はシワやたるみ、シミなどすべての肌トラブルの元になります顔の中でも特に皮膚が薄い目元は、紫外線のダメージを受けやすくシワや乾燥の原因になってしまいますそして眼精疲労も目元の老化の大きな原因ですパソコンと長時間向き合っている男性も多いですがパソコンやスマホで長時間目を酷使すると、目の周りの血行が悪くなり老化の原因になりますこのように男性の目元は日頃から大きなダメージを受けているのでシワやたるみ、シミなどエイジングサインが出やすいのですそのため、男性もアイクリームで目元のケアをすることが大切ですもちろん女性用のアイクリームを使っても問題ないのですが、メンズ用のアイクリームもいくつか発売されていますメンズ用のアイクリームの特徴としては疲れた目元を癒す成分が入っているものが多いことですCLARINS(クラランス) のメンズライン、クラランスメン から発売されている目元専用ジェルCLARINS(クラランス) MEN アイ セラムや人気のデパコスCLINIQUE(クリニーク) から販売されているクリニーク フォーメン クーリングアイジェルは毎日忙しく目に疲労感を感じている男性のちょっとしたリフレッシュアイテムとしてもオススメですまた、目元のくすみに効果を発揮するラボシリーズ マックス LS V インスタント アイという目元専用のクリームもあります。このクリームは目元を引き締める効果とともに光を拡散するパール色のクリームが、目元のくすみを消しメリハリのある精悍な顔立ちに仕上げてくれますデートの前や大事なプレゼンの時などに活躍するアイテムですね他にもまだまだ色々なメンズ用アイクリームがありますので自分に合うものを探してみてください

      8
      テーマ:
    • 目の下のゴルゴ線の原因は○○!

      今回は目元のシワと似て非なるもの、目頭から頬に向けて走る線通称ゴルゴラインについてご紹介します。ゴルゴ線とは、鼻筋と目の間にある目頭から頬の中心に向かって走る45度のラインを指し、漫画ゴルゴ13の主人公の顔にある線にそっくりなのでゴルゴ線と呼ばれています。実はこのゴルゴ線はシワではなく、顔がたるんでくることで目立つ「溝」です。頬の表情筋が衰えたり、肌(真皮)の弾力が低下したりして筋肉がたるむと、目の下周辺の脂肪が下がり、頬がくぼむことがあるのですつまり、ゴルゴ線はほうれい線などと同様エイジングサインなのですゴルゴとは言いつつも男女ともにできる可能性があり、深いゴルゴ線に悩んでいるのは40代50代の方が多いです。しかし最近ではスマートフォンやパソコンの普及に伴い、20代30代の方でもゴルゴ線が目立つ方が増えてきていますそれはなぜかというと、スマホなどの電子機器は表情筋を使わずに集中して画面を見てしまうので知らず知らずのうちに顔の血行が悪くなってしまうからですその結果顔の筋肉が固まるだけなく、老廃物が溜まりやすくなりお肌の老化にもつながりますまた、姿勢の悪さも目元の血行を悪化させるため、ゴルゴ線を作る原因になりかねませんただ、このゴルゴ線、骨格や体質によってもできやすさが違ってきます 目元の脂肪が少ない クマができやすい 目が大きい人はゴルゴ線ができやすいと言われていますゴルゴ線を防ぐ、悪化させないためには 眼精疲労の予防 表情筋を衰えさせない エイジングケアで真皮の衰えを防ぐことが大切です20代の段階でゴルゴラインが出来る場合は眼精疲労が大きな原因と考えられますので長時間のスマホやPCの閲覧を見直しだけでも効果は期待できるはずですそして表情筋を衰えさせないために、日頃から意識して顔の筋肉を動かすようにしましょう筋肉をほぐすストレッチやマッサージも効果的ですまた、紫外線や不規則な生活は真皮の衰えを加速させますので、紫外線対策や規則正しい生活を意識することも大切です線が深くなってしまうと解消するのが難しくなってしまいますので、ゴルゴ線に気付いたらすぐ対策をするようにしましょう

      7
      テーマ:
  • 17Oct
    • 目元の乾燥にはオイルがいいって本当なの?

      乾燥対策にはオイルが一番と昔からよく耳にしますよね確かに粉を吹くレベルの乾燥肌でもオイルを塗ればしっとりしますぬるぬるテカテカするので多少使いにくい部分がありますが、その分乾燥が良くなるといったイメージですこのように保湿力抜群といったオイルですが、実は意外な落とし穴があったのです顔にオイルを塗る場合、化粧水で水分を与えたあとオイルを塗るという順番ですよねこの順番でオイルを塗ると、肌は確かにしっとりしますそして、それまでの肌の乾燥も気にならなくなりますそれはなぜかというと、オイルは肌の表面で潤いを保つ役割をしている皮脂膜(油膜)と相性が良いからです皮脂膜は皮脂と汗が混じってできているのですが、油分は水分をはじきます肌に水分を与えてもこの天然の油膜がはじいてしまうのですが、油分(オイル)だと、抵抗なく油膜となじみます。そのため、オイルを塗ると比較的短時間で肌になじんでしっとり潤った実感を得やすいのですまた、肌表面にある皮脂膜は肌の角質層(水分をたくわえている部分)から水分が蒸発することを防いでいます。オイルを塗ると、この皮脂膜の働きを助けることができるので角質層の水分を守る効果が期待できるのですねこのような効果から、保湿力があるように思われがちなのですが実はオイルを塗っても、肌の水分蒸発を100%防ぐことはできません。蒸発を少し抑えられる程度ですそもそも肌の保湿に対する皮脂膜の役割はわずか3%です。そのためいくら皮脂膜の働きを助けても、きちんと潤いを保つことはできないのですそれなのにオイルを塗った後のしっとり感が「乾燥しない」という錯覚を引き起こしてしまい、この感覚がとても危険なのですなぜなら先ほど説明とおり、オイルを塗った後も、肌の水分は蒸発していきます。それなのに肌の表面が油分でしっとりしていると、蒸発による乾燥を感じにくくなるため知らず知らずのうちに肌がとても乾燥していたということになりかねないのです。乾燥に気付かないと追加の保湿ケアなど適切な対処をすることができませんその結果、知らない間に乾燥肌が深刻化して肌トラブルを招く・・・ということが起こりやすくなるのです更に言うと、そもそもオイルを塗ってしまうと油分が水分をはじいてしまうため、肌が乾燥しても、水分を与えることができません。そうすると顔を洗うまでお肌は乾燥していく一方・・・このようなことからも、とても乾燥しやすい目元にオイルを使うのは注意が必要だと言えるのです

      4
      テーマ:
  • 16Oct
    • 目元のシワを隠すメイクのポイントとは?

      できるだけ目立たせたくない目のシワいくらスキンケアを頑張ってもすぐ効果が出るものではないので、その間少しでもメイクでごまかしたいですよねですがシワを隠すのってなかなか大変・・・メイクしたてはよくても、時間が経ったらシワにファンデーションが入り込んで余計に目立っていたなんてことはよくありますそこで今回は、時間がたっても崩れにくい目元メイクのポイントを紹介していきたいと思いますまず1つ目のポイントは『メイク前にしっかり保湿をする』ですこのブログでも何回もお伝えしていますが、目元はとても乾燥しやすい場所です乾燥することによってシワが目立つようになるため、メイク前にきちんと潤いを与えてあげましょうコットンなどに化粧水を含ませて目元に貼り付けてパックをしたあと、乳液などの保湿クリームで潤いを閉じ込めるのがオススメですアイクリームがある方はアイクリームを塗ってください。そして2つ目のポイントは『皮脂崩れ防止用の下地は目元に塗らない』です保湿成分がたくさん入った下地であれば目の下に塗ってもOKですが、毛穴を目立たなくする皮脂崩れ防止用下地は乾燥の原因になるので目元には塗らないようにしましょうまた、硬いテクスチャーの物だとシワに入り込み上に塗るファンデーションがわれて余計目立つ原因になるので柔らかめのテクスチャーのものがオススメです3つ目のポイントは『コンシーラーは薄めに』です私がそうなのですが、目元のシワに悩んでいる方は同時にクマも目立つ方が多いのではないでしょうか私はクマを隠すためにコンシーラーを重ね塗りしたら今度はシワが目立つという負のスパイラルに悩まされています・・・クマを隠したい場合は、保湿成分がたくさん入ったコンシーラーを使うようにしましょうコンシーラーを塗るときは、全体的に厚く塗るのではなく、色むらを確認しながらあまり重ならないように薄く塗っていくのがポイントですクマがそんなに気にならないという方であれば、下地の後に白っぽいハイライトを塗るのがオススメですシワに白っぽい明るい色をつけると、カゲになっているシワがグッと前に出ているように見えるのでシワが目立たなくなるんですね。そして4つ目のポイントは、『色のついていないフェイスパウダーを使う』ですシワを隠すためについついファンデーションを重ねたくなりますが、色に色を重ねると崩れた時に目立ちやすくなります目の下にはファンデーションを塗らず、フェイスパウダーで軽く押さるだけにとどめましょう以上4つのポイント、目元のシワが気になる方はぜひ実践してみてくださいね~

      6
      テーマ:
    • アイクリームでのしわ対策は20代からしないと大変なことに!

      年とともに目元のシワやたるみが目立つようになりますが、20代のみなさんは『まだ若いから』と油断していませんか実は20代のうちからきちんとケアをしておかないと、30代、40代と年齢を重ねた時に後悔することになりますよなぜなら目の下の皮膚はとても薄く、その厚さは頬の1/3以下の約0.5~0.6mmととてもデリケートな場所です。それなのに目の周りには皮脂腺が少ないためとても乾燥しやすく、乾燥小ジワができやすいプラスまばたきの回数は1日約20,000回と顔の中でも特によく動く場所なので、表情シワができやすいプラスアイメイクやクレンジング、コンタクトレンズの付け外しなど摩擦による刺激を受けやすく、シワや茶クマになりやすい(摩擦によってメラニン色素が増加し、茶色く色素沈着してしまいます)プラスPCやスマホの使用による目の疲労などによって血行不良になり、栄養が行き届かず乾燥やクマになりやすいというとても過酷な環境にいますつまり他の部位よりも老化が早く進んでしまうので、早めのケアが大切なのです。また、30代を過ぎるとお肌のハリをつくるコラーゲンやエラスチンが減少します。20代の頃で来た細かいシワはそのまま放っておくと深いシワになり、さらにはたるみに発展してしまいますそうなってしまうと改善するのはとても難しくなりますそういった意味でも、20代のうちからしっかりケアをして小じわを解消しておくことが大切なのですしかし20代の肌は、40代や50代の肌と比べると代謝が良いので、沢山の美容成分が入った高価なアイクリームを無理して購入する必要はありません乾燥小じわを防ぐために保湿成分がメインのものを選びましょう。保水力の高い セラミド ヒアルロン酸 コラーゲン グリセリンなどがたくさん含まれているものがオススメですまた、もう一つ大切なのが伸びの良さです。固めのテクスチャーで伸びが悪いと、塗るときに目元の皮膚を引っ張ってしまい、シワの原因になってしまいます。塗りやすい伸びのいいものを探しましょう。そして値段も大切です目元のケアに限らず、スキンケアは継続することで効果を感じやすくなっています。「奮発して買ったけど、次はもう買えない」「高かったしもったいないからちびちび使おう・・・」では意味がありません無理なく続けられるお値段のアイクリームを探しましょうドラックストアだけではなく、ネットにもプチプラなアイクリームはたくさんあるのでいろいろ試して自分に合うものを見つけてくださいね

      11
      テーマ:
  • 13Oct
    • 目の周りのシワ用クリームを選ぶ時のポイント

      目元のケアをするのに必須なのがアイクリームでも種類がたくさんありすぎて結局何を選べばいいかわからなくなってしまいますよねそんな時は自分の年齢や肌状態によって使い分けるのがオススメです。20代でシワが細かい、薄い方は保湿メイン!まだ若い方でうっすらしたシワ、細かいちりめんじわが気になる方は今のうちからしっかり保湿をしてシワが深くなるのを防ぎましょう小じわは肌の表面である表皮部分に起こるシワで、主な原因は乾燥です。ですからしっかり保湿をすれば改善することができるのです セラミド コラーゲン ヒアルロン酸 グリセリン スクワランなどが多く配合されているものを選びましょう。成分表示で初めの方に記載されているものほど多く配合されている成分なのでチェックしてみてくださいね30代~でシワが深くなっている方は保湿+αが必要お風呂上りや保湿後でもシワがなくならないという方は、シワが肌の内側真皮にまで到達している可能性があります残念ながらそうなってしまうと保湿だけでシワは改善できません保湿成分+肌とハリと弾力を復活させるのに必要なコラーゲンの生成をサポートする成分が配合されているアイクリームを選びましょう。有名なのは レチノール(ビタミンA) コラーゲンを増やす ビタミンC誘導体コラーゲンを合成する抗酸化作用 ナイアシン(ビタミンB3)コラーゲン合成を高めるなどです。他にも表皮・真皮細胞を増やす効果が期待できる幹細胞エキスやヒトオリゴペプチド-13もオススメな成分ですコラーゲンを維持する女性ホルモンの働きは30代から減り始め、40歳以降になると急激にコラーゲンの生産量が減りますですからコラーゲンの生成を助ける成分も必要になってくるのです。また紫外線は、肌の弾力を保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます特に目元は皮膚が薄いため紫外線のダメージを受けやすく、シワが出やすい部分なので日ごろから紫外線対策を怠らないことが大切ですそれ以外にも目をこする行為はデリケートな目元に負担をかけ、シワの原因になりますので控えましょうアイクリームなどのスキンケア商品を塗るときも強くこすらず優しく伸ばして浸透させるのがポイントです

      10
      テーマ:
    • レチノール配合のアイクリームはしわに効く?実は注意点も・・・

      シワを改善する成分としてよく耳にする「レチノール」アイクリームにもよく配合されていますが、そもそもレチノールってどんな成分かご存知ですかレチノールとはビタミンAの一種で、主に次の3つの美容効果があるとされています。①ハリの生成を促進し、シワやたるみを改善する効果レチノールは、お肌のハリにかかせないコラーゲンやエラスチンを作り出す働きを強くしてくれます。それによって肌が本来の弾力を取り戻し、シワやたるみを改善してくれるのです②ピーリング効果でターンオーバーを促進し、シミやニキビ跡を薄くする効果肌の生まれ変わり(ターンオーバー)を促進することで、メラニンを排出したり、古い角質を溜めないようにしてくれるので、シミやニキビ跡の改善が期待できます③毛穴の引き締め効果余分な皮脂の分泌を防いで毛穴を引き締める効果も期待できますこれだけ見るととても優秀なエイジングケア成分ですよねですがちょっと待ってください実は注意点もあるんですレチノールは紫外線などの熱や光に弱いという特徴がありますレチノールには、古い角質を溜め込まないようにターンオーバーを促す作用があるため、新しく作られた敏感な肌が表面に出ていることになります。そのため紫外線に対し過敏になる可能性があるとも言われているのですレチノール配合のものは夜だけの使用にしたり、日中使用するときは紫外線対策を怠らないといったことが大切になりますまた、レチノールは年齢を重ねターンオーバーが遅くなっている人には効果的なのですが、実はターンオーバーを早めるとお肌が敏感になってしまうというデメリットもあるのです。特に敏感肌や乾燥肌の方は、肌のバリア機能が低下しているため、過剰に反応して赤みやかゆみなどの症状が現れる可能性があります私はポーラの肌診断でターンオーバーが早いと診断されたので、あまり向いていないかもしれません・・・でもこんな優秀な成分、せっかくなら使いたいですよね!レチノール入りのアイクリームを選ぶ際には、保湿成分が入っているかを確認することが重要です保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸が多く含まれているものだと、乾燥を防いでくれるので安心して使えます。また、無香料や無着色、アルコールが少量など、できるだけ肌に悪い成分が含まれていないものを選ぶということも大切ですよアイクリームを選ぶ際はぜひ参考にしてみてください

      2
      テーマ:
  • 11Oct
    • 『目尻のシワが好き』って結局男性限定なんじゃないか説

      最近『笑った時にできる目尻にシワができる男性が好き』という女子が増えているような気がします。俳優さんで言うと、高橋一生さん玉木宏さん大沢たかおさんなんかが代表的ですよね。確かに普段のクールな表情から一変、シワができるくらいくしゃっとなった子供みたいな笑顔にはキュンとしちゃいます優しそうな印象も受けますし、セクシーさを感じる女子も多いみたいです。大人の男って感じがするからですかね。ですが反対に『女性の目尻のシワが好き』という声はあまり聞かないですよね実際「目尻のシワが魅力的な女性芸能人は?」と言われても全く思い浮かびません逆に「女子のどこのシワに萎えるか」というちょっと失礼な調査(笑)で4位にランクインしたのが目尻のシワだそうで、やはりマイナスイメージの方が強い気がします。不公平だ!笑屈託のない笑顔は男女問わずいい印象を持たれるのですが、女性の場合どうしても年齢を感じる(老けて見える)というのが大きいみたいです。男子が言う『女子のくしゃっとした笑顔が好き』というのは結局、『本当に楽しそうに笑っている顔が好き』というだけで、目尻がしわしわな顔が好きなわけではないんですよね・・・。男子が言う「すっぴんの方が好き」というのはイコール「すっぴんでも可愛い子が好き」であって決して「ブスのすっぴんが好き」ということではないのと同じです言葉を鵜呑みにして目尻のシワって優しそうに見えるし好印象だから放っておいても大丈夫!と安心してはいけませんよ!(もちろんご自身が気にしてないなら全く問題ないのですが)実は目尻のシワは、骨格や生まれ持った肌質によってもできやすいできにくいが違ってきます。二重で目が大きく凹凸のある顔はシワができやすく、一重で凹凸が少ないつるんとした顔はシワができにくいと言われていますまた、全くケアしてなくてもシワができにくい肌質の方もいれば、頑張ってケアしていてもシワになりやすい肌質の方もいますですから一概に老けたからシワができるというわけではないんですね少し笑っただけでも目尻にシワがよるタイプの方は、若いうちからアイクリームなどで保湿ケアをしてシワが深くなるのを予防しておきましょう

      6
      テーマ:
    • 老け顔へ一直線?目の下のたるみの原因って?

      年齢が一番でやすいパーツといえば目元ですよね。とくにだるんとたるんだ目元は老婆の表現としてもよく使われますし、できることならたるませたくないものですですがそもそもどうして年を取ると目の下にたるみができるのかみなさん知っていますか目の周りの皮膚がたるむのには大きくわけて3つの原因があります。まず1つ目は皮膚の真皮の衰えです。目元の皮膚は顔の中でも非常に薄いため、乾燥しやすい部分です。最初は皮膚の表面にできていた細かいシワを放っておくと、やがて肌の内側真皮にまで到達し深いシワ、たるみになってしまいますまた、加齢や紫外線などの影響で、真皮を構成するコラーゲンやエラスチンが減少したり、変性したりすることでハリや弾力が失われますハリや弾力がなくなった肌にはたるみができ、一度できたシワも戻らなくなってしまうのですそして2つ目の原因は表情筋の衰えです。年を取るとともに顔の筋肉(表情筋)も衰えてしまいます。目の周りの眼輪筋の力が低下すると皮膚を支えられなくなり、目の下がたるんでしまうのですまた、若くてもPCやスマートフォンを毎日長時間使用している人は、瞬きの回数が減るため眼輪筋が衰え、目の下がたるみやすくなりますそして最後は眼窩脂肪の突出です。眼窩脂肪とは目の下の脂肪組織なのですが、目の周りにある眼輪筋が衰え、支える力が低下すると脂肪のふくらみが目立つようになり、それがたるみとして見えてしまうのです。また、もともと眼窩脂肪が多い場合は、年齢問わず目の下に黒いクマができたり、目の下のたるみが目立ちやすくなりますその他にも目が大きい人や涙袋がぷっくりしている人は、目の下が他の人よりもたるみやすかったりと、もともとの顔の作りも大きく関係しているのです目のたるみを防ぐには、日ごろから保湿ケアを怠らないことと、エクササイズなどで眼輪筋を鍛えることが大切です。目の下の皮膚はとても薄くデリケートですので、保湿ケアをするときは刺激を与えないように、目の下専用のアイクリームを使用するのがオススメですよまた、眼輪筋を鍛えるのに私が一番効果的だと思ったのが、下まぶただけで目を閉じるエクササイズですやり方は簡単で①まずは、舌を軽く出し、上下の歯で舌を軽く噛みます。※舌を軽く噛むことで、顔の下半分の力を抜くことができます。②次に、下のまぶただけで目を閉じるように下まぶたに力を入れてください。うまく、下まぶたが上がったら、目の力を抜きます。そして、上げたり下したりを繰り返します。1秒に1回上げて下ろしてのペースで30回頑張りましょう。(リズミカルに!)目の下のたるみが気になる方はぜひチャレンジしてみてくださいね

      2
      テーマ:
  • 09Oct
    • 目元のシワ用パックを自分で作る方法は?

      女性の大敵目元のシワシワを取るためのパックもたくさん販売されていますが、目元はとてもデリケートな部分なので、荒れたりしないか心配ですよね。せっかく買ったのに肌に合わなくて使えなかったらもったいないでも目元のケアもしたいし・・・。そんな時にオススメなのが、今使っているスキンケア商品でパックをつくる方法です。普段使っているものなので肌荒れを気にせず安心して使えるのが最大の魅力ですではさっそく作り方を紹介していきます!用意するものは 普段使っているスキンケア商品 コットンor目元用(部分用)シート 精製水(水道水でもOKです)の3つですスキンケアは普段化粧水、美容液、乳液、クリームなどを使っている方が多いかと思いますが、目元の乾燥が軽めの時、もしくは夏などでべたつきが気になるとき  化粧水目元の乾燥が気になるとき  乳液目元のシミやたるみなどを集中的にケアしたいとき  美白美容液やエイジングケア美容液(普段使っている美容液)こんな感じでパックに使うスキンケア商品を使い分けていきましょうパックの代用はコットンで問題ないですが、無印良品に売っている部分用のローションシート(税抜き97円20枚入り)の方が貼りやすいです。やり方はとっても簡単で、精製水もしくは水で湿らせたコットンにスキンケアの商品を含ませるだけですそれを目元にぴたっとくっつければ完成!めちゃくちゃ簡単ですよねパックをつけるタイミングとしては化粧水の後がオススメですが、乳液パックにするときは美容液を塗った後の方がいいです(乳液のあとに美容液を塗っても浸透しにくいので)ポイントとしては、化粧水などのスキンケア商品の量が少ないと効果が薄くなってしまうので、コットン全体にいきわたるくらいきちんとなじませることですあと、パックを作るときは必ず手を洗って清潔な状態で行うのを忘れないでくださいねパックをする時間は、市販のものと同じくらいの10分~15分程度にしましょう。とったあとは目元に残った液を少し手でなじませ、化粧水パックであれば美容液→乳液→クリームの順に、美容液パックであれば乳液→クリームの順につけて仕上げていきます。乳液パックであれば仕上げとしてクリームをつけると良いですが、潤い感があればつけなくても大丈夫です家にあるものだけでできるので私は2週間に1回くらいのペースでパックしています。デートの前や目元のシワが気になるときのお助けケアとしてもオススメです。簡単なのでみなさんもぜひ試してみてくださいね~

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス